######################################
 #### AGCEEP_Specific_Ottomans.eue ####
 ######################################
 #;
 EVENTNAME3352;経済界における挑戦;The Economic Reforms of Mehmed II;;;;;;;;;
 EVENTHIST3352;メフメトII世はコンスタンティノープルの征服に先立って、ヴェネツィアやジェノヴァといった商業国家の中立を得るべく、彼らに有利な契約をいくつも取り交わした。だがかの大都が陥落するや、一転メフメトII世は黒海交易の統制に乗り出し、これに従事していた西洋人商人を締め出した。メフメトII世は後世の重商主義者のごとく国家による商人の統制を維持すべく努めたが、こうした彼の保護貿易政策は狙い通りオスマン帝国の経済を繁栄させた。;Prior to his conquest of Constantinople Mehmed II signed several generous agreements with the mercantile empires of Venice and Genoa to ensure their neutrality, but when the great city had fallen he was not late in breaking the western merchants' strangle-hold on the Black Sea trade. Mehmed was a mercantilist who strived to maintain state control over the merchants, yet his protectionist measures had the intended effect and the Ottoman economy thrived.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3352A;イタリア商人との取り決めを破棄せよ;Break the Agreements;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3353;花恥らう美姫のごとき都;The City of Men's Desire;;;;;;;;;
 EVENTHIST3353;メフメトII世はコンスタンティノープルを征服するや、まずハギア・ソフィア大聖堂(トルコ語でアヤ・ソフィア)に行進し、これをモスクに変えた。スルタンは、この偉大なる都市は新しく活力に満ちて、かつムスリムの手になる東ローマ帝国の首都たるべし、と企図した。メフメトII世は帝国の版図をかつてのビザンツ帝国の絶頂期のそれに比肩しうるまで拡大したいと夢見ていた。彼自身は生きてそれを見ることは出来なかったが、コンスタンティノープルがオスマン帝国の首都となり、イスタンブルと呼ばれるようになったのは見届けることができた。;Mehmed II's first action upon conquering Constantinople was marching into the Hagia Sofia and converting it into a mosque. The Sultan planned to make the great city the capital of a new revitalized--and Moslem--version of the Eastern Roman Empire. Mehmed dreamed of expanding the borders of his empire to match the Byzantines at their peak. He did not live to see that happen, but he did oversee the move of the Ottoman capital to Constantinople, which henceforth became known as Istanbul.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3353A;コンスタンティノープルに遷都せよ;Make Constantinople the new Capital;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3353B;首都を移すことまかりならぬ;Keep the old one;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3354;軍事改革;Military Reforms;;;;;;;;;
 EVENTHIST3354;メフメトI世とムラトII世の治世を通じてオスマン帝国はティムールのために蒙った痛手を克服し、ほとんど帝国の再統合を果たしていた。いまや軍隊は増強され、いかなる脅威にも屈せぬどころか、帝国の更なる拡大をも約束してくれるほどのものとなっていた。また帝国の要人たちが強力な海軍の保持の重要性を認識し始めるのもこの時期のことである。;The reigns of Mehmed I and Murad II saw the Ottoman Empire reunified after the crushing defeat it had suffered at the hands of Tamerlane. The military was expanded and reformed to match any potential threat and ensure further expansion. It was also during this period that the Ottomans started to realize the vital importance of a strong navy.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3354A;陸軍を改革せよ;Great Army Reform;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3354B;海陸軍ともに改革せよ;Reform Army and Navy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3354C;海軍を改革せよ;Great Naval Reform;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3356;シェイフルイスラームの設置;Sheikh-ul-Islam Office instituted;;;;;;;;;
 EVENTHIST3356;1425年、尊者モッラーたるフェナリ師は最初のシェイフルイスラームとなった。これは政府が自らの行動がイスラム法に沿ったものであるかどうかを諮問するための機関である。後にシェイフルイスラームは政策決定において多大な影響力を振るうようになり、スルタンに対する陰謀やイェニチェリの反乱に賛同したり、軍隊や官僚制の近代化を妨げたりもした。;Molla Fenari becomes the first Sheikh-ul-Islam in 1425. This was an office whose main function was to ensure that the conduct of government was in accordance with Islamic law. In later eras, Sheikh-ul-Islams were to wield tremendous influence in government affairs, plot against the Sultans, incite Janissary uprisings and prevent the modernization of the army and civil service.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3356A;許可する;Institute the office;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3356B;却下する;Reject the idea;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3357;宮廷学校の設立;Imperial College Instituted;;;;;;;;;
 EVENTHIST3357;エンデルン・メクテビ、すなわち宮廷学校はメフメトII世によってイスタンブルに設立された。宮廷学校では見込みのある少年奴隷(デウシルメ制によってバルカン諸国から徴発されたキリスト教徒の子供たち)や有力な官僚の子弟に読み書き、宗教、諸々の技術、数学などを教え、官僚やイェニチェリに仕立て上げた。イェニチェリはティマール制下のスィパーヒー騎兵と軍隊内での首座を競いあうようになり、両者の対立は避けがたいものとなった。;Enderun (the Imperial College) was established by Mehmed II in Constantinople. Promising devsirmes (kidnapped Christian children from the Balkans) and sons of prominent Ottoman officials were trained in literature, theology, engineering, mathematics etc. at Enderun, preparing them for government service as civil servants and janissaries. The janissaries became rivals to the landed timariot spahi soldiers that made up the bulk of the Ottoman army, and tensions were inevitable between the two classes.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3357A;許可する;Found the 'Enderun';;;;;;;;;
 ACTIONNAME3357B;代わりにティマール制を拡充させる;Expand the timariot system instead;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3358;父祖の法の成文化;Atam-Dedem Kanunu Codified;;;;;;;;;
 EVENTHIST3358;メフメトII世はカイ・トルコ族の部族法であるアタム・デデム・カヌーヌ、すなわち「父祖の法」を成文化し、すでに用いられていたイスラム法及びローマ法と同格とし、この3つを合せた法典を欽定法とした。この法典をオスマン語で「カヌーンナーメイ・アリ・オスマン(アリ・オスマンの法典)」と呼ぶ。こうしてメフメトII世はオスマン帝国における初めての立法者となった。 ;Mehmed II codified the tribal laws of Kayi Turks--the 'Atam-Dedem Kanunu' (Laws of the Forefathers)--thus giving them official recognition along with Islamic and Roman laws which were already in use. Together, they are known as the 'Kanunname-i Ali Osman' in the Ottoman Turkish language. Mehmed II thus becomes the first Lawgiver.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3359;キプロスに対する属国化要求;The Sultan claims Cyprus suzerainty;;;;;;;;;
 EVENTHIST3359;1427年、時のキプロス王ジャニュス・ド=リュジニャンはマムルーク朝スルタン・バルスバイに屈服し、臣従を誓わされた。その後、キプロス王国はヴェネツィア人に継承されたが、エジプトにおける商業特権を維持すべくヴェネツィア人は貢納の継続を自ら申し出たものであった。 だがそれは誤りであった。オスマン帝国はいまやエジプトの宗主であり、キプロス王国にもまた貢納を要求しえたのである。ヴェネツィア人はこの新たなレヴァント交易の支配者とのいさかいを避けるべくオスマン帝国の戦勝を慶賀し、キプロス維持のため貢納に同意した。貢納はマムルーク朝支配時代のような布帛ではなく金貨によって支払われるものとされた。;The Bey of the Mamluks had been the suzerain of Cyprus since 1427, when Janus Lusignan, king of Cyprus, accepted vassalage to Barsbey after being defeated and captured. When the Venetians inherited Cyprus, they offered to continue paying the tribute to maintain their privileged commercial relations with Egypt. That was a mistake, because now the Sultan of the Ottomans, as new overlord of Egypt, can claim also suzerainty over Cyprus. The Venetians, keen to avoid conflict with the new master of the Levant trade, congratulated the Sultan on his conquest and agreed to continue paying the tribute for Cyprus, now in gold instead of cloths.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3359A;貢納する限りヴェネツィアのキプロス保有を認めよう;Venice can keep Cyprus but must pay tribute;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3360;トルコとペルシアの衝突 : シーア派の反乱;Turko-Persian Conflicts: Shiite rebels;;;;;;;;;
 EVENTHIST3360;サファヴィー朝のシャー・イスマーイール大帝が白羊朝のくびきを脱してペルシアを再建すると、シーア派の異端者たちはアナトリアにおいても勢力を増していった。バヤズィトII世の治世の終わり頃には、クズルバシュ(シーア派のトルコマン族)がスンニー派の支配に対して叛旗を翻した。反乱はシャー・イスマーイールやバヤズィトの王子アフメトの支援を受け、オスマン帝国の根幹を揺るがしかねないほどのものとなった…;Ever since the Safavid Shah Ismail the Great threw off the yoke of the White Sheep Turks to re-establish Persia as a nation, the Shiite heresy had grown stronger in Anatolia. Near the end of the reign of Bayezid II, the Kizilbash (Shiite Turkmen) rose up in revolt against the Sunni regime. Supported by Shah Ismail and Bayezid's own son Ahmed, the rebels threatened to change the course of Ottoman history...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3360A;異端者たちを粉砕する!;Crush the heretics!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3360B;アフメトと和解する;Reconcile with Ahmed;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3360C;シーア派の信仰を受け入れる;Adopt the Shiite faith;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3361;トルコとペルシアの衝突 : バヤズィト王子の亡命;Turko-Persian Conflicts: Prince Bayezid flees to Persia;;;;;;;;;
 EVENTHIST3361;スレイマン大帝はオスマン帝国の完全な優位を求めてペルシアと幾度も戦いを交えた。他方で1559年、セリムとバヤズィトの両王子が内戦を争うという深刻な衝突が持ち上がった。1561年、バヤズィトは敗れ、ペルシアに亡命した。ペルシアの支援を得られると信じてのことだったのであろう。だがスレイマンは大金を積んでバヤズィトの送還を差配し、帰国したバヤズィトとその息子たちは処刑された。スレイマンの人生で最も悲劇的な出来事であった。;Suleyman the Great fought many wars with Persia to the overall advantage of the Ottomans. Yet another serious conflict sailed up on the horizon in 1559, when the Princes Selim and Bayezid fought each other in a civil war. Bayezid lost and fled to Persia in 1561, where he probably hoped to gain the support of the Shah, but Suleyman managed to get him returned for a large sum of gold. Bayezid and his sons were then executed in the most tragic event of Suleyman's life.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3361A;バヤズィト送還のため、ペルシアに大金を支払う;Pay the Shah to have Bayezid extradited;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3361B;王子を彼の運命に委ねさせる;Leave the Prince to his fate;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3361C;王子の暗殺を手配する;Arrange to have him murdered;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3362;トルコとペルシアの衝突 : ムラトIII世の軍事行動;Turko-Persian Conflicts: Murad III's campaigns;;;;;;;;;
 EVENTHIST3362;ムラトIII世の治世は「女人の天下」と俗に言われるが、そんな彼がペルシアに挑んだ戦い(1578-90)は消耗戦となって帝国を疲弊させ、臣民には重税が課されることとなった。この戦争によって得たものがないわけではない。帝国はペルシアからアゼルバイジャン、ティフリス、ハマダンを割譲せしめた。だがこの労力はもっと別なことにも使えたであろうに。;Murad III, a Sultan ruled by women, fought the Persians in an exhausting war (1578-90) that severely strained the Empire and forced heavy taxes upon the citizens. Though the war was not for nothing--Persia had to cede Azerbaijan, Tiflis and Hamadan to the Ottomans--the resources might have been better spent elsewhere.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3362A;戦の火を放て;Fan the Flames of War;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3362B;現状の維持に努めよ;Maintain the status quo;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3362C;和解に努めよ;Seek reconciliation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3363;トルコとペルシアの衝突 : ペルシアの策動;Turko-Persian Conflicts: Persians take advantage of Ottoman instability;;;;;;;;;
 EVENTHIST3363;ペルシアのシャーはムラトIII世によって蒙った屈辱的な損失に対する復讐を企図し、東アナトリアにおけるスィパーヒー騎兵の諸反乱を扇動した。かくて1603年、戦争の火は再燃する。;The Spahi revolts in Eastern Anatolia encouraged the Persian Shah to seek revenge for the humiliating losses incurred by Murad III. War broke out yet again in 1603.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3363A;これはペルシアからの宣戦だ!;This means War!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3363B;まず叛乱を鎮圧せよ;Concentrate on the rebels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3364;聖ヨハネ騎士団の商船襲撃;The Great Carrack of Alexandria;;;;;;;;;
 EVENTHIST3364;1569年、積荷を満載したトルコ艦船がアレクサンドリア近海で聖ヨハネ騎士団所属の2隻ガレー船による私掠行動の餌食となった。陸揚げされた戦利品に課された9%の上納金は騎士団公庫を潤したのだが、騎士団長ピエトロ・デル=モント(1568-72)はこれに味をしめ、更なる襲撃を企図するのであった。;In 1569 a richly laden Turkish vessel was seized near Alexandria by two galleys of the Knights of St. John on a privateering expedition. The nine percent levy aid on the value of the landed booty was a welcome addition to the common treasury and no doubt was instrumental in helping Grand Master Pietro del Monte (1568-72) to decide to encourage further similar forays.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3364A;異教徒どもめ、この借りはいつか返してもらおう!;The infidels will pay for this!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3365;聖ヨハネ騎士団が寛恕を示す;The Great Carrack of Alexandria;;;;;;;;;
 EVENTHIST3365;アレクサンドリア沖でわれわれの大型商船艦隊中の1隻が異教徒の走狗ども、聖ヨハネ騎士団に拿捕されてしまったが、彼らはこれを見逃してくれたようだ。われらの報復を恐れてのことだろう。;The infidel dogs, the Knights of St. John, seized one of our treasure carracks off the coast of Alexandria but decided to let it go - no doubt fearing our reprisal.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3365A;たいへん結構だ;Very well;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3366;官僚制改革の推進;The Expansion of the Royal Bureaucracy;;;;;;;;;
 EVENTHIST3366;スレイマンI世はおそらくオスマン帝国のスルタンの中で最も偉大な人物であった。カーヌーニー(立法者)と尊称されるほど卓越した管理者であり、属州総督の権限を強力な中央政府によって制限しなければならないと認識していた。かようにかれは強力に官僚制を促進すべく奮迅したが、これはあらゆる陣営で人気がなかった。;Suleyman I was probably the greatest of the Ottoman Sultans. Called Kanuni (Lawgiver), he was an unsurpassed administrator who realized that the power of the provincial Beys had to be curbed by a strong central government. Thus he struggled to promote a powerful royal bureaucracy which was not popular in all camps...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3366A;官僚制改革を推進させる;Expand the Royal Bureaucracy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3366B;改革を限定的にとどめる;Promote limited reforms;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3366C;官僚制を縮小する;Reduce the Royal Bureaucracy;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3367;ハリーチ帝国造船所の造営;The Great Naval Reform;;;;;;;;;
 EVENTHIST3367;冷酷者セリムI世は自制心に富みその鋭敏な感覚を曇らせることがなかったのだが、その彼にしてキリスト教諸国、とりわけヴェネツィアの強力な海軍に脅威を覚え、自国の海軍の拡大の必要性を悟ったのであった。彼はヴェネツィアのアルセナーレ国立造船所を範として、コンスタンティノープルに「ハリーチ(金角湾)帝国造船所」の造営を命じた。この大造船所は1517年に落成した。;Selim I, called the Grim, was an ascetic man with a sharp mind. Seeing the threat of the great Christian navies, especially the Venetian one, he realized that the Ottoman Empire had to greatly expand its navy. In emulation of the Arsenale in Venice, he thus ordered the construction of the 'Imperial Halic Shipyard' in Constantinople. The great shipyard stood complete in 1517.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3367A;一大造船所を造営せよ;Build the Imperial Halic Shipyard;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3367B;適当な規模の造船所を造営せよ;Build a lesser shipyard;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3367C;むしろ陸軍を改革せよ;Reform the army instead;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3368;ジェム・スルタンの叛乱;Cem Sultan's Rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST3368;メフメトII世の死後、カラマン・コンヤ両知事であったジェム・スルタンは長兄スルタン・バヤズィトII世に背いたが、バヤズィトII世はジェム・スルタンより広範な支持を得ており、彼を完膚なきまでに打ち破った。彼はロードス島に亡命したが、聖ヨハネ騎士団によって1494年に死ぬまで幽閉されることとなった。;Cem Sultan, the governor of Karaman and Konya rebelled against his older brother Sultan Beyazid II upon the death of their father. However, Bayezid had broader support in court and Cem was ultimately defeated. He fled to Rhodes, where he remained a captive of the Knights of St. John until his death in 1494.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3368A;ジェム・スルタンの軍を叩き潰せ;Crush Cem's rebellion;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3368B;和解の途を探れ;Seek reconciliation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3370;ジェラーリー諸反乱 : ジェラールの蜂起;The Celali Uprising;;;;;;;;;
 EVENTHIST3370;再び東アナトリアのシーア派が反乱を起こした。今回はジェラールという名のカリスマ的人物に率いられたものであった。以後、16世紀から17世紀にかけて小アジアで頻発した反乱に加担した者は、宗教的背景のあるなしに関わらず、いずれもジェラーリーと称された。;Yet again the Shiites of Eastern Anatolia rose up in rebellion, this time led by a charismatic man named Celal. For centuries, subsequent uprisings in Asia Minor, whether of religious nature or not, were to be called Celali.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3370A;ジェラールの一派及びシーア派を粉砕する;Crush Celali and the Shiites;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3370B;彼らの要求を検討する;Heed their demands;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3371;カリフ位の禅譲;The Sultan become 'Khalifa';;;;;;;;;
 EVENTHIST3371;セリムI世はエジプト遠征をあの劇的な成功によって果たすと、カイロに亡命して代を重ねていたアッバース朝のカリフを賓客としてイスタンブルに招いた。ここでカリフの称号はオスマン家に禅譲され、オスマン帝国の君主は世界中のスンニー派ムスリムの最高宗教指導者をも兼ねることとなった。;Following the spectacularly successful Mamluk campaign, Sultan Selim I brought the last of the Abbasid caliphs to Istanbul as his 'guest'. The title of Caliph was then transferred to the House of Osman. Henceforth Ottoman monarchs were also the spiritual leaders of all Sunni Muslims.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3371A;カリフの称号を受け継ぐ;Assume the title of Caliph;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3372;アルジェの臣従;The Ottoman Vassalization of Al-Djazadr;;;;;;;;;
 EVENTHIST3372;1520年代、ギリシア系改宗ムスリムのバルバロス兄弟はアルジェを中心とするバルバリア海岸に移り、海賊稼業を始めた。長兄ウルージはアルジェ王との連戦の末にこれの殺害に成功したが、自身もまもなく戦死してしまう。ウルージの衣鉢を継いだ弟ハイル・アッディーンは、一時は100隻のガレー船と4000人の手下を操り、地中海全域を恐怖の底に叩き込んだ。そのような彼をオスマン帝国のスルタンは大提督として招請していたのだが、スペインのアルジェ遠征が噂される折、彼はアルジェごとオスマン帝国傘下に加わることを決めた。;In the 1520's, the brothers Barberus, who were Greek renegades who had gone on piracy ventures in the Barbary Coast of Algiers. After much fighting, Arudj, the elder brother, assassinated the pasha of Algiers, but was later himself killed in a combat. His brother Kayr al Din succeeded him and had, at some time, 100 galleys and 4;000 pirates that he used to terrorize the whole Mediterranean. Having received a regular commission of admiral from the Sultan, he placed Al Djazadr (Algeria) under Ottoman sovereignty prompting Spanish expeditions against Algiers.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3372A;われらはそなたらの臣従を受け入れる!;We accept your submission - Vassal!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3373;新エジプト総督の叛乱;Mamluk Uprising;;;;;;;;;
 EVENTHIST3373;新たに征服された旧マムルーク朝領エジプトに赴任した総督ジャンビルディー・アル=ガザーリーは、自らの主宰でマムルーク朝を再興すべくオスマン帝国に叛旗を翻した。;The treacherous governor of the newly conquered Mamluk Egypt, Canbirdi Ghazeli, rose up in rebellion against the Ottomans hoping to re-establish the Mamluk state under his own leadership.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3374;ミマル・スィナンの大伽藍;Mimar Sinan's Great Constructions;;;;;;;;;
 EVENTHIST3374;ミマル・スィナンはその半世紀にわたる職歴において、数多くのモスク、上水道、ハンマーム(公共浴場)、橋、宮殿、キャラバンサライ(隊商宿)、学校といった建築を設計し、また監督した。彼の作品における白眉はアドリアノープルのセリミエ・モスクとコンスタンティノープルのスレイマニエ・モスクである。;Mimar Sinan planned and oversaw the construction of countless mosques, aqueducts, bathhouses, bridges, palaces, caravanserais and schools during his half-a-century long career. His masterpieces are the Selimiye and Suleymaniye Mosques in Adrianople and Constantinople respectively.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3374A;壮大な建築物を建てよ;Build great works;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3374B;それなりの建築物に抑えよ;Build modest works;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3374C;代わりに要塞建築に従事せよ;Invest in fortifications instead;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3375;スレイマンによる立法改革;The Great Legal Reform;;;;;;;;;
 EVENTHIST3375;スルタン・スレイマンI世は、その立法改革とそれによって実現された公正な支配を臣民に感謝され、カーヌーニー、すなわち立法者と呼ばれ敬われた。世俗的なカーヌーン法の成文化によって、すでに硬直化したムスリムの宗教法であるシャリーア法の役割を減少させた。;Sultan Suleyman I became known as Kanuni--Lawgiver--to his own people thanks to his huge legal reforms and just rule. By codifying the secular laws, 'kanun', he lessened the importance of the rigid Muslim Shari'ah laws.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3375A;カーヌーン法を成文化させよ;Codify the Ottoman Laws;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3376;ジェラーリー諸反乱 : カラヤズジュの蜂起;The Spahi Uprisings;;;;;;;;;
 EVENTHIST3376;1598年、セクバーン騎兵の一隊長カラヤズジュ・アブドゥルハリムはアナトリアの不満分子を糾合し、諸都市に貢納を課し、とりわけアナトリア中部の属州スィヴァス及び属州ズルカディルにおいては支配権を握るに至った。オスマン帝国軍が鎮圧に乗り出すと、彼らはアナトリア南東部の都市ウルファに退き、ここが反乱の中心地となった。帝国はカラヤズジュをアナドル総督に引き立てると懐柔したが、彼はこれを断り1602年に死んだ。弟のデリ=ハサンはアナトリア西部の都市キュタヒヤを包囲攻撃し、自らと部下たちへの総督職就任を勝ち取った。しかしまだアレッポにはジャンブラドオウル・アリ・パシャが、アナトリア西部にはユースフ・パシャとカレンデルオウル・メフメトが蟠踞しており混乱は続いた。叛徒たるジェラーリーたちは1610年までには大宰相クユジュ・ムラト・パシャによって鎮圧されるなり懐柔されるなりしておおむね鎮静化した。;In 1598 a sekban leader, Karayazici Abdulhalim, united the dissatisfied groups in Anatolia, forcing the towns to pay tribute and dominating the Sivas and Dulkadir provinces in central Anatolia. When Ottoman forces were sent against them the Jelalis withdrew to Urfa in southeastern Anatolia, making it the centre of resistance. Karayazici rejected offers of governorships in Anatolia and died in 1602. His brother Deli Hasan then seized Kutahya, in western Anatolia, but later he and his followers were won over by grants of governorships. The unrest, however, continued under the leadership of Janbuladoglu in Aleppo and Yusuf Pasa and Kalenderoglu in western Anatolia. They were finally suppressed by the grand vizier Kuyucu Murad Pasa, who by 1610 had eliminated a large number of Jelalis.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3376A;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3376B;賊将を懐柔せよ;Bribe the rebel leaders;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3377;寵妃キョセム・スルタン : アフメトI世の時代;Kosem Sultana;;;;;;;;;
 EVENTHIST3377;アフメトI世は15歳の美しいギリシア人少女奴隷と結婚した。この少女はやがてオスマン帝国の人々に悲喜こもごもの恩恵をもたらすことになる。その少女、キョセム・スルタンは夫のみならず以後4代にわたって歴代のスルタンの手綱を引き、玉座の背後に潜む真の権力者となっていた。彼女は統治に長けていたが、人々はその統治を疎んじた。;Ahmed I married a fifteen year old beautiful Greek slave girl who would prove a very mixed blessing to the people of the Ottoman Empire. Kosem Sultana ruled her husband as she would rule no less than four of his successors--with an iron grip. Kosem was the real power behind the throne, and although she was a very able ruler, she was not a very popular one.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3377A;キョセムを娶る;Wed Kosem;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3377B;キョセムはやめて他の女にしておく;Choose another wife;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3378;シューフ山地の反乱;The Shuf Mountain Rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST3378;1699年、レバノンのドルーズ教徒はオスマン帝国のシリア総督とともにオスマン帝国に叛旗を翻した。属州制度に起因する大規模な反乱が再び起こってしまった。;The Drusians of Lebanon and the Ottoman governor of Syria rose up against Ottoman rule in 1699. Yet again, the provincial system had produced a serious rebellion.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3378A;鎮圧せよ;Smash the rebellion by force;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3378B;叛徒どもの言い分を聞いてやれ;Negotiate with the rebels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3379;ベイレルベイ制の動揺;The De-centralizing Effect of the Provincial System;;;;;;;;;
 EVENTHIST3379;ベイレルベイないしワーリーと呼ばれたオスマン帝国の属州総督たちは強大な権限を与えられ、たいていは野心的で、また必ずしも忠実ではなかった。オスマン帝国は多くのヨーロッパ諸国が採用していた貴族制や封建制度を採らなかったが、ベイレルベイ制もまた本質的な点でこれらと同様の問題を抱えており、陰謀や内紛が横行した。これらは中央政府が介入を怠れば、さながら小規模な内戦の様相を呈したものである。属州総督らにしてみれば権限の縮小を厭うどころか、たいていはさらなる権限の拡大を要求し、時には完全な独立を望む者もあった。;The provincial governors, or 'Beys', were powerful men, usually ambitious, and not always loyal. Although the Ottoman Empire did not have a noble class or a feudal system like most European nations, the Beys were a close equivalent with many of the same intrinsic problems. Intrigues and internal feuds could escalate into little civil wars without the central government objecting overly much. Naturally, the Beys were reluctant to give up their powers and usually demanded even more concessions...even to the point of outright independence.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3379A;属州総督らの要求どおりにせよ;More power to the Beys;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3379B;属州総督らを懐柔せよ;Limit the concessions;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3379C;属州総督らの統制を強化せよ;Rein them in;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3380;ベイレルベイ制の動揺;The De-centralizing Effect of the Provincial System;;;;;;;;;
 EVENTHIST3380;ベイレルベイないしワーリーと呼ばれたオスマン帝国の属州総督たちは強大な権限を与えられ、たいていは野心的で、また必ずしも忠実ではなかった。オスマン帝国は多くのヨーロッパ諸国が採用していた貴族制や封建制度を採らなかったが、ベイレルベイ制もまた本質的な点でこれらと同様の問題を抱えており、陰謀や内紛が横行した。これらは中央政府が介入を怠れば、さながら小規模な内戦の様相を呈したものである。属州総督らにしてみれば権限の縮小を厭うどころか、たいていはさらなる権限の拡大を要求し、時には完全な独立を望む者もあった。;The provincial governors, or 'Beys', were powerful men, usually ambitious, and not always loyal. Although the Ottoman Empire did not have a noble class or a feudal system like most European nations, the Beys were a close equivalent with many of the same intrinsic problems. Intrigues and internal feuds could escalate into little civil wars without the central government objecting overly much. Naturally, the Beys were reluctant to give up their powers and usually demanded even more concessions...even to the point of outright independence.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3380A;属州総督らの要求どおりにせよ;More power to the Beys;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3380B;属州総督らを懐柔せよ;Limit the concessions;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3380C;属州総督らの統制を強化せよ;Rein them in;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3381;ベイレルベイ制の動揺;The De-centralizing Effect of the Provincial System;;;;;;;;;
 EVENTHIST3381;ベイレルベイないしワーリーと呼ばれたオスマン帝国の属州総督たちは強大な権限を与えられ、たいていは野心的で、また必ずしも忠実ではなかった。オスマン帝国は多くのヨーロッパ諸国が採用していた貴族制や封建制度を採らなかったが、ベイレルベイ制もまた本質的な点でこれらと同様の問題を抱えており、陰謀や内紛が横行した。これらは中央政府が介入を怠れば、さながら小規模な内戦の様相を呈したものである。属州総督らにしてみれば権限の縮小を厭うどころか、たいていはさらなる権限の拡大を要求し、時には完全な独立を望む者もあった。;The provincial governors, or 'Beys', were powerful men, usually ambitious, and not always loyal. Although the Ottoman Empire did not have a noble class or a feudal system like most European nations, the Beys were a close equivalent with many of the same intrinsic problems. Intrigues and internal feuds could escalate into little civil wars without the central government objecting overly much. Naturally, the Beys were reluctant to give up their powers and usually demanded even more concessions...even to the point of outright independence.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3381A;属州総督らの要求どおりにせよ;More power to the Beys;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3381B;属州総督らを懐柔せよ;Limit the concessions;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3381C;属州総督らの統制を強化せよ;Rein them in;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3382;ジェラーリー諸反乱 : アバザ・ハサン・パシャの蜂起;The 5th Celali Uprising;;;;;;;;;
 EVENTHIST3382;1658年、アナトリア中部地方ではふたたび新たなジェラーリー集団が勃興し、叛乱を起こした。;In 1658 Central Anatolia once again rose up in revolt under a new breed of Jelalis.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3382A;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3382B;賊将を懐柔せよ;Bribe the rebel leaders;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3383;軍規粛正の提案;Proposal for an Army Reform;;;;;;;;;
 EVENTHIST3383;16世紀末期になるとイェニチェリ制は弛緩し、かつてのようにキリスト教徒子弟を取り立て改宗させてイェニチェリ軍団に編入するということはほとんど行われなくなり、陸軍の主力部隊としての役割を失い始め、代わりにやっかいな特権集団と化していった。1622年のイェニチェリによるスルタン・オスマンII世の退位強制と殺害は、イェニチェリの特権を剥奪せねばならないことを人々に認識させた。'若武者'オスマンはまさにそれに挑み、自らの身命で対価を支払ったのであった…;At the end of the 16th century the recruitment policy for the Janissaries was relaxed to allow others than the specially raised and converted Christian children into their ranks. This event marked the beginning of the end for their effectiveness as a military force, transforming them instead into powerful and bothersome meddlers. Their dethronement and murder of Sultan Osman II in 1622 made clear that their power had to be broken. Young Osman tried and paid for it with his life...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3383A;イェニチェリに特権を享受させよ;Let the Janissaries enjoy their privileges;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3383B;イェニチェリの軍規を正せ;Reform the military;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3384;キョセム・スルタンの殺害;The Murder of Kosem;;;;;;;;;
 EVENTHIST3384;キョセムは歴代のハレムの女性たちの中でも最長の、ほとんど半世紀にわたる間、政治の中枢に居続けた。メフメトIV世の治世になってもなお、彼女は最高政治決定に干渉していた。さらに彼女が孫であるメフメトIV世を殺害しようとしたことはほぼ間違いない。しかしこの陰謀によって義理の娘であるトゥルハン・スルタンの取り巻きの男たちによって彼女は絞殺されることになる。この老獪な魔女の死を悼む者はほとんどいなかったが、なお彼女に忠実な者たちがイェニチェリにおり、彼女の死に激昂した。;Kosem had enjoyed the longest reign of any of the harem women, almost half a century. Under the reign of Mehmed IV, she was still meddling in high politics. She probably attempted to have her grandson Mehmed IV killed, but was herself strangled by men in the entourage of her daughter-in-law, Turhan Sultan. Although the old conniving witch was hardly missed by most, she still had loyal supporters among the Janissaries, who were outraged by her murder.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3384A;波乱は呼ぶであろうが仕方ない;This will bring unrest;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3385;キョプリュリュ家の時代;The Age of the Koprulus;;;;;;;;;
 EVENTHIST3385;1575年ないし1580年にアルバニアのロジニク村で生まれたキョプリュリュ・メフメトはキリスト教徒の少年であったが、デウシルメ制(引き連れてきたキリスト教徒子弟をムスリムに改宗させ、イェニチェリ兵士などに仕立てた制度)によってイスタンブルに連れてこられた。彼はその職歴を料理人から始め、やがて財務官僚となっていた。そしてアナトリア中部諸州の総督職を歴任し、有能にして誠実な管理者(この頃のオスマン帝国では希少な存在である)としての名声を得ていった。そして、ダマスカス総督の地位にあったとき、幼いメフメトIV世の国母の招請を受け、1656年9月15日、彼は大宰相に就任した。彼は腐敗に対して毅然と挑み、種々の改革を断行し、国庫収支のバランスを回復させ、ヴェネツィアに対する戦争を指導した。1661年に彼が死ぬと、息子の'高徳者'ファズル・アフメトが1676年まで大宰相位を引き継ぎ、その後はカラ・ムスタファ(1676-83)、ムスタファ・パシャ(1689-91)、フセイン・パシャ(1697-1702)へと受け継がれていった。;Born around 1575/1580 in the village of Radnick in Albania, Mehmed Koprulu was a young Christian boy taken by the devshirme system (abducted and raised in the Muslim faith, just like most Janissary troops). He started his career as a cook, then moved to the Treasury. A pasha in central Anatolia, he gained a name for himself as an excellent and honest administrator--a rare creature in the Ottoman Empire. Governor of Damascus, he was called by the mother of the young sultan Mehmed IV as Grand Vizier on 15th September 1656. A fierce fighter of corruption, he enacted many successful reforms, balanced the budget and led the war against Venice. After his death in 1661, his son Fazil Ahmed 'the Virtuous' succeeded him and governed till 1676. Other Grand Viziers such as Kara Mustafa (1676-1683), Mustafa Pasha (1689-1691) and Hussein Pasha (1697-1702) were his direct heirs.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3385A;キョプリュリュ家を支援する;Support the Koprulu Family;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3385B;もう少し穏便な顧問にしておく;Rely on more popular advisors;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3386;カラ・ムスタファの改革;The Reforms of Kemankes;;;;;;;;;
 EVENTHIST3386;イブラヒムII世の治世を通じて大宰相を務めたのが'射手(ケマンケシュ)'の異名をもつカラ・ムスタファ・パシャである。彼は国費濫用の抑制や海軍の再建に意を注いだが、1644年にスルタンによって処刑されてしまう。スルタンは代わりにジンジ・ホジャを重用した。この低位の宗教官僚は跡継ぎが生まれないことに悩むスルタンのために宮殿でまじないを行い、名声を博した。;During the reign of Ibrahim I, 'Kemankes' Kara Mustafa Pasha, was the Sadrazam, or prime minister. He tried to curtail overspending and revitalized the navy, but was finally executed by the Sultan in 1644. The Sultan had instead started to heed Jinji Hoja--a minor religious official with a reputation for occult powers who was brought into the palace to remedy the sultan's lack of heirs.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3386A;カラ・ムスタファ・パシャにもっと権限を与えよ;Empower Kemankes;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3386B;彼を諸臣らと諮らせ、適切な提言をさせよ;Compromise;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3386C;かの者の提言などに耳を貸すでない;Ignore his advice;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3387;カスリ・シーリーン条約;The Treaty of Kasr-i Sirin;;;;;;;;;
 EVENTHIST3387;1639年、オスマン帝国とペルシアはカスリ・シーリーン条約に調印した。このとき定められた国境線は今日に至るまで大きく変化していない。この条約によって両大国の不和は解消され、以後両国が再戦する1722年まで友好関係は漸進し続けた。1722年に条約は一旦破られるものの、1747年には更新締結された。;The Treaty of Kasr-i Sirin, signed between the Ottoman Empire and Persia in 1639, established borders that have changed little to this day. Hostilities between the two great empires decreased remarkably following the treaty as their relations steadily improved until 1722 when war broke out again. However, the treaty was dusted off and renewed in 1747.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3387A;ペルシアとの全面的な和解を望む;Full Reconciliation;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3387B;ペルシアとは条件付で和解せよ;Moderate Treaty;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3387C;ペルシアとの和議など結べるものか;No Treaty;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3388;トルコとポーランドの衝突;Turko-Polish Tensions;;;;;;;;;
 EVENTHIST3388;ロシアとポーランドの間で分割されたウクライナのポーランド側において、コサックらがポーランドに対抗すべくトルコに臣従し、クリミア汗国に救援を仰いだことから、ポーランドとトルコは1670年代から80年代にかけて戦争状態に入った。ポーランド王ヤン・ソビエスキーは転戦して叛乱を牽制し続けたが、ついに1672年、トルコはポーランド=リトアニア連合王国に本格的な侵攻を行う。かくてブチャチの和約により、トルコは国境の要衝カミェニェツ・ポドルスキを奪った。1683年、ソビエスキーはトルコ軍に包囲されたウィーンへの援軍として馳せ参じ、卓越した統率力によって軍を束ね、トルコのヨーロッパからの撤退の引き金となる大勝利を演出した。;Poland and Turkey came into conflict in the 1670's and 80's when the Cossacks in the Polish part of the divided Ukraine submitted to Turkey and called for Tatar aid against Poland. Victories won by hetman Jan Sobieski only temporarily forestalled the threat, and in 1672 the Commonwealth faced a major invasion by Turkey. The fall of the key border fortress Kamieniec Podolski was followed by the humiliating Peace of Buczacz. In 1683 Sobieski led a relief army to a Vienna besieged by the Turks and as supreme commander of the allied forces won a resounding victory that marked the beginning of Turkish withdrawal from Europe.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3388A;サーベルを打ち鳴らせ;Rattle the sabers;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3388B;和解を模索せよ;Seek reconciliation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3389;トルコとポーランドの衝突;Turko-Polish Tensions;;;;;;;;;
 EVENTHIST3389;ロシアとポーランドの間で分割されたウクライナのポーランド側において、コサックらがポーランドに対抗すべくオスマン帝国に臣従し、クリミア汗国に救援を仰いだことから、ポーランドとトルコは1670年代から80年代にかけて戦争状態に入った。ポーランド王ヤン・ソビエスキーは転戦して叛乱を牽制し続けたが、ついに1672年、オスマン帝国はポーランド=リトアニア連合王国に本格的な侵攻を行う。かくてブチャチの和約により、オスマン帝国は国境の要衝カミェニェツ・ポドルスキを奪い、ポーランドに苦杯を飲ませた。1683年、ソビエスキーはトルコ軍に包囲されたウィーンへの援軍として馳せ参じ、卓越した統率力によって軍を束ね、オスマン帝国のヨーロッパからの撤退の引き金となる大勝利を演出した。;Poland and Turkey came into conflict in the 1670's and 80's when the Cossacks in the Polish part of the divided Ukraine submitted to Turkey and called for Tatar aid against Poland. Victories won by hetman Jan Sobieski only temporarily forestalled the threat, and in 1672 the Commonwealth faced a major invasion by Turkey. The fall of the key border fortress Kamieniec Podolski was followed by the humiliating Peace of Buczacz. In 1683 Sobieski led a relief army to a Vienna besieged by the Turks and as supreme commander of the allied forces won a resounding victory that marked the beginning of Turkish withdrawal from Europe.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3389A;サーベルを打ち鳴らせ;Rattle the sabers;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3389B;和解を模索せよ;Seek reconciliation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3390;トルコとポーランドの衝突;Turko-Polish Tensions;;;;;;;;;
 EVENTHIST3390;ロシアとポーランドの間で分割されたウクライナのポーランド側において、コサックらがポーランドに対抗すべくオスマン帝国に臣従し、クリミア汗国に救援を仰いだことから、ポーランドとトルコは1670年代から80年代にかけて戦争状態に入った。ポーランド王ヤン・ソビエスキーは転戦して叛乱を牽制し続けたが、ついに1672年、オスマン帝国はポーランド=リトアニア連合王国に本格的な侵攻を行う。かくてブチャチの和約により、オスマン帝国は国境の要衝カミェニェツ・ポドルスキを奪い、ポーランドに苦杯を飲ませた。1683年、ソビエスキーはトルコ軍に包囲されたウィーンへの援軍として馳せ参じ、卓越した統率力によって軍を束ね、オスマン帝国のヨーロッパからの撤退の引き金となる大勝利を演出した。;Poland and Turkey came into conflict in the 1670's and 80's when the Cossacks in the Polish part of the divided Ukraine submitted to Turkey and called for Tatar aid against Poland. Victories won by hetman Jan Sobieski only temporarily forestalled the threat, and in 1672 the Commonwealth faced a major invasion by Turkey. The fall of the key border fortress Kamieniec Podolski was followed by the humiliating Peace of Buczacz. In 1683 Sobieski led a relief army to a Vienna besieged by the Turks and as supreme commander of the allied forces won a resounding victory that marked the beginning of Turkish withdrawal from Europe.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3390A;サーベルを打ち鳴らせ;Rattle the sabers;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3390B;和解を模索せよ;Seek reconciliation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3391;チュニジアの叛乱;The Tunisian Rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST3391;18世紀の最初の数十年間、北アフリカではオスマン帝国と神聖同盟の間で結ばれたカルロヴィッツ条約に喚起され、ベイ(中央から派遣された知事だがすでに在地領主化している)やデイ(世襲化し在地の軍事特権階級となったイェニチェリの首領)の間で独立の機運が高まっていた。1705年、クレタ島出身のフセイン・ビン=アリー・アーはチュニジアでクーデターを成功させ、1957年まで続くフセイン王朝を打ち立てた。チュニジアは完全な独立を得られたわけではないが、広範な自治権を獲得した。;In the first decades of the 18th century the Beys and Deys (Janissary leaders) of Northern Africa were in a rebellious mood in the wake of the Peace of Carlowitz between the Ottoman Empire and the Holy League. In 1705, Hussein bin Ali Agha of Cretan origin staged a coup and founded the Husseinic dynasty which ruled Tunisia until 1957. Tunisia did not become truly autonomous at once, but it gained a large measure of independence.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3391A;チュニジアの独立を承認しよう;Accept a free Tunisia;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3391B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3392;トリポリタニアの叛乱;The Tripolitanian Rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST3392;1711年、騎兵隊の将校にして在地イェニチェリの領袖たるデイでもあったアフマド・カラマンリはトリポリ知事を殺害し、代わりに自らを知事とするようスルタンに申し出、トリポリ知事職は1835年までカラマンリ家の相続するところとなった。名目的にカラマンリ家はイスタンブルに臣従していたが、トリポリタニアは実質的に自治国であった。;In 1711, Ahmad Karamanli, a Turkish cavalry officer and Janissary Dey, killed the Ottoman governor of Tripolitania and prevailed upon the Sultan to name him Bey. The post of governor remained hereditary in the Karamanli family until 1835.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3392A;トリポリタニアの独立を承認しよう;Accept a free Tripolitania;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3392B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3393;チューリップ時代;Lale Devri - The Tulip Era;;;;;;;;;
 EVENTHIST3393;スルタン・アフメトIII世と大宰相ダーマート・イブラヒム・パシャの統治下において、オスマン帝国はかつてない西洋趣味の時代に入った。これまでシェイフルイスラームらによって違法とされていた印刷機が帝都イスタンブルに導入され、イスラム史上初めて西欧諸国に大使が派遣された。機織、製紙、陶磁器などの近代的な工場制手工業も起こった。これらの改善にもかかわらず、国費はイスタンブルに建てられた新宮殿や庭園などに蕩尽されて枯渇し、王家や宮廷人の派手な生活は大衆や宗教人らを憤らせた。;Under the rule of Sultan Ahmed III and Sadrazam Damat Ibrahim Pasha, the Ottoman Empire entered a period of unprecedented westernization. The printing press, previously outlawed by the Sheikh-ul-Islams, is introduced to the nation's capital. Ambassadors were sent to Western European nations for the first time in history. Modern textile, paper and porcelain manufactories were built. Despite these improvements, much of the treasury was also wasted on new palaces, gardens and parks in Istanbul. The lavish lifestyle of the royal family and the court aristocracy was intensely resented by the public and religious authorities.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3393A;西洋化に取り掛かれ;Begin westernization process;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3393B;適度に西洋化を取り入れよ;Initiate moderate reforms;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3393C;イラスムこそ神授の法!;Islam is the Law!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3394;アリ・ベイの叛乱;Ali Bey's Rebellion in Egypt;;;;;;;;;
 EVENTHIST3394;オスマン帝国とロシアが戦争しているとき、[エジプトで維持されていたマムルーク特権階級の中で第一人者であった]アリ・ベイはエジプトの独立を宣言し、ロシアに共闘を持ちかけ、オスマン帝国には上納停止を申し渡した。そして彼はシリアに攻め込んだのだが、1773年、イスマイル・ベイに裏切られ、殺された。;When war broke out between Russia and Turkey, Ali Bey declared Egypt's independence and proposed to fight on the Russian side, refusing to pay any more taxes to the Ottomans. Next, he invaded Syria, but he was betrayed by his rival Ismadl Bey and killed in 1773.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3394A;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3394B;問題解決に向け交渉せよ;Negotiate a solution;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3395;アナトリアを見舞う悪疫;The Horrible Plague in Anatolia;;;;;;;;;
 EVENTHIST3395;スルタン・アフメトIII世と大宰相ダーマート・イブラヒム・パシャの統治下において、18世紀から19世紀初頭にかけて、アナトリアは間歇的に流行するコレラと腺ペストに苦しめられた。;During the 18th and early 19th centuries, Anatolia was afflicted with intermittent outbreaks of cholera and the bubonic plague.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3396;アナトリアを見舞う悪疫;The Horrible Plague in Anatolia;;;;;;;;;
 EVENTHIST3396;スルタン・アフメトIII世と大宰相ダーマート・イブラヒム・パシャの統治下において、18世紀から19世紀初頭にかけて、アナトリアは間歇的に流行するコレラと腺ペストに苦しめられた。;During the 18th and early 19th centuries, Anatolia was afflicted with intermittent outbreaks of cholera and the bubonic plague.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3397;パトロナ・ハリルの乱;The End of Lale Devri;;;;;;;;;
 EVENTHIST3397;1730年、支配階級の西洋化と腐敗に対する憤懣はついにパトロナ・ハリルの指導の下に叛乱となって噴出した。ネヴシェヒルリ・イブラヒム・パシャは殺され、アフメトIII世は退位を強いられたが、なお治まらず、チューリップ時代の痕跡を一掃すべく、東屋や邸宅はすべて打ち壊された。;In 1730, discontent with the westernization and the excesses of the ruling classes finally erupted in a rebellion led by Patrona Halil. Nevsehirli Ibrahim Pasa was killed and Ahmed III deposed. Not content with that, the pavilions and mansions were demolished to erase all traces of the Tulip Era.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3397A;アフメトIII世は退位する;Allow Ahmed III to be deposed;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3397B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the revolt;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3398;エジプトの独立;The Independence of the Mamluks in Egypt;;;;;;;;;
 EVENTHIST3398;1517-18年のオスマン帝国による征服以来、エジプトのマムルーク特権階級は独立を失ったが、なお強大な権力を保持しており、コンスタンティノープルのスルタンから派遣される属州総督には単に便宜的に服しているだけであった。18世紀後半になるとトルコ人総督の影響力は目に見えて減少し、マムルーク特権階級の各派閥の領袖たるシェイフたちは独立国家の支配者のように振舞っていた。彼らは自分たちの都合で上納し、オスマン帝国の属領としての上納義務を最小限にとどめようとしていた。ムハンマド・アリーはフランス軍撤退後の1805年にエジプト副王となり、1849年に死ぬが、その彼がついにエジプトの事実上の独立を果たした。;Since the Ottoman conquest of 1517-1518, the Mamluks of Egypt had lost official independence, but managed to retain most of the levels of power, although nominally under command from a pasha nominated by the Sultan in Constantinople. In the late 18th century, the influence of the Turkish Pasha was insignificant and the Mamluk Beys behaved nearly as the rulers of an independent nation, paying tribute and taxes whenever they wanted and limiting their duties as Turkish vassals to the minimum.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3398A;エジプトの独立を承認しよう;Accept a free Egypt;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3398B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3399;セルビアの独立;Serbian Independence;;;;;;;;;
 EVENTHIST3399;セルビア人の独立運動は19世紀の最初の20年間にカラジョルジェ及びミロシュ・オブレノビッチの指導の下に高まりを見せた。この両者は互いに反目しあい、1817年におそらくミロシュがカラジョルジェを殺害した。1828-29年の第四次露土戦争の後、ついにセルビアはオスマン帝国を封主とする公国であり、ロシアの保護国として国際的に承認された。;The Serbian independence movement grew strong under Karageorge and Milos Obrenovic in the first two decades of the 19th century. The two men hated each other, and Milos probably had Karageorge murdered in 1817. After the Russo-Turkish War of 1828-29, Serbia finally became an internationally recognized principality under Turkish suzerainty and Russian protection.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3399A;セルビアの独立を承認しよう;Accept a free Serbia;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3399B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the revolt!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3400;マフムートI世の軍事改革;Proposal for an Army Reform;;;;;;;;;
 EVENTHIST3400;王位に着いた途端、マフムートI世が直面したのは、1730年にコンスタンティノープルで起こったパトロナ・ハリルが乱した秩序の回復という嬉しくない仕事であった。ボンヌヴァル伯クロード・アレクサンドル('砲兵家[フムバラジュ]'アフメト・パシャ、イスラム教に改宗したフランス人)の助言を受けて、彼は一連の包括的な軍事改革に着手した。砲兵隊を再編され、新たに士官学校('陸軍技師の家[カラ・ミュヘンディスハーネスィ]')が設立された。;Upon his ascension to the throne, Mahmud I was faced with the unpleasant task of restoring order after the Patrona Halil uprising in Constantinople in 1730. Advised by the Comte de Bonneval (Humbaraci Ahmed Pasa, a French convert to Islam), he initiated a series of comprehensive military reforms. The artillery corps was reorganized and a new military academy (Kara Muhendishanesi) was established.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3400A;軍を改革し、「カラ・ミュヘンディスハーネスィ」を設立させる;Reform military and establish the 'Kara Muhendishanesi';;;;;;;;;
 ACTIONNAME3400B;軍を改革させる;Reform the military;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3400C;イェニチェリに特権を享受させる;Let the Janissaries enjoy their privileges;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3750;ギリシア正教総主教座の処置;Fate of the Patriarchate;;;;;;;;;
 EVENTHIST3750;陛下、コンスタンティノープルはわれらの手に落ちましたが、ギリシア正教の総主教をいかが処置いたしましょうか? 街にはなお多くのキリスト教徒どもがおりますれば、われらの寛容さを示すのもまたご判断に値するかと存じます。ご決断を…;Your excellency, with Constantinople in our hands, we must decide the fate of the Christian Patricarch. There are many Christians still in the city, it might be prudent to show some leniency. This time...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3750A;総主教座の存続を認め、現職の総主教に職務を続行させよ;Allow the Patriarchate to exist and keep the current Patriarch;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3750B;総主教座の存続は認めるが、総主教は帝国が任命するものとする;Allow the Patriarchate to exist, but appoint a new Patriarch;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3750C;総主教座を廃し、その資産を没収せよ;Close down the Patriarchate and confiscate its properties;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3840;ビザンツ帝国の教会合同;The Council of Florence and the Union of the Churches;;;;;;;;;
 EVENTHIST3840;オスマン帝国の猛攻に直面したビザンツ帝国は、国家とギリシア正教会の代表団をフィレンツェ公会議に派遣し、教会合同を打診いたしました。ここにおいてビザンツ帝国側の代表団は大幅な譲歩を認め、事実上ギリシア正教会はローマ=カトリックに降伏したのも同然であります。して陛下、卑しき臣めはキリスト教徒どもが新たな十字軍を組織するのではないかと憂慮いたします…;Faced with the terrible onslaught of the Ottoman Turks, representatives of the Byzantine Empire and the Greek Orthodox Church have gone to the Council of Florence in order to negotiate a Union of the Churches. The Byzantines and their patriarch have agreed to great concessions, and Orthodoxy has virtually surrendered to Rome. Your Excellency, I fear that the Christians might be preparing for another Crusade.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3840A;来るなら来い;Let them come!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3897;アルジェリアの叛乱;The Algerian Rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST3897;18世紀の最初の数十年間、北アフリカではオスマン帝国と神聖同盟の間で結ばれたカルロヴィッツ条約に喚起され、ベイ(中央から派遣された知事だがすでに在地領主化している)やデイ(世襲化し在地の軍事特権階級となったイェニチェリの首領)の間で独立の機運が高まっていた。1710年のアルジェ知事交代が独立の転機となった。;In the first decades of the 18th century the Beys and Deys (Janissary leaders) of Northern Africa were in a rebellious mood in the wake of the Peace of Carlowitz between the Ottoman Empire and the Holy League. In 1710, it was the turn of the Bey of Algiers to begin to start down the road to independence.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3897A;自治権の一部を与えよ;Grant limited autonomy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3897B;叛徒どもを叩き潰せ;Crush the rebels!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19002;ワラキア公国の臣従;Vassalage of Wallachia;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19003;ワラキア公国からの人質;Hostage from Wallachia;;;;;;;;;
 EVENTHIST19003;1442年の春、スルタン・ムラトII世はワラキア公ヴラド・ドラクルを招請し、彼はその次男のヴラド・ドラクラ(ドラゴンの子の意)、末子ラドゥ・チェルフルモス(美男の意)を引き連れてドナウ川を渡ったのだが、これはドラクルを鎖につないでムラトII世の前に引き出し臣従を誓わせ、また公子たちを人質にしようという罠であった。奸智に長けたドラクルは罠をかいぐぐったが、それでもなお彼はオスマン帝国に恩義を感じ、またその優越性を認めていたから、息子のラドゥをオスマン宮廷へ送るので適切な教育を施して欲しい旨、使者を送って申し出てきた。;In the spring of 1442, Sultan Murad II beguiled Dracul into a meeting, and insensitive to the snare, Dracul crossed the Danube with his 2nd son, Vlad Dracula (son of the Dragon), and his youngest son Radu cel Frumas (the handsome) in tow. It was intended that Dracul be brought in chains before the Sultan and forced to swear fealty, using his sons as hostages, however, the wily Dragon avoided the trap. However, his emissary still acknowledges a debt of gratitude to the Sublime Porte, and realizing our superiority, has offered to send Radu to our court to be raised properly.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19006;ワラキア公国の臣従;Vassalage of Wallachia;;;;;;;;;
 EVENTHIST19006;ラドゥ・チェルフルモス(美男の意)は少年の頃にムラトII世の宮廷で人質として軟禁されて以来、見事に親トルコ派であった。おおかたその綺麗なお顔のおかげで帝位後継者メフメトII世のハーレムでお稚児さんでも勤めてたのだろう、などと彼を中傷する噂も立ったほどだ。だがわれらの支援によって、ラドゥもついにワラキア公位を受け継ぎ、栄えあるオスマン皇帝の臣下として忠誠を誓うに至ったのだ。;Radu cel Frumas (the handsome) has been decidly pro-Turkish since he was held hostage at the court of Murad II as a boy. Gossip even accused him, largely because of his good looks, of being one of the male minions in the harem of Mehmed, heir to the Ottoman throne. With our support, Radu has finally secured the throne of Wallachia and sworn fealty to the Sublime Porte.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19008;ハンガリーへの恫喝;Suleyman demands the keys to Hungary;;;;;;;;;
 #EVENTHIST19008;1520年にスレイマンI世がオスマン帝国のスルタンとなったとき、彼は深刻な危機に直面した。オーストリア、スペインの両国でハプスブルク家が台頭し、超大国を創りあげたのである。さらにハプスブルク家はハンガリー王位をも狙っていた。このときハンガリー王位にあったのは少年王ラヨシュである。ハプスブルク家はハンガリー王位を力づくで奪うだろうか? そうなればハプスブルクの軍隊はコンスタンティノープルを指呼の距離に仰ぐことが出来るようになってしまうだろう。この増大しつつある脅威を回避するために、スレイマンはオスマン帝国の外交使節をヴェネツィア及びフランスとの友好関係の構築に尽力させることとした。さらにハンガリーには別の外交使節を派遣し、ハンガリーを以下のごとく恫喝する : オスマン帝国への貢納、オスマン帝国軍のハンガリー国内自由通行権の授与、そしてハプスブルク家との一切の関係を絶つ、というもので、これを拒めば戦争、ということになる。;When Suleyman I became Sultan of the Ottoman Empire in 1520, he was faced with a grave crisis. The rise of the Habsburgs in Austria and Spain had created a superpower. Moreover, the Habsburgs had a potential claim to the Hungarian throne. Should the Habsburgs seize that throne, their armies would be within striking distance of Constantinople itself. In order to fend off this developing threat, Ottoman diplomats strove to strengthen relations with Venice and France. Hungary, however, must pay tribute to the Sultan, must grant the Ottoman troops transit rights through their country, and must renounce all ties with the Habsburgs. If they refused, war would surely follow.;;;;;;;;;
 EVENTHIST19008;外交使節を派遣せよ, he was faced with a grave crisis. The rise of the Habsburgs in Austria and Spain had created a superpower. Moreover, the Habsburgs had a potential claim to the Hungarian throne. Should the Habsburgs seize that throne, their armies would be within striking distance of Constantinople itself. In order to fend off this developing threat, Ottoman diplomats strove to strengthen relations with Venice and France. Hungary, however, must pay tribute to the Sultan, must grant the Ottoman troops transit rights through their country, and must renounce all ties with the Habsburgs. If they refused, war would surely follow.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19008A;ハプスブルク家など恐るるに足りぬ。ハンガリーも放っておけ;Send the messengers;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19010;ハンガリー王ラヨシュの挑戦;Lajos insults Suleyman;;;;;;;;;
 EVENTHIST19010;ハンガリー王ラヨシュがオスマン帝国の外交使節の提案を拒絶すると、オスマン帝国は二の矢もなく戦争に踏み切った。要衝をいくつか陥とせばハンガリー人は屈服すると睨んでのことである。だが、ことはそう簡単には運ばなかった。;When King Lajos of Hungary refused to answer the Sultan's ambassador, the Ottoman Empire had no option but to go to war. It was thought that the seizure of a few key forts would be enough to bring the Hungarians to heel. But things would not be that simple.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19010A;戦支度を始めろ!;Prepare for battle!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19011;ハンガリー王ラヨシュの臣従;Lajos submits to Suleyman;;;;;;;;;
 EVENTHIST19011;ハンガリー王ラヨシュは、ハンガリーが保たれるならば、やや落ちぶれ、またもはや完全な独立を誇りえずともと、スレイマンの申し出を受け入れた。これでスレイマンはインド洋におけるポルトガルの脅威に対処する余裕を得ることが出来た。さて、ラヨシュの現実的な政治判断は結局のところ彼の破滅をもたらすこととなるのだった。;When King Lajos agreed to Suleyman's terms, it seemed that Hungary would be secure, if somewhat poorer and no longer quite independent. Suleyman was now free to deal with the growing threat of the Portuguese in the Indian Ocean. Lajos' act of statesmanship, however, was to prove his undoing.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19019;サポヤイ・ヤーノシュの死;The Death of Janos Zapolya;;;;;;;;;
 EVENTHIST19019;ヤーノシュの治世はその始まりから争いに彩られていた。1538年、彼は和平と引き換えにオーストリア大公フェルディナントにハンガリー王の王冠を秘密裏に譲り渡した。1540年、彼はトランシルヴァニアの叛乱を鎮圧すると病没したが、その死のちょうど3週間後、ポーランドより降嫁した彼の妃が息子ヤーノシュ・ジグモンドを産んだ。ヤーノシュが死んだため、フェルディナントは王位継承を主張してハンガリーにふたたび侵攻した。属国ハンガリーの混乱にいい加減うんざりしていたオスマン帝国のスルタン・スレイマンは、ハンガリーを3つに分割し、このうち南部と中央部を自らのために取り、ハンガリー東部をヤーノシュ・ジグモンドに与えた。もっともこのハンガリー全体の西半分はなおフェルディナントが押さえている。こうしてハンガリーは以後170年間、オスマン帝国、オーストリア、そしてハンガリー王国の3国に分断され続けた。;Zapolya's reign was contested from the very beginning. In 1538, Zapolya had secretly promised Ferdinand of Austria the Hungarian crown in order to buy peace. In 1540, while putting down a revolt in Transylvania, Janos died from illness, just three weeks after his Polish princess-bride had given him a son, Janos Sigusmund. With Zapolya's death, Ferdinand again invaded Hungary to try to claim his inheritence. Finally the Ottoman Sultan, having had enough with the chaos in his vassal, Hungary, split the country into three parts. He kept Southern and Central Hungary for himself, giving Eastern Hungary to Janos Sigusmund, while Ferdinand held the Western portion. Hungary would remain divided between the three countries for the next 170 years.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19019A;ハンガリーを分割せよ;Split the Kingdom;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19019B;その息子ヤーノシュ・ジグモンドを支援せよ;Support Janos Sigusmund;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19019C;フェルディナントがハンガリーを取ればよい;Let Ferdinand have it!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST19021;ヤーノシュの治世はその始まりから争いに彩られていた。1538年、彼は和平と引き換えにオーストリア大公フェルディナントにハンガリー王の王冠を秘密裏に譲り渡した。1540年、彼はトランシルヴァニアの叛乱を鎮圧すると病没したが、その死のちょうど3週間後、ポーランドより降嫁した彼の妃が息子ヤーノシュ・ジグモンドを産んだ。ヤーノシュが死んだため、フェルディナントは王位継承を主張してハンガリーにふたたび侵攻した。属国ハンガリーの混乱にいい加減うんざりしていたオスマン帝国のスルタン・スレイマンは、ハンガリーを2つに分割した。自らは片やのハンガリー王国を併合し、西半分はフェルディナントが押さえている。こうしてハンガリーは以後170年間、オスマン帝国とオーストリアの両国に分断され続けた。;Zapolya's reign was contested from the very beginning. In 1538, Zapolya had secretly promised Ferdinand of Austria the Hungarian crown in order to buy peace. In 1540, while putting down a revolt in Transylvania, Janos died from illness. With Zapolya's death, Ferdinand again invaded Hungary to try to claim his inheritence. Finally the Ottoman Sultan, having had enough with the chaos in his vassal, Hungary, split the country in two. He annexed Hungary, while Ferdinand held the Western portion.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME19022;オスマン帝国の防衛的反応;The Turks Respond;;;;;;;;;
 EVENTHIST19022;オーストリア大公フェルディナントはバルカン半島の支配の正統性を強引に主張してみたが、このことでスレイマンもまた同じことを主張せざるを得なくなった。フェルディナントの要求する領域がオスマン帝国国境にまで達するのを座視することは出来ない。こうしたハプスブルク家の脅威からオスマン帝国を守らんとする意図がこの二大大国を戦争に引きずり込んだ。;When Ferdinand attempted to uphold his claims in the Balkans by force, Suleyman felt that he had no choice but to respond in the same vein, lest Ferdinand expand his domain right up to the Sultan's border. The policy that was intended to secure the Ottoman Empire against the Habsburg threat had instead plunged the two empires into war.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST19023;オーストリア大公フェルディナントはバルカン半島の支配の正統性を強引に主張してみたが、このことでスレイマンもまた同じことを主張せざるを得なくなった。フェルディナントの要求する領域がオスマン帝国国境にまで達するのを座視することは出来ない。こうしたハプスブルク家の脅威からオスマン帝国を守らんとする意図がこの二大大国を戦争に引きずり込んだ。;When Ferdinand attempted to uphold his claims in the Balkans by force, Suleyman felt that he had no choice but to respond in the same vein, lest Ferdinand expand his domain right up to the Sultan's border. The policy that was intended to secure the Ottoman Empire against the Habsburg threat had instead plunged the two empires into war.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19023A;われらの勢力範囲を守らねばならぬ;We will defend our interests;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19023B;異教徒のフェルディナントがハンガリーを取るならそれはそれでかまわぬ;Let that infidel Ferdinand have Hungary so we can expand elsewhere;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME23002A;叛乱鎮圧に意を注げ;Focus on the revolts;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME23006A;彼らの臣従を受け入れよう;Accept the Treaty;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME23013;仏の顔も三度まで;Fool me once...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME23013A;貢納条約を破棄する;Cancel the treaty;;;;;;;;;
 ACTIONNAME23013B;惰弱なことだが異教徒の要求を呑む;Feebly accept the infidel's demands;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME23014;巨砲のゆくえ;It's not the size of the cannon, but who owns it;;;;;;;;;
 EVENTHIST23014;この150年で大砲の実用性は格段に増し、いまや包囲攻撃において絶大な効果を挙げるに至った。1452年、ハンガリー人技師ウルバンはコンスタンティノスXI世に巨砲の研究開発計画を持ちかけたが、資金の欠乏に悩む皇帝にはその計画に支援する余裕が無かった。そこでウルバンは代わりにメフメトII世を訪れた。メフメトII世はウルバンに喜んで資金を提供し、ついにウルバンは1200ポンドの弾丸を射出できる27フィート砲を完成させた。;Artillery had become increasingly useful over the previous 150 years, and were now beginning to have a major impact on sieges. In 1452, a Hungarian engineer named Urban approached Constantine XI with a proposal for a major artillery development program. The cash-strapped emperor could not afford to finance it, and instead Urban went to Mehmed II. Mehmed was delighted to finance Urban, who eventually created a cannon with a 27 foot barrel that shot 1200 pound balls.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME23014B;よろしい、われわれにはウルバンが必要だ;Yes, we need Urban;;;;;;;;;
 ACTIONNAME23014A;残念だがウルバンへの資金提供はできぬ;We can't afford him;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST25007;ウクライナに住まうコサック遊牧民たちがオスマン帝国のスルタンに庇護を求めるために臣従を申し出た。これはさして奇異なふるまいというわけではあるまい。というのも、ワラキアやモルダヴィアのごときはオスマン・トルコの庇護の下、自治という寛大な扱いを享受しているのだから。;Ukrainian Cossacks have sought the protection and overlordship of the Ottoman Sultan. This was not such an unusual idea - Wallachia and Moldavia have survived with a great deal of autonomy under the protection of the Ottoman Turks...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50000;海軍の整備と官僚制の改革;Navy and Administrative Reforms of Bayezid II;;;;;;;;;
 EVENTHIST50000;メフメトII世による財政政策はオスマン帝国の情勢を不穏に陥れており、その後継者たるバヤズィトII世は押収した土地の一部を元の所有者に返還するなど、和解に努めた。彼の治世下において、オスマン帝国は著しい官僚制の発展を示した。潤沢な国庫はイェニチェリの強化を可能とし、海軍にはかつて地中海では見られなかった巨艦を編入することが出来た。;A violent reaction to the fiscal policies of Mehmed II has prompted his successor Bayezid II to return some lands to their former owners and in general conduct a reconciliatory and peaceful policy. Under his rule, Ottoman empire has witnessed significant administrative developments. Full treasury allowed to reinforce the Janissaries and re-equip the Navy with ships of the size not seen before in the Mediterranean.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50000A;国を安定させつつ、統治体制の改革を図れ;Reconcile and Reform;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50000B;とりあえず統治体制の改革に努めよ;Just Reform;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50000C;とりあえず国の安定化に努めよ;Reconcile only;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50004;メフメトII世の財政政策;Fiscal Policies of Mehmed II;;;;;;;;;
 EVENTHIST50004;メフメトII世は軍資金を調達するために種々の新税を導入するのみならず、私有地を没収してティマール封土と成して兵士への支払いに充てるなど、過酷な財政政策を断行した。こういうやり方が彼の死後に反乱を招き、彼の後継者たちがそれに対処せねばならなかったとしても、それは当然であろう。;In order to finance his wars, Mehmed II has conducted harsh fiscal policies, which included introduction of new taxes and confiscation of private lands. Those lands then were later distributed as timar as part of the payment to his military. Not surprisingly, these measures resulted in a violent discontent upon his death, which had to be dealt with by his successors.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50004A;われらには資金が必要なのだ!;We need the money!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50004B;増税で留め置くか;New Taxes Only;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50007;'高徳者'ファズル・アフメト;Fazil Ahmed Koprulu;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50007A;彼を大宰相に任命する;Appoint him;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50008;シェイフルイスラームの抑制;Power of Sheikh-ul-Islam;;;;;;;;;
 EVENTHIST50008;'若武者'オスマンII世は即位するや帝国には諸改革が必要であることを痛感せざるを得なかった。だが彼は若く未熟であり、自らの理想の性急な推進を諌めてくれる沈着で信頼すべき大宰相を見出し得なかった。がために、ついには彼は自らの命を犠牲にすることになる。彼はまず軍の改革に先立って、シェイフルイスラーム職(宗教法による国政諮問機関)の権限の縮小から着手した。;Upon his ascension to the throne, young Osman II realized that the country badly needs reforms. His young age and inexperience, as well as inability to find a steady and trusty grand vezier prevented him from implementing his ideas, and eventually cost him life. His first act was curtailing the power of the Office of Sheykh-ul-Islam, which was followed by an attempt to reform the army.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50008A;権限を縮小せよ;Curtail the power;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50008B;そのままにしておけ;Leave things like they are;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50016;ズルカディルの擾乱;Dulkadir Troubles;;;;;;;;;
 EVENTHIST50016;ズルカディルの血筋正しき君主より栄光に包まれたるわが君へ、かの王国を席巻する暴徒どもを一掃すべく援軍の要請がなされております。われらはかの者を救うべきでありましょうか?;The rightful ruler of Dulkadir has asked our glorious Sultan to help him to wipe out the rebels in his kingdom. Should we help him?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50016A;干渉し、併合せよ;Interfere and annex;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50016B;干渉し、属国となせ;Interfere and make him our vassal;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50016C;干渉してはならぬ;Do not Interfere;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50017;カピチュレーション;The Capitulations;;;;;;;;;
 EVENTHIST50017;スレイマンはオーストリアに対抗するフランスを支援するため、フランス製品に対する輸入関税を減じ、またフランス外交官らに帝国内における融通をより広範囲に認めた。この制度は最初のうちは帝国の国庫を富ませたが、最終的にはほとんどすべてのヨーロッパ列強に悪用されるに至った。;Suleyman intended to support France against Austria, and was therefore not averse to reducing tariffs on French goods, and allowing the French diplomatic representatives greater powers within the Empire. While initially this led to an increase in wealth, the system would ultimately come to be abused by most European powers.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50017A;フランス人からの関税を減じてやれ;Reduce tariffs;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50017B;フランス人も他国と同様の支払いをせねばならぬ;The French will pay as the others;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50018;ヨーロッパの被抑圧ユダヤ人;The Jews of France and Hungary are oppressed;;;;;;;;;
 EVENTHIST50018;ヨーロッパではなお不寛容な風潮が幅を利かせていた時代、オスマン帝国ではマイノリティー集団が驚くほど寛容な待遇を受けていた。この恩恵に応え、同時に復讐を果たさんとするユダヤ人は数多く、スルタンはこれらによって新連隊「モーゼの息子たち」を創設することさえ出来た。この連隊は対ハンガリー戦で重用された。;Given the general climate of intolerance in Europe, the situation for minorities in the Ottoman Empire was surprisingly good. So good, in fact, and so ready for revenge, that the Sultan could form a new regiment, 'The Sons of Moses', for use especially against the Hungarians.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50018A;彼らから成る新連隊を創設せよ;Let us form a new regiment;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50019;アルジェリアの併合;Al-Djazair becomes part of the Ottoman Empire;;;;;;;;;
 EVENTHIST50019;イスタンブルでハイル=アッディーン・バルバロッサが死ぬと、スルタンは彼の息子ハサン・パシャを新しいアルジェ総督に据えた。1587年にオスマン帝国の官僚制が法制化され、総督の任期は3年ということになった。またオスマントルコ語が公用語となり、アラブ人やベルベル人は[事実上]官職から締め出された。以後100年以上にわたってアルジェ総督はオスマン帝国中央政府が任命するようになり、アルジェはオスマン帝国の版図に包含された。;At the death of Khayr ad-Din Barbarossa in Istanbul, the sultan named his son Hassan Pasha the new Pasha of Al-Djazair. In 1587 the institution of a regular Ottoman administration began. Governors with the title of pasha ruled for three-year terms. Turkish was the official language, and Arabs and Berbers were excluded from government posts. For over a century, the rulers of Al-Djazair were chosen by the Porte, incorporating it to the domains of the Ottoman Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50019A;アルジェリアを併合せよ;Incorporate them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50020;第3次チュニス遠征;Tunisia - Episode Three;;;;;;;;;
 EVENTHIST50020;1574年、オスマン帝国は第3次チュニス攻撃に着手した。オスマン帝国のチュニス支配を磐石にせんがためには、ハフス朝の滅亡とチュニジアからのスペイン人の退去が欠かせない。チュニジアを得たならばアルジェや北アフリカに対する影響力もいや増すであろう。;In 1574, the Ottoman Empire launched its third attack on Tunisia. In establishing control, the Ottomans hoped to destroy the Hafsid dynasty and put an end to the Spanish presence in Tunisia. Taking Tunisia would also allow them to establish better control over Algiers and North Africa.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50020A;チュニジアのすべての者ににわれらの意向を伝えよ!;We shall inform all of our intentions on Tunisia!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50020B;アブドゥルマリクにのみ伝えよ;We shall inform only Abd al-Malik;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50020C;警告など必要ない! 襲撃せよ;We shall give no warning! Attack!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST50022;アブドゥルマリクはチュニス王位にある甥のムハンマド・アルムタワッキルを玉座から引き摺り下ろすためにオスマン帝国の助力を得んものと、1574年の帝国によるチュニス征服行に加担した。戦が終わって、彼はチュニス王位に就き、チュニスに対するオスマン帝国の宗主権を認めた。;Abd al-Malik took part in the Ottoman conquest of Tunis, in 1574, in an attempt to gain Ottoman support to oust his nephew, Muhammad al-Mutawakkil, from the throne. After the conflict, he was placed on the throne and agreed to recognize the Ottoman Sultan as the caliph.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50022B;チュニスに対する請求をとりあえず留保する;We shall hold our claim for later;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST50023;アブドゥルマリクは1574年のオスマン帝国によるチュニス征服行に加担すべきであった。さすれば彼の甥、ムハンマド・アルムタワッキルを玉座から引き摺り下ろすのにスンニー派の権威たるオスマン帝国の助力を得られたであろうに。彼は支援を出し惜しみすることで自らを帝国の庇護の外に置く、という愚かな選択をした。;In 1574, Abd al-Malik should have taken part in the Ottoman conquest of Tunis. He would have gained support from a major Sunni power to oust his nephew, Muhammad al-Mutawakkil, from the throne. However, the fool chose to provide minimal assistance which ensured he would receive no Ottoman support.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50023A;まあ奴抜きでチュニスは討とうぞ、だが次は奴の番だ!;We shall crush Tunis without them, but they are next!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST50024;16世紀、スペインは北アフリカの沿岸諸都市を次々と占拠し、アルジェもまた封鎖され貢納せよと恫喝されていた。他の諸都市がスペインに無条件降伏していく中、追い詰められたムスリムたちはオスマン帝国のスルタンに救援を求めた。スルタンはこのとき全イスラム世界のカリフでもあったのだ。コルセア海賊の中からバルバロッサという名の2人の兄弟がスルタンに艦隊を北アフリカへ派遣していただきたいと嘆願してきた。その目論見が果たされるなら、帝国の勢威は北アフリカの果てにまで及ぶであろうが。;In the 16th century, Spain occupied various ports in North Africa. Algiers was blockaded and forced to pay tribute. Other ports were captured outright. The desperate Muslims called for help from the Ottoman sultan, then the caliph of all Islam. Two corsair brothers, the Barbarossas petitioned the sultan to send them with a fleet to North Africa. Their accomplishments would lead to further Ottoman influence in North Africa.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301000;抗戦するモスリコ人;Recognition of the Moriscos;;;;;;;;;
 EVENTHIST301000;長い間、スペインのイスラム教徒(モリスコ人)たちはカトリック・スペインの横暴を食い止めるようオスマン帝国に嘆願してきた。オスマン帝国は15世紀から16世紀にかけて中東、バルカン諸国、地中海沿岸における一大勢力に成長してきたためだ。モスリコ人にとっては不幸なことに、かの偉大なるオスマン帝国も連戦の疲弊が見え始めてきたのだが。あるいはオスマン帝国は打ち続く闘争の連鎖を断ち切るためにモスリコ人の解放を望むであろうか。;For ages, the Moriscos of Spain petitioned the Ottomans for the support they needed to break free of Catholic Spain. The Ottoman Empire had become a major power in the Middle East, the Balkans, and the Mediterranean during the course of the fifteenth and sixteenth centuries. Unfortunately for the Moriscos, as such a power, the Ottomans were up to their shoulders in wars. An Ottoman Empire free from such struggles may have chosen to liberate the Moriscos.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301000A;モスリコ人など知ったことではない!;We care not for them!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301000B;モスリコ人の抗戦を認め、彼らを救うことはわれらに好機をもたらすだろう!;Recognition gives us a perfect oppurtunity!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301001;ムラトII世の戦略;The Conquests of Murad II;;;;;;;;;
 EVENTHIST301001;ムラトII世はその治世中にセルビアとボスニアを瞬く間に征服し、さらにアルバニアの征服に着手した。;During the reign of Murad II, Serbia and Bosnia were conquered briefly and the Ottomans attempted to conquer Albania.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301001A;余はこの国を復興させる;I will restore the Empire;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301002;征服者メフメトII世の戦略;The Conquests of Mehmed II The Conqueror;;;;;;;;;
 EVENTHIST301002;メフメトII世の治世中、コンスタンティノープル、アテネ、モレア、セルビア、ボスニア、カラマン、ジャンダル、トレビゾンド、アルバニア、ヘルツェゴビナ、ケルチ、カッファ、オトラントといった国々のすべてがオスマン帝国に屈した。さらに彼はロードス島攻略をも企図していた。彼はイタリア遠征中に亡くなり、このため遠征軍はオトラントから撤退した。;During Mehmed II's rule, Constantinople, Athens, Morea, Serbia, Bosnia, Karaman, Candar, Trebizond, Albania, Hercegovnia, Kercha, Kaffa and Otranto all fell to the Ottoman Sultan. In addition, he tried to take Rhodes. During his invasion of Italy, the Sultan died, which led to the evacuation of Otranto.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301002A;われらの拡大、それは必然;We need expansion;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301003;遵法者バヤズィトII世の戦略;The Conquests of Bayezid II The Law-Abiding;;;;;;;;;
 EVENTHIST301003;バヤズィトII世の治世は彼の父、メフメトII世の治世とは対照的である。彼は[父が帝国の中心を得たのに対して]帝国の辺縁をめぐり、モルダヴィアのブジャク(南ベッサラビア)を征服し、マムルーク朝とラマザンオウル侯国やズルカディル侯国の支配権を巡って争った。また、イタリア侵攻の準備を着々と進めていた。ヴェネツィアに宣戦せねばならぬ事情があり、イタリア遠征軍はコルフ島攻略に用いられたのであるが。;Beyzid II reign was a marked departure from that of his father. He rounded out the edges of the realm, conquering the Bujak region of Moldavia and fought a war with the Mamluks over the control of Ramazan and Dulkadir. Preparations were made to invade Italy, but war against Venice was declared, and Beyezid tried to take Corfu instead.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301003A;余は泰平をもたらそう;A Time For Peace;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301004;冷酷者セリムI世の戦略;The Conquests of Selim I The Grim;;;;;;;;;
 EVENTHIST301004;ヤウズ・セリム(冷酷者セリム)の異名を持つセリムI世の統治期間はわずか8年に過ぎないが、彼はこの短い時間で帝国を2倍以上の大きさに拡大した。サファヴィー朝が放棄したアナトリア東部を征服(1514)し、さらにマムルーク朝全域を征服(1516-17)した。さらにバルバリア海岸のコルセア海賊、バルバロッサ兄弟は彼に献じるべくアルジェを征服(1517)した。;Selim I, aka Yavuz Selim (Selim the Grim) ruled only eight short years, but in that time he more than doubled the size of the Empire, conquering Eastern Anatolia from the remnents of the Safavids (1514) and the whole of the Mamluk Empire (1516-1517). In addition, the Barbary corsairs, the Barbarossas, conquered Al-Djazadr for the Sultan (1517).;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301004A;来たれ戦乱のとき;A Time For War;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301005;立法者スレイマンI世の戦略;The Conquests of Suleyman I The Law Giver;;;;;;;;;
 EVENTHIST301005;スレイマンの治世下において、オスマン帝国はあらゆる面で世界最高の域に達 していた。同時に、やがて帝国を衰退へ導く国内統治体制の弛緩が始まりもし ていた。ハンガリー、イェディサン、イラク、アルメニア、グルジア、イェメ ン、オマーン、リビア、そしてサファヴィー朝の都タブリーズといった国々の すべてがスレイマンの軍勢に屈した。スルタンはかつて聖ヨハネ騎士団を攻撃 していたが、これを完全に滅ぼすべくマルタ島に遠征軍を派遣した。またオー ストリアの首都に包囲攻撃を仕掛けた。ヴェネツィア人からはダルマティアの 領土をさらに削り、アルジェリア海賊は臣従させた。;Under Suleyman I, the Empire reached its greatest heights, even as the internal decay which would later bring down the Empire began. Hungary, Jedisan, Irak, Armenia, Gerogia, Yemen, Oman, Libya, and the Saffavid capital of Tabriz all fell to Suleyman's armies. The Sultan tried to destroy the Knights of St. John once and for all, with an invasion of Malta. He laid seige to the capital of Austria, took ever more territory from the Venetians in Dalmatia, and vassalized the pirates of Algeria.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301005A;余こそ真の四海の王なり;I am truely Lord of the Horizons;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301006;大酒家セリムII世の戦略;The Conquests of Selim II The Sot;;;;;;;;;
 EVENTHIST301006;セリムII世はあまり国政に積極的な関心を持たず、もっぱら妃たちとの悦楽を好んだため、帝国の実権は有能な大宰相ソコルル・メフメト・パシャの手に移った。彼はスレイマン、セリムII世、そしてムラトIII世の3代に仕えることになる。1570年、ソコルル・メフメト・パシャはスペインのイスラム教徒(モスリコ人)たちを異端審問所の弾圧から救うためスペイン本土に侵攻するべく大軍を召集し始めた。スペインにとっては幸運なことに、セリムII世はこのときだけ国政に首を突っ込み、大宰相にキプロスへ侵攻するよう命じた。自らの好む葡萄酒の供給を確保するために。チュニスはオスマン帝国とアルジェリア海賊の手によって1574年に陥落した。;The Sot took little active interest in the governing of his Empire, prefering to wallow in his women. The Empire was left in the capable hands of Grand Vizier Sokollu Mehmet Pasha, who served his father Suleyman, and would serve his son, Murad III. In 1570 Sokollu began assembling a large force to invade Spain to liberate the Moslems from the Spanish Inquisition. Fortunately for Spain, the Sot chose that moment to get involved in his government's affairs, and ordered Sokollu to invade Cyprus in order to secure the supply of his favorite wines. Tunis fell to the Ottomans and Algerians in 1574.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301006A;わが手に葡萄酒を;Get me my Wine;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301007;ムラトIII世の戦略;The Conquests of Murad III;;;;;;;;;
 EVENTHIST301007;ムラトIII世の治世までに、帝国は自然国境を越えて拡大してしまった。アゼルバイジャン及びダゲスタンが帝国に編入されたものの、わずか20年間しか保つことが出来ず、1639年にはこれらの地の支配を巡ってペルシアと争うこととなる。;By the time of Murad III, the Empire had stretched beyond its natural limits. Azerbaijan and Daghestan were added to the Empire, but only for twenty years, though the Ottomans would despute control with Persia until 1639.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301007A;帝国は月のごとく満ちたり;Reaching the limits;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301008;メフメトIV世の戦略;The Conquest of Mehmed IV;;;;;;;;;
 EVENTHIST301008;1648年、オスマン帝国はクレタ島に侵攻し、20年間の戦争を戦い、1668年にこの島を得た。1672年、ポーランドに圧迫されたウクライナのコサック遊牧民らが帝国に救援を求め、臣従を申し出た。メフメトIV世の大宰相、キョプリュリュ・アフメト・パシャはこの遠征軍を親しく指揮してポーランド軍を破り、帝国はポドリアを得た。だが、程なくコサック遊牧民らは臣従したことなど忘れてしまった。;In 1648, the Ottomans invaded Crete. After twenty years of war, they took the island in 1668. In 1672, the Cossaks of the Ukraine asked for help against Poland, offering their vassalage to the Empire. Mehmed's Grand Vizier, Koprulu Ahmed, came to their aid, defeating Poland and adding Podolia to the Empire. The Cossaks, however, soon broke their vassalage.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301008A;コサック遊牧民らを救え;Help the Cossaks;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301009;ジェノヴァの黒海拠点の攻略;Conquest of Genoese strongholds;;;;;;;;;
 EVENTHIST301009;オスマン帝国がコンスタンティノープルを陥落させてしまうと、ジェノヴァ人は黒海の拠点を維持することが難しくなってきた。1453年以降、この黒海の拠点を管理していたのがジェノヴァのサンジョルジオ銀行である。このうち最も重要なのはクリミアのチェンバロ要塞(バラクラバ市)、スダク要塞、カッファ市を拠点とした一帯である。1475年、大宰相ゲディク・アフメト・パシャはクリミア汗国を救援すべく、大艦隊を率いてクリミア半島への上陸作戦を敢行し、カッファ市を包囲した。5日後にカッファ市は降伏し、ジェノヴァ人の500家族はコンスタンティノープルへ護送された。だが、カッファ総督アントニエット・ダカベッラ、フランシスコ・ガスコンチーニ将軍を初めとする有力者の多くはマングプ要塞(かつてのケルソン市)への撤退を果たした。;After the fall of Constantinople to the Ottomans, it became increasingly difficult for Genoa to maintain its possessions in the Black Sea. The Bank of San Giorgio in Genoa was administrating the holdings since 1453, the most important strongholds were the two fortresses Chembalo and Sudak, and the city Kaffa. In 1475 a large Turkish fleet under Grand Vizier Keduk Akhmet Pasha arrived to conduct a naval landing and started to besiege Kaffa with Tatar aid. After five days Kaffa surrendered and 500 Genoese families were sent to Constantinople, many leaders manage to flee to Mangup, including the governor Antonietto da Cabella and the general Francisco Guasconcini.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301009A;われらが手に帰せり;It is ours;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301010;兄弟殺し;Fratricide;;;;;;;;;
 EVENTHIST301010;セリムI世は継承に当たり、2人の兄弟と5人の甥を扼殺した。そのため、王座を 要求する競争相手が現れないことは確実になった。;Selim I had his two brothers and five nephews strangeled on his succession. This ensured that there would be no rival claimants to his throne.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301010A;殺せ!;Kill them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301011;兄弟殺し;Fratricide;;;;;;;;;
 EVENTHIST301011;スレイマンI世には兄弟がいなかった。そのため、王座を要求する競争相手が 現れないことは確実になった。;Suleyman I was an only son. This ensured that there would be no rival claimants to his throne.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301011A;私には競争相手がいない!;I have no rivals!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301012;兄弟殺し;Fratricide;;;;;;;;;
 EVENTHIST301012;セリムII世の兄弟と甥は、彼が即位する前に全員死ぬか処刑されていた。そのた め、王座を要求する競争相手が現れないことは確実になった。;Selim II's brothers and nephews had all died or been executed before his succession. This ensured that there would be no rival claimants to his throne. ;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301012A;私には競争相手がいない!;I have no rivals!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301013;兄弟殺し;Fratricide;;;;;;;;;
 EVENTHIST301013;ムラトIII世は継承に当たり、兄弟達と甥達を扼殺した。そのため、王座を要求 する競争相手が現れないことは確実になった。;Murad III had his brothers and nephews strangeled on his succession. This ensured that there would be no rival claimants to his throne. ;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301013A;殺せ!;Kill them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301014;兄弟殺し;Fratricide;;;;;;;;;
 EVENTHIST301014;メフメトIII世は継承に当たり、19人の兄弟(およびそれ以上の甥)を扼殺した。 彼はまた、父の懐妊していた側室達も布袋に縫いこんでボスポラス海峡で溺 れさせた。そのため、王座を要求する競争相手が現れないことは確実になった。 彼は兄弟殺しを行った最後のスルタンになった。;Mehmed III had his nineteen brothers (and more nephews) strangeled on his succession. He also had six of his father's pregnant concubines sewn into sacks and drowned in the Bosporus. This ensured that there would be no rival claimants to his throne. He was the last Sultan to practice the fratricide. ;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301014A;殺せ!;Kill them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301015;カルロヴィッツ条約;The Treaty of Karlowitz;;;;;;;;;
 EVENTHIST301015;オーストリア、ロシア、ポーランド、ヴェネツィアの連合軍によって一連の決定的な敗北を喫したオスマン帝国は、バルカン半島のかなりの部分に対する支配力を失い、1699年、セルビアのカルロヴィッツという町で屈辱的な和平条約に調印させられた。オーストリアにはテメシュヴァル(ティミショアラ)に都するバナト地方を除くハンガリー全域、クロアティア、スラヴォニアを割譲し、ポーランドにはポドリアを、ヴェネツィアにはダルマチアとペロポネソス半島を割譲した。ロシアは1700年に調印された別の条約でアゾフを得た。これらの失地はギリシアを除き、永久に回復することが出来なかった。帝国の分割が始まったのだ。;Having been defeated decisively by a coalition of Austria, Russia, Poland and Venice and lost control over large chunks of the Balkan, the Ottoman Empire was forced to sign a humiliating peace treaty in 1699 in the Serbian city of Karlowitz. All Hungary except the Banat of Temesvar, Croatia and Slavonia were ceded to Austria, Podolia to Poland, Dalmatia and the Peloponnesus to Venice. Russia got Azov in a separate treaty signed in 1700. Except for Greece, none of these losses was ever recovered permanently. The disintegration of the Empire had begun.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301015A;帝国に審判は下されたり;The Empire is doomed;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301016;オマーンの叛乱;The Omani rebellion;;;;;;;;;
 EVENTHIST301016;イェメンからやってきたアフマド・イブン=サイードはオマーンを支配していたオスマン帝国の属州政府を駆逐し、1741年にオマーン王国の独立を回復した。;The Ottoman rule in Oman was ended when Ahmad ibn Said of Yemen expelled them and restored the independent Omani Sultanate in 1741.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301016A;オマーンの独立を承認しよう;Let them go;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301017;アイドゥン侯国の併合;Absorption of Aydin;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301017A;アイドゥンはわれらのもの!;Smyrna is ours!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301018;ゲルミヤン侯国の継承;Inheritance of Germiyan;;;;;;;;;
 EVENTHIST301018;ビザンツ帝国はムスタファ・チェレビーがのちのムラトII世に対抗してオスマン帝国の王位を争うことを期待し、彼を解放したのだが、ゲルミヤン侯国をはじめ多くの諸侯国もムスタファ・チェレビーを支持したのであった。だが、1423年に彼が殺されたとき、ゲルミヤン侯国の君主ヤークープ・ベイは天啓によって自らの過ちを悟り、オスマン帝国との関係修復を決めた。一人の息子も持たなかったヤークープは自らの死後、この国をオスマン帝国に譲ることを望み、1429年2月、その遺志は果たされた。;When the Byzantines released Mustafa Celebi as a pretender to the Ottoman throne, Germiyan and many of the other ghazi states supported him against Sultan Murad II. However, when Mustafa was murdered in 1423, in a flash of divine inspiration, Yakub Bey, ruler of Germiyan, realized that he had been in the wrong and decided to develop a good relationship with the Ottomans. Never having any sons, Yakub willed his country to the Ottoman state pursuant to his death in February of the year 1429.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301018A;ゲルミヤンは永遠にわれらのものだ!;Germiyan is no more!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301019;異教国家フランスとの同盟;The alliance with the Infidels;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301019A;「至高のキリスト教王」を支援せよ;Support the Most Christian King!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301019B;やはり再考すべきか;I changed my mind;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301022;マムルーク朝の併合;Annexation of the Mamluk Empire;;;;;;;;;
 EVENTHIST301022;オスマン帝国のスルタン・セリムI世は後背の憂い無くヨーロッパを蹂躙するために、東方の潜在的脅威のすべてを排除すると決めた。かくしてサファヴィー朝ペルシアを打ち破ると、彼はその矛先をマムルーク朝へと向けた。折しもマムルーク朝はひどい政治的混迷の渦中にあり、その軍隊はとてもオスマン帝国軍に敵しえないものであった。かくしてセリムの軍隊は神速をもって防衛軍を打ち破りマムルーク朝領になだれ込むこととなる。8月24日、マムルーク朝スルタンに率いられたシリア守備隊はアレッポ近郊で撃破され、スルタンも討ち死にした。10月12日にはダマスカスが陥落し、残るシリア及びパレスティナの諸都市も速やかに席巻された。セリムはダマスカスで越冬するとエジプトへ向けて進軍する。1月21日、マムルーク朝に残されたすべての軍隊がラダーニヤ近郊において決戦に臨んだが、これが完膚なきまでに打ち破られてしまった。かくしてマムルーク朝の命運は決した。セリムはマムルーク朝最後のスルタン・トゥマン・ベイに臣従を説くが、あっぱれこれをはねつけて自ら打ち首に臨んだ。シリア、パレスティナ、エジプトを併合したことで、いまやオスマン帝国は三大陸にまたがることとなった。この新たなアフリカの領土を統治するためにオスマン帝国の第三宰相がカイロに派遣された。;The Ottoman Sultan Selim I was determined to eliminate all potential enemies in the east in order to be able to overrun Europe without fearing an attack from the other direction. Having defeated Safavid Persia, he turned to the Mamluk Empire. At that time, the Mamluk state already was in a state of anarchy and its armies hopelessly inferior to those of the Ottomans, and thus Selim's armies rushed through its defenses at an incredible speed. On August 24 the Syrian army led by the Sultan himself who got killed in that battle was destroyed near Aleppo, the city of Damaskus conquered on October 12th and the rest of Syria and Palestina quickly overrun. After wintering in Damaskus, Selim progressed to Egypt. On January21st, the last remaining Mamluk army engaged for the final battle near Radania and was decisively defeated. This battle marked the end of the Mamluk Empire. Selim offered vassal status to the last Sultan Tumanbeg, but he proudly refused and preferred being beheaded. Syria, Palestina and Egypt were incorporated into the Ottoman Empire that now stretched over three continents.For the administration of the new African possessions a third Beglerbeg with his seat in Kairo was appointed.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301022A;さっそくエジプトに総督を派遣せよ;Install a Beglerbeg for Africa;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301022B;エジプトは直轄地としよう;Administrate Egypt from Constantinople;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301023;マムルーク朝の属国化;Submission of the Mamluk Sultan;;;;;;;;;
 EVENTHIST301023;オスマン帝国のスルタン・セリムI世は後背の憂い無くヨーロッパを蹂躙するために、東方の潜在的脅威のすべてを排除すると決めた。かくしてサファヴィー朝ペルシアを打ち破ると、彼はその矛先をマムルーク朝へと向けた。おりしもマムルーク朝はひどい政治的混迷の渦中にあり、その軍隊はとてもオスマン帝国軍に敵しえないものであった。かくしてセリムの軍隊は神速をもって防衛軍を打ち破りマムルーク朝領になだれ込むこととなる。8月24日、マムルーク朝スルタンに率いられたシリア守備隊はアレッポ近郊で撃破され、スルタンも討ち死にした。10月12日にはダマスカスが陥落し、残るシリア及びパレスティナの諸都市も速やかに席巻された。セリムはダマスカスで越冬するとエジプトへ向けて進軍する。1月21日、マムルーク朝に残されたすべての軍隊がラダーニヤ近郊において決戦に臨んだが、これが完膚なきまでに打ち破られてしまった。かくしてマムルーク朝の命運は決した。セリムはマムルーク朝最後のスルタン・トゥマン・ベイに臣従を説くと、彼は尻尾を振ってこの屈辱的な地位に甘んじ、いまやオスマン帝国のスルタンの臣下としてエジプトを統治することになった。;The Ottoman Sultan Selim I was determined to eliminate all potential enemies in the east in order to be able to overrun Europe without fearing an attack from the other direction. Having defeated Safavid Persia, he turned to the Mamluk Empire. At that time, the Mamluk state already was in a state of anarchy and its armies hopelessly inferior to those of the Ottomans, and thus Selim's armies rushed through its defenses at an incredible speed. On August 24 the Syrian army led by the Sultan himself who got killed in that battle was destroyed near Aleppo, the city of Damaskus conquered on October12th and the rest of Syria and Palestina quickly overrun. After wintering in Damaskus, Selim progressed to Egypt. On January21st, the last remaining Mamluk army engaged for the final battle near Radania and was decisively defeated. This battle marked the end of the Mamluk Empire. Selim offered vassal status to the last Sultan Tumanbeg. The cowardly dog has acceptedthis humiliation and will now rule Egypt as a subject of the Ottoman Sultan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301023A;素晴らしい;Great;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301025;ギオン・カストリオトの死;The Death of Gjon Kastrioti;;;;;;;;;
 EVENTHIST301025;息子のスカンデルベグがスルタン・ムラトII世の旗の下で戦っていた1442年、ギオン・カストリオトは亡くなった。この勇敢なアルバニア貴族が死ぬや、スルタンは時を移さず彼の旧領を占領した。これには彼が切り取った領土も含まれていた。ジェルジ・カストリオティは疑いなくギオンの息子の中でもっとも有能であり、すでにムスリムとなっていたが、他の3人の息子たちはどれもまったく取り得のない者たちであった。ムラトII世はギオン・カストリオトの旧領をアルバニア人改宗者のハッサン・ベイに与えたが、彼は瞬く間にアルバニア全域を新月旗の下に征服した。;In 1442 while Skanderbeg was fighting under the banner of Sultan Murat II, his father Gjon died. The death of this valiant Albanian Prince induced the Sultan to occupy, without losing time, this region also, thus adding more territory to his conquests. Georg Kastrioti, undoubtedly the ablest of the sons of Gjon was islamized, and the other three sons were of no value whatsoever, and Murat II therefore bequeathed the principality to an Albanian renegade named Hassan Bey, who in a short time betrayed his country by putting the entire domain under the rule of the Crescent Moon.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301025A;ハッサン・ベイを介してアルバニアを統治する;Put Hassan Bey in command;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301025B;アルバニアは直轄地としよう;Take direct control;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301026;スカンデルベグの背信;The Betrayal of Iskandar Bey;;;;;;;;;
 EVENTHIST301026;1443年、トランシルヴァニア公フニャディ・ヤーノシュの組織したハンガリー十字軍がニシュ(現セルビアの都市)においてオスマン帝国軍を破ったのを好機とみて、スカンデルベグはオスマン軍を離脱し、父の居城であったクルーイェ(アルバニア中部)を占拠した。。彼は赤地に黒い双頭の鷲が描かれたアルバニアの旗(今日の国旗も同じデザインである)を城頭に掲げ、同郷の男たちに以下の有名な台詞を宣した : 「わたしが自由をもたらしたのではない。それは諸君らの心の内に元からあったのだ。わたしはそれを引き出しただけだ。」;In 1443, during the battle against the Hungarians of Hunyadi in Nish (in present day Serbia), he abandoned the Ottoman Army and captured Kruja, his father's seat in middle Albania. Above the castle he rose the Albanian flag, a red flag with the black double-headed eagle, the present-day Albanian flag, and pronounced to his countrymen the famous words: 'I have not brought you liberty, I found it here, among you'.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301026A;この借りは必ず返してもらうぞ!;We will have our revenge!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301027;トヴルトコII世の救援要請;Tvrko II begging for help;;;;;;;;;
 EVENTHIST301027;陛下、ボスニア王トヴルトコII世が親類のラディヴォイェに王位を奪われたそうにございます。数年前、先帝メフメトI世陛下がトヴルトコII世めを王位に就けるために尽力したにもかかわらずの体たらく。こたびも助けを乞うてきておりますが、いかがいたしましょうか?;My Sultan, the former King of Bosnia, Tvrko II had been overthrown by his relative, Radivoj. A few years ago, your glorious father, Mehmet I helped him to claim his throne yet it seems that he is unable to retain his position. Now, he's here, begging for support. Shall we help him again?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301027A;下らぬ男だがもう一度だけ支援してやれ!;Give support to that dog once more!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301027B;もう十分だ! こいつの首を刎ね、ボスニアへ攻め込め!;Enough! Execute him and invade Bosnia!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301028;セルビア人のハンガリー亡命;Serbians flee to Hungary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301028;1459年、セルビアがオスマン帝国に併合されると、多くのセルビア人が北へ、ハンガリー王国へと逃れて行った。;Serbia was annexed by the Ottoman Empire in 1459. As a consequence, many Serbs fled north, to the Kingdom of Hungary.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301028A;異教徒どもに災いあれ;Curse the infidels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301029;ハンガリー王国の動揺;The Kingdom of Hungary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301029;新たにハンガリー王に就いた人物は貴族のほとんどに支持されなかった。ハンガリー国内は長期の内乱に陥ること疑いないが、これはスルタンにとって北へ勢力を伸ばす絶好の機会となるに違いない。;The Kingdom of Hungary has received a new monarch who lacks the support of a huge part of a nobility. There can be expected to be a long internal struggle which would probably give the Sultan an excellent opportunity to expand north.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301029A;好機を逃すな;Take advantage of the situation;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301031;バグダードのフズーリー;The bard of Baghdad;;;;;;;;;
 EVENTHIST301031;メフメト・ビン=スレイマン・フズーリー(1480-1556)はこの時代ではバーキーに次ぐ偉大な詩人であった。ペルシア出身ではあるが、オスマン帝国に仕え、帝国より生涯にわたり恩給を賜った。いわく、「何や驚くことがあろうか、美しき者たちの心臓は汝の頬を羨むときにこそもっとも滑らかに血を循環させるということを」。「石をルビーに変えるには、燦然と煌く陽光がありさえすればよい」。「あるいは驚かん、汝のまつげが世の冷酷な者どもすべてを征服しようとも」。「黒檀の矢柄のごとき君との逢瀬のためならば、アダマントの逆刺とていざや担わん!」;Suleyman Fuzuli (1480-1556) was second only to Baki amongst the poets of the age. Of Persian origin, he switched allegiance to the Ottomans and was granted a pension for life. Is it strange if beauties' hearts turn blood through envy of thy cheek most fair? / For that which stone to ruby turns is but the radiant sunlight's glare. / Or strange is it if thine eyelash conquer all the stony-hearted ones? / For meet an ebon shaft like that a barb of adamant should bear!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301031A;おお、素晴らしい!;Oh, the delight!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301032;詩界のスルタン、バーキー;The Sultan of Poets;;;;;;;;;
 EVENTHIST301032;メフメト・バーキー(1526-1600)はトルコ古典詩人の中でもっとも優れた人物である。貧しい聖職者の息子として生まれ、大学を通じて自らの詩作を売ることで生計を立てていた。が、まもなく宮廷、とりわけスルタンの愛顧を得るに至った。彼の死はコンスタンティノープルを慟哭の渦へと落とし込んだ。彼自身は国葬をもって弔われた。彼の才能の断片を紹介しよう、「天の宴にて、ウェヌスは竪琴を爪弾きぬ。歓喜と幸福、喜びと楽しみ、快活な微笑のうちに。かの女神が天蓋の下に調べの主音をとれば、タンバリンを打ち鳴らす太陽は輝きもて彼女の相貌をば覆い隠さん。」;Mehmed Baki (1526-1600) was the greatest classical Turkish poet. Son of a poor clergyman, he paid his way through university by selling his poetry, and soon gained the attention of the Court and eventually the Sultan. His death was greeted with paroxysms of grief in Constantinople and he was given a state burial.\n \n There, at the banquet of the sky, had Venus struck her lyre, \n In mirth and happiness, delighted, joyed and smiling gay. \n Taking the keynote for her tune beneath the vaulted sphere, \n The tambourinist Sun her visage bright had hid away.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301032A;おお、素晴らしい!;Oh, the delight;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301033;タキウッディーンの天文台;Astrologer or Astronomer?;;;;;;;;;
 EVENTHIST301033;'天界の学徒'の異名を持つタキウッディーン・エフェンディ(1521-1585)はスルタンを説得してイスタンブル郊外に天文台を造営した。しかし、宗教指導者たちは彼が禁じられた占星術を実践している(しかもおおっぴらに!)と警鐘を鳴らし、かの建物をば引きずり倒さんとスルタンに圧力をかけた。;Takiyuddin Efendi (1521-1585), a student of the heavens, had prevailed upon the Sultan to build an observatory on the outskirts of Constantinople. However, the leading religious figures were alarmed that he was practising the forbidden art of astrology - and openly! - and pressured the Sultan to tear the building down.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301033A;かの呪われし天文台をば引きずり倒せ;Tear the accursed building down;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301033B;天界の事象は究明されねばならぬ;The skies need to be studied;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301034;宮廷の寵児、ユースフ・ナビ;The court favourite;;;;;;;;;
 EVENTHIST301034;宮廷でペルシア様式の詩はもてはやされ続け、いまやそれも頂点に達したが、そのような折、ユースフ・ナビ(1642-1712)もまた彼の伝記的にして史劇風、かつ地誌風の諸作品ゆえにいたく尊敬された。いわく、「昼も夜もわたしはバルサムの香油を求めている、わが心の痛みを和らげるために。天の国にて採れるトルコ石、かの石に宿る治癒の力もいまやわが胸に留まることなし。かの薬求め、幾多の国々を巡りてわが見出しすべてのものは徒となりぬ。慈悲の泉に祝福されし涙一粒さえ、いまや留まることなし」。;The culmination and conclusion of the Persian-style court poets, Yusuf Nabi (1642-1712) was also very highly regarded for his biographical, historical and geographical works.\n \n Day and night some balm I've sought for, to relieve my wounded heart, \n Ne'er a cure within the heavens' turquoise chest remaineth now. \n From its source, through every country, searched have I, but all in vain --- \n Ne'er a single drop, in mercy's fountain blest, remaineth now.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301034A;おお、素晴らしい;Oh, the delight;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301035;キャーティプ・チェレビー;The geographer;;;;;;;;;
 EVENTHIST301035;キャーティプ・チェレビー(1609-1657)はオスマン帝国史上もっとも偉大な地図製作者にして机上の旅人であった。彼の著作には浩瀚なる『世界の眺望 Cihannuma』(西洋と東洋における地図製作と地理学の知識の最良の部分を抽出している)がある。オスマン帝国の人々はこの書に触れて、ヨーロッパ及び中東の先にある広大な世界にはじめて眼を開いた。;Katip Chelebi (1609-1657) was the greatest Ottoman cartographer and armchair traveller. His works included the massive 'View of the World' - a distillation of the best in Western and Eastern cartographical and geographical knowlege. Ottoman eyes were for the first time well and truly opened up to the world beyond Europe and the Middle East.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301035A;世界のなんと広大なることよ;What a big world it is;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301036;アフメト・ネディムの自由詩;The Sultan's close confidant;;;;;;;;;
 EVENTHIST301036;陽気でいて軽薄なチューリップ時代、この時代を通じてアフメト・ネディム(1681-1730)はスルタン・アフメトIII世にとって愉快な友であり続けた。彼はそれ以前の詩人たちよりもずっと自由に簡便に詩作した。彼の影響は17世紀を通じて生き続けることになる。君の母上に許しを求めたら、聖なる金曜日に祈る者たちのために言おう、「時の手に委ねられることの痛ましさなんか捨ててしまって一日を僕らのものにしてしまおうよ。こっそり秘密の道を抜けて裏通りをくぐって入り江に降りるんだ。楽しさにあふれた庭園へ行こう。糸杉のようにほっそりと美しい君、来なよ、そぞろ歩きをしようじゃないか。まずはね、ゆっくりと池の周りを巡るんだ。そしたらね、歌を歌って詩を吟じるんだ、あの素敵なやり方でね。だから、さあ、楽しさに満ちあふれた庭園へ行こう。糸杉の君、来なよ、そぞろ歩きをしようじゃないか」。;Ahmet Nedim (1681-1730) was the boon companion of Sultan Ahmed III in all the fun and frivolity of the Tulip Period. He wrote in a freer and easier style than his predecessors, and his influence was great throughout the seventeenth century, Get your mother's leave, say it's for holy prayers this Friday:\n \n Out of time's tormenting clutches let us both steal a day \n And slinking through the secret roads and alleys down to the bay, \n Let's go to the pleasure gardens, come, my sauntering cypress. First, for a while, let's take a stroll around the pond at leisure, \n And gaze in marvel at that palace of heavenly pleasure \n Now and then, let's sing songs or recite poems for good measure --- \n Let's go to the pleasure gardens, come, my sauntering cypress.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301036A;ちょっと行き過ぎじゃないかね?;Shocking;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301036B;楽しいな;Delightful;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301037;国母キョセム・スルタン : ムラトIV世の時代;Kosem Sultana under Murad IV;;;;;;;;;
 EVENTHIST301037;ムラトはスルタン・アフメトI世の息子である。まずムラトの異母兄、'狂人'ムスタファが'黄金の檻([王統を維持するために王子たちを軟禁した宮廷の一画)]'から引き出されて帝位に昇ったが、彼がキョセムの産んだ息子たちの処刑を命ずると、宦官団が介入してキョセムの産んだ息子で最年長のムラトIV世(治世1623-40)を帝位に就けた。かくしてキョセムの国母ヴァリデ・スルタンになるという願いは果たされた。ムラトはその治世の多くで身内の干渉を受けたが、とくに初期の数年においては母親キョセム・スルタンが統治を司った。;Murad was the son of Sultan Ahmed I. When his other son, the mad Mustafa, once again was dragged out of the Golden Cage and enthroned, he ordered the execution of Kosem's sons. The eunuch corps intervened and crowned Kosem's oldest son as Murad IV (1623-40). Thus Kosem attained her ambition of becoming valide sultana. Murad was for a long time under the control of his relatives and during his early years as sultan, his mother, Kosem Sultan, essentially ruled through him.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301037A;母はつねに最良の選択をする;She knows best;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301038;国母キョセム・スルタン : イブラヒムII世の時代;Kosem Sultana under Ibrahim I;;;;;;;;;
 EVENTHIST301038;ムラトIV世は死の床にあって、自分が弟の[狂人である]イブラヒムを憂えており、王統に狂気の種を残すくらいなら王朝を閉じてしまった方がいいのではないかと母に訴え、イブラヒムの殺害を命じた。だがキョセムはこの命令を覆し、イブラヒムを'黄金の檻'から出すよう命じた。イブラヒムは仁慈にあふれた君主で、飢饉と貧困を救済するよう命ずる勅令をいくつか発布した。もっとも、彼は母親にすっかり服従しており、彼の治世すなわちキョセム・スルタンの治世と考えて差し支えない。1648年8月、スルタン・イブラヒムは絞殺された。;On his deathbed, Murad IV told his mother how much he disdained his brother Ibrahim, and how it would be better for the dynasty to end rather than continue with insane royal seed. He ordered Ibrahim's death, but Kosem intervened, and Ibrahim was ordered out of the Cage. Ibrahim was a merciful sovereign and he declared firmans to hinder the famine and poverty. But, he was dominated by his mother and his reign can be considered as the reign of Kosem Sultana. In August, 1648 Sultan Ibrahim was strangled.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301039;対立国母キョセム・スルタン : メフメトIV世の時代;Kosem Sultana under Mehmet IV;;;;;;;;;
 EVENTHIST301039;イブラヒムがトゥルハン・ハティジェ・スルタンに産ませた7歳の息子、メフメトが新たなスルタンとなった。が、キョセムはトゥルハンに国母の地位を譲る気は毛頭無く、'悲しみの館'に移るのを拒否した。彼女は自らが操れる若きオルハン王子を帝位に就けるべく、メフメトの毒殺を謀る。こうして二人のスルターナの戦いが始まった…;Ibrahim's seven-year-old son, Mehmed, by Turhan Sultana, became the new sultan. Kosem had no intention of relinquishing the office of valide to Turhan, and she refused to move to the House of Tears. She schemed to have Mehmed poisoned, so that she could elevate to the throne a young orphan prince whom she could manipulate. A war of two sultanas began.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301040;トレビゾンドの軽率な挑発;Too much provocation from Trebizond;;;;;;;;;
 EVENTHIST301040;トレビゾンド帝国は昨今、ブルゴーニュ公やローマ教皇に救援を求めております。われらとしてはいかがいたしましょうか?;Empire of Trebizond is seeking help from Burgundy and Papal States. What shall we do?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301040A;奴らめを叩き潰せ;Crush them;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301040B;赦し、水に流してやろう;Forgive and forget;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301041;トレビゾンドの降伏;Trebizond's submission;;;;;;;;;
 EVENTHIST301041;トレビゾンド帝国はわれらに降伏しました。;Empire of Trebizond is submitting to us.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301041A;これで彼らもいまやこの偉大な帝国の同胞となった;They're now part of our great empire;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301042;トレムセンの服属;Tlemcen submits to the Ottoman Empire;;;;;;;;;
 EVENTHIST301042;[アルジェリアの]ザイヤーン朝は300年にわたってトレムセンを支配してきた。そのトレムセンも1530年代から1550年代にかけてスペイン、オスマン帝国の支援を受けたアルジェ、モロッコが次々と襲撃された上、内戦まで起こってしまった。内戦は親スペイン派と、バルバロッサ及びその指揮下のイェニチェリの支援を期待するアルジェ派で争われたが、最終的にはトレムセンはオスマン帝国の保護下に置かれ、歴史上から姿を消した。;The Zayyanid dynasty had ruled Tlemcen for 300 years, however between the 1530s and 1550s, the combined assault of Spain, Al-Djazair, under Ottoman support, and Morocco, throw them into a civil war. One of the candidates was supported by Spain, while the other had the support of Barbarossa and his Janissaries. In the end, Tlemcen disappeared becoming another Ottoman protectorship.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301042A;地中海全域がいまやわれらの手中に;The Mediterranean is ours;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301043;トレムセンの併合;Tlemcen incorporated;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301044;スペインとの和睦;Peace with Spain;;;;;;;;;
 EVENTHIST301044;スレイマンとセリムII世による地中海における攻勢は限定的な成功を収めるにとどまった。キプロスは征服され、チュニスも奪回したが、マルタ島への侵攻は失敗し、レパントの海戦で艦隊は壊滅させられた。だがより重要な問題はスペインもオスマン帝国ももはや拡張主義的な戦争を継続する余裕がない、ということであった。まず両帝国ともに経済的危機に見舞われており、また両帝国とも差し迫った問題に追われていた。それはスペインにとってのネーデルラントの叛乱であり、オスマン帝国にとっての対ペルシア戦争及びバルカン半島における叛乱である。こうした状況を鑑みて、フェリペII世とムラトIII世は休戦のための一連の交渉を1577年から1581年にわたって続け、この休戦条約によってフェリペII世は北アフリカにおけるスペインの占領地をすべて放棄すること、オスマン帝国のスルタンはオランを放棄し、また[スペイン本土のムスリムである]モスリコ人への支援をやめることを宣言した。こうして成ったスペイン・オスマン帝国間の和平は現代に至るまで継続している。こうして両帝国は地中海から手を引くことが出来たのだが、地中海はバルバリア海賊の手に残されることとなり、ヨーロッパ諸国の海軍は定期的にこの海賊を見張らねばならなくなった。;The Mediterranean offensives of Suleiman and Selim II, achieved only partial success. Cyprus was conquered, and Tunis recovered, but the invasion of Malta failed, and the fleet was destroyed at Lepanto. But the main problem was that neither Spain nor the Ottoman Empire could afford to continue such expensive war at a time when both their economies were in trouble, and both had more pressing matters. For Spain it was the rebellion in the Low Countries, and for the Ottoman Empire the Persian wars and the rebellions in the Balkans. Under these circumstances, Felipe II and Murad III negotiated a series of truces between 1577 and 1581. In these truces Felipe II renounced to Spanish former conquests in North Africa, while the Ottoman sultan renounced to Oran, and to lend help to the Moriscos. The peace between Spain and the Ottoman Empire would be permanent, and would allow both empires to abandon the Mediterranean, that was left in the hands of the Barbary pirates, periodically checked by the European navies.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301044A;休戦条約に調印しよう;Sign the truces;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301044B;これは聖戦なのだ、休戦などできぬ;Holy war;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301045;カヘティのモスクワへの臣従;Kakheti is a russian vassal;;;;;;;;;
 EVENTHIST301045;1586年10月15日、カヘティ王アレクサンデルはモスクワ大公フョードルに忠誠を誓った。以来、この不埒者はタブリーズに駐屯するわが軍への援軍派遣要請を拒絶し、モスクワ大公やペルシア王に愛想を振りまいている。彼奴めがわれらの害になることは必至であり、処置を決めねばなるまい。;On the 15th of October 1586, Alexander of Kakheti has sworn loyality to Feodor of Russia. Since then he has refused to send any aid to our forces at Tabriz. Seeing the cordiality between the Shah and the Tsar, we can foresee that for us this is not good at all. How shall we react?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301045A;われらを怒らせるとは愚かなことだ;They are foolish to anger us;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301045B;討伐の好機を待とう;Let us wait for a better time to strike;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301045C;敵となった以上、もう用はない;We have no use of another enemy;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301046;オマーンの独立;Omani independence;;;;;;;;;
 EVENTHIST301046;18世紀末までにはオマーンはアラビア半島でもっとも強力な国家へと成長しており、ザンジバルやペルシア及びバルチスタンの沿岸地方を支配下に置いていた。;Until the end of the century, Oman developped into the most powerful state in Arabia, controlling Zansibar and parts of the Persian and Baluchi coast.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301046A;アフマド・イブンサイードがオマーンを掌握したか;Ahmad ibn Said seizes power;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301047;エジプトの喪失;Loss of claims in Egypt;;;;;;;;;
 EVENTHIST301047;ムハンマド・アリー(フランス軍のエジプト撤退後、1805年にエジプト副王となり、1849年に死去するまでその地位にあった)の統治の下、エジプトの独立は国際的に承認された。;Under Mehmet Ali (who became viceroy in 1805 after French evacuation, and until his death in 1849), the factual independence became official at last.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301047A;エジプトはエジプト人が統治すればよい;Grant them their lands!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301048;トリポリタニアの独立;The independence of Tripolitania;;;;;;;;;
 EVENTHIST301048;トリポリタニアはもはや自治国である旨、当地の実力者カラマンリ家はイスタンブルの政府に毅然と通知した。;While the Karamanlis formally answered to Istanbul, Tripolitania was in effect an autonomous state.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301048A;トリポリタニアに自治権を下賜しよう;Grant them autonomy;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301049;トルコの黒海支配;Turkish dominance on the Black Sea;;;;;;;;;
 EVENTHIST301049;ついに黒海はトルコの内海となった!;Black Sea has became our internal sea!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301049A;素晴らしい!;Great!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301050;クリミア汗国からの支援要請;Crimean Khanate seeks Ottoman support;;;;;;;;;
 EVENTHIST301050;ウラル山脈以西の草原地帯の諸汗国はみな16世紀中にロシアに凌駕され支配されているが、唯一クリミア汗国のみは繁栄を続け1700年代まで存続した。この国の長命はもっぱらオスマン帝国の支援のおかげである。;While Russia managed to overtake the other Khanates of the European steppe in the 16th century, the Khanate of Crimea lasted well into the 1700s. A major reason for this longevity was the support of the Ottoman Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301050A;われらの盟友であり臣下であるならば支援しよう;We accept them as our allies and vassals;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301050B;北方の擾乱に巻き込まれてはならぬ;Avoid northern entanglements;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301051;トレビゾンド遠征;War against Trebizond;;;;;;;;;
 EVENTHIST301051;シノペを襲撃したオスマン軍はそのままトレビゾンドの包囲攻撃に取り掛かった。メフメトII世はトレビゾンド帝国に引導を渡す決断を下したのだ。;Ottoman army attacked Sinope and sieges Trebizond. Mehmet II decided to finish off the Trebizond Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301051A;トレビゾンドの降伏は時間の問題だ;Trebizond shall submit;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301052;アダル王国の滅亡;The end of Adal;;;;;;;;;
 EVENTHIST301052;1526年から1576年にかけて、アダル王国はエチオピアに対する襲撃を繰り返してきたが、オスマン帝国からやってきた商人から購入した火器と、オスマン帝国で確立した火器を活用した戦術を導入することで、エチオピア征服はほぼ達成されつつあった。だが最終局面においてエチオピアはポルトガルの支援を得てアダルに決定的な勝利を収めた。オスマン帝国のイェメン総督はポルトガル打倒に燃えるアダルに、属国化を条件に支援を送った。だが結局、アダルは長引く戦争に疲弊し、敗北によって打ちのめされ、さらにこの機を捉えた遊牧民の侵入を受け、崩壊した。このときオスマン帝国は誰からも反対されること無くアダルがもっていた紅海に面する港をいくつか獲得した。;Between 1526 and 1576, the sultanate of Adal conducted a full fledged war of conquest against Ethiopia. With firearms bought from Ottoman merchants and using Ottoman tactics, Adal almost succeeded, but last minute help from Portugal allowed Ethiopia to ultimately defeat Adal. The Ottoman governor of Yemen lent help to Adal to try to overcome the Portuguese, under promise of vassalage. In the end Adal disintegrated consumed by the war effort, the defeat, and the invasion from nomads that seized the opportunity. The Ottomans then took control of several of the former ports of Adal in the Red Sea, without anybody opposing them.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301052A;紅海の港がわれらの前に開かれた;Free ports in the Red Sea;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301053;フランスとの新たな同盟;A new alliance with France;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301053A;オスマン艦隊を支援に差し向ける;Grant them the support of our fleet;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301053B;申し訳程度の船を送って中立を保つ;Offer a few galleys and stay neutral;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301054;帝国の拡大;The Empire is growing;;;;;;;;;
 EVENTHIST301054;われらが帝国は日増しに拡大を続け、もはやかつて征服された諸州もわれらがしっかりと掌握するところとなった。;With our Empire growing, some of our previous conquests are now firmly in our hands.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301062;バルカン半島支配の確立;Ottoman Rule solidified;;;;;;;;;
 EVENTHIST301062;犬畜生にも等しい裏切り者のスカンダルベグも死に、ボスポラス海峡からアドリア海に至るすべての土地がわれらの統治下に治まった。われらはようやくバルカン半島の支配を確立したのだ。;With the traitorous dog Iskander Bey dead and the lands between Adria and Bosporus firmly under our control we have a solid position to rule the Balkans.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301062A;いまやさらなる拡大を支える基盤ができた;Now we have a solid base to expand from;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301063;トランシルヴァニアの臣従;Erdil Submits;;;;;;;;;
 EVENTHIST301063;奸智に長けたトランシルヴァニア公(エルデル藩王)ファテル・ジョルジはいずれオスマン帝国がハンガリー(マジャーリスタン)を征服しつくすのを見越して、先にスルタンに臣従した。このハンガリー王位継承権保持者を抱えていなければ、ハンガリーはことごとくわれらのものだったのだが。;The scheming Frater Gyorgy of Erdil recognises the Sultan as his suzerain. In time we'll occupy all of Macristan but for now we'll be content with having the future King of Hungary as our vassal.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301063A;結構だ;Excellent;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301064;ハプスブルク大帝国の脅威;The Habsburgs' threat;;;;;;;;;
 EVENTHIST301064;スレイマンI世がオスマン帝国のスルタンになる少し前の1520年、彼は深刻な危機に直面した。ハプスブルク家がオーストリアとスペインを抱えて超大国と成りおおせたのである。この脅威に対抗するため、オスマン帝国はヴェネツィア及びフランスとの関係改善に尽力した。;After Suleyman I became Sultan of the Ottoman Empire in 1520, he was faced with a grave crisis. The rise of the Habsburgs in Austria and Spain had created a superpower. In order to fend off this developing threat, Ottoman diplomats strove to strengthen relations with Venice and France.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301065;モレアの叛乱;The Morean revolts;;;;;;;;;
 EVENTHIST301065;1463年から1479年にかけてのトルコ−ヴェネツィア間の戦争では、マニ半島の人々はヴェネツィア側に立ち、防衛拠点を築いてトルコ人から領土を守った。クラダスはヴェネツィア人から尊敬を受け、ヴェネツィア名誉市民権を得た。こうして動乱が続くうちに、モレア全域でオスマン帝国に対する叛乱が沸き起こった。パトラ、ミトラス、コリント、スパルタ、アルゴスは解放された。戦争の終結後、ヴェネツィアはマニ半島の人々に自衛権を与えた。ヴェネツィア側に立って戦ったギリシア人の多くがオスマン帝国によって迫害されたが、彼らの多くがマニ半島に避難した。コルコデイロス・クラダスはトルコとヴェネツィアの間で結ばれた講和を認めず、トルコの申し出を蹴るばかりか、叛乱を継続した。1480年10月9日、クラダスとその支持者たちは兵士を募ってモレアにあるオスマン側のすべての城塞を奪った。これにはオスマン政府も激昂し、スルタンは直々に軍を派したが、1481年2月、パッサヴァス−オイティロ付近で敗退してしまう。翌月、メフメト・ベイはさらなる大軍を率いてクラダスをポルト・カギオに追いやった。その後クラダスはマニ半島の独立を守るために9年間にわたって戦い続け、ときにエピルス北部まで転戦した。そして1490年、モネンヴァシア近郊の戦いで彼は戦死した。;From 1463 to 1479, the people of Mani defended their territories and sided with the Venetians during the Turco-Venetian War. Moreover, the Maniots prevented the Turks from building guard posts on their lands. Kladas was honored in Venice and acquired Venetian citizenship. During these tumultuous years, the entire Morea revolted against the Ottomans. The territories of Patra, Mystras, Corinth, Sparta, and Argos were liberated. After the end of the Turco-Venetian War, the Venetians left the Maniots to fend for themselves. Many of the Greeks who had revolted alongside the Venetians were massacred by the Ottomans, but many of them fled to find refuge in Mani. Korkodeilos Kladas never accepted the clauses of the agreement made between the Turks and the Venetians. He not only refused Turkish offers, but he also began to revolt against them. On the 9th October 1480, Kladas and his followers gathered an army and captured all the Turkish held castles in the Morea. The Ottoman government was enraged. An army sent by the Sultan was defeated between Passavas and Oitylo during February of 1481. Later that month a bigger force under Mohammed Bey drove Kladas to Porto Kagio. Kladas kept Mani as an autonomous region for 9 years and also went to Northern Epirus to fight. He was killed in battle near Monemvasia in 1490.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301065A;マニ半島に篭る連中を叩き潰せ;Destroy the mani;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301065B;出征費に値せぬ;Not worth the cost;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301066;ヤーノシュII世の挑戦;Janos II insults Suleyman;;;;;;;;;
 EVENTHIST301066;ハンガリー王ヤーノシュII世はスルタンの使節に返答を与えるのを拒んだため、オスマン帝国は問答無用で戦争に踏み切った。オスマン帝国はいくつかの要衝を奪い、ハンガリー王を跪かせるに十分な戦果をあげたと感じていたが、この件はそう簡単には解決しなかった。;When King Janos II of Hungary refused to answer the Sultan's ambassador, the Ottoman Empire had no option but to go to war. It was thought that the seizure of a few key forts would be enough to bring the Hungarians to heel. But things would not be that simple.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301067;ヤーノシュII世の臣従;Janos II submits to Suleyman;;;;;;;;;
 EVENTHIST301067;ハンガリー王ヤーノシュII世はスレイマンの申し出に同意し、これでハンガリーの脅威は除かれたと思われた。彼らの財産は多少でも損なわれるし、何よりもはや独立国ではないのだから。スレイマンはいまやこの問題から解放され、インド洋におけるポルトガルの脅威に対処できるようになった。一方で、ヤーノシュのこの現実的な行動は彼自身の破滅を招いた。;When King Janos II agreed to Suleyman's terms, it seemed that Hungary would be secure, if somewhat poorer and no longer quite independent. Suleyman was now free to deal with the growing threat of the Portuguese in the Indian Ocean. Janos II' act of statesmanship, however, was to prove his undoing.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301068;ハンガリーの分割;The partition of Hungary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301068;ハンガリーは続く170年間にわたって両大国の間で分割統治され続けた。;Hungary would remain divided between the two countries for the next 170 years.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301068A;西半分はオーストリアが取るか;The western part to Austria;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301101;スレイマン提督のアデン遠征;Expedition of Sulaiman Pasha;;;;;;;;;
 EVENTHIST301101;オスマン帝国のスエズ艦隊提督スレイマン・パシャは繁華なるアデンを帝国にもたらした。;Red Sea Admiral Sulaiman Pasha delivers the wealthy city of Aden to the Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301101A;見事な戦果だ;A Fine Prize;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301102;スィナン将軍のイェメン遠征;Expedition to the Yemen;;;;;;;;;
 EVENTHIST301102;1571-73年、コジャ・スィナン・パシャはオスマン帝国遠征隊を率いてイェメンに赴き、ザイド派の叛乱を鎮圧した。;From 1571-73, Sinan Pasha leads an Ottoman army into Yemen, where the rebellious Zayidis are finally conquered.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301102A;ついにザイド派も帝威に屈したか;We Have Subdued Them at Last;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301103;オスマン帝国のイェメン放棄;Yemeni Independence;;;;;;;;;
 EVENTHIST301103;イェメンに遠征したものの大して得るものがないと悟ったオスマン政府は属州府を退去させた。以後、イェメンはカーシム王朝が統治することとなる。;Recognizing the fruitlessness of their campaign in the Yemen, the Turks withdraw, leaving the Yemen to the rule of Qasimi line of Imams.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301103A;損失が拡大せぬうちに撤退せよ;Let's Cut Our Losses;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301104;イェニチェリ入隊枠の拡大;Muslims admitted to the Janissary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301104;イェニチェリ('新しい軍隊'の意)はオスマン帝国軍の精鋭であった。イェニチェリはキリスト教徒の子弟でもって軍隊を補充していたが、このキリスト教徒子弟は戦時捕虜やデウシルメ制と呼ばれるキリスト教徒臣民に課された税の一種としての少年徴発の制度によって集められた。イェニチェリの訓練は過酷であり、これが彼らの質を傑出したものとしていた。1449年の最初のイェニチェリによる蜂起から以後は、彼らは次第に権力と特権を獲得していくことになるのだが、今回は彼らの子供をムスリムながらイェニチェリに入隊させられる、という特権を得た。セリムとスレイマンの時代の一連の大戦の後、デウシルメ制によって供給される以上の兵士をイェニチェリに入隊させてその規模を大きくするために、ムスリムをイェニチェリに入隊させる(しかも大っぴらに)例が増大した。この変化は一見たいした害がないように見えるが、イェニチェリの特権的な地位が彼らの気に入る人物に与えられるようになり、権力構造の均衡を崩壊させてしまうこととなった。イェニチェリのゆるやかな頽廃はオスマン帝国の衰退の一局面に過ぎず、なお有能な君主は帝国の舵を取って世界史に重大な影響を及ぼす政策決定をなすことができた。;The janissaries (from Yani Ceri or new army) were the elite of the Ottoman army. They were recruited as children from the Christians, from raid prisoners and through the devshirmeh, a children tax levy imposed on the Christian subjects. Their training was very hard and their quality outstanding. After the first revolt of the janissaries in 1449 they started to acquire power and prestige and some muslims found the way for their sons to be admitted. After the great wars of Selim and Suleyman, muslims started to be admitted openly to increase the size of the Janissary beyond what the devshirmeh could provide. This apparently innocuous measure changed the peculiar status of the Janissary breaking the balance of power in their favor. The slow decadence of the Janissary was only one of the factors in the Ottoman decline, but a fine ruler could steer the Empire even if he takes the historical decisions.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301104A;イェニチェリの強大化は国に安泰をもたらすであろう;More janissaries are surely better for the country;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301104B;精鋭部隊というものは少数で指揮の行き届くものでなければならぬ;Better keep the elite corps small and under control;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301105;ティマール制の崩壊;Timar crisis;;;;;;;;;
 EVENTHIST301105;被征服地の所有権はスルタンに帰するが、こういった土地はティマール制に基づいて兵士たちに分貸された。[この貸与される一代限りの封土をティマールという。]土地を貸与された兵士たちはその土地とそこに住む農奴[から上がる公定の税金から上納金と自弁の武装費を抜いた額]を好きにしてかまわなかったが、この兵士が死ぬときにはその土地も農奴もスルタンに返さなければならなかった。土地を貸与された兵士は地代と諸々の税[異教徒に課された人頭税のほか、十分の一税、通行税など]を徴収する責務があり、また軍隊に兵士を供出しなければならなかった。ティマール制によって征服をすればするほど収益が上がり、それがまた新たな征服の動因になることが明らかになった。だが1550年までにティマール制は崩壊への道を辿り始める。キリスト教国から新たな征服地をほとんど得られなくなったのに、帝国の人口は1200万人から2200万人に増大したため一人当たりに分配される国富が減少し、失業者が増え、就業者の賃金も低下した。にもかかわらず巨大な軍事支出をまかなうために新税がいくつも導入された。ティマール制にあてられている土地では農奴の逃散したり、代わりに世襲のチフトリキ制(ティマール封土から作り出された私的大土地所有制[で、商品作物を生産した])が導入されたりして、その生産性が衰退した。トルコ版貴族制[とでも言うべきティマール制]封土受封者と彼らからなるスィパーヒー騎兵軍団の貧窮化による衰退は、軍の主力をイェニチェリへシフトする結果となった。;The lands gained through conquest belonged to the sultan, and they were assigned to soldiers according to the timar system. The timariots could enjoy the land and its peasants as serfs for life, but both lands and serfs reverted to the sultan at their death. The timariots were responsible for production and tax collection, and had to provide also soldiers for the sultan's army. This system proved to be a great source of income and an incentive for new conquests. But by 1550 the timar system entered a crisis. Lack of new conquests from the Christians and a population boom from 12 to 22 million, strained the resources increasing unemployment and dropping wages, while new taxes were imposed to support the huge military expenses. Timars became less productive, abandoned by the peasants, or converted into hereditary chiftliks (large private estates made out of Timar land). The loss of power by the impoverished Turkish nobility and their sipahi cavalry left the janissaries as the main force.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301105A;われらは永遠に征服し続けねばならぬのか!;We need constant conquests!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301106;イェニチェリの結婚の自由;Janissaries allowed to marry;;;;;;;;;
 EVENTHIST301106;ムスリムのイェニチェリ入隊を許可したことで思わぬ問題が新たに持ち上がった。彼らの一部が結婚し始めたのである。結婚禁止の制約はだんだん甘くなっていき、最後にはイェニチェリはセリムII世からすべてのイェニチェリの結婚の自由を認める勅許を引き出した。いまやイェニチェリは家庭を養う身として心身の健康に気を配るようになり、戦士の気性はすっかり失われた。さらにイェニチェリの俸給は彼ら一人を養うには十分であったが、その家庭を養うには不十分だったためにイェニチェリの俸給を著しく上げてやらなければならなくなった。この上、イェニチェリは自分たちの息子もイェニチェリへの入隊を許可されるべしと主張し、これも程なく認められた。かくしてかつての精鋭軍団は強力で危険な保守集団へと変容し、戦争で勝利を得ることがだんだん難しくなっていった。;The admittance of muslims into the Janissary brought an unexpected problem as part of them were married. The restrictions to marry became more lax and finally the janissaries were able to extract from Selim II a general permission to all janissaries to marry. The janissaries, now with families to take care of, lost a great deal of warrior ardour. Their cost also raised greatly, as their adequate salary became insufficient to support a family. More problems followed as the janissaries insisted in their sons being admitted, and soon obtained it. The transformation from a military elite into a powerful and dangerous conservative guild was taking place and was accompanied by an increasing difficulty in obtaining victories at war.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301106A;もはや精鋭軍団にはあらじ;No longer an elite corps;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301107;価格革命による危機;Price revolution crisis;;;;;;;;;
 EVENTHIST301107;1584年、対ペルシア戦争による捻出不能なほどの戦費とティマール制の崩壊による徴税額の減少に対処するために、帝国枢密院ディヴァーニ・ヒュマーユーンは貨幣の貴金属含有量を減らすよう命じた。これはたいへんな失策であった。トルコのアクチェ銀貨はヴェネツィアのドゥカート金貨1枚に対してこれまで60枚で交換されていたものがすぐに200枚も支払わねばならなくなった。銀の過剰供給とあいまって、物価は著しく高騰し、[相対的な]賃金定価のために民衆は困窮した。しかしこの問題の原因を理解できる者はこの時代には存在せず、劣悪貨幣の鋳造はなお続けられたため、70年間で500%のインフレーションとなってしまった。さらに収入の減少を補うためにその都度増税が行われた。困窮した農民は田畑を捨て、流民集団(レヴェンダト)に合流していった。人口は減少し、人心は荒廃してさまざまな背景の叛乱を引き起こした。損失は甚大で、この危機が起こってから治まるまでにおよそ1世紀を費やした。;In 1584, unable to meet the costs of the Persian wars and with a reduced tax base due to the timariot crisis, the Divan or High Council ordered a debasement of the coin. It was a huge mistake. The ratio of the akche to the ducat went soon from 60 to 200. Together with the overabundance of precious metals, the prices increased sharply, and the low wages ruined the people. Nobody understood the problem and the coinage debasements continued. In 70 years inflation rose 500 percent. Tax pressure increased to compensate for the loss of income. The ruined peasants abandoned the fields forming vagrant bands (levendat). Population decreased and instability rose, triggering multiple revolts. The damage was very profound since the crisis lasted almost a century.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301107A;忌々しい!;Rats!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301108;1589年のイェニチェリの叛乱;The Janissary rebellion of 1589;;;;;;;;;
 EVENTHIST301108;経済的危機の影響は軍隊にも及び、イェニチェリはペルシアとの戦争が終わったあともなお不法に土地を荒らして回った。1589年、イェニチェリは自分たちの俸給が劣悪貨幣で支払われるために、本来受けられるべき支払いを[国に]盗まれている、と主張して叛乱を起こした。3年後、今度はスィパーヒー騎兵が自分たちへの俸給が満額支払われていないとして叛乱を起こした。1596年には3万人のスィパーヒー騎兵が対オーストリア戦争におけるメゾーケレステシュ(ハチオヴァ)の戦いをサボタージュした。イェニチェリはなおいかなる改革にも抵抗してやろうと意気込んでいる。;The military was also affected by the economical crisis, and after the war with Persia the Janissary started to seize lands illegally. In 1589 the janissaries rebelled on claims that they were being robbed from their pay, because salary was given in debased coinage. Three years later the sipahi also mutinied because they were not given their full pay. In 1596;30;000 sipahi refused to fight at Mezo-Keresztes in Hungary. Yet the janissaries forcefully resisted any attempt of reformation.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301108A;戦功に値する支払いがなされないのなら軍隊が戦わないのも道理だ;The army refuses to fight unless paid in full in advance;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301109;農業の壊滅と飢饉;Agricultural crisis and famine;;;;;;;;;
 EVENTHIST301109;価格革命による経済的危機はまもなく人々の生活状況を悪化させ、農民は抑圧された。オスマン帝国の徴税制度は農業に依存していたため、地方の労働者はその圧力に耐えられなくなりつつあり、片やで汚職が蔓延した。キリスト教徒農民の状況は劣悪で、バルカン半島は荒廃した。辺境の農場は放棄され、農業は全般的に衰退しはじめた。とりわけ商品作物農業の被害は著しかった。広範囲にわたって飢饉となり、人口は減少した。アナトリア北西部や西部海岸地帯では土地を捨てた農民が流民集団(レヴェンダト)を形成し、これに軍事経験のある者が合流した。この流民集団がジェラーリー諸反乱の母体となってゆく。オスマン政府はヨーロッパで最高の収入を得ていたのに、いまやその滅亡までずっと金欠に喘ぐこととなった。;The price revolution crisis soon led to deteriorating living conditions and peasant oppression. As the Ottoman taxation system was based on agriculture the preassure on country laborers became unbearable and was increased by widespread corruption. The conditions for Christian peasants were worse, and the Balkans impoverished. Marginal farmlands were abandoned to stocks, and a general decline of agriculture took place, especially commercial agriculture, causing widespread famine and population decline. In Anatolia and Smyrna wandering bands of landless peasants with military experience (levendat) became the ferment for the Celali revolts. The Ottoman Government went from having the highest income in Europe to being permanently strapped for cash.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301109A;忌々しい!;Rats!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301110;オスマンII世、弑逆される;The sultan dies at the hands of the Janissaries;;;;;;;;;
 EVENTHIST301110;オスマンII世は属国であるモルダヴィア及びワラキアへ遠征したが、1621年、ウクライナのホティンの戦いでイェニチェリが戦闘から逃げ、ポーランド軍に破れた。こうした強い叛意に直面した彼は、メッカへの巡礼に赴くと宣言したが、これにはイェニチェリを粉砕するための新たな軍団をエジプトやシリアで徴募する、という隠された意図があった。しかし彼はイェニチェリを騙しおおせることが出来ず、イェニチェリは蜂起し、彼を絞殺した。かくしてオスマンはイェニチェリの手で殺された最初のスルタンとなった。そう、このような蛮行はこれで終わりではなかった。すべてあわせるとイェニチェリによって4人のスルタンが殺され、4人以上のスルタンが退位を強いられた。イェニチェリはこの国にとって誰よりも危険な存在となっていた。オスマンがイェニチェリに抵抗する機会を掴んでいたなら、歴史はどう変わったであろうか?;Osman II started a campaign against his vassals of Moldavia and Wallachia, but was defeated by the Poles at Khotyn, Ukraine in 1621, when the janissaries broke and fled the battle. Realizing what was the problem he started to reform the Janissary. When he met strong opposition, he announced his pilgrimage to Mecca, with the secret intention of recruiting a new army in Egypt and Syria to break the Janissary. But he did not fool the janissaries and they revolted and strangled him. Osman was the first sultan to die at the hands of his janissaries, but would not be the last. In total four sultans were killed and four more lost their thrones due to the Janissary. The janissaries became more dangerous to their own country than to any other. Did Osman have a chance against the Janissary?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301110A;イェニチェリにはかなわない;They are too powerful;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301110B;オスマンは逃亡に成功;Osman has escaped;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301111;交易に従事するイェニチェリ;Janissaries engage in trade;;;;;;;;;
 EVENTHIST301111;経済的危機のさなかにあってイェニチェリに支払われるべき俸給は低くなり、彼らは家族を養うべく別の生計の道を見出した。彼らには他者の生産手段を奪えるだけの力があるのである。こうして彼らは地主になり、まもなく商売にも手を広げるようになった。それぞれのオルタ(軍団)の構成員は同じ商品を扱うようになり、これが次第に独占的傾向を帯びるようになった。1634年までにイェニチェリはイスタンブルの多くのギルドを支配下に置いていた。屠殺業、青果商、コーヒー煎り業などのギルドである。彼らは輸入商品にかけられる関税を免れていたため、国際取引の大部分も彼らの手に落ちた。経済的な力まで身につけたイェニチェリにすべての階級がひきつけられ、まもなくその入隊に関しても賄賂が横行するようになった。;With families to support, in the midst of an economical crisis, and with problems to get their payment, the janissaries looked for additional sources of income, and they had the power to take them from others. In addition to land ownership, soon they also took to trade. The members of each orta (regiment) engaged in the same trade and soon started monopolistic practices. By 1634 the janissaries controlled many guilds in Istanbul, like the butchers, fruit and vegetables and coffee-roasting. Once they were able to secure the duty-free importing of goods, a big part of the international trade also fell in their hands. With economic power they attracted all classes and soon corruption took over the enlistment process.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301111A;商人の軍隊か;An army of traders;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301112;改革を妨害するイェニチェリ;Janissaries oppose reforms;;;;;;;;;
 EVENTHIST301112;イェニチェリにその構成員の子弟の入隊が認められるようになると、以前のように軍団の質の高さを保障した厳格で無慈悲な訓練はほとんど行われなくなった。まずもって父親たちは自分たちの息子が、かつてアジェミー・オウラン(士官候補生)が要求されたイェニチェリ養成学校での残忍といっていい訓練が課されるのを望んでいなかった。ヴェネツィアとの戦争の間、兵士の訓練を改良し、訓練期間を伸ばそうと試みたスルタン・イブラヒムをイェニチェリは退位させて殺害した。士官候補生たるアジェミー・オウランもまたこの改革に反抗して1657年と1659年の2回、蜂起している。時まさに西洋の軍隊ではオランダのナッサウ伯マウリッツやスウェーデンのグスタフ・アドルフ王が先駆となってさまざまな試みを導入していたのに、オスマン帝国の軍隊は旧弊に捕らわれたままで、イタリア戦争以来ヨーロッパで進行していた軍事革命が顧みられることは無かった。;With the admittance of the sons of Janissaries, the former rigorous and harsh training that had guaranteed the quality of the corps had entered decadence, as the fathers did not want to impose on their sons the almost brutal training that the Janissary academy, the Acemi Oglan, required in the past. During the war against Venice, and while the janissaries deposed and killed sultan Ibrahim, attempts were made to improve the training and increase its duration, but the cadets at the Acemi Oglan rebelled twice, in 1657 and 1659, to oppose such changes. As a result, while the western armies were introducing the reforms pioneered by Maurice of Nassau, of the Netherlands and Gustav Adolf of Sweden, the Ottoman army remained in the past, ignoring the military revolutions introduced since the Italian wars.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301112A;われらは遅れをとりつつある;We are falling back;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301113;デウシルメ制の廃止;End of the devshirmeh;;;;;;;;;
 EVENTHIST301113;イェニチェリはその頽廃著しいにもかかわらず、デルヴィーシュ(イスラム神秘主義の修道者)のベクタシュ教団やウレマー(イスラム知識人)と深いつながりがあり、古き善き伝統の保護者としての評判が高く、民衆はイェニチェリを過去のムスリムの勝利の栄光と結び付けて考えていた。こうした評判を背景にイェニチェリは自らが廃される1826年まであらゆる改革の試みに抵抗し続けた。1683-1698年の悲惨な対オーストリア・ポーランド戦争の間、イェニチェリ入隊の規則は弛緩し、イェニチェリの規模は2倍になった。キリスト教徒子弟徴発のためのデウシルメ制は段階的に行われなくなった。以来、イェニチェリの子弟ないし家族構成員、あるいは入隊許可を買い取った者のみがこの特権階級に入ることを許されるようになる。事実上イェニチェリは世襲制となり、イェニチェリはなおも増え続けた。;Despite their obvious decadence, the Janissary, allied to the Bektashi order of dervishes (Muslim monks) and the Ulema (learned), as defenders of the old tradition, conserved and increased their reputation, associated by people with the former glory of the past Muslim victories, and resisted any reformation attempt until their end in 1826. During the disastrous war against Austria and Poland of 1683-1698 the rules of admission were suspended, and the janissaries doubled their size. The devshirmeh or Christian boys levy was gradually abandoned. From then on, only sons of the janissaries, family members, or those who bought admission could enter this social elite. For all practical purposes the Janissary had become hereditary, and their numbers continued to increase.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301113A;昔からのやり方は間違いがない、という言葉は真理だ;The old ways are tried and true;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301114;ハイパーインフレーション とナショナリズム;Hyperinflation and nationalism;;;;;;;;;
 EVENTHIST301114;1780年、クリミアをめぐるロシアとの戦争の後、金融危機に陥ったオスマン政府は貨幣改悪に踏み切った。これがもとでインフレと叛乱が起こり、さらに戦争のたびにまた貨幣改悪ということを続けていくうちに、1850年までに1200〜1500%のハイパーインフレーションとなり、かつて通用していたアクチェ貨はその120倍の価値があったクルシュ貨に取って代わられた。このハイパーインフレーションによってオスマン帝国のすべての問題が悪化した。最終的にはオスマン政府の外貨保有の払底による金融危機によって英国ポンドまで影響を受け、1881年、債務管理のために一時的に諸外国による財政指導を受けることになった。時おりしもアナトリアやバルカン半島の叛乱、ギリシアとセルビアの独立運動、度重なるロシア、イラン、エジプトとの戦争という未曾有の難局の時代にあって、この長期にわたる経済的危機はオスマン帝国をヨーロッパ最低の地位に引き下げた。衰亡が明らかになる中、19世紀には改革への強力な試みがなされたが、帝国を救うにはあまりにも遅すぎた。;In 1780, under financial constrains after the Russian war over Crimea, the Ottoman government started to resort to currency debasement. The resulting inflation and the rebellions that it caused, together with more wars prompted more debasements until 1850 creating a massive hyperinflation of 1;200 to 1;500 percent leading to the replacement of the Akche by the Kurus, at a rate of 120 to one, and exacerbating every problem in the Ottoman Empire. Eventually even the British Pound was affected by this crisis that led to lack of foreign credit by the Ottoman government and temporary foreign financial control of the debt administration in 1881. This long economical crisis marks the lowest point of the Ottoman Empire, and coincides with a period of extreme difficulty characterized by Anatolian and Balkan uprisings, Greek and Serbian independentism and wars against Russia, Iran and Egypt. Given the evident decline, strong attempts at reformation were made in the XIX century, but they came too late for the Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301114A;忌々しい!;Rats!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301115;イェニチェリ入隊制限への反感;Muslim uproar for the closure of the Janissary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301115;ムスリムのイェニチェリ入隊を禁ずる政策は不人気で、暴力的な反応を生んだ。宗教人も社会もおおかたはこの政策を非難した。支配階級の宗教的寛容と近代的な見方は無知蒙昧な大衆の受け入れるところではなかったのだ。もしわれわれがこの改革の理念を貫こうとするならば、われわれは激しい抵抗に直面することになるだろう。;The decision to close the Janissary to muslims has proven to be wildly impopular. Both religious class and the society at large are contesting it. The religious tolerance and modern views of the ruling class are not understood by the uneducated masses. If we persist in our reformation ideas we will face stern resistance.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301115A;この決定は再検討した方がよさそうだ;We have reconsidered our previous decision;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301115B;勅命が覆ることはありえぬ;The sultan decisions shall not be resisted;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301116;イェニチェリの解体;The destruction of the Janissary;;;;;;;;;
 EVENTHIST301116;1589年のイェニチェリの叛乱によって、スルタンはイェニチェリがもはや無用の長物に成り下がったと思い至った。こやつらは為すべきことを為さぬばかりか、自らの特権を増やすよう定期的に叛乱し、改革には反対するなど、もはや国家にとってたいへん危険な存在になりつつあるのだ。スルタン・アフメトは先代のスルタンがイェニチェリへの入隊をデウシルメ制以外には認めない、という決定を下してくれたことをいまや感謝していた。おかげでイェニチェリはコントロール不能なほど拡大できてはいない。彼の父、メフメトIII世は10年間にわたってイェニチェリ解体のための計画を練り、イェニチェリに対抗するに十分な親衛隊を集めていた。しかしいざとなって彼は計画実行する勇気が挫けてしまった。アフメトもまた知ってはいるのだ。イェニチェリがウレマー(イスラム知識人)デルヴィーシュ(イスラム神秘主義の修行者)のベクタシュ教団の支持を受けていること、また民衆の多くが彼らをキリスト教徒に対する過去の栄光を象徴するイスラムの戦士とみなしていること、軍の大部分がイェニチェリ側に立って戦うであろうことを…;The Janissary rebellion of 1589 made the sultans aware that the Janissary had become an obsolete corps. Not only they were not performing as well as they used to, but they had also become very dangerous to their own country, periodically rebelling to increase their privileges and opposing any reform. Sultan Ahmed now was thankful that his predecessors had chosen to keep the Janissary closed to all but the devshirme, as they had not been allowed to grow out of control. For ten years Mehmed III, his father, had planned their destruction, gathering enough loyal forces to confront them. However at the last moment he lacked the courage to carry on. Ahmed is aware that the Janissary has the support of the Ulema (learned), the Bektashi order of dervishe (monks), ample parts of the population that sees them as Islam fighters responsible for the glorious past against the Christians, and more importantly, a big part of the military that will fight at their side...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301116A;いや、命を懸ける価値はない;I would be risking my own life;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301116B;いかなる犠牲を払ってでも成し遂げなければならない;It must be done at whatever cost;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301500;対マムルーク朝政策;Bayezid & the Mamluks;;;;;;;;;
 EVENTHIST301500;バヤズィトII世の即位以来、彼はマムルーク朝スルタン・カイトベイとの良好な関係の構築に腐心してきたが、[ハンガリー及び黒海方面の争いに決着がついた]1484年になるとオスマン帝国は拡大の目を東方へ向けることとなり、こうなるとエルビスタン(現マラシュ地方)に拠るマムルーク朝の属国、ズルカディル侯国が目障りになってきた。;Since his acension, Bayezid had maintained positive relations with Mamluk sultan, Qa'itbay. However, in 1484, under pressue to renew the empire's expansive drive eastward, he considered harassing the Dulkadir principality, a vassal state of the Mamluks in Elbistan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301500A;マムルーク朝の属国、ズルカディル侯国へ派兵せよ;Send an expeditionary force to Elbistan;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301500B;外交関係こそ至上のものと心得よ!;Foreign relations are more important!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301501;対マムルーク朝政策;Bayezid & the Mamluks;;;;;;;;;
 EVENTHIST301501;バヤズィトII世の即位以来、彼はマムルーク朝スルタン・カイトベイとの良好な関係の構築に腐心してきたが、[ハンガリー及び黒海方面の争いに決着がついた]1484年になるとオスマン帝国は拡大の目を東方へ向けることとなり、こうなるとエルビスタン(現マラシュ地方)に拠るマムルーク朝の属国、ズルカディル侯国が目障りになってきた。;Since his acension, Bayezid had maintained positive relations with Mamluk sultan, Qa'itbay. However, in 1484, under pressue to renew the empire's expansive drive eastward, he considered harassing the Dulkadir principality, a vassal state of the Mamluks in Elbistan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301501A;マムルーク朝の属国、ズルカディル侯国へ派兵せよ;Send an expeditionary force to Elbistan;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301501B;外交関係こそ至上のものと心得よ!;Foreign relations are more important!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301502;カイトベイとの講和;Bayezid's Peace with Qa'itbay;;;;;;;;;
 EVENTHIST301502;マムルーク朝のスルタン・カイトベイはオスマン帝国に対して大規模な遠征を敢行し、シリア及びアナトリア南部はマムルーク朝の勢力範囲であることをバヤズィトの使者に認めさせてようやく和平が成った。;As the result of Qa'itbay's large expeditions against the Ottomans, Bayezid's emissaries eventually concluded a peace with the Mamluk sultan that recognized him as the paramount suzerain of Syria and Southeastern Anatolia.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301502A;いまはマムルーク朝の優位を認めるしかない;We admit to their superiority for now;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301503;対マムルーク朝政策;Selim's Thoughts on the Mamluk Sultanate;;;;;;;;;
 EVENTHIST301503;バヤズィトII世の治世の間、オスマン帝国とマムルーク朝の関係は友誼に満ちたものであった。アナトリア南東部を巡って両国の緊張が高まったときも、初めこそ諍いが生じたが、バヤズィトII世は最終的に両国の共存を望んだ。こうした関係をひっくり返したのがバヤズィトII世の末子、セリムである。父とは異なり帝国の拡大を望む彼が即位し、ズルカディルを目障りに思うや、両国は対決への道を辿ることになる。;During the reign of Bayezid II, relations between the Ottomans and Mamluks were quite cordial. Although initially there was some quarreling over southeastern Anatolia, Bayezid II largely preferred co-existance. All of this was to change when his youngest son, Selim rose to the throne. Unlike his father, Selim was an expansionist. His policies put the two states on a collision course when he began harassing Dulkadir.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301503A;惰弱なりやマムルーク朝!;They are weak!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301504;カラマン侯国の衰退;The Weakened Karamani State;;;;;;;;;
 EVENTHIST301504;1428年、アナトリア中部に派遣されたスルタン・ムラトII世の軍隊はカラマン侯国を打ち破った。1444年、カラマンの君主、イブラヒムはついに臣従を強制する屈辱的な条約に調印した。この条約によってカラマン侯国は主君たるオスマン帝国に対して平和状態の維持と主君の権益を侵さないことを約させられた。;The armies of Ottoman Sultan Murad were sent to Anatolia where they defeated Karaman in 1428. In 1444 a treaty was finally signed forcing the Karamani Emir Ibrahim to accept a humiliating treaty which reduced the Karamanis to be Ottoman vassals. This form of new treaty was clearly that of a vassal unilaterally making a promise to his lord to maintain peace and to abstain from actions which would damage interests to his sovereign.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301504A;われらが彼らを指導することにしよう!;We shall rule them!;;;;;;;;;
 #;
 #;

#hr

以下は、2006年8月3日当時の AGCEEP にはあったイベント群です。今日では消えてしまったか、他の国のイベントに移ったかしたのでしょう。EVENTHIST の長文のもあるので、万一使う場合のために整形して置いておきます。

#hr

 #;
 ACTIONNAME3358A;了承する;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME3373A;あい分かった;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME3395A;あい分かった;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME3396A;あい分かった;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST19001;1442年の春、スルタン・ムラトII世はワラキア公ヴラド・ドラクルをおびき寄せ、罠と気づかぬ彼はその次男のヴラド・ドラクラ(ドラゴンの子の意)、末子ラドゥ・チェルフルモス(美男の意)を引き連れてドナウ川を渡ったのだが、彼は捕まり鎖につながれてスルタンの前に引き出された。そこで彼はムラトII世への臣従を誓わされ、ドラクラとラドゥは人質として留め置かれた。この二人の子供は捕囚の経験に対してそれぞれ別の感慨を抱いた。ラドゥは親トルコの傾向を強め、ドラクラの考えとは著しい対比を示した。;In the spring of 1442, Sultan Murad II beguiled Dracul into a meeting, and insensitive to the snare, Dracul crossed the Danube with his 2nd son, Vlad Dracula (son of the Dragon), and his youngest son Radu cel Frumas (the handsome) in tow. Dracul was captured, bound in chains, and brought before the Sultan. Vlad Dracul was forced to swear fealty to Murad II, and both Dracula and Radu were kept as hostages, although each child had remarkably different reactions to their captivity. Radu developed marked pro-Turkish attitudes, while Dracula's thoughts were more difficult to fathom.;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME19023A;われらの勢力範囲を守らねばならぬ;We will defend our interests;;;;;;;;;
 ACTIONNAME19023B;異教徒のフェルディナントがハンガリーを取るならそれはそれでかまわぬ;Let that infidel Ferdinand have Hungary so we can expand elsewhere;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME23002;メフメトI世没後の帝位争い;<nothing>;;;;;;;;;
 EVENTHIST23002;1421年にスルタン・メフメトI世が亡くなると、彼の息子ムラトII世が帝位を継いだのだが、同じくメフメトI世の息子であるムスタファがビザンツ帝国の下、レムノス島に幽閉されていた。ビザンツ皇帝マヌエルII世はその息子ヨアンネスVIII世に説得され、オスマン帝国に内戦を引き起こすべくこの帝位継承権をもつムスタファを解放した。さらにヴェネツィア人がこれをオスマン海軍を攻撃する良い機会と見て取り、混乱に拍車をかけた。;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME23004;ビザンツ帝国の臣従;Treaty of 1424;;;;;;;;;
 EVENTHIST23004;ムラトII世は速やかにムスタファの叛乱を鎮圧すると、コンスタンティノープルに制裁的攻撃を仕掛けたが、これはまったく失敗した。遡って1414年、ビザンツ帝国のマヌエルII世はモレアを守るためにヘクサミリウム(6マイル)の防壁を築いていたのだが、1423年にトルコ軍はこの防壁を越えてモレアに侵攻した。また、トラキアの繁華な都市テッサロニキはなおビザンツ帝国の下にあったのだが、同知事はトルコ軍の攻撃を受けると異教徒の手中に陥るくらいならと、ヴェネツィア人の支配を受け入れるという苦渋の選択をした。1424年までコンスタンティノープルは一切の救援を得ることが出来ず、ついにオスマン帝国への臣従を受け入れて和睦した。ヴェネツィアは1430年までテッサロニキを保持した。;Murad rapidly put down Mustafa's revolt, and angrily attacked Byzantium. Manuel released another pretender, also named Mustafa, who was the brother of Murad, but this one fared no better. In 1423 the Turks invaded Morea, smashing through the Hexamilium (6 mile wall) that Manuel II had built across the Isthmus of Corinth for protection in 1414. They also pressed Thessalonica, still a Byzantine city, so hard that the governor turned it over to the Venetians and wished them better luck. By 1424, with no help forthcoming, the Byzantines sadly accepted vassalage to the Turks. Venice held onto Thessalonica until 1430.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST23017;先の行為によってコンスタンティノスXI世はスルタンから貢納を得るに至ったが、彼はこのちんけな収入では飽き足らぬとばかりに、オスマン国家のもう一人の王子オルハンを捕らえて身代金を分捕ろうと目論んだ。まさにこのときムラトII世が崩御し、その息子メフメトII世は弱冠19歳にして王位に登った。1451年、金の亡者でありあつかましさの権化であるコンスタンティノスは貢納の増額を申し渡した。;Despite his prior behavior, Constantine XI actually held another royal Ottoman prince, Orhan, in exchange for modest payments from the Sultan drawn from Orhan's estates. Murad II had just died and his 19 year old son, Mehmed II, risen to the throne. In 1451, desperate for more money, the ever-bold Constantine requested an increase in the payments.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME25005;コサック遊牧民の救援要請;The Ukrainians seek our protection;;;;;;;;;
 ACTIONNAME25005A;コサック遊牧民らの主君たろうぞ;Become overlord of the Cossacks;;;;;;;;;
 ACTIONNAME25005B;コサック遊牧民らの面倒に巻き込まれてはならぬ;Do not get involved with the troublesome Cossacks;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME40116A;素晴らしい!;Excellent!;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME50022B;チュニスに対する請求をとりあえず留保する;We shall hold our claim for later;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50022C;チュニスに対する請求をとりあえず留保する;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME50023;バルバロッサ兄弟;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME50024A;スペイン人どもを叩き潰せ!;<nothing>;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50024B;次の北アフリカ防衛はわれらに任せてもらおう;<nothing>;;;;;;;;;
 ACTIONNAME50024C;スペイン人どもは手に負えぬ;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME301016B;叛徒どもを叩き潰せ;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST301017;1390年、オスマン帝国はアイドゥン侯国を征服した。このアイドゥン侯国はティムールのおかげで復興を果たすが、すぐにまたオスマン帝国の庇護下に置かれることとなる。1426年、ある侯国によるオスマン帝国の王位僭称者の支援をきっかけに好適な海岸に恵まれたアイドゥン侯国はふたたび征服され、みたび独立することはなかった。;<nothing>;;;;;;;;;
 EVENTHIST301019;ジェノヴァとミラノがスペイン・ハプスブルク家の手に帰し、フィレンツェ、ヴェネツィア、教皇領ではハプスブルク家の軍事力に抵抗するにはあまりに弱小であった。こうした状況にあって、「至高のキリスト教王」フランソワI世はカールV世の目がフランスにばかり向かないようにさせるためにはもはやほかの手はないと、「トルコ人」スルタン・スレイマンI世に救援を求めた。スレイマンI世はなおも隆盛を続ける強国の支配者であり、オスマン帝国は神聖ローマ帝国にとってもスペインにとっても脅威であった。この取り決めは商業的契約の偽装を施されて明記されていたが、その実、神聖ローマ帝国に東西の国境から同時攻撃すること、敵艦隊の注意を引くためにバルバロス・ハイレッディン率いるオスマン帝国ガレー艦隊を用いてイタリア及びスペインの沿岸の村々を襲撃することを計画していた。この同盟条約は1525年から交渉が進められ、1535年2月には仮合意に達し、1536年2月、フランス大使ラフォレと大宰相イブラヒムの間で正式に調印された。この条約ではオスマン帝国内での商業特権をヴェネツィアに代わってフランスに認めている。この商業特権がいわゆるカピチュレーションと呼ばれるもので、オスマン帝国領域内におけるフランス臣民の治外法権を認め、またフランス王がパレスティナのキリスト教聖地の保護者であることを承認している。この条約は長期的に見れば、オスマン帝国の経済的発展を阻害し、列強諸外国との関係にも影響を及ぼした。キリスト教徒にとって、「至高のキリスト教王」とキリスト世界にとっての最悪の敵との神を恐れぬ同盟は背信行為であり、この同盟は秘密にされていた。;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME301038A;母はつねに最良の選択をする;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME301039A;由々しいことだ;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME301042A;地中海全域がいまやわれらの手中に;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301099;アルハサーの保護国化;Protectorate in Al-Haasa;;;;;;;;;
 EVENTHIST301099;キリスト教徒の侵略を恐れて、アラビア半島の諸国がオスマン帝国に軍事的支援を求めてきた。;Fearing Christian incursions, the states of the Arabian peninsula turn to the Ottoman Turks for military aid.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301099A;アルハサーを保護国とせよ;Establish the Protectorate;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME301505;カラマン侯国の衰退;<nothing>;;;;;;;;;
 EVENTHIST301505;1428年、アナトリア中部に派遣されたスルタン・ムラトII世の軍隊はカラマン侯国を打ち破った。1444年、カラマンの君主、イブラヒムはついに臣従を強制する屈辱的な条約に調印した。この条約でによってカラマン侯国は主君たるオスマン帝国に対して平和状態の維持と主君の権益を侵さないことを約させられた。;<nothing>;;;;;;;;;
 ACTIONNAME301505A;さて、これでカラマン侯国に引導を渡すことが出来たのか?;<nothing>;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST332005;トレムセンからザイヤーン朝が撤退し、トレムセンはオスマン帝国の保護下に置かれた。オスマン帝国のスルタンはアルジェ総督にサリーフ・レイスを任命したが、彼がトレムセンをも統治することとなった。これは実質的にはトレムセンの消滅に他ならず、この国は次第にアルジェリアの一地方と化していった。;With the disappearance of the Zayyanid dynasty in Tlemcen, and with the country under Ottoman control, the sultan decided that the Pasha of Al-Djazair, then Salah Rais, should rule also over Tlemcen. This effectively put an end to the existence of this country that became part of what would eventually be Algeria.;;;;;;;;;
 #;
 #;

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS