[[欧州三国志(AGCEEP3人プレイAAR)]]
#contents

*第5夜 [#dd43a48f]


''''史実ではオスマン帝国による第一回ウィーン包囲が行われた1529年、欧州は見せかけの平和を享受していた…'''

1530年4月、スウェーデン王グスタフ・ヴァーサはヴェステルロースの議会にてプロテスタント国家を宣言。スウェーデンがある程度強くなってくれないと、強大化するオーストリアを牽制することができない。

1530年9月、恐れていたとおり、ケルンがあっさりとフランスに外交併合される。フランスは3アンリの戦い(フランス宗教戦争)の時に、きっちりと懲らしめてやらねばならない。

#ref(ENG1534.jpg,around,nolink,left,) 
#clear


1534年1月25日、我がイングランドもプロテスタント国家となる。イベントでの改宗の場合は安定度が下がらないのが有り難い(王室間の婚姻を破棄する数だけは下がる)。

 〜ヘンリーVIII世は6回結婚して、そのうち2人の奥さんを処刑してるんだよな。

 ''ナ''「…お、女の敵!ヾ(*`Д´*)ノ"」

ともあれ、ペノブスコット(Penobscot)とロイヤル島(Isle Royal)の入植を完遂させ、プロテスタントの領地を増やす。

それにしても、カトリックからプロテスタントに改宗した途端、安定度コストが跳ね上がったのには参った。

#ref(ENGDif.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

まだプロテスタントの州が少ないために、安定度コストが倍になってしまった。
ただでさえプロテスタントは安定度コストが高くなる修正がつくのに、まだプロテスタントの州が少ないために、安定度コストが倍になってしまった。

*墺露の躍進 [#mb44eec0]

イングランドが安定度回復に躍起になっている間に、オーストリアがボヘミアを併合する。

#ref(HAB1541.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

今回はオスマン帝国も強大なので、オーストリアには是非ともヨーロッパの楯となって消耗して欲しいものである。あまりにも強大になるようなら、きっとナヴィアさんのオランダが舵取りをして、オーストリアとフランスの力の均衡を取ってくれるだろう。

一方、このところおとなしかったロシアが、ついに動き出す。

 ''R''「やれやれ、やっと動けるようになったぞ」

1546年、カザンの併合イベントが解禁されたことを受け、ロシアはカザンに宣戦布告。

#ref(RUS1546a.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

キプチャク汗国が滅亡しているので、イベントのありがたみは少ないが、それでも首都を落とすだけでイベント併合が発動するのは、美味しい。&br;
ロシアは首都カザン(Kazan)を1年で攻略し、カザンを併合。

#ref(RUS1547.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

 ''R''「ひとーっつ!」

気勢が上がるロシアは、1549年にクリミアに宣戦布告する。

#ref(RUS1549.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

 ''ナ''「なんだかすごくカチカチ聞こえてくるんだけど…」

RyoのPCから、ものすごいクリック連打音がするのが不思議だったが、どうやら歩兵が4ダカットで徴兵できるらしい。&br;
全土で安い歩兵を徴兵し、歩兵の数にものを言わせる人海戦術を取っているようだ。

でもって、この戦争もわずか4年で終結。
#ref(RUS1553.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

 ''R''「ふたーっつ!」

ずいぶん領土を広げたロシア。しかも1550年が過ぎているので、アストラハンの併合イベントも解禁となっているはずだ。&br;
ということで、その1年後にはまたもロシアが動く。

#ref(RUS1554.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

アストラハンにも宣戦布告! そしてこれも1年で終結!

#ref(RUS1555.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

 ''R''「みーっつ!!」

 〜馬鹿な、3つの汗国が9年で全滅だと!?(加藤治風)

 ''ナ''「…いや、クリミアはなくなってないし」

雷帝イヴァンIVは、その異名の通りに周囲を荒らしまくり、結果として威圧感ありまくりのロシアが完成したのである。

#ref(RUS1559.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

 ''R''「まだだ、まだ終わらんよ!」(池田秀一風)

*オランダの建国 [#y46e784f]

イングランドは1553年に"モスクワ貿易会社"イベントで待望の探検家を手に入れる。1年で死んだカボットに続いての2人目の探検家は、実はランダム探検家だ。すぐに死ぬ史実の探検家達よりもランダム探検家の方が役に立つ気がするのは私だけだろうか。

さて、この"モスクワ貿易会社"イベントは革新主義が6以上でないと発動しない。ここで探検家を得ないと序盤のフランスとの入植競争が絶望的になるので、このイベントは何が何でも発動させるべく、内政スライダを計画的に動かしておいた方がよい。

#ref(Amr1559.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

くまなく北米を探検したが、チェサピーク(Chesapeake)とデラウェア(Delaware)がフランス領となってしまっている。北米の西海岸のペノブスコット以南は、どこも基本課税価格が5〜7なので、将来的に植民地戦争が起こる際、これらの地は徴兵において有利になる。なので、ここは最優先奪取目標だ。

スペインがまだアステカに手を出していないのも、不思議な展開だ。

そして1559年5月、ナヴィアさん待望のイベントが発生。

 ''ナ''「うーん、オランダになれるみたいだけど…」

 〜え? ここまで来てならないの?

 ''ナ''「オランダになるとインフレ+10なのよ。かといって、ならないとエノーになっちゃうし…」

 〜いや、エノーだとこの先、イベントが全然起こらなくなるんじゃないかなぁ…

#ref(HOL1559.jpg,around,nolink,left,) 
#clear

ということで、暫しの逡巡の後、無事にオランダが建国されたのであった。

*フランス宗教戦争への介入 [#v921e795]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS