[[AGCEEP翻訳支援ページ]]

 EVENTNAME3597;ブルゴーニュ女公マリーの結婚;The Marriage of Mary of Burgundy;;;;;;;;;
 EVENTHIST3597;マリー・ド・ヴァロワはシャルル突進公の一人娘で、ソーヌ川から低地諸国にいたる豊かなブルゴーニュ公領すべての継承権者であった。彼女の父が1477年1月5日にナンシー包囲中に戦死した後、マリーはわずか19歳であった。フランス王ルイXI世は、ブルゴーニュ公位やフランシュ=コンテ・ピカルディ・アルトワを巡るライバルに敗北と死をもたらしたこの機会を、うまく利用した。彼はブルゴーニュに対する軍事的干渉を、これらの領地が常にフランス王の封土であったという事実と、フランス系ヴァロワ家の最後の一人であったシャルルが死亡した時点で、サリカ法典に基づき「事実上」フランスに返還された、という論理で正当化した。しかし、どの公がマリー女公と結婚すべきかという選択は、将来における西欧の政治的・経済的均衡にとって、特に重要な問題となった。そのためルイXI世は、息子の王太子シャルルを婿にするようマリーを脅迫した。というのも、そうすれば彼の子孫が低地諸国を相続することも確実になるからで、そのために必要とあれば武力さえちらつかせた。しかしマリーはルイを信用せず、フランスの支援や結婚の申し込みをすべて拒否した。だが彼女は、低地諸国の正統な支配者として承認してもらうため、またフランスの攻勢に対してフランドル諸都市から財政的・軍事的支援を取り付けるために、大きな譲歩を行った。そのため、ブルゴーニュ公領は事実上、各州による連邦の一種に縮小した。ルイXI世はブルゴーニュ公領が十分に弱体化し、混乱したことに満足して、軍にアルトワとエノーに進攻するよう命じた。だが、この差し迫った危険に対して、ブルゴーニュ公領の諸州は女公に対する忠誠心を回復したらしく、マリーとハブスブルク家のオーストリア大公マクシミリアン(神聖ローマ皇帝フリードリヒIII世の息子)の縁談を手配した。このハプスブルク帝国との同盟は、若き女公の相続権をフランスの手から守ることを狙ったものだった。しかし、これはハプスブルク家による低地諸国の直接統治という結果をもたらすはずであった。マリーとマクシミリアンは1477年8月18日、ヘントであわてて祝言を挙げた。;Mary of Valois was the only daughter of Charles le Temeraire (Charles the Bold) and so heiress of all the rich Burgundian domains from the Saone River up to the Low Countries. After her father fell upon the field at the siege of Nancy, on 5 January 1477, Mary was only nineteen and Louis XI of France seized the opportunity provided with his rival's defeat and death to take possession of the duchy of Burgundy and also of Franche Comte Picardie and Artois. He justified his military intervention with the fact that these lands had always been fiefs to the French crown and that with Charles' death, the last member of the French Valois dynasty they had 'de facto', according to the salic law, reverted to France. But the choice of which prince should marry the duchess would be of particular importance for the future political and economical stability of Western Europe, so he urged Mary to accept his son, the Dauphin Charles, as husband, in order to secure the inheritance of the Low Countries for his descendants too, even by force of arms if necessary. Mary, however, distrusted Louis and declined any French support and offer of marriage but, in order to be recognized as legitimate ruler over the Low Countries and to get financial and military help of Flemish cities against the French aggression, she made so great concessions as to reduce the Burgundian states effectively to a sort of federation of provinces. Satisfied that the country was sufficiently weakened and disorganized, Louis XI ordered his army into Artois and Hainault, but the imminence of danger seemed to revive in the Burgundian provinces a spirit of loyalty towards the Valois heiress and arrangements were made for the marriage of Mary with Maximilian of Habsburg, Archduke of Austria and son of the Holy Roman Emperor Frederick III. The alliance with the Empire was intended to save the inheritance of the young princess from the French hands. However it would result in thereafter making Low Countries direct dominions of the House of Habsburg. The marriage between Mary and Maximilian was hastily celebrated at Ghent on 18 August 1477.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3597A;オーストリア大公と結婚する;Marry the Archduke of Austria;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3597B;フランス王太子と結婚する (GAMEOVER);Marry the Dauphin of France (End Game);;;;;;;;;
 ACTIONNAME3597C;他の公と結婚する;Marry another Prince instead;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3776;ブラバントの継承;The Succession in Brabant;;;;;;;;;
 EVENTHIST3776;ブラバント公領は、ブルゴーニュ家の傍流がその公位を得てから1430年に至るまで、数十年に渡りブルゴーニュの影響下にあったが、1430年8月1日、公式にブルゴーニュのフィリップ善良公の支配下に置かれるようになった。これによりブルゴーニュのネーデルラント支配はさらに強化され、フィリップによるネーデルラントの統一活動をさらに続けさせることとなった。;The Duchy of Brabant had been under Burgundian influence for a while already in the decades leading up to 1430 with side branches of the Burgundian dynasty occupying the title of Duke but on the 1st of August, 1430 it formally passed to the control of Philip the Good of Burgundy further strengthening the Burgundian hold on the Netherlands and continuing Philip's moves towards unification of the Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3776A;彼らを併合する;Incorporate them;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3777;ブラバントの継承;The Succession in Brabant;;;;;;;;;
 EVENTHIST3777;ブラバント公領は、ブルゴーニュ家の傍流がその公位を得てから1430年に至るまで、数十年に渡りブルゴーニュの影響下にあったが、1430年8月1日、公式にブルゴーニュのフィリップ善良公の支配下に置かれるようになった。これによりブルゴーニュのネーデルラント支配はさらに強化され、フィリップによるネーデルラントの統一活動をさらに続けさせることとなった。;The Duchy of Brabant had been under Burgundian influence for a while already in the decades leading up to 1430 with side branches of the Burgundian dynasty occupying the title of Duke but on the 1st of August, 1430 it formally passed to the control of Philip the Good of Burgundy further strengthening the Burgundian hold on the Netherlands and continuing Philip's moves towards unification of the Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3777A;彼らを属国とする;Vassalize them;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3778;ブラバントの継承;The Succession in Brabant;;;;;;;;;
 EVENTHIST3778;ブラバント公領は、ブルゴーニュ家の傍流がその公位を得てから1430年に至るまで、数十年に渡りブルゴーニュの影響下にあったが、1430年8月1日、公式にブルゴーニュのフィリップ善良公の支配下に置かれるようになった。これによりブルゴーニュのネーデルラント支配はさらに強化され、フィリップによるネーデルラントの統一活動をさらに続けさせることとなった。;The Duchy of Brabant had been under Burgundian influence for a while already in the decades leading up to 1430 with side branches of the Burgundian dynasty occupying the title of Duke but on the 1st of August, 1430 it formally passed to the control of Philip the Good of Burgundy further strengthening the Burgundian hold on the Netherlands and continuing Philip's moves towards unification of the Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3778A;この反抗を後悔させる;Let them regret this defiance;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME3893;グロスター公とエノー女伯;The Duke of Gloucester and the Countess of Hainaut;;;;;;;;;
 EVENTHIST3893;エノー・ホラント女伯ジャクリーヌ(ヤコバ)は、疑わしい理由によって我々の従兄弟ブラバント公と離縁し、国王の伯父にあたるイングランドのグロスター公と結婚した。この突然の駆け落ちは、彼女の所領に対する我々の深い影響力を危うくし、イングランドの影響力に取って代わられる恐れを生じさせた。侮辱に侮辱を重ねるようなことに、彼女とその新しい「夫」(多くの者がこの結婚が重婚であると信じているからには、この語を用いることが適当かは疑わしいが)は、国に対する完全な支配権を得るため、エノーに軍を上陸させた!;Jacqueline, the Countess of Hainaut and Holland, has, by dubious means, divorced our cousin the Duke of Brabant and has married the English Duke of Gloucester, the King's uncle. This sudden elopement endangers our deep influence in her domains and threatens to replace it with English influence instead. To add insult to injury, she and her new 'husband' (although to use the term is dubious, as many believe the union is bigamous) have landed an army in Hainaut in order to take complete control of the County!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3893A;なんと汚らわしい!;How dare they!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME88004;バイエルン公女ジャクリーヌ(ヤコバ)の運命;The fate of Jacqueline of Bavaria;;;;;;;;;
 EVENTHIST88004;1428年、バイエルン公ヤンVI世(ヨーハンIII世)が亡くなった。ヤコバは今や完全なホラント女伯となり、伯父から解放された。不幸なことに、彼女はブルゴーニュ公フィリップIII世によってヘントに囚われていた。フィリップは、従兄弟のブラバント公ジャンIV世を彼女が侮辱したことについて復讐したかったのだ。彼女は逃亡したが、苦闘の末に降参した。デルフトの和約によって、ヤコバは名目だけの女伯とされ、フィリップは彼女の管財人兼相続人となった。;In 1428 Jan VI died. Jacqueline was now fully the Countess of Holland and free of her uncle. Unfortunately she was also a captive of Philip III of Burgundy in Ghent. Philip wished to avenge the indignity she caused his cousin John IV of Brabant. She escaped but submitted after a struggle. The treaty of Delft recognized her as nominal countess and Philip as her administrator and heir.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88004A;ヤコバに服従を強いる;Force her into subservience;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88004B;身代金と引き換えに解放する;Ransom her for money;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME88006A;カベルヤウエン(鱈派)を支援しよう;Let's support the Kabeljauws;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME88007A;これはホラントとの公然の戦争だ!;It's open war with Holland!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME88009;ホラントの継承;The Succession of Holland;;;;;;;;;
 EVENTHIST88009;ヴィッテルスバハ=バイエルン家のホラント女伯ジャクリーヌ(オランダではヤコバとして知られている)は、嫡子を遺さずに1436年に結核で亡くなった。彼女の最近縁者はブルゴーニュ公フィリップIII世であった。フィリップはヤコバの死後ホラントを相続し、自らのブルゴーニュ公領に編入した。;Jacqueline of Wittelsbach-Bavaria, countess of Holland, also known as Jacoba to the Dutch, died in 1436 of teburculosis, leaving no heirs. Her closest blood relative was Philip III of Burgundy. Philip inherited Holland after Jacqueline's death, and annexed it into the duchy of Burgundy proper.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88009A;ホラントは我々のものだ!;Holland is ours!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME88010;ジャクリーヌ(ヤコバ)がホラント女伯に;Jacqueline is Countess of Holland;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88010A;親ブルゴーニュ派を支援する;Support the pro-Burgundian party there;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88010A;この国には干渉しない;Don't intervene in the county;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME20044;称号、そして…;Titles, and the such...;;;;;;;;;
 EVENTHIST20044;ブルゴーニュ家にとって、フランスとイングランドの王位を統合することほど、矛盾する願望はありませんでした。というのも、もしそんなことが起きたら、ブルゴーニュ公はちっぽけな一侯爵に落とされてしまうはずだったからです。しかし、イングランド・フランス両王国がひとつの王冠の元に統一し、国家の問題を解決すべき時が来てしまいました。ブルゴーニュ、ピカルディ、アルトワ各領はイングランド=フランス王家の正統な領地であるので、我が公爵は彼らの支配に服従します。我々には今、2つの選択肢があります。低い侯爵位に甘んじるべきでしょうか、それとも君主への忠誠を拒否して公爵位を保つべきでしょうか?;Nothing could be more repugnant to the interests of the house of Burgundy than to unite the crowns of France and England on the same head, an event which, had it taken place, would have reduced the duke to the rank of a petty prince. The Kingdoms of England and France are united under one crown, and the time has come to sort out matters of the state. The lands of Bourgogne, Picarde, and Artois are rightful lands of the Anglo-French crown, and as such our Duke is subject to their rule. We now have a choice: shall we accept the rank of prince, or shall we defy our leige lords and keep our duke?;;;;;;;;;
 ACTIONNAME20044A;イングランドと封建法への服従を拒否する;Defy the English, and Feudal Law;;;;;;;;;
 ACTIONNAME20044B;イングランドの権威に服従し、封臣となる;Submit to English Authority, and Become a Vassal of England;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST20047;1477年、突進公ことブルゴーニュ公シャルルがナンシーの城壁下で戦死した時、彼の遺産は娘のマリーが相続した。ブルゴーニュ公領は西欧では中世最大の国のひとつであり、低地諸国(現在のベルギー・オランダ)のほとんどとルクセンブルク、フランシュ=コンテを支配していた。婚姻によって、マリーは父の領地をオーストリアに渡すことになった。だが、もしシャルル突進公がナンシーで生き延びていたらどうなったか、我々にそれを知る術はない。ただ、想像するのみである…;When Charles the Bold, Duke of Burgundy, died under the walls of Nancy in 1477, his inheritance passed to his daughter Mary. The Duchy of Burgundy was one of the largest medieval states in Western Europe, covering most of the Low Countries (today's Belgium and Holland), Luxembourg and Franche-Comte. By marriage Mary would pass the lands of her father to Austria, but what would have happened if Charles the Bold would have survived at Nancy the world will never know. We can only speculate...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME20300;アルザスでの騒乱;Unrest in Alsace;;;;;;;;;
 EVENTHIST20300;アルザス人は大胆にも我々の統治を覆しました!;The Alsatians dared to overthrow our local governor!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME20300A;そうか…;Well...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST22008;1515年、ゲオルクはフリースラントを統制できないことに失望し、当地をハプスブルク家のカールV世(ネーデルラントを統一しようとしていた)に売却した。;In 1515, Georg had become so dissapointed with being unable to control Friesland that he sold it to Karl V Habsburg, who was trying to unite the Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME22008A;購入しよう!;Buy it!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME22008B;提案を断る;Reject the offer;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME22024;カールV世によるフリースラント併合;The annexation of Friesland by Karl V;;;;;;;;;
 EVENTHIST22024;ようやく、フリースラントは併合されました。;Finally, Friesland can be annexed.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME22024A;なんと素晴らしい!;Splendid!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28004;フィリップ善良公と皇帝フリードリヒIII世の交渉;Philip the Good parleys with Emperor Frederick III;;;;;;;;;
 ACTIONNAME28004A;ロタールの王位を要求する;Request the crown of Lotharingia;;;;;;;;;
 ACTIONNAME28004B;ロタールの王位を要求しない;Do not request the crown of Lotharingia;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28006;ロタール王フィリップ万歳!!;Long Live King Philip!!;;;;;;;;;
 EVENTHIST28006;フィリップ善良公がロタール王として即位した。;Philip the Good has been crowned king of Lotharingia.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME28006A;国王万歳!;God save the king!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28009;ブールジュの反乱;Unrest in Bruges;;;;;;;;;
 EVENTHIST28009;低地諸国の都市は、自分達を中央の統制下に置こうとするブルゴーニュ公を好きになれなかった。そして1436年にはブールジュの人々が反乱を起こした。;The cities of the low countries did not take kindly to the efforts of the Dukes of Burgundy to bring them under central control and in 1436 the people of Bruges rose in revolt.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME28009A;反乱を鎮圧する;Suppress the revolt;;;;;;;;;
 ACTIONNAME28009B;低地諸国の都市により多くの自治を認める;Allow the cities of the low countries more autonomy;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28010;ヘントの反乱;Unrest in Ghent;;;;;;;;;
 EVENTHIST28010;低地諸国の都市は、自分達を中央の統制下に置こうとするブルゴーニュ公を好きになれなかった。そして1451年にはヘントの人々が反乱を起こし、この鎮圧には2年を要した。;The cities of the low countries did not take kindly to the efforts of the Dukes of Burgundy to bring them under central control and in 1451 the people of Ghent rose in a revolt that took two years to crush.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28011;ヘントの反乱の敗北;The defeat of Ghent;;;;;;;;;
 EVENTHIST28011;2年後、ヘントの自治共同体はガーヴルで敗北し、フィリップ善良公はフランドルにおける自身の権威を高めることができた。;After two years the commune of Ghent was defeated at Gavre, enabling Philip the Good to strengthen his authority in Flanders.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME28012;リエージュの反乱;Unrest in Liege;;;;;;;;;
 EVENTHIST28012;低地諸国の都市は、自分達を中央の統制下に置こうとするブルゴーニュ公を好きになれなかった。そして1465年にはリエージュの人々が反乱を起こした。;The cities of the low countries did not take kindly to the efforts of the Dukes of Burgundy to bring them under central control and in 1465 the people of Liege rose in revolt.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME88003;ヤンVI世(ヨーハンIII世)とヴァウドリッヘム条約;Jan VI and the Treaty of Woudrichem;;;;;;;;;
 ACTIONNAME88003A;エノーは我々のものだ!;Hainaut is ours!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137000;ブルゴーニュの首都;The Burgundian Capital;;;;;;;;;
 EVENTHIST137000;ブルゴーニュ公国は元来フランスの国家だった。しかしフランドル、エノー、ナミュールの獲得をもって、公国の中核は北方のオランダに移った。時が経ち、ブルゴーニュの君主はオランダ文化を吸収した。そして フィリップ善良公がブリュッセルを手に入れた時、彼は宮廷をブリュッセルへ移動させることを決意した。;The Duchy of Burgundy was originally a French state, but with the acquisitions of Flanders, Hainault, and Namur the core of the duchy shifted North to the Netherlands. In time Burgundian monarchs absorbed Dutch culture, and when Brussels fell into the hands of Philip the Good he decided to move his royal court;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137000A;ブリュッセルに移動し、低地諸国全域を従えることに集中する;Move to Brussels and focus expansion throughout the Lowlands;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137000B;ディジョンにとどまり、フランス征服に集中する;Remain in Dijon and focus on subjugating France;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137001;サントメール条約;The Treaty of St.Omer;;;;;;;;;
 EVENTHIST137001;ティロル公ジギスムントは、アルザスとブライスガウにまたがるフォーランデ(アルプス北部のハプスブルク領)を統治していたが、極めて実効性に乏しかった。地元貴族のほとんどはいわゆる泥棒貴族稼業をしており、実質的に徴税されておらず、また南方のスイスの隣人達はことあるごとに掠奪部隊を送り込んできて、彼らの領地を拡大しようとしていた。1468年に起きたヘルヴェティア(スイス)とのそうした国境紛争のひとつでは、ジギスムントは10000グルデンの支払いを約束する羽目になった。彼は常に財政問題を抱えていたので、信用貸ししてくれる相手をすぐに探した。皇帝とフランス王に断られた後、どうやら貸してくれそうなのはブルゴーニュのシャルル突進公だけであった。1469年3月21日、両公はアラスで会談し、さらに広範囲な合意について交渉した。ジギスムントはブルゴーニュのことを、ヘルヴェティアに対して潜在的な役に立つ同盟相手と見なしており、またティロルと自分の結びつきを緊密にするため、フォーランデを担保に50000グルデンの借金を申し込んだのだ。ティロル公がこの州を買い戻すためには、この借金だけでなく、ブルゴーニュがこの地に秩序を打ち立てるために費やすであろう全費用も返済しなければならず、これは事実上、逼迫した財政事情においては不可能なことに見えた。したがって、5月に結んだサントメール条約において、ジギスムントは喉から手が出るほど必要であった資金を手に入れ、かつヘルヴェティアの敵に対してブルゴーニュの支援を得るために、フォーランデをブルゴーニュに売り渡すこととなった。シャルルが戦いで早世するまで、フォーランデはティロルに戻ってこなかった。;Sigismund of Tyrol ruled the Vorlande, the Habsburg possessions north of the Alps, in Alsace and Breisgau, very ineffectively. Most of the local nobility operated as robber barons, there was virtually no tax collection and the Swiss neighbours in the south occasionally sent pillaging troops in and tried to expand into these territories. One such border war with Helvetia in 1468 was concluded by Sigismund promising to pay 10000 Guldens. Since he was always in financial trouble, he soon searched for someone to grant him a credit. After the Emperor's and the French King's refusal, the only likely creditor was Charles the Bold, Duke of Burgundy. When on March 21st 1469 the two princes met in Arras, they negotiated an even more far-reaching agreement: Sigismund saw Burgundy as a potentially useful ally against the Helvetian threat, and in order to tie him closely to Tyrol, he offered him to mortgage the Vorlande for an amount of 50000 Guldens. To rebuy the provinces, Tyrol would have had to pay back not only this sum, but also all expenses Burgundy would make for the establishment of an administration, which seemed practically impossible for the struggling Count. Hence by the treaty of St. Omer signed in May Sigismund sold the Vorlande to Burgundy in exchange for the money he badly needed and Burgundian support against his Helvetian enemies. Only due to Charles' premature death in battle the vorlande were returned to Tyrol.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137001A;ハプスブルク領フォーランデを購入する;Buy the Habsburg Vorlande;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137001B;ティロル公ジギスムントへの支援を拒否する;Refuse to help Sigismund;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137002;1471年の布告;The Ordonnance of 1471;;;;;;;;;
 EVENTHIST137002;フィリップ善良公の治世の間に、封建的税制によって賄われていた軍隊の質は低下してしまっていた。重装歩兵は貧弱な武装と未熟な技術しか持たず、主君の側で戦うはずの武装した従者達はほとんどおらず、また、貴族達の中には召集の呼びかけに応える能力または意志がないものもいた。低地諸国のよく訓練された市民兵を当てにすることはできなかった。というのも、都市の政府はしばしばブルゴーニュ公と対立したからだ。1471年、ようやく軍の改革を行うという布告が出された。新しい軍の中核を成すのは、当時雇えた中で最高の傭兵部隊となるだろう。すなわちイングランド長弓兵、ドイツ槍兵、イタリア弩弓兵、そして全キリスト教国から集めた重装歩兵である。;During the reign of Philip the Good the quality of the armies provided by the feudal levy had declined, the men-at-arms were ill-equiped and poorly skilled, the armed valets that in other armies fought alongside their masters were all but absent and not all nobles were able or willing to heed the call to muster. Nor could the disciplined city militias of the low countries be relied upon as the city governments were often in oposition to the Dukes of Burgundy. In 1471 a decision was finally made to reform the army. At the core of the new army would be the best mercenaries available: English longbowmen, German pikemen, Italian crossbowmen and men-at-arms from throughout Christendom.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137002A;傭兵を起用して軍を強化する;Stengthen the army with mercenaries;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137002B;封建制に基づく軍隊を改革する;Reform the feudal troops;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137002C;軍隊を衰えるままにしておこう;Let the decay continue;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137003;シャルルがスペイン王位に即位;Charles ascends the Spanish throne;;;;;;;;;
 EVENTHIST137003;1516年にアラゴン王フェルナンドII世が逝去したとき、既に1506年に彼の父フィリップ美男公からブルゴーニュ公領を相続していたシャルルは、カスティーリャとアラゴンの王位をも受け継ぐことになった。1517年9月18日、彼はスペイン王としての戴冠のために船出した。彼の統治の最初の数年は、オランダ文化の影響がその帝国に強く残っていたが、その統一された領土はやがてスペインとして知られるようになる。;When Fernando of Aragon died in 1516, Charles who had already inherited Burgundy from his father Philipp the Fair in 1506, was heir to the thrones of Castile and Aragon. He set sail for his coronation as King of Spain on September 18th, 1517. Although in the first years of his reign the Dutch influence in his empire remained strong, his united possessions became known as Spain.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137003A;スペインを帝国の中心とする (GAMEOVER);Make Spain the center of our empire (End Game);;;;;;;;;
 ACTIONNAME137003B;ブリュッセルから帝国を統治する;Rule the empire from Brussels;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137004;ブルゴーニュがスペインを併合;Spain unified with Burgundy;;;;;;;;;
 EVENTHIST137004;日の沈まない世界帝国の首都をブリュッセルに置くというシャルルの決断を、スペイン議会は寛大にも受け入れた。;The Cortes of Spain have humbly accepted Charles' decision to rule his globe-spanning empire from Brussels.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137004A;シャルルが世界の主となる;Charles is master of the world;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137005;シャルルがスペイン王に即位;Charles ascends the Spanish throne;;;;;;;;;
 EVENTHIST137005;1516年にアラゴン王フェルナンドII世が逝去したとき、既に1506年に彼の父フィリップ美男公からブルゴーニュ公領を相続していたシャルルは、カスティーリャとアラゴンの王位をも受け継ぐことになった。1517年9月18日、彼はスペイン王としての戴冠のために船出した。彼の統治の最初の数年は、オランダ文化の影響がその帝国に強く残っていたが、その統一された領土はやがてスペインとして知られるようになる。;When Fernando of Aragon died in 1516, Charles who had already inherited Burgundy from his father Philipp the Fair in 1506, was heir to the thrones of Castile and Aragon. He set sail for his coronation as King of Spain on September 18th, 1517. Although in the first years of his reign the Dutch influence in his empire remained strong, his united possessions became known as Spain.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137005A;スペインを帝国の中心とする (GAMEOVER);Make Spain the center of our empire (End Game);;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137006;エグモント伯カレルがヘルダーラントに侵攻;Karel of Egmont invades Geldre;;;;;;;;;
 EVENTHIST137006;ヘルダー公領の相続権を取り上げられた息子の抵抗活動にも関わらず、アドルフ(シャルル突進公の義理の息子で、ハプスブルク大公マクシミリアンの相続人)とその姉妹カタリーナは、なんとか1483年にヘルダーをアドルフ夫妻の元に保つことに成功した。しかし、アドルフの息子カレルは自らの公位継承権要求を取り下げようとせず、今度はマクシミリアンの宿敵であるフランス王に支援を求めた。シャルルVIII世から軍勢を借りたカレルは、1492年から1493年の間に相続領地を再征服することに成功し、1538年に死ぬまで、ハプスブルク家を悩ませ続けた。(訳注:英文一行目が間違っているので訳文で訂正);Despite resistance from Adolf, the dethroned heir to the Duchy of Geldre, and his sister Catherine, Charles the Bold's son in law and successor Maximilian of Habsburg managed to definitely secure Geldre for himself and his wife in 1483. However, Adolf's son Karel did not surrender his claims and turned to Maximilian's archenemy, the King of France, for aid. With an army funded by Charles VIII, Karel succeeded in reconquering his hereditary lands in 1492 and 1493 and was a constant annoyance for the Habsburgs until his death in 1538.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137006A;まったく面白くない;Not amusing at all;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137007;ミュンスターの和約;The peace treaty of Muenster;;;;;;;;;
 EVENTHIST137007;1648年、ブルゴーニュとネーデルラントはミュンスター条約を結び、八十年戦争を終結した。この条約でブルゴーニュは、諸州連合共和国のことを自由で独立した国家として承認し、ここ10年ほど続いていた白紙和平を承認した。このことは、ブルゴーニュが北ネーデルラントにおける支配権喪失を受け入れたことを意味した。;In 1648 the peace of Muenster was signed between Burgundy and the Netherlands ending the 80 Years War. In the treaty Burgundy acknowledged the republic of United Provinces as a free and independent state and affirmed the status quo that had been in existence for the past decade. This meant that Burgundy accepted the loss of ownership over the northern Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137007A;我々はオランダ共和国を承認する;We acknowledge the Dutch Republic;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137008;ロレーヌの継承;The succession in Lorraine;;;;;;;;;
 EVENTHIST137008;前ロレーヌ公でルネ・ダンジューの義父シャルルが亡くなった。彼が、ブルゴーニュに抵抗する義理の息子を支援した一方で、ブルゴーニュ家は彼のライバルであるヴォーデモン伯アントンを公位に就けることに成功した。アントンは柔弱で、ブルゴーニュ家に依存した。;Charles, the former Duke of Lorraine and the father-in-law of Rene d'Anjou, is dead. While the former Duke supported his son-in-law against Burgundy, the Burgundians managed to install his rival, Antoine de Vaudemont, instead. Antoine was weak and depended on the Burgundians.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137008A;素晴らしい!;Excellent!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137009;ブラバント公ジャンへの支援;Support for Jan of Brabant;;;;;;;;;
 EVENTHIST137009;ウィレムは最後のホラント伯、エノー伯、ゼーラント伯であり、娘ヤコバは彼の領土の正当な女子継承者だったが、バイエルンの伯父ヨーハンと夫のブラバント公ジャンIV世によって相続財産を奪われた。怒った彼女は結婚の無効を宣言し、イングランドに逃れ、その地で王弟グロスター公ハンフリーと恋に落ちた。彼女は対立教皇から特免を得た後、結婚と共同摂政とを宣言した。10月26日、この夫婦はイングランド軍と共に海峡を渡ってカレーに上陸し、エノーに攻め入った。彼女達は州の大部分を制圧し、ブラバントを脅かした。従兄弟のブルゴーニュ公の支援を受けて(と彼女の夫が彼女を愛人のままにしておいたことから)、ブラバント公ジャンIV世はどうにか彼女を撃退した。そして、フィリップの優れた軍隊は1425年にヤコバを捕らえた。;Jacqueline, daughter of Wilhelm, the last Count of Holland, Hainault and Zeeland, and rightful heiress to his possessions, was deprived of her inheritance by her uncle Jan of Bavaria and her husband Jan IV of Brabant. In an angry reaction, she declared her marriage invalid, fled to England and there fell in love with Humphrey of Gloucester, brother of the King, whom, after obtaining a dispens from the antipope, she married and declared her coregent. With an English army, the couple on October 26th crossed the channel, landed in Calais and invaded Hainault. They managed to take control of most of the county and even threatened Brabant. Only with the support of his Burgundian cousin - and because her husband left her to be with his mistress - Jan IV of Brabant managed to beat her back, and the superior troops of Philipp captured Jacqueline in 1425.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137009A;破廉恥な女伯に対抗してブラバントを支援する;Support Brabant against the infamous countess;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137010;バイエルン公ヨーハンへの支援;Support for Jan of Bavaria;;;;;;;;;
 EVENTHIST137010;ウィレムは最後のホラント伯、エノー伯、ゼーラント伯であり、娘ヤコバは彼の領土の正当な女子継承者だったが、バイエルンの伯父ヨーハンとブラバントの 夫ジャンIV世によって相続財産を奪われた。怒った彼女は結婚の無効を宣言し、イングランドに逃れ、その地で王弟グロスター公ハンフリーと恋に落ちた。彼女は対立教皇から特免を得た後、結婚と共同摂政とを宣言した。10月26日、この夫婦はイングランド軍と共に海峡を渡ってカレーに上陸し、エノーに攻め入った。彼女らは州の大半を制圧した。子供がおらず、ブルゴーニュ公を後継者にする意志があるように思われるバイエルン公ヨーハンの持つ、オランダ=ヴィッテルスバハ家の領地を獲得することは我々の利益になります。我々は彼に援助を申し出、彼はこれを喜んで受け入れました。;Jacqueline, daughter of Wilhelm, the last Count of Holland, Hainault and Zeeland, and rightful heiress to his possessions, was deprived of her inheritance by her uncle Jan of Bavaria and her husband Jan IV of Brabant. In an angry reaction, she declared her marriage invalid, fled to England and there fell in love with Humphrey of Gloucester, brother of the King, whom, after obtaining a dispens from the antipope, she married and declared her coregent. With an English army, the couple on October 26th crossed the channel, landed in Calais and invaded Hainault. They managed to take control of most of the county. Since it is in our interest to secure the Dutch Wittelsbach inheritance for the childless Jan of Bavaria, who seems willing to declare the Duke of Burgundy his heir, we have offered him support, and he gladly accepts.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137010A;破廉恥な女伯に対抗してバイエルン公ヨーハンを支援する;Support Jan of Bavaria against the infamous countess;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137011;バイエルン公ヨーハンの遺言;The testament of Jan of Bavaria;;;;;;;;;
 EVENTHIST137011;ルクセンブルクの抵当権を持ち、ホラント伯位とゼーラント伯位の請求権を持つバイエルン公ヨーハンは、子供をもたなかった。そのため1424年、過去にブルゴーニュ公と対立していたにもかかわらず、オランダ=ヴィッテルスバハ家領の相続に対して持つ彼の請求権を、ブルゴーニュ公に相続することに同意した。ブルゴーニュは既に、1425年1月にヨーハンが(恐らく毒殺されて)死んだ時に、この遺言から利益を得ていた。そして、フィリップ善良公はヨーハンからホラントを継承し、従兄弟のブラバント公ジャンIV世(名目上ホラントの正当な所有者だった)により「摂政」として認められた。;Despite having opposed Burgundy before, the childless Jan of Bavaria, pawnee of Luxemburg and claimant to Holland and Zeeland, in 1424 agreed to declare the Duke of Burgundy heir to his claim on the succession to the Dutch Wittelsbach possessions. Burgundy profited from this testament already in January 1425 when Jan died, probably poisoned, and Philipp the Good inherited Holland from Jan, and was accepted as 'regent' by his cousin Jan IV of Brabant, who in theory was still rightful owner of Holland.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137011A;大変素晴らしい;Magnifique;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137012;もうひとつのアラスの和約;Another Treaty at Arras;;;;;;;;;
 EVENTHIST137012;1482年12月23日、フランス王ルイXII世とブルゴーニュ領低地諸国の地元政府(数ヶ月前にブルゴーニュ女公マリーが亡くなっていたため)は、アラスで講和条約に調印した。この条約により、フランスの領有権主張から低地諸国を守るために、ブルゴーニュとピカルディの領地(シャルル突進公の死亡直後、1477年以来フランス軍が占領していた)が、フランス王国の一部となった。翌年、マクシミリアンはしぶしぶ条約を承認した(彼はフランスによるブルゴーニュ買収を法的に承認しなければならなかったのだ)。この条約にはまた、マクシミリアンの娘マルガレーテをフランス王太子シャルルと結婚させることも規定されていた。アルトワとフランシュ=コンテを嫁資として手に入れた一方で、マクシミリアンの息子で将来のブルゴーニュ公となるフィリップは、フランドル伯としてフランスに臣従を誓うこととなった。;On 23 december 1482 a peace treaty was stipulated in Arras between Louis XII of France and the local governments of Burgundian Low Countries since Mary, Duchess of Burgundy had died a few months before. By that treaty, arranged in order to keep the Low Countries safe from French claims, the feuds of Bourgogne and Picardie, which were occupied by French troops since 1477, as soon as Charles le Temeraire died, became part of the French crown. The following year, the treaty was reluctantly accepted by Maximilian, who had to recognize legally the French acquisition of Burgundy. That treaty also stated that Maximilian's daughter Margarete was to marry the Dauphin Charles, bringing Artois and Franche-Comte as dowry while Maximilian's son Philippe, future Duke of Burgundy, was to do homage for Flanders to France.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137012A;先祖代々の領地を諦めよう;Let's give up our ancestral lands;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137012B;むしろ先祖代々の領地を守る;Let's defend them instead;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137013;最後の十字軍;The Crusade that Never Was;;;;;;;;;
 EVENTHIST137013;1459年、教皇ピウスII世は、トルコ人に対する十字軍を組織するためマントヴァ会議を召集したが、参加したのはわずかな国々だった。したがって、1461年までこの十字軍は何ら進展が無く、彼はメフメトII世に改宗を要求した。それも失敗に終わると、彼は病気を押して自ら十字軍を率いることを決めた。しかし、フランスは教皇と対立し、ブルゴーニュは支援を遅らせ、ミラノはジェノヴァを獲得しようとしていて、フィレンツェは皮肉にもトルコ人とヴェネツィアを戦わせて疲弊させるよう進言する始末であった。それでもヴェネツィアとハンガリーは1463年に支持を表明した。教皇の呼びかけに応じて、ヨーロッパ中から何千人もの貧しい人々が集まり、教皇は1464年の夏に彼らを率いてアンコナに到着したが、そこで病態がひどく悪化した。その間、フィリップ善良公は2人の庶子が率いる艦隊を派遣し、彼らは途中、ポルトガル領セウタをベルベル人の攻囲から救出した。艦隊がマルセイユに到着した時、教皇は既に亡くなっており、以後十字軍は二度と起こらなかった。;In 1459 Pope Pius II called the Congress of Mantua to organise a crusade against the Turk, but few delegates showed up. By 1461 the crusade had made no progress so he asked Mehmed II to convert. Since that didn't work either, he decided to lead the crusade himself despite being ill. France was at odds with the pope, Burgundy delayed his help, Milan was trying to seize Genoa, and Florence cynically advised the pope to let the Turks and the Venetians wear each other out. But the Venetians and the Hungarians signed their support in 1463. Thousands of destitute men from all of Europe came to the pope's call and he led them to Ancona in the summer of 1464, where he became very ill. Meanwhile Philip The Good dispatched a fleet commanded by his two bastard sons, that in the way lifted the siege of Portuguese Ceuta by berbers. When the fleet arrived to Marseille the pope had already died and the crusade never happened.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137013A;不信心者どもを殺せ;Let's slay some infidels;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137013B;この十字軍は無謀だ;This Crusade is hopeless;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137014;アルトワとフランシュ=コンテをフランスから解放;Artois and Franche Comte released from France;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137015;トレビゾンドが支援を求めてくる;Trebizond seeks our help;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137015A;彼らにしてやることはない;We don't care about them;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137015B;軍隊を派遣して支援する;Help them by providing troops;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137015C;資金を提供して支援する;Help them by providing gold;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137015D;支援に全力を尽くす;Do our best to help them;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137016;シャルルの居城と旗印;Charles' residence and insignia;;;;;;;;;
 EVENTHIST137016;今や、スペインの議会も我々のスペイン・イタリアに対する権利を認めたことにより、これらの異なる地域を全て統一することになりましたが、このことはある問題を提起しました。その問題というのは、どの旗印の下で統治すべきかということと、最も重要なのは王国を統治する王の居城をどの地にすべきか、ということです。イベリア半島の心臓部は、我が領域の最も遠い端からの急報を時間内に受け取るには好適な場所のように思われます。しかし、ブルゴーニュや低地諸国の豊かな公国都市も我々の要求を満たすことができますし、近隣諸国をより上手に制御することができるでしょう…;Now that also The Cortes of Spain have recognized our right to rule over Spain and Italy, the unification of all those different territories raises the question about the insignia under which we should rule and most of all about where the Royal residence of the new realm should be. The heart of the Iberian peninsula seems to be a good point where to receive in time despatches from the farthest corners of our realms, but also our rich ducal cities in Bourgogne or in the Low Countries could meet our needs and would also permit a better control over the neighbouring countries...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137016A;スペインの旗印の下、スペインに居住する;Reside in Spain under Spanish insignia;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137016B;ブルゴーニュの旗印の下、ブルゴーニュに居住する;Reside in Burgundy under Burgundian insignia;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137017;ブルゴーニュがアルザス領有権を主張;Burgundy Claim Alsace;;;;;;;;;
 EVENTHIST137017;ブルゴーニュはつねづね公爵の帽子と国王の王冠を取り替えようと企んでいたが、いつも失敗してしまっていた。しかし、ブルゴーニュのシャルル突進公は、自身のフランス領とオランダ領を接続することと、南東のアルプス山中に領土を拡大することに目を向けた。スイス誓約者同盟は、オーストラリアやフランスのようにはパワーゲームをプレイできないように思われる。これは我々の利点とできるだろう。;Burgundy had always attempted to swap her Ducal hat for a Kings Crown but was always unsuccessful. However Charles the Bold of Burgundy had his eyes on linking his French possessions with his Dutch holdings and expanding his possessions southeastward into the Alps. It seems that the Swiss Confederation are not playing the same game as Austria or France. This could be to our advantage.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137017A;アルザスを要求する;Claim Alsace;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137018;ブルゴーニュ女大公マリーからの継承;The succession of Archduchess Mary;;;;;;;;;
 EVENTHIST137018;1482年3月27日、ブルゴーニュ女公マリーはブールジュ近郊での鷹狩の最中に偶然落馬し、その傷がもとで死去した。彼女の4歳の息子フィリップが継承権者として承認されたが、一方で諸州により、父マクシミリアンが総督として、またフィリップが成人するまでの後見人として承認された。フランドルだけがマクシミリアンの統治を拒否した。常に行動が機敏なフランドルの市民達は、幼フィリップの個人的所領を占領し、彼の名の下の政府を運営した。市民と貴族の委員会は数年の間、マクシミリアンの摂政政府に対抗して、低地諸国に対する支配権を維持した。;On 27 March 1482 the Duchess Marie incidentally fell from her horse while at hunting with a falcon in the surroundings of Bruges and died from injuries sustained. Her son, Philip, four years of age, was recognized as successor while Maximilian was recognized by the provinces as governor and Philip's ward, during the minority of his son. Flanders alone refused Maximilian's rule. The burghers, ever prompt in action, took personal possession of the child Philip, and carried on the government in his name and a commission of citizens and nobles thus maintained their authority against the son of the Holy Roman Emperor. A commission of citizens and nobles thus maintained their authority over Low Countries for several years against Maximilian's regency.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137018A;ハプスブルク家は当地に君臨しないだろう;The House of Habsburg won't reign over here;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137019;ブールジュでの交渉;Negotiations at Bruges;;;;;;;;;
 EVENTHIST137019;1488年、今やローマ王になっていたオーストリア大公にしてブルゴーニュの摂政マクシミリアンは、騎兵の小部隊を伴って反乱都市ブールジュを占領しようと企てたが、失敗して囚われ、数人の廷臣と共に市場の家屋に監禁された。彼は解放されるため、フランドルの民衆と条約を結んだ。この条約により、彼はフランドルを除く低地諸国の摂政として承認され、フランドルは枢密院の保護のもと息子フィリップが統治することとなった。さらに、全般的な幸福をはかるためとして、全州の議会を毎年召集することになった。宣誓と引き換えに人質は解放されてマクシミリアンは自由になったが、一方その頃、彼の父である神聖ローマ皇帝フリードリヒIII世はマクシミリアンを解放するため、ザクセン公率いる軍勢を低地諸国に向かわせていた。戦いは1年で終わり、最終的にフランドルが降伏した。;In 1488, Maximilian, archduke of Austria and Burgundy's regent, now King of the Romans, with a small force of cavalry, attempted to take the rebelling city of Bruges, but he failed, being also captured and kept a prisoner with several councilors in a house on the market-place. In order to be set free he made a treaty with the people of Flanders in which it was stated that he was recognized as regent of the Low Countries except for Flanders, which was to be governed by his son Philip under guardianship of a council. Moreover, a congress of all the provinces was to be summoned annually, to provide for the general welfare. The treaty was signed on 16 May 1488 under Maximilian's promise to dismiss all foreign troops within a few days. Giving hostages for his fidelity, he was set at liberty but in the meanwhile, his father, Emperor Frederick III sent an army under the Duke of Saxony in the Low Countries to free his son. The struggle lasted a year and at the end Flanders was subdued.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137019A;我々の意志をマクシミリアンに押し付けよう;Let's impose our will to Maximilian;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137020;低地諸国の服従;The subjugation of the Low Countries;;;;;;;;;
 EVENTHIST137020;神聖ローマ皇帝フリードリヒIII世はザクセン公率いる軍勢を低地諸国に送った。その目的は、生意気にも息子マクシミリアンをブールジュに捕囚し、フランドルの広汎な統治権を与える条約に署名することを強要したフランドルの民衆を制圧することであった。戦いは1年で終わり、最終的にフランドルの民衆が降伏した。1489年10月、マクシミリアンとフランドルの代表団は新たな条約を結んだ。マクシミリアンが手に入れたのは、無制限に息子の後見人として振舞う権利と、フランドルおよび他の諸州に対する完全な統治権であった。反乱市民達は、彼らがもはや自由民ではないことを記憶させるために、厳しく処罰された。フランドルの三大都市であるヘント、ブールジュ、イープルの執政官達はこの専制君主に赦免を懇願し、その代償として多額の金を支払うことを余儀なくされた。この後、短期間、フランドルに秩序が行き渡った。;Emperor Frederick III sent an army under the command of the Duke of Saxony in the Low Countries to repress the population of Flanders who dared to take his son captive at Bruges and forced him to sign a treaty that granted large autonomy to the Flemish administration. The struggle lasted a year but at the end the people of Flanders was subdued. A new treaty was stipulated between Maximilian and the representatives of Flanders in October 1489. Maximilian obtained uncontrolled guardianship of his son, absolute dominion over Flanders and the other provinces. The rebelling burghers were severely punished for remembering that they had been freemen. The magistrates of the three largest Flemish cities of Ghent, Bruges and Ypres were compelled to implore the despot's forgiveness, and to pay a large sum of money in gold as its price. After this, for a brief season, order reigned in Flanders.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137020A;帝国に忠誠を誓おう;Let's swear allegiance to the Empire;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137021;新しいブルゴーニュ大公;The new Archduke of Burgundy;;;;;;;;;
 EVENTHIST137021;1493年、マクシミリアンは父フリードリヒ・ハプスブルクの死去に伴い、皇帝の座を継いで、先祖代々のオーストリアの領地に引っ込んだ。翌年、マクシミリアンの息子で、フランドル生まれの今や17歳となったフィリップ美男公は、新たな公爵としてブルゴーニュ領低地諸国の様々な国に君臨した。しかし、フィリップが誓ったのは1477年以前に与えられた特権を維持することだけであったので、彼はシャルル突進公の死後に与えられたかもしれない全ての特権を無効とする宣言を出した。ホラント、ゼーラントなどの各州は、争うことも抵抗することもなくその条件でフィリップの支配を受け入れた。彼らは、ヴァロワ家最後の女大公マリーがかつて譲歩した大きな特権や、その他類似の特権をすべて手放したのであった。;In 1493, at the death of his father Frederick of Habsburg, Maximilian succeeded to the imperial throne retiring to his ancestral dominions in Austria. In the following year Maximilian's son, Philippe le Beau, now seventeen years of age and Flemish by birth, received the homage of the different states of the Burgundian Low Countries in becoming the new sovereign of the duchy. But he swore to maintain only the privileges granted before 1477, thus proclaiming null and void all those which might have been acquired since the death of his grandfather Charles the Rush. Holland, Zeland, and the other provinces accepted his rule upon these conditions, thus, without any struggle nor a protest, relinquishing the Great Privilege which the last Valois Archduchess Mary previously conceded, and all other similar charters.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137021A;新しい大公に忠誠を誓おう;にLet's pay homage to our new Archduke;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137022;ハプスブルク家がスペインに定住;The House of Habsburg settles in Spain;;;;;;;;;
 EVENTHIST137022;1494年、シャルルVIII世はイタリアに侵攻した。シャルルVIII世のイタリア半島での進攻成功に警鐘を鳴らしたハプスブルク家のマクシミリアンは、ナポリ王国や北イタリアの帝国領域において強力な部隊と向き合うため、ヴェネツィア、スペイン、ミラノと同盟を結んだ。また同時に、新たな同盟国スペインとの結びつきを強めるため、彼の子供マルグリットとフィリップ、アラゴン王フェルディナントとカスティーリャ女王イサベルの子供フアンとフアナ、2組の縁組を手配した。;In 1494 Charles VIII invaded Italy. Maximilian of Habsburg, alarmed at the successful progress of Charles VIII in the Italian peninsula, signed the league of Venice with Spain, Venice and Milan to face the powerful French army in the Kingdom of Naples and in the imperial territories in Northern Italy and, in order to strengthen the ties with the new Spanish ally, at about the same time he arranged a marriage between his children, Marguerite and Philippe, and Juan and Juana, son and daughter of Ferdinand and Isabella, respectively king of Aragon and queen of Castile.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137022A;スペイン王家と運命を共にしよう;Let's bind our destiny to the Spanish Kings;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137023;イベリア半島の回復;The Restoration in the Iberian peninsula;;;;;;;;;
 EVENTHIST137023;イベリア半島や低地諸国の大半(彼らは以前のユトレヒト同盟から生まれたオランダ諸州連合の独立のために戦っていた)での長年の反乱と絶え間ないゲリラ戦の後、スペインの人々はようやく、彼らがまだ保持している領土と、アラゴン・カスティーリャ両王がハプスブルグ家のブルゴーニュ大公シャルルII世に遺贈した領土に対する、ブルゴーニュの支配を承認した。しかし、彼らの忠誠は、さらなる自治権を与えることと、大公が彼らの伝統的制度を承認するという条件付きであった。;After years of revolts and continuous guerrilla warfare both in the Iberian peninsula and most of all in the Low Countries, where they led to the struggle for independence of the United Dutch Provinces born from the former Union of Utrecht, the people of Spain have finally recognized the rule of the Burgundians over the territories they still held there and which the Kings of Aragon and Castile had previously bequeathed to Charles II, Archduke of Burgundy of the House of Habsburg. But their allegiance was to be given on condition that they would be more autonomous and the Archduke would acknowledge their traditional institutions.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137023A;スペイン人がようやく我が支配を認めた;The Spaniards have finally recognized our rule;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137024;オランダ=ヴィッテルスバハ家の地位;The Dutch Wittelsbach possessions;;;;;;;;;
 #;
 ACTIONNAME137025A;これは戦争の始まりだ!;It's open war with them!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137028;ルクセンブルクの抵抗勢力;Resistance in Luxemburg;;;;;;;;;
 EVENTHIST137028;ゲルリッツ公女エリーザベトからルクセンブルク公領を買い取ったことにより、 フィリップ善良公はしばらく彼の新しい所領を固め直す必要があった。ブルゴーニュの軍勢が夜襲でルクセンブルクの街を占領してさえ、公領の完全な支配権は未だ得られなかった。しかし、先祖代々の土地とオランダの領土を接続するというブルゴーニュの重点政策目標については、さらなる前進がなされたのだった。;Having bought the Duchy of Luxembourg from Elisabeth of Goerlitz, Philipp the Good needed some time to secure, his new possession. Full control of the Duchy wasn't still achieved even if the Burgundian troops took the city of Luxemburg by a nightly ambush. However, another step on Burgundy's way towards achieving the primary goal of its policies, connecting their hereditary, lands with their Dutch possessions, had been already made.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137029;フランス王ルイXI世がソンムの諸都市を買い戻す;Louis XI Regains the Somme Towns;;;;;;;;;
 EVENTHIST137029;かなり昔にフランス王シャルルVII世とブルゴーニュ公が結んだ条約の規定により、王家は代価を支払えばソンムの領地を買い戻せる権利を持つことになっていた。だが当時、王家にそんな余裕が生じるとは、誰も信じていなかった。結果として、ルイXI世が400,000エキュという途方もない金額で領地を買い戻すことを提案してきたとき、ブルゴーニュ公フィリップは大いに驚かされることとなったのであった。;Under the terms of the treaty signed so long ago between Charles VII and the Duke of Burgundy, the Crown reserved the right to purchase back the Somme territories for a sum that, at the time, no one had believed the Crown would ever afford. As a result, it was to Duke Philip's great surprise when King Louis XI requested the territories back at the exorbitant sum of 400,000 ecus.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137029A;条約には従う義務がある…;We are treaty bound...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTHIST137030;フランス王ルイXI世はその在位の初期、君主に権力を集中させようとして、フランス有力貴族達から多くの反感を買った。反対者達の絶え間ない奔流は、ルイに対抗する同盟を作ろうとする貴族の派閥に流れ込んだ。ブルゴーニュ公フィリップの息子であるシャロレイ伯シャルルは、ブルゴーニュ公がエタンプ・ヌヴェール伯ジャンに割譲したいくつかの都市や領地と一緒に、ソンムの領地をいくらか占領した。ルイ率いる王家の軍勢はモンレリでブルゴーニュ軍と遭遇した。戦いの結果は、戦争の名人というブルゴーニュの評判を保つものであった。ルイはパリに逃走し、そこですぐに包囲されることとなった。ブルゴーニュとブルターニュの連合軍は、ルイに対して反乱軍の要求を受け入れるよう迫った。そして、ブルゴーニュはソンムの諸都市を取り戻し、シャロレイ伯シャルルはエタンプ・ヌヴェール伯ジャンの領地を譲り受けることとなった。ルイはソンム諸都市の代価を手に入れることはできず、また条約の規定により、シャルルの死後までこの領地を買い戻すことはできないものとされた。;During the early years of his reign, King Louis XI had done much to antagonize the great magnates of France in his attempts to centralize the monarchy. A steady stream of dissenters flowed to a group of nobles who would form a League against Louis. Charles, Count of Charolais and son of Philippe, Duke of Burgundy, had captured several of the Somme territories along with several towns and estates ceded to Jean, Count of Etampes and Nevers, by the Duke of Burgundy. Royal troops led by Louis met the Burgundian army at Montlhery. The resulting battle left Burgundians masters of the field. Louis had escaped to Paris where he would soon be under seige. The Burgundian and Breton troops, united, forced Louis to agree to the rebels' demands. Thus, Burgundy regained the Somme towns and Charles Count of Charolais received the territories ceded to Jean Count of Etampes and Nevers. Louis XI would not be compensated for the Somme towns, and, by the terms of the Treaty, Louis was not entitled to repurchase the territory until after Charles' death.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137030A;よし、ピカルディを奪回した!;Well, we have regained Picardie !;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137301;ルーヴェン大学の設立;Foundation of the university of Leuven;;;;;;;;;
 EVENTHIST137301;1425年に教皇マルティヌスV世が設立したルーヴェン・カトリック大学は、現存するカトリック大学としては世界最古の名誉を誇り、また低地諸国で最古の大学でもある。この大学はその初期、パリやケルン、ウィーンの大学を手本にした。大学は短期間に成長し、ヨーロッパで最も大きく、高名な大学のひとつとなった。その学術的名声は、ヨーロッパ文化に様々な貢献を成した科学者達をひきつけた。高名な人物を幾人か列挙してみよう…16世紀の人文主義者デジデリウス・エラスムスはここで教鞭を取った。彼は1517年、ヘブライ語・ラテン語・ギリシャ語を学ぶための三国語学院(この種の教育機関としては初)を設立した。カールV世少年期の個人教授であったユトレヒト出身の枢機卿アドリアン・フロリスは、1552年にハドリアヌスVI世として教皇に選出される(ヨハネ・パウロII世の登場までは非イタリア人最後の教皇だった)まで、教授を務めていた。哲学者、法学者、史学者であったユストゥス・リプトゥスは、長年ここで教えた。;Founded in 1425 by Pope Martin V, the K.U.Leuven bears the honour of being the oldest Catholic university in the world still in existence and the oldest university in the Low Countries. In its early days this University was modeled on the universities of Paris, Cologne and Vienna. In a short time it grew into one of the largest and most renowned universities in Europe. Its academic fame attracted scientists who have made valuable contributions to European culture. Let us enumerate a few renowned names: In the 16th century the humanist, Desiderius Erasmus, lectured here. He founded the Collegium Trilingue in 1517 for the study of Hebrew, Latin and Greek - the first of its kind. The tutor of the young emperor Charles V, Adriaan Cardinal Florensz of Utrecht, was a professor here before being elected in 1522 as the last non-Italian Pope before Pope John Paul II. The philologist, legal scholar and historian, Justus Lipsius, taught here for years.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137301A;大学を設立する;Found the university;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137301B;羊毛ギルドの会館を建てる方が有意義だ;Our money is better spend on a hall for wool;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137301C;金を使わずに貯めておくべきだ;We better keep the money in our pockets;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137302;金羊毛騎士団の設立;Golden Fleece;;;;;;;;;
 EVENTHIST137302;金羊毛(ゴールデン・フリース)騎士団は1430年、ブルゴーニュのフィリップ善良公が、フランドルからスイスまで広がる豊かで栄えた領地を支配したことを祝して設立した。彼はまた、地方貴族を帰属させ続けるためにも、この騎士団を利用した。;The Order of the Golden Fleece was established in 1430 by Philip the Good, Duke of Burgundy in celebration of the prosperous and wealthy domains united in his person that ran from Flanders to Switzerland. He also used it to keep the local nobility attached to him.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137302A;祝意を表して騎士団を設立しよう;Found this order in our honour;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137302B;騎士団設立は高くつきすぎる;It costs way too much;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137303;フランドルでの反乱;Revolts in Flanders;;;;;;;;;
 EVENTHIST137303;ブルゴーニュがフランドルを支配している間、権利と自立性を侵害されたことに対して、多くの都市が反乱を起こした。1435〜36年にブールジュが、1453年にはヘントが反乱した。新たに獲得した全領地のおかげで、ブルゴーニュ公はもはや都市に依存していなかったので、これらの反乱の鎮圧に成功した。;During the Burgundian reign over Flanders many cities revolted against the infringement of their rights and autonomy. In 1435-36 Bruges revolted and in 1453 Ghent. The duke succeeded in putting down these revolts because with all his newly aquired lands he was no longer dependent on the cities.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137303A;くそっ!;Damned!;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137304;秩序の回復;Order restored;;;;;;;;;
 EVENTHIST137304;ブルゴーニュ君主の権力が強まったことにより、反乱都市はすぐに秩序に従った。;Due to the growing power of the Burgundian monarchs, rebellious cities were soon put in line.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137305;ルクセンブルクの購入;The purchase of Luxembourg;;;;;;;;;
 EVENTHIST137305;ブルゴーニュはゲルリッツ公女エリーザベトからルクセンブルクを買い取り、オランダの所領の一部とした。;The Burgundians bought Luxembourg from Elizabeth von Goerlitz, making it part of their possessions in the Netherlands.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137305A;これは公正な取引だ;It seems fair to me;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137305B;あまりに高価な取引だ;No, it's to much;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137306;ルクセンブルクの併合;Annexation of Luxemburg;;;;;;;;;
 EVENTHIST137306;ゲルリッツ公女エリーザベトからルクセンブルク公領を買い取ったことにより、 フィリップ善良公はしばらく彼の新しい所領を固め直す必要があった。夜襲によりルクセンブルクの街を奪取した時、公領の全面的な支配はとうとう達成された。ルクセンブルクを得たことで、先祖代々の土地とオランダの領土を接続するというブルゴーニュの目標に向け、さらなる前進がなされたのだった。;Having bought the Duchy of Luxembourg from Elisabeth of Goerlitz, Philipp the Good needed some time to secure his new possession. Full control of the Duchy was only achieved when they took the city of Luxemburg by a nightly ambush. With Luxemburg, another step on Burgundy's way towards their goal of connecting their hereditary lands with their Dutch possessions had been made.;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137307;デルフトの和約;Treaty of Delft;;;;;;;;;
 EVENTHIST137307;エノー女伯ジャクリーヌ(ヤコバ)による、低地諸国の相続領地を確保しようという企ては無惨に失敗し、彼女の惨めな反乱は崩壊した。さらに、ヤコバのイングランド人の夫グロスター公は彼女を見捨て、教皇は結婚の無効を宣言した。ヘントに幽閉されたヤコバは、デルフトの和約を結ぶことを余儀なくされた。これは、彼女を名目上の女伯とし、ブルゴーニュ公フィリップを彼女の管財人兼相続人として認めるものだった。;Jacqueline's attempt to secure her inheritance of the lowlands has failed miserbly, and her pitiful rebellion has dissintegrated. Moreover, her English husband has abondoned her and a papal decree has annulled the marriage. Imprisoned at Ghent, Jacqueline was forced to sign the Treaty of Delft, which recognized her as nominal countess and Philip Duke of Burgundy as her administrator and heir.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137307A;よろしい!;Good !;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137308;デルフトの和約;Treaty of Delft;;;;;;;;;
 EVENTHIST137308;エノー女伯ジャクリーヌ(ヤコバ)による、低地諸国の相続領地を確保しようという企ては無惨に失敗し、彼女の惨めな反乱は崩壊した。さらに、ヤコバのイングランド人の夫グロスター公は彼女を見捨て、教皇は結婚の無効を宣言した。ヘントに幽閉されたヤコバは、デルフトの和約を結ぶことを余儀なくされた。これは、彼女を名目上の女伯とし、ブルゴーニュ公フィリップを彼女の管財人兼相続人として認めるものだった。ブルゴーニュはイングランドの威信に痛烈な一撃を加えたのであった。;Jacqueline's attempt to secure her inheritance of the lowlands has failed miserbly, and her pitiful rebellion has dissintegrated. Moreover, her English husband has abondoned her and a papal decree has annulled the marriage. Imprisoned at Ghent, she's was forced to sign the Treaty of Delft, which recognized her as nominal countess and Philip Duke of Burgundy as her administrator and heir. Burgundy has dealt a terrific blow to England's prestige;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137308A;よろしい!;Good !;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137309;アムステルダムの和約;Treaty of Amsterdam;;;;;;;;;
 EVENTHIST137309;エノー女伯ジャクリーヌ(ヤコバ)とその有能な夫グロスター公は、ヤコバの相続領地を再征服した。ブルゴーニュ公フィリップにできることは少なかった。というのも、イングランドとブルゴーニュの和平は交渉が早くまとまったし、ブルゴーニュはイングランドの提示した条件を拒否するには難しい立場に立たされていたからだ。ヤコバの主張を認める代わりに、イングランドは分け前もしくは損害賠償を求めた。条約はアムステルダムで調印され、数週間のうちに批准された。イングランドは低地諸国に地歩を拡大したのであった…;Jacqueline, with the aid of her valiant husband, Gloucester, had recoquered her inheritance. There was little Philip could do, since peace between England and Burgundy had facilitated negotiations, and Burgundy was in a difficult position to refuse England's terms. In return for the recognition of Jacqueline's claims, England would seek neither reparition nor payments for damages. The treaty was signed in Amsterdam and ratified within weeks. The English had expanded their foothold in the lowlands...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137309A;我々にできることは少ない;There is little we can do;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137310;ブルゴーニュ公シャルルが死去;Duke Charles of Burgundy Is Dead;;;;;;;;;
 EVENTHIST137310;突進公ことブルゴーニュ公シャルルは43歳で不慮の死を遂げた。男子継承者を遺さなかったので、シャルルの没後、公領は長期間不安定な状態に突入した。彼と初婚相手のイザベラ・ド・ブルボンの間に生まれた一人娘マリーはわずか19歳で、崩壊の瀬戸際にある公領を統治する責任を負うこととなった。;Charles 'the Bold' Duke of Burgundy died unexpectedly at the age of 43. Leaving no male successors, Charles's departure plunged his Duchy into a lengthy period of instability. His only heir, Mary, a daughter from his first marriage with Isabella of Bourbon, was merely ninteen years of age when she assumed the command of Duchy on the verge of breaking apart.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137310A;我々には同盟者が必要だ…;We will need allies...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137311;低地諸国への大特許状;The Great Privilege;;;;;;;;;
 EVENTHIST137311;ブルゴーニュの最も攻撃的な統治者であったシャルル突進公の没後、混沌として不安定な政治情勢の中で、シャルルの娘ブルゴーニュ女公マリーは、低地諸国の不満を抱いた民衆から、フランス王ルイXI世の攻勢に対抗するための支援を得るために、「大特許状」に署名することを強要された。マリーから獲得したこの勅許状により、フランドルの自治都市は、かつて持っていた(そしてマリーの前任者が低地諸国に中央集権的体制を築こうとして出した裁定により没収されていた)地方および共同体の全ての権利を回復した。宣戦布告、和平条約、徴税などの事項が、今や低地諸国の三部会の同意が必要な事項となったのであった。;In the chaotic and volitile political environment that followed the demise of Burgundy's most aggressive ruler, Charles 'the Bold', Mary, Duchess of Burgundy and daughter of Charles, was inevitably forced by her disgruntled subjects in the lowlands to sign the 'Great Privilege' in order to obtain their assistance against the aggression of the King of France, Louis XI. The Charter of Rights obtained from Mary restored to the Flemish burghs all the local and communal rights which had been abolished by the arbitrary decrees of Mary's predecessors in their efforts to create a centralized state in the Low Countries. Declarations of war, peace treaties, and taxation, among other issues, were now subject to the consent of the Three Estates in the Low Countries.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137311A;支援を得て公領を防衛するために辛抱する;Abide in order to acquire assistance and defend the duchy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137311B;低地諸国のいかなる領地への譲歩も拒否する…;Refuse to relinquish any hold on the Low Countries...;;;;;;;;;
 #;
 EVENTNAME137312;低地諸国の反乱を鎮圧;The Lowland Rebellion is Crushed;;;;;;;;;
 EVENTHIST137312;低地諸国の市民達との交渉が失敗したことと、その結果マリーが一時的に秩序と安定を執行する能力を失ったことで、不満を抱く抑圧された民衆は、弱体化したブルゴーニュとその不当な主張に対し、フランス王の支援を受けて大規模な反乱を起こした。数ヶ月の苦戦の末、ブルゴーニュ女公マリーとその副官達は反乱運動の指導者達に死刑を宣告し、厳しい贖罪を受諾した民衆を乱暴に抑圧した。反乱は失敗に終わった。;With the failure of the negotiations with the burghers of the Lowlands and Mary's subsequent temporary inability to enforce rule and stability, the disgruntled and suppressed had led a large revolt assisted by the King of France against what they considered a weak and illegitimate Burgundian claimant. After several months of bitter fighting, Duchess Mary of Burgundy and her Lieutenants had put to death the leaders of the movement, and had brutally repressed the populace whom had been subject to a terrible penance. The rebellion had failed.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137312A;よろしい!;Good !;;;;;;;;;
 #;
 #;

**著作権表記 [#t614f20d]

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS