#norelated
#ref(title_InstallGuides.jpg,nolink)
#contents

Europa Universalis 2に興味をもったけど、どうやって手に入れるかわからない!&br;
Europa Universalis 2 とFor the Gloryって、どう違うの?どっちがおすすめ?

そういった諸方面からの相談に答えるべく、''英語版''用日本語化インストールガイドを作成してみた。

*EU2とFTG [#i5effb68]
 Europa Universalis 2(以下EU2)はスウェーデンのParadox Interactive社が2001年に発売したゲームである。

For the Glory(以下FTG)はEU2エンジンの公開を受け、2009年にCrystal Empire Games社が開発しParadox Interactive社が発売したゲームで、EU2の基本的な内容は変化させず、インターフェイス周りを改良した製品である。

***両者の特徴 [#r74ebf79]

--''FTG''…さらに安い(9.95ドル/2015年6月現在)。有志によって日本語化可能でノートPCでも快適に動作する。高解像度でプレイ可能(EU2は1024*768まで)。国別画面で部隊操作可能など、インターフェイスの改善。MODを正式サポート。最新パッチで安定しているので、現在購入するならFTGをお勧め。サイバーフロント版はパッチがv1.2で止まっているので非推奨。

--''EU2''…安い(9.99ドル/2013年2月現在)。マルチプレイの動作が安定している(ただしWindows7でのマルチは不可能との報告あり)。古いPC/ノートPCでも快適に動作する。[[ゲーム中の音楽(クラシック曲)が多彩>使用曲リスト]]。

--''FTG''…さらに安い(9.95ドル/2013年2月現在)。ノートPCでも快適に動作する。高解像度でプレイ可能(EU2は1024*768まで)。国別画面で部隊操作可能など、インターフェイスの改善。MODを正式サポート。

これから新規にゲームを楽しみたいという方は、For the Gloryから入って問題ないだろう。ただし、FTGは落ちやすいのも事実。これまでの報告からすると

FTG日本語版(サイバーフロント社) > FTG英語版(日本語化) ≒ EU2日本語版(サイバーフロント社) > EU2英語版(日本語化)

の順に落ちやすい(強制終了しやすい)とされている。EU2英語版(日本語化)は''ゲームを終了した際に''エラーメッセージが表示されることは多々あるが、ゲーム中の強制終了は滅多に発生しない。

もう両方買ってしまっていいんじゃな(ry

*FTGのインストール [#rebb117a]

 サイバーフロント社による[[日本語版:http://www.cyberfront.co.jp/title/for_the_glory/]](2010年)を購入した方は、マニュアルと公式HPを参考にするべきだろう。

***FTG本体のダウンロード [#xac08270]
 最新のパッチが入手できる:[[GamersGate>http://www.gamersgate.com/DD-FTG/for-the-glory-a-europa-universalis-game]] からの入手がベストだろう。

#norelated
#ref(FTGDL1.jpg,nolink)
#clear

特にWindows7だと警告メッセージが多発するが、かまわず続行する。

#norelated
#ref(FTGDL2.jpg,nolink)
#clear

無事にインストールが終了したら、次は最新版へのアップデートに入る。

#norelated
#ref(FTGDL3.jpg,nolink)
#clear

''アップデートはまず1.1パッチをあてて、さらに1.2パッチをあてる''ことが推奨されているので注意。&br;
ちなみに画面では1.01と表記されているが公式では1.1なのだそうだ。&br;
アップデートが終了したら、起動することを確認しよう。

#norelated
#ref(FTGDL4.jpg,nolink)
#clear

無事起動すればインストール成功だ。あなたが英語を母国語とするなら、これ以上の作業は必要ない。存分にゲームを楽しんでください!

**FTGの日本語化 [#j2a0f855]

 おそらくほとんどの方は日本語でのプレイを希望するだろう。そのためにはいくつかのファイルをダウンロードし、日本語化する必要がある。

***FTG日本語化必要ファイルの入手 [#o4230b0f]

FTG.exeの日本語化パッチを入手する。 
--http://tobject.web.fc2.com/

#norelated
#ref(FTGDL5.jpg,nolink)
#clear

"paradox JP-Patcher Ver0.03 FtG用"をダウンロードする。

FTG1.2英語版用和訳ファイルセット|2011年1月9日 v0.02e を入手する。
--http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up4056.zip~

JP-Patcher用の修正dllファイルを入手する。&br;
"日本語表示用DLL 2010/02/28版"をダウンロードする。
--_INMM20100228.zip(上記画面中に表示されている)

***FTG日本語化パッチを当てる [#o7c8aff2]

paradox JP-Patcher.exeを起動し、FTGの実行ファイル(FTG.exe)をドラッグ&ドロップする。

#norelated
#ref(FTGDL6.jpg,nolink)
#clear

Windows7の場合、パッチを当てるのは少し複雑だ(JP-Patcherの付属リードミーに記載されている)。普通にドラッグ&ドロップしても反応しないので、JP-Patcherのパネルをダブルクリックして画面を切り替える。

#norelated
#ref(FTGDL7.jpg,nolink)
#clear

パネル左上のボックス内にFTG.exeファイルのフルパスを入力する。デフォルト通りにインストールしていれば、

 C:\Program Files (x86)\Paradox Interactive\For the Glory\FTG.exe

になっているはずだ。&br;
あとはAnalyzeボタンをクリック → ScanAllボタンをクリック → Patchボタンをクリック → Saveボタンをクリックし、パッチの当たったFTG.exeファイル(名前はFTGJP.exeなど好きなものを設定しよう)を作成する。

ショートカットやスタートメニューの設定を直すのが面倒くさい方は、元々のFTG.exeファイルをFTGENG.exeなどとリネームし、日本語化したFTGJP.exeファイルをFTG.exeファイルにリネームするとよい。

修正dllファイルの上書き。&br;
_INMM20100228.zipファイル内に収納されている_INMM.dllファイルを既存の同名ファイルに上書きする。

***FTG日本語訳ファイルの展開 [#gf02c669]

FTG1.2英語版用和訳ファイルセットを展開し、For the Gloryフォルダに上書きする。

#norelated
#ref(FTGDL8.jpg,nolink)
#clear

これで素のFTG(バニラと表現することが普通です)を起動できるはずだ。うまくいかない場合、作成したFTGJP.exeファイルが管理者権限になっているか確認しよう。

--FTGJP.exeファイルを右クリック → プロパティ → 互換性 → 管理者としてこのプログラムを実行するボックスをチェック

これで日本語化は完了である。では早速起動してみよう…&br;
なに、英語のままだって?

#norelated
#ref(FTGtit.jpg,nolink)
#clear

メニュー画面からSettingsボタンを押し、言語選択をしてやらないと日本語では表示されない。結構盲点だったりする。

今度はどうだろうか。

#norelated
#ref(FTGDL9.jpg,nolink)
#clear

日本語表示されただろうか?すばらしい!

ところが、これではFTGの醍醐味の半分しか味わえない。まだまだ作業は続くのだ。&br;
ホント海外ゲームは地獄だぜ!

**FTG版AGCEEPのインストール [#t89a0ea0]

 ここまでの作業では、最初からFTGに同梱されている大型MOD、[[AGCEEP>AGCEEPのすゝめ]]は日本語化されていない。続いてAGCEEPの日本語化作業に入る。

***FTG版AGCEEP必要ファイルの入手 [#j3cd5e3e]

 FTGをダウンロードした時点で同梱されているのはAGCEEP ver1.57だが、現在正式リリースはver1.58まで進んでいる(ver1.59βで更新はしばらく停止しているが…)。

まずはFTG用AGCEEP1.58を入手する。

--http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up4577.zip~

FTG1.2用AGCEEP1.58翻訳ファイルを入手する。

--http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up4079.zip

***FTG版AGCEEPファイルの展開 [#le993942]

 AGCEEP1.58を解凍し、FTGフォルダ内のModsフォルダ内に上書きする。

#norelated
#ref(FTGDLA.jpg,nolink)
#clear

***FTG版AGCEEP日本語訳ファイルの展開 [#vaa36ebc]

 FTG1.2用AGCEEP1.58翻訳ファイルを解凍し、同様に上書きする。

#norelated
#ref(FTGDLB.jpg,nolink)
#clear

これで作業は終了。

***動作確認 [#w5bedd0d]

#norelated
#ref(FTGDLC.jpg,nolink)
#clear

 FTGを起動し、MOD選択ボックスからAGCEEP1.58を選択する。

#norelated
#ref(FTGDLD.jpg,nolink)
#clear

無事AGCEEPが起動すれば、インストール成功である。お疲れ様でした。

*EU2のインストール [#l59334bd]
 サイバーフロント社による[[日本語版:http://www.cyberfront.co.jp/title/eu2/]](2006年)を購入した方は、マニュアルと公式HPを(ry

***EU2本体のダウンロード [#e403ec44]
 2013年現在では[[GamersGate>http://www.gamersgate.com/DD-PDXEU2/europa-universalis-ii]] からの入手が唯一の手段だろう。

#norelated
#ref(FTGDLE.jpg,nolink)
#clear

FTGの場合と同様、Windows7だと警告メッセージが多発するが、かまわずインストール作業を続行しよう。&br;

#norelated
#ref(FTGDLF.jpg,nolink)
#clear

FTGよりもファイルが巨大なのでダウンロードに時間がかかる。音楽が多いからと思われる。


インストール作業は自動で開始されるが、ここで注意が必要。

#norelated
#ref(FTGDLG.jpg,nolink)
#clear

インストーラーはなぜか\Paradox Entertainmentフォルダを作成しようとする。EU2より後にリリースされたParadox社製品は、\Paradox Interactiveフォルダに格納されているはずなので、改めてインストール先を修正してやる。

続いては最新版1.09へのアップデート。Gamersgateの本体をダウンロードしたのと同じページ内にパッチがある。

#norelated
#ref(FTGDLH.jpg,nolink)
#clear

''それでもやっぱり''\Paradox Entertainmentフォルダがスタートアップ内に作成されてしまうので、他のParadox社製品を持っている方は、\Paradox Interactive側に移動させておこう。

#norelated
#ref(FTGDLI.jpg,nolink)
#clear

ここでいったんゲームが起動するか確認する…と、その前に。起動のたびにムービーが再生されようとするのが致命的にウザいので、ムービーの納められているフォルダ名を改名してやる。

#norelated
#ref(FTGDLJ.jpg,nolink)
#clear

このウザさはFTGでは改良されている。よかった。&br;
では改めてゲームを起動してみよう。

#norelated
#ref(FTGDLK.jpg,nolink)
#clear

あなたが英語を母国語とするか、母国語並みに使いこなせるなら、これ以上の作業は必要ない。存分にゲームを楽しんで(ry

**EU2の日本語化 [#p8794b35]

 おそらくほとんどの方は日本語でのプレイを希望することだろう。そのためにはいくつかのファイルをダウンロードし、日本語化する必要がある。

***EU2必要ファイルの入手 [#gb7f11d4]

EU2.exeの日本語化パッチを入手する。 
--http://tobject.web.fc2.com/

#norelated
#ref(FTGDLL.jpg,nolink)
#clear

"paradox JP-Patcher Ver0.02"をダウンロードする。

EU2ver1.09日本語訳ファイルを入手する。
--http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up1907.zip

JP-Patcher用の修正dllファイルを入手する。&br;
"日本語表示用DLL 2010/02/28版"をダウンロードする。
--_INMM20100228.zip(上記画面中に表示されている)

***EU2日本語化パッチをあてる [#g8dd9cc3]

paradox JP-Patcher.exeを起動し、EU2の実行ファイル(EU2.exe)をドラッグ&ドロップする。

#norelated
#ref(FTGDLM.jpg,nolink)
#clear

Windows7の場合、パッチを当てるのは少し複雑だ(JP-Patcherの付属リードミーに記載されている)。普通にドラッグ&ドロップしても反応しないので、JP-Patcherのパネルをダブルクリックして画面を切り替える。

#norelated
#ref(FTGDLN.jpg,nolink)
#clear

パネル左上のボックス内にEU2.exeファイルのフルパスを入力する。これまでの説明通りにインストールしていれば、

 C:\Program Files (x86)\Paradox Interactive\Europa Universalis 2\EU2.exe

になっているはず。&br;
あとはAnalyzeボタンをクリック → ScanAllボタンをクリック → Patchボタンをクリック → Saveボタンをクリックし、パッチの当たったEU2.exeファイル(名前はEU2JP.exeなど好きなものを設定しよう)を作成する。

AGCEEPをインストールするにあたり、Mod Launcherを使用するので、オリジナルのEU2.exeファイルをEU2ENG.exeなどとリネームし、日本語化したEU2JP.exeファイルをEU2.exeファイルにリネームしておくこと。

修正dllファイルの上書き。&br;
_INMM20100228.zipファイル内に収納されている_INMM.dllファイルを既存の同名ファイルに上書きする。

***EU2日本語訳ファイルの展開 [#h2029040]

EU2ver1.09日本語訳ファイルを解凍し、Configフォルダ内の同名ファイルに上書きする。

#norelated
#ref(FTGDLO.jpg,nolink)
#clear

Windows7の場合、EU2JP.exeが管理者権限になってないはずなので、修正しよう。

--EU2.exeファイル(日本語パッチをあててリネームした後の方)を右クリック → プロパティ → 互換性 → 管理者としてこのプログラムを実行するボックスをチェック

#norelated
#ref(FTGDLP.jpg,nolink)
#clear

ゲームの解像度を変更するEU2_Settings.exeもWindows7環境下では管理者権限で実行しないと変更が反映されないので注意。

これでバニラEU2の完成である。動作を確認したら、引き続きAGCEEPのインストールに入る。

**EU2版AGCEEPのインストール [#v3c37ab5]

EU2最大の知名度を誇る大型MOD、[[AGCEEP>AGCEEPのすゝめ]]はもはや標準装備といった感がある。そのAGCEEPのインストールに入る。

***EU2版AGCEEPの入手 [#ydfcb5ce]

EU2版のAGCEEPは1.58で最終版となっている。ただし[[公式サイト>http://www.agceep.net/downloads.htm]]は1.57で更新が止まっている。

[[本家フォーラムの該当スレッド>http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?509505-Version-1.58-is-up!]]からでも手に入らないので、

通常版
--http://www1.axfc.net/uploader/N/so/150857

デラックス版
--http://www1.axfc.net/uploader/N/so/150858 

から手に入れる。

***Mod Launcherの入手 [#c18ef17d]

バニラとAGCEEPを両立させられる[[Mod Launcher>Mod Launcherのマニュアル]]も必須だが、リンクが切れているので、

--http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up4608.zip

から入手する。

***EU2版AGCEEPのインストール [#bf33a4a6]

AGCEEP1.58にはインストーラが付属していないので、手動でインストールする必要がある。

まず、Mod Launcher.exeをEuropa Universalis 2フォルダに展開する。

#norelated
#ref(FTGDLQ.jpg,nolink)
#clear

これまたWindows7の場合は管理者権限を付与してやらないとならない。&br;
また、Mapデータを動かす仕様なので、\Europa Universalis 2\Mapフォルダの"読み取り専用属性"を解除する必要がある。

#norelated
#ref(FTGDLR.jpg,nolink)
#clear

あとはAGCEEPフォルダを上図の如く作成し、解凍したAGCEEPファイル群を同フォルダ内にコピーすれば良い。

***AGCEEPの起動確認 [#vffc4824]

EU2をプレイするにはMod Launcher.exeを起動する。

#norelated
#ref(FTGDLS.jpg,nolink)
#clear

手順を間違えていなければ上記のような画面が表示され、バニラEU2かAGCEEPが選択できるようになっているはずだ。

***AGCEEP日本語化ファイルの入手とインストール [#t094844d]

[[AGCEEPのすゝめ]]内にある英語版用AGCEEP1.58翻訳ファイルセット0.1eをダウンロードする。&br;
解凍したファイルを\Europa Universalis 2フォルダ内に展開する。


#norelated
#ref(FTGDLT.jpg,nolink)
#clear

***最終確認 [#g3cdda52]

#norelated
#ref(FTGDLU.jpg,nolink)
#clear

Mod LauncherからAGCEEPを選択し、起動することを確認する。
お疲れ様でした!

TIME:"2015-06-26 (金) 13:51:12"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS