[[AGCEEP翻訳国一覧]]
-[[AGCEEP翻訳支援ページ]]
-[[AGCEEP翻訳国一覧]]

***1.51対応済 [#t875346a]
「ジャンヌの帰還」イベントの和文追加のほか、誤訳などの修正。
***1.52対応済 [#b0bb8c60]
修正、追加分のみ。
-EVENTHIST1000010は、英文typo修正のみのため和訳修正なし。

 EVENTHIST1000004;イングランドによる侵攻が引き起こした危機を解決せざるを得なくなった無怖公ことブルゴーニュ公ジャンは、彼の保護の下、国王夫妻の安全を保証し、パリ高等法院のトロワへの移転を実現させた。1419年9月に彼が暗殺されたことで、ブルゴーニュがイングランド側に付いたため、二つの陣営が対立するようになった。王妃イザボー・ドゥ・バヴィエールは結局、息子の王太子シャルルと対立するフィリップ善良公の支持を選んだ。あらゆるところにブルゴーニュの駐屯部隊がいたので、彼女には選択の余地がほとんどなかったのだ。;Having ensured the safety of the royal couple and having obtained the relocation of the Parliament of Paris to Troyes, under his protection, John the Fearless, Duke of Burgundy, had become impossible to circumvent in the resolution of the crisis caused by the English invasion. His assassination in September 1419 was going to divide the two camps by throwing Burgundy on the side of England. Isabel of Bavaria finally chose to support Phillip the Good against her son, she had little choice with Burgundian garrisons present everywhere.;;;;;;;;;

 EVENTNAME1000008;トロワ条約 - ヘンリーが王位継承権者に;The Treaty of Troyes - Henry will Inherit the Crown;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000008;1420年5月21日、アングロ・ブルギーニョン同盟とパリ市民の騒擾に直面したシャルルVI世は、ヘンリーV世を摂政および正統な継承権者として認めることを強いられ、彼の息子は事実上廃嫡されて「いわゆる王太子」と呼ばれるようになった。しかし王太子に屈服するつもりはなく、アルマニャック派と同盟を結んだ多くの下級貴族達の助けを得て抵抗を続けた。1420年、少なくともブルゴーニュ派とイングランドの同盟が続くかぎりは、シャルルVII世の未来にはいかなるチャンスも見出せなかった。;On May 21, 1420, faced with the Anglo-Burgundian alliance and Parisian agitation, Charles VI was constrained to recognize Henry V as regent and legitimate successor, in effect disinheriting his son, designated the 'so-called Dauphin'. The latter however, did not have any intention to yield and resisted, aided by many barons allied to the Armagnacs. In 1420, no one could give the future Charles VII any chance, at least as long as the alliance between the English and the Burgundians endured.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000015;1422年10月21日、フランス王シャルルVI世は完全な隔離状態で死んだ。王太子とブルゴーニュ公が結んだ合意によれば、ブルゴーニュ公は王太子(シャルルVII世) を王位継承者として認める代償として、王国の統治に関して大きな特権を得ることになっていた。こうしてブルゴーニュは、ランカスター家の野望を打ち砕くために必要な、傀儡の主という立場を維持した。;On October 21, 1422, King Charles VI of France died in complete isolation. In accordance with the agreements made between the Dauphin and the Duke of Burgundy, the latter agreed to recognise Charles VII as successor to the throne, but at the price of great concessions regarding the government of the Kingdom. The Burgundians remained the puppetmaster, a neccessity in order to break the ambitions of the House of Lancaster.;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000015;1422年10月21日、フランス王シャルルVI世は完全な隔離状態で死んだ。王太子とブルゴーニュ公が結んだ合意によれば、ブルゴーニュ公は王太子(シャルルVII世)を王位継承者として認める代償として、王国の統治に関して大きな特権を得ることになっていた。こうしてブルゴーニュは、ランカスター家の野望を打ち砕くために必要な、傀儡の主という立場を維持した。;On October 21, 1422, King Charles VI of France died in complete isolation. In accordance with the agreements made between the Dauphin and the Duke of Burgundy, the latter agreed to recognise Charles VII as successor to the throne, but at the price of great concessions regarding the government of the Kingdom. The Burgundians remained the puppetmaster, a neccessity in order to break the ambitions of the House of Lancaster.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000017;1422年10月21日、フランス王シャルルVI世は完全な隔離状態で死んだ。王太子シャルルとイングランド王のどちらも、王国の支配者として認められるような立場 にはいなかった。そのため、王が不在のまま、ブルゴーニュ公が摂政として王国を統治し続けることとなった。長続きはしそうにない、混沌とした状況が始まった。;On October 21, 1422, King Charles VI of France died in complete isolation. Neither the Dauphin Charles, nor the King of England was in a position to be recognised as master of the royal government. Thus, the Duke of Burgundy remained in control of the kingdom as a regent without a King. A confused situation arose which could not last a long time.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000028;オルレアンでの勝利の象徴にしてシャルル聖別の英雄となったジャンヌは、課された責務を全うした。強い意志により、彼女はパリに進軍すべきだと信じていたが、小さな失敗が起きた。彼女の常に戦いを推し進めようとしつづける行動は、 宮廷内の敵対者を苛立たせるのに十分だった。彼女はイングランドとブルゴー ニュに対する戦いを続けるべきだと信じていたが、これはフィリップ善良公との同盟を勝利の鍵と考えたシャルルVII世および側近達の選んだ政策と衝突した。常に陰謀と影響力拡大競争の標的だったこの乙女は、政治的な障害になるのではないか? この問題を解消するため、王の側近達はついに過激な解決策を選んだ。彼女が死ぬに違いない自殺的任務への派遣か、殉教者としてのご立派な伝説が、彼女を待ち受けていた。;Symbol of the victory of Orleans, heroine of the Consecration, Joan had achieved the task that was expected of her. Being strong willed, she believed they should push the advantage towards Paris, but suffers one small failure. She remained always active, much to the annoyance of her adversaries at court, pressed to fight, she decided to continue the struggle against the English and the Duke of Burgundy, which went against the policy chosen by Charles VII and his entourage, who thought that the key to victory lay in a union with Phillip the Good. Was the Maid, always an object of intrigue and fights for influence, going to become a political obstacle? To remedy this problem, the entourage of the King finally chose a radical solution. To dispatch Joan on a suicidal mission where she knew death or a martyrdom worthy of legend awaited her.;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000028;オルレアンでの勝利の象徴にしてシャルル聖別の英雄となったジャンヌは、課された責務を全うした。強い意志を持つ彼女はパリに進軍すべきだと信じていたが、小さな失敗が起きた。彼女の常に戦いを推し進めようとしつづける行動は、 宮廷内の敵対者を苛立たせるのに十分だった。彼女はイングランドとブルゴー ニュに対する戦いを続けるべきだと信じていたが、これはフィリップ善良公との同盟を勝利の鍵と考えたシャルルVII世および側近達の選んだ政策と衝突した。常に陰謀と影響力拡大競争の標的だったこの乙女は、政治的な障害になるのではないか? この問題を解消するため、王の側近達はついに過激な解決策を選んだ。彼女が死ぬに違いない自殺的任務への派遣か、殉教者としてのご立派な伝説が、彼女を待ち受けていた。;Symbol of the victory of Orleans, heroine of the Consecration, Joan had achieved the task that was expected of her. Being strong willed, she believed they should push the advantage towards Paris, but suffers one small failure. She remained always active, much to the annoyance of her adversaries at court, pressed to fight, she decided to continue the struggle against the English and the Duke of Burgundy, which went against the policy chosen by Charles VII and his entourage, who thought that the key to victory lay in a union with Phillip the Good. Was the Maid, always an object of intrigue and fights for influence, going to become a political obstacle? To remedy this problem, the entourage of the King finally chose a radical solution. To dispatch Joan on a suicidal mission where she knew death or a martyrdom worthy of legend awaited her.;;;;;;;;;

 EVENTNAME1000034;ジャンヌの帰還;Joan's Return;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000034;コンピエーニュへの自殺的な任務に派遣された乙女は、ブルゴーニュ派の軍勢に捕らえられてしまった。ブルゴーニュ公フィリップは最終的に、彼女をイングランド人に売り渡した。イングランドは彼女を魔女として訴え、魔術を弄した廉で裁判にかけた。にもかかわらず、法廷は彼女を無罪として解放した。ジャンヌの解放により、シャルルVII世は微妙な事態に直面した。シャルルVII世としては、全く変わらぬ忠誠を尽くし、ブルゴーニュ公との合意の機会を守ってくれたこの乙女なしでやっていくこともできるし、あるいは結果がどうなろうとも、彼女に実際に軍の指揮を任せることもできるのだ…;Dispatched on a suicide mission to Compiegne, the Maid had been captured by the Burgundian army. Subsequently, Philippe, Duke of Burgundy, sold her to the English. The English accused her of being a witch, and so they put together a trial designed to convict her of sorcery and witchcraft. Nevertheless, the tribunal found her innocent, and released her. Joan's release presented Charles VII with a delicate situation. He could either do without one who had served so much permanently to preserve the chance of an agreement with the Duke of Burgundy, or he could give her a real command for better or worse...;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000042;数年間の交渉の後、フィリップ善良公はブルゴーニュが併合した領地をすべて承認させて、父を暗殺されたことに対する賠償をようやく手にした。 シャルルVII世は同様に、アルトワ・フランドルの臣従を要求しないことと、ソンム渓谷の町のほとんどを与えることに同意した。重要な条項として、フランス王は莫大な金額でソンムを買い戻すことが許されていた。この法外な代償により、フランス王はようやくフィリップをイングランドとの同盟から切り離すことができた。百年戦争はついに転回点を迎えた。;After several years of negotiations, Phillip the Good finally received repairs for the assassination of his father, obtaining recognition of all Burgundian annexations. Charles VII agreed in the same way not to claim homage from Artois and Flanders, and yielded the majority of the cities of the valley of Somme. An important clause allowed the King of France to purchase back the Somme towns for a heafty sum. For this exorbitant price, the King finally managed to detach Phillip of his alliance with the English. The Hundred Years War finally reached its turning point.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000080;王太子シャルルの死後、彼の息子ルイとイングランド王のどちらも、すでに数十年の間王国政府を操ってきたブルゴーニュ公に継承権を認めさせることはできなかった。パリ高等法院の支持を確保し、王太子の失敗後に多くの旧アルマニャック派と手を組むことによって、王座への道がついに開けた。彼の正統性に疑問 の余地があることは認めざるを得ず、また多くの人々が煽動されかけているが、誰も彼の権威に反抗することはできなかった…;With the death of the Dauphin Charles, neither his son Louis nor the King of England was in a position to impose their rights on the Duke of Burgundy, who had controlled the government of the kingdom for many decades already. Ensured of the support of the Parliament of Paris and being joined by many former Armagnac partisans after the failure of the cause of the Dauphin, the road towards the throne was now open. Admittedly his legitimacy was contestable, and many were likely to be agitated, but nobody had the authority to oppose him...;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000081;もし、フィリップ善良公の即位が、彼の王位継承権に対する正統性の不足にもかかわらず問題を引き起こさなかったとしたら、ブルゴーニュ家とヴァロワ家の血統がより強固に結びついたように見えた時に問題がおきていただろう。大きな危機は、シャルル王が唯一の娘マリーを残して亡くなった時に始まった。もし、彼女のブルゴーニュ公国やその他の領地に関する相続権が問題にならないのであれば、女性が相続できないとされるフランス王位の継承権についても問題にはならないだろう。誰が最終的な継承権を得るか、まったく明らかではなかった。フィリップ公はシャルルVI世の直系の子孫であるシャルルが王位継承者となることを禁じており、またそのことについてパリ高等法院にも確認させていた。しかし、シャルルの息子ルイに対しては、同様の効果は延長されなかった。そのため、ルイはフランス王位を継承できる立場にあった。これに加えて、ルイの息子シャルルとマリーの結婚を手配することもできた。;Duke Philippe had barred the Charles VI's direct heir to the throne, Charles, and had had this confirmed by Parlement in Paris. However, there had been no such extension to Charles's own son, Louis. Thus, Louis stood to inherit the throne of France. Additionaly, a marriage could have been arranged between Mary and Louis's own son, Charles. If the succession of Phillip the Good, in spite of his lack of legitimacy to the throne, had not posed a problem, it did at a time when the line of Valois-Burgundy seemed firmly established. A major crisis began when King Charles left a girl, Mary, as his only heir. If her rights on the Duchy of Burgundy and the other patrimonial lands could not be disputed, it was not so with the Crown of France, which could not fall to a woman. Who would finally claim the throne was far from obvious. Duke Philippe had barred the Charles VI's direct heir to the throne, Charles, and had had this confirmed by Parlement in Paris. However, there had been no such extension to Charles's own son, Louis. Thus, Louis stood to inherit the throne of France. Additionaly, a marriage could have been arranged between Mary and Louis's own son, Charles.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000082;1419年9月10日、王太子シャルルとジャン無怖公はモントローの橋上で会談し、ヘンリーV世に対抗する最後の和解について議論した。フランスとブルゴーニュ の下級貴族達の敵意は凶兆を示していたが、2人の公はどうにか彼らをなだめた。数時間の交渉の後、シャルルは同時代人の多くが激昂しそうな譲歩を代償として、ブルゴーニュ公の同意を取り付けた。しかしこの同時代人達も、王太子がついにブルゴーニュ派との同盟を確保し、イングランド王に対して共同戦線を張ったということは認めた。ジャン無怖公にとっての利点は、王国政府において重要な位置を占めることができる、ということであった。;On September 10, 1419, the Dauphin Charles and Duke John the Fearless met on the bridge of Montereau to discuss for the last time reconciliation against Henry V. The hostility of the barons of France and Burgundy seemed to bode ill, but the two princes managed to restrain their men. After hours of negotiation, Charles obtained the final agreement of the Duke of Burgundy at the price of concessions that many of his contemporaries judged inflammatory. However, they allowed the heir to the throne to finally secure a Burgundian alliance, and to form a united front against the King of England. As for himself, John the Fearless took a principal place in the government of the kingdom.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000100;トロワでの交渉の結果として、最終的にオルレアンにおいて条約が結ばれた。ヘンリーV世は、シャルルの娘カトリーヌに結婚を申し込んで莫大な持参金を手 に入れ、またヘンリーが保持することになったノルマンディとギュイエンヌの公位をフランス王への臣従義務から解放した。これは事実上、ヘンリーが大軍をノルマ ンディに上陸させる前に要求しており、かつアルマニャック派が数年前に彼に約束していた内容に応じたものであった。数年間ロンドンに拘留されていたオルレアン公シャルルとブルボン公ジャンは、身代金と引き換えにフランスに帰され、条約を全面的に支持した。もっとも重要なのは、ヘンリーV世がフランス王位継承権を放棄したことだった。シャルルVI世はヘンリーの要求に応じることを強いられた。イングランド人は落ち着き、アルマニャック派は政治的勝利だと主張した。イングランド王とフランス王が民衆の堅い支持と正当性の雰囲気を得ることを切望したため、ブルボン公とオルレアン公がパリで公式な式典を催し、互いの一族が条約を遵守することを特別に誓った。ヘンリーV世は公式にフランス王位継承権を放棄した。トロワで交渉の席を蹴ったブルゴーニュ公は、これらの式典への参加を拒否した。;From the negotiations at Troyes emerged a treaty that was eventually signed at Orleans. Henry V, enomoured with Charles' daughter, Katherine, demanded her hand in marriage and the Duchys of Normandy and Guyenne which were to be held by Henry free from liege homage to the King of France. It was in effect a return to Henry's demands before the bulk of HEnry's forces had landed in Normandy, and to what the Armagnacs had promised him years before. Charles Duke of Orleans along with Jean Duke of Bourbon, after spending several years as prisoners in London, were ransomed back to France and lent the treaty their full support. Most importantly, Henry V was to renounce his claim to the throne of France. Charles VI was constrained to agree to Henry's proposal. The English were pacified and the Armagnacs claimed political success. Eager to solidify popular support and capture an air of legitimacy, the Kings of England and France, and the Dukes of Bourbon and Orleans would hold a public ceremony in Paris where each swore an extraordinary oath on behalf of themselves and their blood lines to uphold the treaty stipulations. Henry V formally renounced his claim to the throne of France. The Duke of Burgundy, who had stormed out of the Troyes negotiations, refused to attend the ceremonies.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME1000100A;我々の時代の平和は成った!;Peace in our time !;;;;;;;;;

 EVENTNAME1000175;オルレアン公シャルルが シャルルVII世に忠誠を誓う;Charles of Orleans Swears Allegiance to Charles VII;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000175;ブルゴーニュ公フィリップの父ジャン無怖公は、指導者ベルナルドVI世を含むアルマニャック派を虐殺した後、報復としてモントローで斬殺された。このモントロー事件の影響のため、フィリップはイングランド側に付いた。ヘンリーV世はフランス王位を求めていたので、その趣旨に沿ってヘンリーをシャルルVI世の正統な後継者および摂政として認める条約がトロワで結ばれた。モントローでのジャン殺害に関し、シャルルVI世が息子は王位にふさわしくないと感じたため、すぐにパリ高等法院が(廃嫡の)決定を批准した。新しい支配者に忠誠を誓うことを拒否した人々は、いまや裏切り者であり反乱者となった。いまやブルゴーニュ派やイングランドの簒奪者から反乱軍と見なされた、アルマニャック派残党をはじめとする王太子派は、パリが陥落する直前にロワール川南方に撤退していた。この条約はイングランドに対し、いわゆる反乱軍が保持する領土を征服することを認めていた。シャルルVI世の残党軍は、各派の考えに沿って分裂した。多くは降伏し、一部はヘンリーV世の正規軍に加わり、一方で別の人々は「ブールジュの反乱軍の王」シャルルにつくことを公言した。王太子派の支持者は、イングランドの侵攻に対する時間稼ぎとして、パリ南方や東方の多くの拠点でイングランドの進軍に対する抵抗を続けた。 にもかかわらず、ブルゴーニュ派は彼らの中核地域とイングランドが新たに得た 地域をつなげようとするヘンリーの圧力のもと、トロワの街を制圧した。初期のチャンスをよそに、トロワ条約はシャルルVI世の唯一生き残った息子にして正統なフランス王位継承者たるシャルルに対し、深刻な打撃となった。シャルルのためらいは、 ヘンリーV世の再侵攻の初期段階において、シャルルとその支持者に対して多大な代償を支払わせることになった…;Duke Philip of Burgundy's father, John 'the Fearless' had slaughtered the Armagnacs, including their leader, Bernard VI, and in turn had been cut down at Montereau in vengeance. In the aftermath of Montereau, Philip threw his lot in with the English. King Henry V had demanded the Crown of France, and to this effect a treaty recognizing Henry as regent and legitimate successor to Charles VI was drafted and signed at Troyes. Duke John's murder at Montereau had demonstrated to Charles VI that his son was unfit for the throne, a decision that was soon ratified by the Parlement in Paris. Those who refused to swear an oath of allegiance to the new order were now traitors and rebels. The Dauphinists, including the remnants of the Armagnac's, were now rebels in the eyes of the Burgundians and the English usurper, and had retreated south of the Loire shortly before Paris was captured. The Treaty commits England to conquer the lands held by the so-called rebels. Charles VI's remaining forces split along their partisan leanings. Many surrendered, some entered active service for Henry V, while others openly declared themselves for Charles, the 'rebel King of Bourges'. Dauphinist sympathies would stall the English campaign for some time as many strongholds to the south and east of Paris continued to resist the English advance. Nevertheless, the Burgundians commanded the city of Troyes which would facilitate Henry's push to link the Burgundian heartland with his newly acquired French posessions. Despite the early opportunity, the treaty was a serious blow to the sole surviving son of Charles VI and legitimate heir of France. Charles's hesitatation would cost him and his supporters dearly in the early phases of Henry V's renewed conflict...;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000176;ロンドンに囚われているオルレアン公シャルルI世の息子にして代理である「オルレアンの私生児」ジャン・ドルレアンが、殿下のフランス王位継承権の正統性を認めました。;Jean, 'the bastard' of Orleans, son of the captive Charles I Duke of Orleans, and appointed Lieutant of his father's domains, recognizes your rightful claim to the Kingdom of France.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000177;ブルボン公ジャンI世は、殿下への忠誠を改めて誓いました。彼は殿下のフランス王位継承権の正統性を認めました。;Jean I Duke of Bourbon, reaffirms his allegiance to you. He recognizes your rightful claim to the Kingdom of France.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000178;ロンドンに囚われているブルボン公ジャンI世の息子であるシャルル・ド・ブルボンが、殿下への忠誠を改めて誓いました。彼は殿下のフランス王位継承権の正統性を認めています。;Charles of Bourbon, son of the captive Jean I Duke of Bourbon held in London, reaffirms his commitment to you. He recognizes your rightful claim to the Kingdom of France.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000190;イングランドによるフージェールの占領は、シャルルVII世によるイングランド人 をフランスの大部分から追い出すための侵攻を、予定より早く誘発した。フー ジェールで何が起きたかは、議論の対象である。しかし、フージェールを掠奪した部隊を率いていたのがフランソワ・ド・シュリエンヌであったことは知られている。 アラゴン人の傭兵隊長だった彼はガーター騎士団に叙任されており、またフランスにおいてサマセット伯エドムンド・ボーフォートの上級指揮官であった。そのため、シャルルVII世にとっては(サマセット伯が事前情報の存在を否定したとは言っても)この2人を結びつけることは比較的単純であった。さらに、ブルターニュ公がシャルルVII世に支援を求めたことにより、(彼らの関係がより微妙だとはいえ)フランス王はブルターニュに対して認められていた封建的君主権を押し付け、実行したいと切望していた。;The seizure of Fougeres by the English precipitated an invasion by Charles VII that expelled the English from the vast majority of France. The events at Fourges are shrouded in controversy. However, it is known that Francois de Surienne, an aragonese mercenary who had risen to become a Knight of the Garter as well as one of Edmund Beaufort's senior commander's in France, had led the army that had sacked Fougeres. Thus, it was relatively simple for Charles VII to make the connection between the two, despite Somerset's denial of prior knowledge. Moreover, with the Duke of Brittany having sought Charles VII's aid, the French King was anxious to press and exercise his perceived rights of feudal lordship over Brittany, even in their more subtle forms.;;;;;;;;;

 EVENTHIST1000193;サフォーク伯ウィリアム・デラポールは、ヘンリーVI世の花嫁を連れて帰るという責務のため、フランスに派遣されていた。最終的に、アンジュー公ルネI世の娘マーガレットとの縁談がまとまった。この婚約はイングランドとフランスの休戦期間を引き延ばし、またこれによってサフォーク伯は公爵に昇格した。しかし、ヘンリーは以前、シャルルVII世やルネと書状を交わしていた。彼はシャルルに対し、ルネにメーヌ伯領を返還すると約束してしまっていた。目的を達するため、サフォーク伯は従順になり、王妃はあらゆる機会を捉えて、父ルネの利益になるよう活動した。それにもかかわらず、ヘンリーはメーヌ伯領の放棄を遅らせたが、シャルルはそれほど我慢強くなかった。今や、シャルルにとって取り立ての機は熟していた。ヘンリーは数年間、シャルルへのメーヌ伯領支配権の返還を遅らせていたのだ。したがって、シャルルは今や、武力でもってメーヌ伯領を奪取すると脅し、軍勢をメーヌ境界に沿って動かした。ヘンリーは婚約を破棄し、メーヌ伯領を手放すことを拒否した。;William de la Pole Earl of Suffolk had been sent to France with the task to bring back a bride for Henry VI. The negotiations had finally settled on Rene I Duke of Anjou's daughter, Margaret. The marriage arrangement prolonged the period of truce between England and France, and for this Suffolk elevated to the rank of Duke. However, Henry had corresponded with King Charles VII and Rene. He had promised Charles to return to Rene the county of Maine. To this end, Suffolk was compliant, and the Queen pushed every chance she had to lobby for her father's sake. Nevertheless, Henry delayed relinquishing the county, however, and Charles's patience was wearing thin. It was now high time for Charles to collect. Henry had delayed relinquishing control of Maine to Charles for several years. Thus, Charles now threatened to take Maine by force and mobilized his armies along Maine's border. Henry had borken the marriage arrangement and was refused to surrender Maine.;;;;;;;;;

**著作権表記 [#q3465d17]

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS