AGCEEPのすゝめ


EU2英語版の場合

こちらは英語版用の手順です。

なお、すでにインストール済のAGCEEPをバージョンアップする場合は、ステップ1〜2の手順は必要ありません。ただし、(たとえば他のMODによって本体のデータを上書きしてしまったなどの原因で)導入後にトラブルが発生する場合は、EU2本体から再インストールしなおしたほうがいいでしょう。

ステップ1:EU2英語版本体をインストール&公式最新パッチ導入

EU2英語版は通常通りインストールしましょう。その後、Paradox公式サイトのダウンロードページから、EU2英語版の公式1.09パッチ*1をダウンロードし、インストールします。

ステップ2:国旗MOD「EGUFSM」をインストール

  • このステップはAGCEEPデラックス版を使う場合のみ必要です。ベース版を使う場合は、このステップを飛ばしてください。

「EGUFSM」とは、各国の国旗グラフィックを改良するMODです。

AGCEEPには、この「EGUFSM」を利用するデラックス版(Deluxe version)と、利用しないべース版(Base version)の2バージョンが存在します。デラックス版はグラフィック以外に、マップデータも多少修正されています。EGUFSMの使い方が分からない人は、ベース版を使いましょう。

AGCEEPデラックス版を使う場合は、AGCEEP公式サイトから「EGUFSM」のrarファイルを入手し、解凍→インストール(EU2インストールフォルダ直下にドラッグ&ドロップして[Gfx][Scenarios]フォルダを上書き)しておいてください。AGCEEP1.51以降ではEGUFSM1.2を必要とします。

egufsm2.gif

ステップ3:古いバージョンのAGCEEPをアンインストール

AGCEEPの古いバージョンをインストール済みの場合は、あらかじめアンインストールしておくことを推奨します。インストールした[AGCEEP]フォルダと同じ階層の "AGCEEPUninstall.exe"を実行した後、[AGCEEP]フォルダを削除すればOKです。

ステップ4:AGCEEPをインストール

AGCEEPベース版またはデラックス版をAGCEEP公式サイトからダウンロードし、インストールします。

  • 「Download」(インストーラ付きexeファイル)と「RAR archive」(インストーラなしrarファイル)の2つが用意されていますが、通常は「Download」をクリックしてexeファイルのほうだけダウンロードし、インストールすればOKです。rarファイルは不要*2です。
way1.gif

ここまでの手順を完了すると、デスクトップ上に画像右のような黄色いショートカットが出現するはずです。

この黄色いショートカット(右)をクリックすれば、AGCEEPをプレイできます。
従来の黒いショートカット(左)をクリックすれば、通常のEU2をプレイできます。

これでプレイ可能ですが、日本語化する場合は下記のステップを続けて行いましょう。

ステップ5:AGCEEPを日本語化

下記の日本語化パッチや日本語化DLLの使い方がわからない人は、別項「日本語化パッチの使い方」を参照のこと。

  1. 日本語化パッチ(paradox JP-Patcher.exe)をダウンロードし、解凍します。
  2. 解凍して現れた「paradox JP-Patcher.exe」を起動して、EU2英語版本体のEU2.exeファイ ルをドラッグ&ドロップします。処理後の保存先を指定するダイアログが開くので、適当な名前(EU2jp.exeなど)をつけ、「保存」をクリックしましょう。
  3. AGCEEPショートカット(黄色のアイコン)を右クリックして「プロパティ」を選び、ショートカットの「リンク先」を修正します。ここには「exeファイル+MODディレクトリ」という順番でアドレスが並んでいるので、exeファイルのアドレスを先ほどつけた名前に変更しましょう。
  4. 日本語化DLLをダウンロードし、解凍後現れる「_INMM.dll」というファイルを、EU2本体のインストールフォルダの同名ファイルに上書きします。
  5. EU2英語版用翻訳ファイルセットをダウンロードし、解凍後現れる各フォルダを、EU2インストールフォルダ直下に上書きします。

EU2英語版のAGCEEP日本語化は、ここまでで完了です。AGCEEPショートカットをダブルクリックして起動してみましょう。オープニングムービー終了後のメニュー画面で、日本語がうまく表示されていれば成功です。

日本語化パッチを当てる前にMODのページにあるEU2日付形式変更パッチを使用しておくとゲーム画面の日付が年月日形式になります。お好みでどうぞ。


AGCEEPとある程度の互換性を持ちつつ、プロヴィンス数を増加させたマップMOD「MyMAP」について興味のある方は、別項「MyMAP-AGCEEPインストールのヒント」を参照。

トラブルシューティング

AGCEEPショートカットをクリックしても起動しない
  • AGCEEPが正常な位置にインストールできていない
  • ショートカットの「リンク先」を修正し間違えorし忘れている
AGCEEPは起動するが、表示が「ƒ`ƒFƒbƒNB」のように文字化けしてしまう
  • 日本語化パッチ(JP-patcher.exe)を正しく適用していない
  • AGCEEPショートカットの「リンク先」を修正し間違えorし忘れている
  • "_INMM.dll"を正しい場所に導入していない
  • 翻訳ファイルセットを正しい場所に導入していない
AGCEEPは起動するが、表示が英語のまま
  • 翻訳ファイルセットを正しい場所に導入していない
AGCEEPは起動し、一見日本語化されているが、プレイ中(国選択画面など)に突然落ちる
  • 間違えてEU2日本語版用翻訳ファイルセットを使っている

EU2日本語版の場合

こちらはサイバーフロント社製完全日本語版用の手順です。

なお、すでにインストール済のAGCEEPをバージョンアップする場合は、ステップ1〜2の手順は必要ありません。ただし、(たとえば他のMODによって本体のデータを上書きしてしまったなどの原因で)導入後にトラブルが発生する場合は、EU2本体から再インストールしなおしたほうがいいでしょう。

ステップ1:EU2日本語版本体をインストール&公式最新パッチ導入

EU2日本語版は通常通りインストールしましょう。その後、サイバーフロント社公式サイトから、EU2日本語版の公式1.09.01パッチをダウンロードし、インストールします。

ステップ2:国旗MOD「EGUFSM」をインストール

  • このステップはAGCEEPデラックス版を使う場合のみ必要です。ベース版を使う場合は、このステップを飛ばしてください。

「EGUFSM」とは、各国の国旗グラフィックを改良するMODです。

AGCEEPには、この「EGUFSM」を利用するデラックス版(Deluxe version)と、利用しないべース版(Base version)の2バージョンが存在します。デラックス版はグラフィック以外に、マップデータも多少修正されています。EGUFSMの使い方が分からない人は、ベース版を使いましょう。

デラックス版を使う場合は、AGCEEP公式サイトから「EGUFSM」のrarファイルを入手し、解凍→インストール(EU2インストールフォルダ直下にドラッグ&ドロップして[Gfx][Scenarios]フォルダを上書き)しておいてください。AGCEEP1.51以降ではEGUFSM1.2を必要とします。

egufsm2.gif

ステップ3:古いバージョンのAGCEEPをアンインストール

AGCEEPの古いバージョンをインストール済みの場合は、あらかじめアンインストールする必要があります。インストールした[AGCEEP]フォルダと同じ階層の"AGCEEPUninstall.exe"を実行し、[AGCEEP]フォルダを削除すればOKです。

ステップ4:AGCEEPをインストール

AGCEEPベース版またはデラックス版をAGCEEP公式サイトからダウンロードし、インストールします。

  • 「Download」(インストーラ付きexeファイル)と「RAR archive」(インストーラなしrarファイル)の2つが用意されていますが、通常は「Download」をクリックしてexeファイルのほうだけダウンロードし、インストールすればOKです。rarファイルは不要です。

EU2日本語版の場合、このexeファイルを実行すると「EU2が見つからない」という英語の警告メッセージが出ます↓ が、気にせず「OK」をクリックして進めてください。

jp-setup1.gif

この画面↓になるので、そのまま「Next」をクリックします。

jp-setup2.gif

すると、解凍先(Destination Folder)を指定するよう促すダイアログが出ます。ここでEU2日本語版のインストールフォルダ(通常は「C:\Program Files\CYBERFRONT\Europa Universalis 2\」)を選び、「Install」をクリックすればOKです↓。

jp-setup3.gif
  • 注)翻訳ファイルセットを導入するまでは正常にプレイできないので、この後の画面で「Run AGCEEP」のチェックは外しておきましょう。

このステップが無事完了していれば、下記キャプチャのように、EU2インストールフォルダ直下に[AGCEEP]フォルダと"AGCEEPUninstall.exe"が作成されているはずです。確認して、次のステップに進みましょう。

jp-after.gif

ステップ5:AGCEEPショートカットの「リンク先」修正

jp-shortcut.gif

ステップ4までを終えていれば、デスクトップ上に黄色い楯状のショートカットができているはずです(左記キャプチャ左上)。これがAGCEEPショートカットです。

このショートカットを右クリックして「プロパティ」を選び、左記キャプチャ下部のようなウィンドウを開きましょう。

このウィンドウで、「リンク先」の欄を修正します。ここには2つのアドレスが並んでいますが、赤線の箇所を「EU2.exe」から「EU2JP.exe」に修正しましょう。

補足
この手順のかわりに、Mod Launcherというツールを使う手もあります。

ステップ6:翻訳ファイルセットの導入

EU2日本語版用翻訳ファイルセットをダウンロードし、解凍後現れる[AGCEEP]フォルダと[music]フォルダを、EU2インストールフォルダ直下にドラッグ&ドロップして上書きします。

honyaku-copy.gif

EU2日本語版のAGCEEP日本語化は、ここまでで完了です。AGCEEPショートカットをダブルクリックして起動してみましょう。

トラブルシューティング

AGCEEPショートカットをクリックしても起動しない
  • AGCEEPが正常な位置にインストールできていない
  • ショートカットの「リンク先」を修正し間違えorし忘れている
AGCEEPは起動するが、表示が英語のまま
  • 翻訳ファイルセットを正しい場所に導入していない
AGCEEPは起動し、一見日本語化されているが、プレイ中(国選択画面など)に突然落ちる
  • 間違えてEU2英語版用翻訳ファイルセットを使っている

Mac用英語版の場合

Mac用EU2英語版では、文字コードがShiftJISのテキストを表示することができないため、日本語化はできません。ここでは英語版AGCEEPのインストール手順のみ紹介します。

ステップ1:EU2本体をインストール&公式パッチ導入

EU2本体は通常通りインストールしましょう。その後、このサイトから、Mac版用の公式1.09パッチをダウンロードし、インストールします。

ステップ2:古いバージョンのAGCEEPをアンインストール

AGCEEPの古いバージョンをインストール済みの場合は、あらかじめアンインストールする必要があります。古い[AGCEEP]フォルダをゴミ箱に捨てればOKです。

ステップ3:AGCEEPをインストール

AGCEEPベース版またはデラックス版のRARファイルをAGCEEP公式サイトからダウンロードします。解凍後現れる[AGCEEP]フォルダをEU2のData Filesフォルダの中に入れます。

ステップ4:指揮官・君主ファイルを入れ換え

AGCEEP公式サイトの「Db Monarchs/Leaders 1.54 for Mac users」と書いてあるところから、RARファイルをダウンロードします。解凍後現れる[Leaders]フォルダと[Monarchs]フォルダを、EU2の[Db]フォルダの中に入れます。

  • 注意:オリジナルEU2のファイルを書き換えることになります。インストール前に元の[Db]フォルダをバックアップしておきましょう。

ステップ5:AGCEEPを起動してプレイする

インストールはここまでで終了です。オプションキーを押したままEU2を起動して、メニューのシナリオフォルダ入力ボックスに"AGCEEP"と入力しましょう。 ロード終了後、左側にAGCEEPのシナリオが表示され、上部の国紋章の数が20個に増えていれば成功です。


*1 1.08以前は現在、AGCEEPのサポート対象外。
*2 rarファイルは、Macユーザー・レジストリを汚したくない・exeファイルを使いたくない・中身のファイルだけ手に入れたい、といった人向けで、中身はexeファイルと同じです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-04 (木) 12:08:49 (2265d)