#######################################
 #### AGCEEP_Specific_Wallachia.eue ####
 #######################################
-[[AGCEEP翻訳支援ページ]]
-[[AGCEEP翻訳国一覧]]

***1.53対応修正 [#g109e77c]
 ACTIONNAME19000A;素晴らしい…今後はジギスムントが我が主君だ;Wonderful... Sigismund is now our lord;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19000B;ジギスムントを裏切ろう!;Stab Sigismund in the back!;;;;;;;;;

 EVENTNAME329001;ワラキアでの内紛;Struggle in Wallachia;;;;;;;;;
 EVENTHIST329001;1421年、ハンガリー王ジキスムント(ジグモンド)はダンII世の即位を支援した。ダンII世は1421年11月から1431年まで、数多くの中断を挟みながら統治した(ラドゥが何度も権力奪回を企てたため)。;In 1421 Sigismund of Hungary helps Dan II ascend to the throne. Dan II will rule between november 1421 and 1431 with many interruptions, as Radu will attempt a number of times to regain power.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329001A;ダンII世とハンガリー;Dan II and Hungary;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329001B;ラドゥII世とトルコ;Radu II and the Turks;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3832;串刺し公ヴラド;Vlad the Impaler;;;;;;;;;
 EVENTHIST3832;閣下、我らが敬愛する君主、父ヴラドII世ドラクルにちなむドラキュラの名でも 知られる、ヴラドIII世は、近頃、捕まえたトルコの兵士ばかりか文民までも串 刺しの刑に処されるようになりました。彼は既にツェペシュ串刺し公と呼ばれ ております。トルコ人達はひどく怒り、我々が少なくとも彼の行動について謝 罪すべきことを主張しています。さて、我らが賢明にして高貴な統治者を決し て批判するものではございませんが、ええ、しかしながら、彼はあなたの仰る ことは聞き入れられるようでございます。おそらくあなたなら、もう少し如才 なく立ち回るよう彼に納得させることができるかと思いますが?;Milord, our beloved monarch, Vlad III, also known as Dracula after his father Vlad II Dracul, has recently begun impaling captured Turkish soldiers and even civilians. Already he is being called 'Tepes' - the Impaler. The Turks are livid and insist that we at the very least apologize for his actions. Now, far be it from me to criticize our wise and noble ruler, hrrm, but he seems to listen to you - perhaps you could convince him to be a tad more... diplomatic?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3832A;トルコ人には何も借りはない 杭の上で苦しむがよかろう!;We owe the Turks nothing! Let them squirm on the stakes!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3832B;スルタンに謝罪する;Apologize to the Sultan;;;;;;;;;
 EVENTNAME329002;アレクサンドルI世;Alexander I;;;;;;;;;
 EVENTHIST329002;1431年、アレクサンドルI世アルデヤ(ミルチャ老公の息子の一人)が公位を奪取した。今回の彼はモルダヴィアの支援を受けていた。;In 1431 Alexandru I Aldea (another son of Mircea the Elder) takes the throne. He is helped, this time, by Moldavia.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329002A;モルダヴィアのしわざか;Moldavia it is;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3839;フィレンツェの公会議と 教会連合;The Council of Florence and the Union of the Churches;;;;;;;;;
 EVENTHIST3839;オスマン帝国の恐ろしい猛攻に直面して、ビザンツ帝国とギリシア正教会の代表 達は、両教会の連合について交渉するためフィレンツェの公会議へと出掛けま した。ビザンツ帝国の人々と総主教とは大きく譲歩することに同意しており、 正教は事実上ローマに降伏しました。今や、ビザンツ帝国はオスマン帝国に 対する必死の闘争の中で、我々の支援を乞い求めているのです!;Faced with the terrible onslaught of the Ottoman Turks, representatives of the Byzantine Empire and the Greek Orthodox Church have gone to the Council of Florence in order to negotiate a Union of the Churches. The Byzantines and their patriarch have agreed to great concessions, and Orthodoxy has virtually surrendered to Rome. Now, Byzantium is begging us to support them in their desperate struggle against the Ottomans!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3839A;良いことだ;Very well;;;;;;;;;
 EVENTNAME329003;ヴァルナの戦い;Battle of Varna;;;;;;;;;
 EVENTHIST329003;ヴラドはヤーノシュ・フニャディから、命令を尊重して十字軍に加わるよう召喚された。だが、ヴラドはトルコを怒らせたくなかったので、長子ミルチャ率いる小規模な部隊しか派遣しなかった。;Vlad was summoned by Janos Hunyadi to respect the vows of the Order and join the Crusade. Vlad did not want to anger the Turks though, and he sent only a small contingent led by his eldest son, Mircea.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329003A;ヤーノシュを拒みミルチャだけを送る;Defy Janos and send only Mircea;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329003B;キリスト教のために!;For Christendom!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19000;龍騎士;The Dragon;;;;;;;;;
 EVENTHIST19000;1387年、ドイツ皇帝であるルクセンブルク家のジギスムントと彼の二人目の妻バ ルバラ・フォン・ツィレイは、ボヘミアで最近発生したフス派のような異端から カトリック教会を守るため、またバルカン半島のほとんどを蹂躙したオスマン帝 国に対する十字軍の先兵とするために、宗教的特務機関・ドラゴン騎士団を設立 した。1431年2月8日、ヴラド・ドラクル(ドラゴン)として以後知られるようにな るヴラドは、ポーランドのラディスラウス王とセルビアのラザレビチ公と共に この騎士団に叙命された。さらに、神聖ローマ皇帝はヴラド・ドラクルをワラキ ア公国の君主に任じた。ドラクルは1436年の冬にアレクサンドルを放逐したこと により自身の正統な権利を獲得し、公位を得た。;The German Emperor Sigismund of Luxembourg and his 2nd wife, Barbara von Cilli, founded the Order of the Dragon in 1387 as a secret military and religious organization with the aim of protecting the Catholic Church against heretics, such as the Hussites (who rose in Bohemia recently). An additional objective is the organization of Crusades against the Ottoman Turks, who had overrun most of the Balkan peninsula. On February 8, 1431, Vlad, henceforth known as Vlad Dracul, or the Dragon, was inducted in this order along with King Ladislas of Poland and Prince Lazarevic of Serbia. In addtion, the Holy Roman Emperor has invested Vlad Dracul as the sovereign ruler of the Princedom of Wallachia. Dracul made good his claim by expelling Alexandru during the winter of 1436, and taking the throne.;;;;;;;;;
 EVENTNAME329004;ボヤール(地方領主)の反乱;Boyars Revolt;;;;;;;;;
 EVENTHIST329004;ボヤールはヴラドII世に反乱を起こし、彼とその長子は殺された。一部の人々は、ヴラドがヴァルナでの十字軍に支援を渋ったため、ハンガリーが何らか関与したのではないかと推測している。いずれにせよ、国家は騒乱状態となった。フニャディは「ダネスティ家」派を再び権力の座に就け、ヴラディスラフII世を即位させた。;Boyars revolt against Vlad II, who is killed along with the eldest son. Some speculate that the Hungarians had something to do with it, due to Vlad's reluctance of aiding the Crusade at Varna. Nevertheless, the country is in turmoil. Hunyadi restores the 'Danesti' faction to power in the person of Vladislav II.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329004A;何ができるというのだ?;What can we do?;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19001;囚われの龍;The Dragon in Chains;;;;;;;;;
 EVENTHIST19001;1442年春、スルタン・ムラトII世はドラクルを騙して会談に誘い、罠に対して無警 戒なドラクルは、2番目の息子ヴラド・ドラキュラ(ドラゴンの子)と末子ラドゥ 美男公を従えてドナウ川を渡った。ドラクルは捕らえられ、鎖で縛られてスルタ ンの面前に引っ立てられた。ヴラド・ドラクルは、ムラトII世へ忠誠を誓うこと を余儀なくされた。ドラキュラとラドゥはどちらも人質とされたが、それぞれの 子供は自分達の監禁に対して非常に異なった反応を示した。ラドゥは著しく 親トルコ的姿勢に傾いたが、ドラキュラの考えはより測りがたかった。;In the spring of 1442, Sultan Murad II beguiled Dracul into a meeting, and insensitive to the snare, Dracul crossed the Danube with his 2nd son, Vlad Dracula (son of the Dragon), and his youngest son Radu cel Frumas (the handsome) in tow. Dracul was captured, bound in chains, and brought before the Sultan. Vlad Dracul was forced to swear fealty to Murad II, and both Dracula and Radu were kept as hostages, although each child had remarkably different reactions to their captivity. Radu developed marked pro-Turkish attitudes, while Dracula's thoughts were more difficult to fathom.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19001A;スルタンに直接会う;Meet with the Sultan Personally;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19001B;使者を派遣する;Send Emissary;;;;;;;;;
 EVENTNAME329005;トゥルゴヴィシュテ;Targoviste;;;;;;;;;
 EVENTHIST329005;ヴラドはクルテア・デ・アルジェシュ(アルジェシュの宮廷)から、ドゥンボヴィツァ川沿いの活気ある都市トゥルゴヴィシュテに遷都した。ここで彼は強固な城砦に取り巻かれた王宮を建設した。(この廃墟は現在でも見ることができ、キンディア塔(宵の塔)はまだ立っている。);Vlad moved the capital from Curtea de Arges (the Arges Court) to Targoviste, a bustling city on the river Dambovita. Here he built a palace surrounded by strong fortifications (the ruins can still be seen, along with the Turnul Chindiei - the Evening Tower, still standing).;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329005A;出発だ!;Off we go a packing!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19004;龍の息子;Son of the Dragon;;;;;;;;;
 EVENTHIST19004;ヴワディスワフII世は、ダネスティ家のメンバーで、ヴラド・ドラクルの兄弟のう ちの1人、ダン公の子孫であった。彼は、キリスト教世界の偉大なホワイトナイ トであるハンガリーのフニャディ・ヤノーシュの支援を受けて、ワラキア公位に 就いた。フニャディは、ヴァルナ遠征の失敗に対してドラクルと彼の長男ミル チャが浴びせた正当な非難に応じて、彼らの暗殺を恐らく命じた。にもかかわ らず、ヴラドの息子(ドラキュラ)は、政治的な必要性からフニャディ家(ヤノー シュと彼の息子マーチャーシュ)と密接な繋がりを持っており、またモルダヴィ アのシュテファンとの友情を深めていた。ドラキュラが父の公位を獲得し、 ライバルを排除したのは彼らの支援を得てだった。;Vladislav II was a member of the Danesti family, descended from one of the brothers of Vlad Dracul, Prince Dan. He came to the Wallachian throne with the support of the great White Knight of Christendom, the Hungarian John Hunyadi. Hunyadi had probably ordered the assassination of Dracul and his oldest son, Mircea, in response to their justifiable blame which they heaped upon the white knight for the failure of an expidition ot Varna. Regardless, Vlad's son, Dracula, had close ties of political necesity to the Hunyadis (John and his son Matthias), and developed a friendship with Stephen of Moldavia. It was with their support that Dracula claimed his fathers throne and ousted his rival.;;;;;;;;;
 EVENTNAME329006;ラドゥ大公;Radu the Great;;;;;;;;;
 EVENTHIST329006;ラドゥ大公が即位した。大公の統治は、それまでの数十年に及ぶ争いの一時的な中断期となった。これは安定、反映、革新の時代であった。最初の印刷機がワラキアに導入され、最初の宗教書(『Liturgherul』)がスラヴ語で印刷された。;Radu cel Mare (the Great) ascends to the throne. Radu the Great's rule was a respite from the strife of the previous decades. It was a time of stability, prosperity and innovation. The first printing press appeared in Wallachia, and the first religious book was printed in slavonic ('Liturgherul').;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19005;玉座を巡る争い;Contested Throne;;;;;;;;;
 EVENTHIST19005;1462年、トルコの侵略の圧力から、ドラキュラはハンガリー君主に支援を求めた。 他方、トルコのスルタンはドラキュラの弟、ラドゥの公位継承を支援し軍隊を 与えた。さらに、大貴族がドラキュラの広く知られている虐待と権利の抑圧か ら反乱を起こした。ハンガリー王マーチャーシュ・コルヴィヌスは、ドラキュラ の不安定な地位を理解し、また彼の気まぐれで曲がった性格への警戒から、裏 切って政治犯としてドラキュラをハンガリーに拘留した。一方ラドゥはワラキ アを統治するのに自由にしておかれた。1466年現在、ドラキュラはカトリック 信仰へ改宗し、ハンガリーの王室と婚戚になった。ワラキアは、残酷だが英雄 的な反トルコのドラキュラと親トルコのラドゥに分裂した。;In 1462, under pressure from Turkish incursions, Dracula sought the help of the throne of Hungary. Meanwhile, the Turkish sultan gave Dracula's younger brother, Radu, an army with which to support his claim to the throne. In addition, the boyars, rose up against Dracula due to his well-known cruelty and the suppression of their rights. Matthias Corvinas, King of Hungary, realizing Draculas precarious postion, and wary of his volatility and devious nature, treacherously took Dracula to Hungary as a political prisoner, while Radu was left free to reign in Wallachia. Now, in 1466, Dracula has converted to catholicism and married into the Hungarian royal family. The state is divided between the cruel, yet heroic anti-Turkish Dracula, and the pro-Turkish Radu.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19005A;ラドゥを支持する;Support Radu;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19005B;ドラキュラを支持する;Support Dracula;;;;;;;;;
 EVENTNAME329007;シュテファンの提案;Stephen's overtures;;;;;;;;;
 EVENTHIST329007;15世紀最後の数十年間、モルダヴィアはオスマン帝国との戦いにおいてますます孤立していき、また領地を狙うポーランドとも戦わねばならなかった。1503年、老いたシュテファンはハンガリー王、ポーランド王、ヴェネツィア、教皇と反オスマン同盟創設の最後の試みを行った。この新たな十字軍の目的はいつもどおり、欧州からの異教徒の追放であった。シュテファンの狙いは、ブジャク地方(チリアやチェタテアアルバ(またの名をベルゴロド)の城砦)の支配権を奪回することであった。;In the last decades of the 15th century, Moldavia found herself more and more alone against the Ottoman Empire, and also having to fight Poland's designs on its territory. 1503 saw the last attempt by the aging Stephen of creating an anti-Ottoman alliance, with the Kings of Hungary and Poland, Venice, the Papal States. The aim of the new crusade was, as always, expelling the infidel from Europe. Stephen's aims were to regain control over the Bugeac (the citadels of Chilia and Cetatea Alba/Belgorod).;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329007A;座して成り行きを見守る;Sit on the fence and see what's going on;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329007B;トルコへの臣従を続ける;Remain loyal to the Porte;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329007C;十字軍に加わろう!;Join the crusade!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329000;Union of Transylvania;;;;;;;;;;
 EVENTHIST329000;In 1599 Mihai II Viteazul crossed the Carpathians and defeated the Transylvanian Prince András Báthory at Selimbar (18 October 1599). Entering the Capitol Gyulafehérvár (Alba Julia) in impressive pomp, he proclaimed himself 'Imperial Governor of Transylvania' in the name of Rudolf II of Austria. In reality, he ruled like an independent prince.;;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329000A;Personal Union;;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329000B;Annex it;;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329000C;A vassal;;;;;;;;;;
 EVENTNAME329018;ラドゥの死;Radu's Death;;;;;;;;;
 EVENTHIST329018;ラドゥの死後、オスマン帝国はヴラド・ドラクルの息子ミフネヤを君主に任命し、ワラキアに対する支配を強めた。ミフネヤの二年間の治世に事態は劇的に後退し、彼の対外政策が完全にオスマン帝国に従属することとなった一方で、その対内政策のために彼は「悪党公」という仇名を奉られた。;Following Radu's death, the Ottoman Empire strengthened its control over Wallachia by naming Mihnea, son of Vlad Dracula, as ruler. Mihnea's two years in power represented a drastic step back, his foreign policy would be totally asserved to the Porte, while his internal policy would gain him the surname 'cel Rau' (the Bad).;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329018A;もう一度やろう!;Here we go again!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329021;ネアゴエ・バサラブ;Neagoe Basarab;;;;;;;;;
 EVENTHIST329021;15〜16世紀にワラキアを主導したボヤール(地方領主)クライオヴェシュチ家出身の公ネアゴエ・バサラブ(1512-1521)は、バランス感覚と賢さ、経験を兼ね備えた君主として傑出している。彼は国内の秩序維持や、ワラキアへの宗主権を維持しようとするオスマン帝国からの増大する貢納要求といった難題に悩まされたものの、商工業の発展を保護した。彼の対外政策は常に、オスマン帝国とハンガリー王家からの要求の間でバランスを取ることに向けられていた。;Descending from the Craiovesti boyars, a family who had the lead of Wallachia during the 15th and 16th centuries, Neagoe Basarab (1512-1521) singles out as a balanced, wise and learned ruling prince. Though confronted with difficulties relating to the maintenance of order within the country, and to the increase of the tribute due to the Ottoman Empire in order to maintain his country's suzerainty, he protected the development of crafts and trade. His foreign policy would always seek to establish a balance between the claims of the Ottoman Empire and of the Hungarian royalty.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329022;ネアゴエ・バサラブの功績;Neagoe Basarab's works;;;;;;;;;
 EVENTHIST329022;ビザンツ皇帝が決めた伝統の継続と、正教会を保護・支援しようという意図から、ネアゴエ・バサラブはバルカン半島の修道院(たとえばクトゥルムス、ヒランダル、イヴィロン)や、コンスタンティノープル、エルサレム、シナイ山、メテオラ山(ギリシャのテッサリにある)の宗教的建造物に対して、盛んに寄進を行った。;Continuing the tradition set up by Byzantine emperors and willing to protect and assist the Orthodox Church, Neagoe Basarab made rich donations to monasteries in the Balkans, i.e. Cutlumus, Hilandar, Iviron, as well as to religious edifices in Constantinople, Jerusalem, at Mount Sinai, at Meteora (in Thessaly).;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329023;ネアゴエ・バサラブの遺志;Neagoe Basarab's will;;;;;;;;;
 EVENTHIST329023;ネアゴエ・バサラブは息子テオドシエに教えた内容に題名をつけ、「哲学、政治術、戦術、外交術、倫理、美学に関する規則」として著した。この著作はルーマニア語圏で初めて刊行された思想書である。スラヴ語で書かれたこの本はギリシャ語に訳され、その後17世紀初頭に公子マテイ・バサラブの宮廷にいた学者アドリステ・ナストゥレルがルーマニア語に翻訳した。;Neagoe Basarab wrote a treaty of philosophy, politology, military art, diplomacy, morals and ethics, entitled Neagoe Basarab's Teachings to his Son, Theodosie. The work is the first history of mentalities issued in the Romanian speaking provinces. Written in Slavonic, it was translated into Greek, and then into Romanian by scholar Udriste Nasturel from Matei Basarab's princely court by the beginning of the 17th century.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329023A;安らかに眠れ、我が君;Rest in peace, my prince;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329024;ワラキアの無政府状態;Anarchy in Wallachia;;;;;;;;;
 EVENTHIST329024;ネアゴエ・バサラブの死後、息子のテオドシエはすぐに権力の座を追われ、再び僭称者達の争いの時代が始まった。今度はアフマティ侯ラドゥ(ラドゥ大公の息子)と、ヴラディスラフIII世(ご記憶だろうか、ドラキュラのライバル・ヴラディスラフII世の孫である)の争いであった。両侯とその子孫達の争いは、増大するオスマン帝国からの圧力と同様、この世紀の終わりまでワラキアの政治的・経済的情勢の基調をなした。;Following Neagoe Basarab's death, his son Theodosie was quickly removed from power which launched another period of struggle between pretenders, this time Radu (de la Afumati), son of Radu the Great struggled with Vladislav III (grandson of Vladislav II, the rival of Dracula if you remember). The struggle between these two princes and these descendants, as well as the increasing pressure of the Ottomans would characterise the Wallachian political and economical landscape for the rest of the century.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329024A;何ができるというのだ?;What can we do?;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329025;ペトル・チャーチルの旅行;Petru Cercel's travels;;;;;;;;;
 EVENTHIST329025;ワラキア公位僭称者の中でも、オスマン帝国ではなく西方に支援を求めた唯一の人物という点で、ペトル・チャーチル(1583-1585)は際立っている。彼はクラクフ、ウィーン、パリにまで旅した。パリにおいて、国王アンリIII世はそのイスタンブールに対する影響力を用い、ミフネヤII世にとって不利益なことにペトル・チャーチルをワラキア公に就任させた。ペトル・チャーチルの治世は(ごく短い間)新鮮な空気を吸うのにも似ていた。イタリア人、フランス人、ギリシャ人を含む国際的な彼の宮廷は、ビザンツ=東方の古いそれよりも、むしろルネッサンス期西欧の宮廷に似ていた。ルネッサンス様式の新しい建築群や、初めて青銅製大砲を装備した陸軍の徹底的改革は、彼が完遂した数少ない事業である。;Of all the pretenders to the Wallachian throne, Petru Cercel (1583-1585) stands out, as he is the only one who sought support for his claims not at Istambul, but in the West. His travels led him to Krakow, Vienna and even Paris. Here, the king Henri III used his influence at Istambul to make Petru Cercel prince of Wallachia in the detriment of Mihnea II. Petru Cercel's reign is like a (very short) breath of fresh air, his cosmopolitan court, which included Italians, French and Greeks resembled more the Renaissance courts of the West rather than the byzantine - oriental settings of old. New buildings in renaissance style and a thorough reform of the army, who, for the first time, is armed with bronze cannons are but few of his accomplishments.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329025A;ようやく多少の吉報だ!;Finally, some good news!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329026;ミハイ勇敢公;Michael the Brave;;;;;;;;;
 EVENTHIST329026;多くの歴史家は、ミハイによる9年間のワラキア統治のことを、この不幸な国家にとっての最も栄光ある時代だったと考えている。ミハイは現任のアレクサンドル悪党公と張り合い、より多くの資金と資源をオスマン帝国に約束するという昔ながらの慣習によってスルタンの指名を勝ち取ると、すぐにオスマン帝国への臣従を破棄してブカレストのオスマン駐屯部隊を排除した。ミハイはその治世において、オスマン軍を打ち負かし、トランシルバニア・モルダヴィアを統一または征服することに成功して、一年だけとはいえ古代ダキア帝国を再現した。ワラキアは再び独立したのだ!;Michael's 9 year rule of Wallachia is considered by many historians as being the most glorious period of this wretched country. Winning the favour of the Sultan against his opponent, the incumbent Alexander the Bad, by the old practice of promising more gold and resources for the Porte, Michael immediately breaks his vassalage to the porte and removes the Ottoman garrison from Bucharest. During his reign, Michael will defeat the Ottoman armies and will manage to unite/conquer Transylvania and Moldova, recreating, even if just for a year, ancient Dacia. Wallachia is once again independent!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329026A;統一は間近だ!;Unity is at hand!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST329027;多くの歴史家は、ミハイによる9年間のワラキア統治のことを、この不幸な国家にとっての最も栄光ある時代だったと考えている。ミハイはその治世において、オスマン軍を打ち負かし、トランシルバニア・モルダヴィアを統一または征服することに成功して、一年だけとはいえ古代ダキア帝国を再現した。;Michael's 9 year rule of Wallachia is considered by many historians as being the most glorious period of this wretched country. During his reign, Michael will defeat the Ottoman armies and will manage to unite/conquer Transylvania and Moldova, recreating, even if just for a year, ancient Dacia.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329028;モルダヴィアがルーマニアとの連合を受諾;Moldavia accepts Romanian union;;;;;;;;;
 EVENTHIST329028;彼らはルーマニアとの連合を望んでいます!;They wish to join a Romanian union!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329029;モルダヴィアがルーマニアとの連合を拒否;Moldavia declines Romanian union;;;;;;;;;
 EVENTHIST329029;彼らはルーマニアとの連合を望んでいません!;They do not wish to join a Romanian union!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329029A;目にもの見せてやろう!;We'll show them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329030;ミハイ勇敢公の死;Death of Michael the Brave;;;;;;;;;
 EVENTHIST329030;1601年、トランシルヴァニア貴族の反乱により、ミハイはウィーンの皇帝ルドルフII世に支援を求めることを余儀なくされた。ルドルフは支援を了承し、バスタ将軍率いる軍勢を与えた。だが、ミハイがポーランド(トランシルヴァニアとモルダヴィアでの不和に対して密かに資金援助していた)への侵攻を準備していることにバスタが気づくと、皇帝はバスタにミハイの暗殺を命じ、バスタはそれを完遂した。;In 1601 following the rebellion of the Transylvanian nobility, Michael is forced to seek help in Vienna from Emperor Rudolph II. Rudolph agrees to help giving him an army under the leadership of general Basta, but when he finds out that Michael is preparing to invade Poland (who secretly financed dissension in Transylvania and Moldavia) the Emperor orders Basta to murder Michael, which he acomplished.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329030A;ミハイよ安らかに眠れ!;Rest in peace, Michael!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329030B;連合を維持しよう!;Let's keep the union intact!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST329031;ミハイ勇敢公の死からマテイ・バサラブの即位までの期間は、お決まりの無秩序の時代であり、特筆することもない多くの僭称者達(シメオン・モヴィラとガヴリル・モヴィラ、ラドゥ・ミフネヤ、ラドゥ・セルバン、アレクサンドル・イリアスなどなど)が、権力を巡ってまたもや争った。オスマン帝国はこの時期を利用して、公領に対する政治的・経済的支配権を再び手中に収め、一方でモルダヴィアとワラキアの諸侯は各自の城砦を破壊するよう強制された。まるでこれだけでは不十分だとでもいうように、1610-1611年にはトランシルヴァニアが侵攻してきた。;The period between Michael the Brave's death and Matei Basarab's ascension is a customary anarchical period, with again a number of colourless pretenders fighting for power (Simon and Gavril Movila, Radu Mihnea, Radu Serban, Alexandru Ilias, etc. etc.).\n \n The Ottoman Empire uses this period to reinstate its political and economical control over the principality while forcing the princes of Moldavia and Wallachia to demolish their fortfications. As if that was not enough, Transylvania invades in 1610-1611.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329031A;何ができるというのだ?;What can we do?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329031B;独立を保とうとする;Try to preserve our independence;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329032;マテイ・バサラブの改革;Matei Basarab's reforms;;;;;;;;;
 EVENTHIST329032;古い年代記に「寛大、公正、賢明、勇敢にして熱烈なるキリスト教徒」と描写されている君主マテイ・バサラブの治世は、ワラキアにとって平穏、安定、繁栄の時代であった。彼はボヤール(地方領主)と権力を分かち合ったので、それ以前の30年間にわたって国を荒廃させた同胞間の争いは終わりを迎えた。彼は軍隊を強化し、「Oastea Domneasca(君主直属部隊)」を4万人に拡大し、東欧で最も大きな常備軍とした。彼は経済、農業、商工業を支援した。ワラキア初の製紙・ガラス製品マニュファクチュアは、彼の時代に設立された。;Described by the old chronicles as a 'kind, just, wise, brave and ardent Christian' prince, Matei Basarb's reign was a period of quiet, stability and prosperity for Wallachia. He shared power with the boyars, thus putting an end to the fraticidal struggle that plagued the country for the previous thirty years. He strengthened the armed forces, and increased the size of the 'Oastea Domneasca' (the Prince's Army) to 40,000 men, one of the largest standing armies in Eastern Europe. He supported the economy, the agriculture, the crafts and the trade. The first manufacturies of Wallachia producing paper and glassware were setup during his reign.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329032A;貿易と経済を改革する;Reform trade and the economy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329032B;軍隊に集中する;Concentrate on the army;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329032C;経済と軍隊の両方を改革;Reform both the economy and the army;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329033;マテイ・バサラブの対外政策;Matei Basarab's foreign policy;;;;;;;;;
 EVENTHIST329033;マテイ・バサラブの対外政策の特徴は、トランシルヴァニア侯ラーコーツィI世とII世との同盟、ポーランド・ヴェネツィア・教皇庁との友好関係、オスマン帝国によるワラキアへの内政干渉に対する絶え間ない抵抗であった。彼は17世紀ワラキアで最も多くの教会を創設した人物となって、彼とヴァシレ・ルプ(当時のモルダヴィア君主で、トルコの教唆に乗りワラキアをも征服しようとしたことがあった)の間に不和の種を蒔こうとするトルコの計画を阻止した。さらに彼は、セルビア・ブルガリアをはじめとするバルカン諸国の人々の反トルコ闘争を支援した。というのも、マテイ・バサラブはスラヴ語による正教会信仰が彼らを強化し、オスマン帝国の圧力に対する抵抗にとって有効な手段になると考えていたからであった。;Matei Basarab's foreign policy was marked by alliances with Transylvanian princes Rackozi I and II, by good relations with Poland, Venice and Rome, and by a constant opposition to the Ottomans' interference into Wallachia's internal affairs. Most Prolific Church Founder in the 17th Century in Wallachia, he thwarted the Turks' plans to sow discord between him and Vasile Lupu (who ruled Moldavia by that time, and who had tried, encouraged by the Turks, to take over Wallachia too. Likewise, Matei Basarab assisted the struggle of Serbians, Bulgarians, and other Balkanic peoples against the Turks, as he thought that Orthodox faith served by the Slavonic language could strengthen them, and be an effective means of resistance against the Ottoman oppression.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329033A;オスマンの干渉に抵抗する;Oppose to the Ottomans' interference;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329034;マテイ・バサラブの文化事業;Matei Basarab's cultural work;;;;;;;;;
 EVENTHIST329034;マテイ・バサラブの最も顕著な功績は、彼が着手した膨大な量の文化的事業である。これはマテイが政治・王朝面での手本としたネアゴエ・バサラブ(1512-1521)や、彼同様ボヤール(地方領主)であるブランコヴェニ家出身のコンスタンティン・ブランコヴェアヌ(1688-1714)の業績にも比肩しうるものであった。マテイ・バサラブは生涯にワラキアと国外の両方で115以上の教会や修道院を創設・再建した人物であり、ルーマニア人として最も偉大な教会設立者であった。彼は要塞化した教会や修道院を建設することで、オスマン帝国の禁令を破りさえした。;Matei Basarab's most outstanding accomplishments are related to the vast cultural work that he embarked upon, which may be compared to that of Neagoe Basarab (1512-1521), whose political and dynastic model he followed, and to Constantin Brancoveanu's (1688-1714), descended, like he was, from the Brancoveni family of boyars. Matei Basarab was the greatest church founder of the Romanian people, as in his time were erected and restored over 115 churches and monasteries both in Wallachia and abroad. He even went over the Ottoman interdiction by building fortified churches and monasteries.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329035;人文主義者アドリステ・ナストゥレル;Udriste Nasturel;;;;;;;;;
 EVENTHIST329035;マテイ・バサラブは先祖のネアゴエ・バサラブと同じく学者ではなかったが、同時代の学識者達を後援し手助けした。その中にはアドリアステ・ナストゥレルもいた。彼はスラヴ語によるルーマニア人文主義を育てた。(彼の主張によれば、スラヴ語はラテン語とまったく同様に、ギリシャ・ローマ古典時代の価値観を土台として、南東欧に住む人々の正教的連帯を表現できる言語である。)アドリステ・ナストゥレルはまた、当時の印刷・写本活動において重要な役割も果たした。;Though not a scholar himself, like his forefather Neagoe Basarab, Matei Basarab encouraged and assisted the learned men of his time. One of them was Udriste Nasturel, who fostered a Romanian humanism in the Slavonic language, which, in his opinion could express, just like the Latin, beside the values of classical antiquity, Orthodox solidarity of peoples living in South Eastern Europe. Udriste Nasturel played also an important part in the copying and printing activities of the time.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329035;賢人だ!;A wise man!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329036;シェルバン・カンタクジーノとウィーン包囲;Sherban Cantacuzino and the siege of Vienna;;;;;;;;;
 EVENTHIST329036;1683年、オスマン帝国は欧州の中心に向けて軍を進め、ウィーンを包囲した。ギリシャの高名な家系の出身であるシェルバン・カンタクジーノ公(1679-1688)率いるワラキア連隊も、トルコ軍に帯同していた。シェルバンはキリスト教徒の同胞に敵対してトルコを支援することに気が進まず、こっそり神聖同盟を支援していた。神聖同盟は見返りとして、オスマン帝国に大勝を収めた暁には、シェルバンが先祖から受け継いだ東ローマ皇帝の地位を与えると約束した。シェルバンは1688年、おそらくはオスマン帝国スルタンの命によって、毒殺された。;In 1683 the Ottoman Empire once again marched its armies towards the centre of Europe, laying siege to Vienna. Alongside the Turkish forces, there were Wallachian regiments led by Prince Sherban Cantacuzino (1679-1688), descendant of the illustrious greek family. Reluctant to aid the Turks against his Christian brothers, Sherban secretly aided the Holy League who, in turn, following the crushing victories over the Ottomans, promised him the mantle of the Eastern Roman Empire to which he was entitled by descent. Sherban died in 1688, probably poisoned on the orders of the Ottoman Sultan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329036A;戦うふりをして神聖同盟を支援する;Pretend to fight, but secretly support the League;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329036B;オスマン帝国を全力で支援する;Support the Ottomans at all cost;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329036C;公然とキリスト教徒側に立つ!;Openly side with the Christian powers!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329037;ワラキアへのトウモロコシ伝来の効果;Effect of introduction of Maize in Wallachia;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329038;シェルバン・カンタクジーノの文化事業;Sherban Cantacuzino's cultural works;;;;;;;;;
 EVENTHIST329038;ワラキア・バロック様式に関しては、シェルバン・カンタクジーノは熱心な支持者であった。彼は最初の高等教育機関であるブカレストの聖サヴァ大学を設立し、多くの印刷所を作り、1688年には有名なルーマニア語聖書を印刷した。ルーマニア語は公領の文化・行政用言語として、スラヴ語に取って代わった。;In the style of the Wallachian baroque, Sherban Cantacuzino was an avid supporter of culture. He founded the first superior learning school, the Saint Sava College in Bucharest, many printing offices, and in 1688 the famous Romanian Bible was published, Romanian replacing Slavonic as the official and cultural language of the principality.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329039;コンスタンティン・ブランコヴェアヌの対外政策;Constantin Brancoveanu's foreign policy;;;;;;;;;
 EVENTHIST329039;前任者シェルバンと同様、コンスタンティンはオスマン帝国の影響力に公然と挑むには国家が弱体に過ぎることを認識していた。にもかかわらず、彼はオスマン勢力の崩壊に便乗してオーストリアやロシアに求婚し、情報面で彼らをこっそり支援しようとしたが、結局はスルタンの目に止まって破滅した。;Like Sherban before him, Constantin realized that the country was too weak to openly challenge the Ottoman influence. Nevertheless, he tried to take advantage of the collapsing Ottoman power by wooing the Austrians and the Russians and secretly helping them with intelligence, policy which eventually doomed him in the eyes of the Sultan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329039A;忠実な属国を装う;Pretend to be a loyal vassal;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329039B;トルコを支持する;Support the Turks;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329040;ブランコヴェネスク様式;The 'Brancovenesc' style;;;;;;;;;
 EVENTHIST329040;シェルバン・カンタクジーノの後を継いだコンスタンティン・ブランコヴェアヌは、芸術や文化に対する支援を継続し、多くの宮殿や教会を国中に建設した。中でも最も有名なものは首都ブカレスト(ブクレシュティ)北方のモゴソアイア宮殿で、これは現在でも目にすることができる。;Sherban Cantacuzino's successor, Constantin Brancoveanu continued his support of the arts and culture and built many palaces and churches throughout the country. Most famous is the palace of Mogosoaia, north of the capital Bucuresti, which can still be seen today.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329041;コンスタンティン・ブランコヴェアヌの死;Death of Constantin Brancoveanu;;;;;;;;;
 EVENTHIST329041;コンスタンティン・ブランコヴェアヌは、まずオーストリアと、後にはロシアと同盟を結ぶという反トルコ政策のゆえに、オスマン帝国から非難され、公位を剥奪された。そしてコンスタンティノープルに逮捕・護送され、1710年にイェディ・クレ(七つの塔)城砦に監禁された。そこで彼は、彼が蓄財したと思われる300万フォーチュンを探し出そうとするトルコ人に拷問を受けた。1714年8月26日、彼と4人の子供達は処刑された。;Because of his anti-Turkish policy of forming alliances first with Austria and then with Russia, Constantin Brancoveanu was denounced to the Porte, deposed from his throne, and brought under arrest to Constantinople where he was imprisoned in 1710 at the fortress of Yedi Kuleh (the Seven Towers). There he was tortured by the Turks, who hoped to locate the 3,000,000 fortune he had supposedly amassed. He was beheaded with his four sons on August 26, 1714.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME329042;ワラキアでファナリオティス支配が復活;Instauration of Phanariote rule in Wallachia;;;;;;;;;
 EVENTHIST329042;現地出身のワラキア公を背後から操ることに倦み始めたオスマン帝国スルタンは、ワラキア公位をイスタンブール・ファナル地区のギリシャ人に競り落とさせることに決めた。そのため、ルーマニア史における1716-1821年は「ファナリオティス時代」として知られている。これは公領にとって苦難の時代であった。経済面では、公位を競り落とすのに要した出費の埋め合わせと、オスマン帝国への貢納支払いによって搾取された。文化面では、ギリシャ語がルーマニア語に代わって行政用語となり、スラヴ語が教会での公用語となった。;Having grown tired of the native Wallachian princes' machinations behind his back, the Ottoman Sultan decided to auction the throne of Wallachia to the Greek community of Phanar, Istambul. Thus, the period 1716 - 1821 is known in Romanian history as the 'Phanariote era'. It was a difficult period for the principality. Economically it was drained to cover the bidding expenses of the prince and to pay the tribute to the Ottoman Porte. Culturally, Greek replaced Romanian as court language and Slavonic as church-service language.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME329042A;ワラキアはぼろぼろだ;Wallachia in rags;;;;;;;;;

**著作権表記 [#n8677fec]

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS