*中欧の大国、オーストリアからの宣戦 [#yaa2ba89]

 ハンガリーの滅亡により、セルビアはオーストリアと正面から対峙することになりました。オーストリアはセルビア・ワラキア・モルダヴィアに大義名分を有しており、関係はいずれも-200。開戦は時間の問題でしょう。&br;
 そして1557年3月、オーストリアは同盟国のバイエルン・教皇領とともに、ついにワラキアに宣戦布告してきました。この時点での両陣営の国力は…&br;

         陸軍技術力 海軍技術力   収入
 
 オーストリア      14     5   49.35
 バイエルン       13     3    6.03
 教皇領         13     9    9.70
 
 セルビア         9     2   45.25
 ワラキア        10     3    2.40
 モルダヴィア       6     2   10.64
 アルバニア       10     3    2.13
 トレビゾンド      10     3    3.78

|#ref(1557mar.jpg,around,nolink,left,)|
| 不利な状況での開戦です。|
&br;

 オーストリアはすでにマスケット銃を開発しており、野戦でぶつかっては勝機がありません。敵の大軍を避けつつ、要塞レベルの低い州を落として回ります。&br;

#ref(1559mar.jpg,around,nolink,left,)
#clear

 1559年3月、Pestを割譲させ和平しました。今回は向こうから宣戦してきたので1州につきBBR+1で割譲させるチャンスだったのですが戦力差を考え無理をしませんでした。&br;

*マムルーク朝の属国化 [#u674ad6b]

 1563年3月、マムルーク朝がシルヴァンを武力併合しました。これでマムルーク朝に対して2年間の大義名分が発生します。1563年10月、セルビアはマムルーク朝に宣戦布告します。&br;
 マムルーク朝は広大な領土を有しますが一つ一つの州は決して豊かとはいえません。そして文化はほとんどがアラビアで宗教もスンニ派なので税収が-60%され、割譲させてもBBR上昇のわりには収入面でのメリットは小さいです。ということで、それならばそのまま属国化し収入のみを吸い上げることにしましょう。&br;

#ref(1566aug.jpg,around,nolink,left,)&br;
#clear

 技術差もあり戦果ポイントを着実に重ね、1566年8月属国化に成功しました。&br;

*飛んで火に入る夏の虫 [#v1a05913]

 セルビアは現在聖ヨハネ騎士団以外に大義名分がないため、ランダムイベントや警告を送る以外にない状態なのですが(まあ実際そんなに戦争ばっかりしている国もないでしょうが)、1570年4月、思わぬ形で大義名分が手に入ります。白羊朝がセルビアの属国マムルーク朝に宣戦布告したのです。&br;
 白羊朝自体はどうでもいいのですが、その同盟国ドゥルカディルはArmeniaとAzerbaijanという高収入の州を有しており、これは絶好の機会です。1570年7月、セルビアは白羊朝に宣戦布告。ドゥルカディルも参戦してきます。&br;

#ref(1573may.jpg,around,nolink,left,)&br;
#clear

 1573年5月、ドゥルカディル全土を占領。念願のArmeniaとAzerbaijanをゲットします。&br;
 と、ここで何を思ったかカラマンが白羊朝とドゥルカディルとの同盟に参加し、セルビアとの戦争に参戦してきました。これはまさに自殺行為。白羊朝はFarsというとんでもなく遠いところに領土があるので全土占領は不可能なのでさっさと和平してしまい、カラマンに戦力を集中。Taurusをうまくモルダヴィアに占領させ、1575年5月に併合させました。&br;

|#ref(1575may.jpg,around,nolink,left,)|
| セルビア帝国の勢力範囲。北の白っぽい緑はポーランドで、婚姻を&br;結んでいます。っていうかちょっと前までリトアニアだったんですけど、&br;いつの間にか変わってました。|

*百年戦争の始まり [#zaabe5c1]

 さて、今回属国を使ったプレイをしているのは、BBR抑制と、こちらの改宗力のなさをカバーする目的だったのですが、属国の中でどうもアルバニアの働きがいまひとつです。アルバニアはAlbaniaとAngoraを所有しているのですが、Angoraはいつまでたってもスンニ派のままです。それに戦争時にもアルバニア軍の働きはあまりよくないので、1585年2月、思い切って外交併合しました。&br;
 1585年5月、オーストリアがマインツに宣戦布告します。オーストリアには警告を送っておいたので大義名分が得られました。&br;

|#ref(1585may.jpg,around,nolink,left,)|
| マインツとその同盟国。|
&br;

 なんとマインツはスペインと同盟を結んでいました。北イタリアにまで勢力を伸ばしていたスペインはこの戦争に参戦します。オーストリア側にはバイエルン・ナポリ・教皇領がついています。これが長きにわたる戦いの始まりでした…&br;
 この状況はセルビアにとってチャンスです。オーストリアはスペインと死闘を繰り広げるに違いなく、後背を突けば技術差もカバーできるでしょう(この時点で陸軍技術力はオーストリア17、セルビア10と離されています)。1585年12月、オーストリアに対し宣戦布告しました。&br;

#ref(1589jul3.jpg,around,nolink,left,)&br;
#clear

 1589年7月、Krainをセルビアに、Magyarをワラキアに割譲させて和平しました。&br;

*スペインとの同盟 [#i3ed1490]

 その後はなかなか大義名分を得ることができず平和な時間が流れました。そして1605年9月、待望の瞬間が。&br;

#ref(infra.jpg,around,nolink,left,)&br;
#clear

 これでやっとインフレ率を下げることができます。全土で知事に昇格させます。&br;
 1609年7月、セルビアを盟主とした同盟は期限切れを迎えました。ここ20年間、一度も戦争のないままの期限切れです。埒が明かないと思って隣を見ると、なんとスペインとオーストリアがまだ戦争を継続しています。もう20年以上経過してるのに…&br;
 ここで思い切って、スペインと手を結んで対オーストリア戦に参戦することにします。スペインは正教州のKolkhisを領有しているためか正教国との関係も悪くありません。婚姻を結んで関係を上げ、同盟に参加する形で1610年2月、オーストリアとの戦争に突入します。宣戦布告しないのでBBRが上昇せず、またスペイン側は参戦された側なので州を割譲させても1州につきBBR+1なのでチャンスです。&br;
 とはいえこちらは属国の協力がないので、やはり正面から当たっては不利です。また敵の大軍を避けながらの作戦となります。&br;

|#ref(1614aug4.jpg,around,nolink,left,)|
| Steiermarkに10万を超える大軍が…|
&br;

 1614年8月、Odenburg・Steiermark・Istriaを割譲させ単独で和平します。ごめんねスペイン。っていうかスペインは本国から前線が離れていて不利な展開なのですが、まだ頑張っています。&br;
 そしてここで、最初の目標の一つであったユーゴスラビア領域の領有が完成します。&br;

|#ref(1614aug3.jpg,around,nolink,left,)|
| 別にイベントは起こりません。そもそも首都遷しちゃったし。|
&br;

 とりあえず脳内で満足しておくことにしましょう。&br;&br;
 さて、ここで一応最初の目標はクリアしたわけなのですが(え、HollandとかAiresとかはどうしたって?何のことでしょう?)、ゲームはあと200年ほど残っています。ということで今後の目標として、&br;

+オーストリアの併合
+全領土正教化

ということでやっていきます。あ、BBRできるだけ上げないっていうのはそのままで。&br;

*水の都を求めて [#c12db9d1]

 Venetoはオーストリア領となっていたのですが、一度反乱により独立しヴェネツィアが復活してから、あっという間に叩き潰されてバイエルン領となっていました。CoTもありなんとしても手に入れたい州です。バイエルンがオーストリアに外交併合でもされようものならやっかいなので、バイエルン領のうちに奪取しましょう。といってもバイエルンには大義名分がないため、ちょっとセコい手ですが、1620年6月、スペインとの同盟から離脱します。&br;
 そして1620年12月、再びスペインとの同盟に参加。スペインはまだオーストリア・バイエルンと戦争中のため、セルビアとバイエルンは戦争状態になります。&br;
 今回のターゲットはVenetoのみなので、オーストリアとはそこそこに戦った後に和平を結び、バイエルンに専念します。バイエルンがVenetoの割譲を申し出てきたのは1624年6月のことでした。&br;

|#ref(1585dec.jpg,around,nolink,left,)|#ref(1589jul2.jpg,around,nolink,left,)|
|#ref(1614aug.jpg,around,nolink,left,)|#ref(1624jul2.jpg,around,nolink,left,)|
|>| 1585年〜1624年の対オーストリア・バイエルン戦争の結果。|

*正教化大作戦 [#k6a8db5e]

 全土を正教化するためには改宗を重ねていくしかないのですが、旧ハンガリー領やこれから獲得する予定のオーストリア領は文化が違うこともあり、成功率は軒並み10%台です。保守主義にしているのでランダム改宗もいくつかはあるでしょうがそれだけに頼るわけにはいかないので、属国に%%金を使わせて改宗させる%%協力をお願いしなければいけません。とはいえ属国も文化が違うと改宗の成功率は低いため、より効率的にするには、属国の文化と改宗する州の文化をできるだけ揃える必要があります。&br;
 旧ハンガリー領は当然マジャール文化が大半を占めています。ワラキアとモルダヴィアはルーマニア文化なのでいけません。じゃあ、マジャール文化を持つ正教国家を作ってしまえばいい。セルビアが所有するPestは幸いランダムイベントで正教に改宗されたので、ここをハンガリーとして独立させます。&br;

|#ref(1624aug2.jpg,around,nolink,left,)|
| 正教国家ハンガリーの誕生です。|
&br;

 また、東方ではモルダヴィアの持つトルコ文化の州がなかなか改宗されないので、トルコ文化を持つ正教国家が欲しい。といってもオスマン帝国は州の宗教が何であろうと問答無用でスンニ派になるので、こちらも正教に改宗されていたAzerbaijanでシルヴァンを独立させます。もうCoTはIsfahanに移動したので惜しくないし。&br;

|#ref(1624sep.jpg,around,nolink,left,)|
| 正教国家シルヴァン。|
&br;

 時々ラッキーなことも起こります。&br;

|#ref(1634mar.jpg,around,nolink,left,)|
| 「異端の改宗」のほうがいいけど、贅沢は言いません。|
&br;

#ref(1639jul2.jpg,around,nolink,left,)&br;

 %%よく見ると白羊朝とドゥルカディルが邪魔ですので%%東方の領土を安定化させるため、「無礼な外交」で大義名分が得られたのを機に、1639年7月ドゥルカディルに宣戦布告します。この際、トレビゾンドが参戦を拒否しました。トレビゾンドの領有する州はすべて正教なので、後で併合することにしましょう。Armeniaも陸続きになることですし。&br;
 ドゥルカディルと白羊朝は都合のよいことに同盟していますので、一緒に叩き潰しましょう。陸軍技術力はドゥルカディルが17、白羊朝が16で、セルビアの16と互角です。なので相手を山地におびき寄せて撃破する作戦を取ります。&br;
 1642年2月、Daghestanをシルヴァンに割譲させて白羊朝と和平。1643年12月にはシルヴァンがドゥルカディルを併合し、めでたくトルコ文化の州がシルヴァンの領土となりました。&br;
 1644年12月、トレビゾンドを外交併合します。ついでにIveriaでカヘティを独立させました。あんまり深い意味はありませんが、もし将来黒海北岸地域を占領するときがくれば使えるかもしれないので…&br;

*属国の整理 [#u0153b0d]

 さて、せっかく独立させたハンガリー、有効に使うためにはワラキアの持つMarosとMagyar、モルダヴィアの持つTransilvaniaとRutheniaがまだ正教州ではないので、これらマジャール文化の州をハンガリーの所有にしなければいけません。とはいえこのゲームでは属国の持つ州を勝手に分配できるわけではないので、非道ではありますが、同盟から除外した上でハンガリーに占領させる作戦で行きます。一種の内乱ですが、隣国オーストリアはまだスペインと戦争中ですので、今がチャンスでしょう。&br;
 ワラキアとモルダヴィアを同盟から外して待っていると、1671年5月、ハンガリーがワラキアに宣戦布告しました。&br;
 セルビアはハンガリーの同盟国として参戦します。ワラキアは属国なので安定度が-3されますが仕方ありません。MarosとMagyarをハンガリーに占領させ、セルビア軍はWallachiaとBanatを占領します。1673年6月、MarosとMagyarをハンガリーに割譲、再属国化という条件でワラキアと和平しました。&br;

#ref(1673jun2.jpg,around,nolink,left,)
#clear
 これでワラキアはすべて正教州となったので、再び同盟に参加させます。あとは時機を見て外交併合しましょう。&br;
 しかしハンガリーはモルダヴィアにはなかなか宣戦布告しません。セルビアはモルダヴィアに大義名分を持っているのでセルビアから宣戦布告してもいいのですが、モルダヴィアの州は供給限度が低い州が多く、通行許可を持ったまま戦争するためには同盟国から宣戦してもらう必要があるので、気長に待つことにしましょう。&br;
 1683年5月にはモルダヴィアからAntalyaがセルビアに亡命してきました。&br;

#ref(1683may.jpg,around,nolink,left,)&br;
#clear

 亡命はナショナリズムは発生しないしBBRは上昇しないしで言うことないのですが、なかなか発生しません。これを意図的にコントロールできるようになれば低BBRで大国になれるのでしょうね。&br;
 1693年6月、同盟が切れたため、ワラキア・ハンガリー・カヘティと同盟を結び、あえてシルヴァンを外しておきます。すると1693年12月、白羊朝がシルヴァンに宣戦布告してきました。これで白羊朝に対し大義名分ができたので、すぐに宣戦布告します。白羊朝を蹴散らしてお膳立てをし、1696年10月シルヴァンに白羊朝を併合させました。&br;

*百年戦争の終結 [#z9ee515a]

 1700年1月、115年の長きにわたり続いたスペインとオーストリアの戦争が終結しました。&br;

|#ref(1700jan.jpg,around,nolink,left,)|
| 内容的にはオーストリアの勝利です。|
&br;

 115年間戦争続けて徴兵もしまくりだったのに、終戦時の戦争疲弊度はスペインが3、オーストリアは2でした。普通115年も戦争してたら全土で反乱祭りで国が滅びますがな…こりゃチートですか?&br;

|#ref(1700jan3.jpg,around,nolink,left,)|
| 1700年時点の情勢。チュニジアはいつの間にか属国から独立、&br;その後モロッコに外交で属国化→併合されました。&br; ちなみに、この時点でBBR7.9、インフレ率15.1%です。|
&br;

|#ref(1700jan4.jpg,around,nolink,left,)|
| マムルーク朝は属国を解除しようとしません。隣接する&br;領土を持っているかどうかの差でしょうか?|
&br;

[[大セルビア主義>大セルビア主義]]&br;
[[我らに海を!>大セルビア主義−我らに海を!]]&br;
[[ジャイアニズムでいこう>大セルビア主義−ジャイアニズムでいこう]]&br;
[[新たなる帝国>大セルビア主義−新たなる帝国]]&br;
第二次百年戦争(このページです)&br;
[[栄光の統一帝国>大セルビア主義−栄光の統一帝国]]

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS