EUAGC.jpg

AGCEEPとは

AGCEEPtitle2.jpg

おそらくEU2でもっとも有名なMOD、それがAGCEEP。歴史の教科書にも載っていないようなマイナーなイベントの数々、国名の和訳を検索するにも一苦労するような弱小国の数々、そして歴史の再現を重視したバランス調整。

EU2に飽きたアナタにお勧めするAlternative Grand Campaign - Event Exchange Project、AGCEEPのコーナーです。

最新情報


AGCEEP-インストールガイド

手順については「AGCEEP-インストール」の項を参照。 2013年2月時点でのインストール手順はインストールガイドでも解説されています。

  • AGCEEPはEU2英語版/日本語版で動作します。EU2ACには非対応。
  • Mac版でも動作しますが、日本語化はできません。
  • AGCEEPはオリジナルのEU2本体を改変せずに導入できる「ディレクトリMOD」なので、オリジナルのEU2と並存可能です。
  • AGCEEPにはDeluxe版とBase版の2種類が存在しますが、違いは「EGUFSM(国旗MOD)を必要とするか否か」のみで、内容は同じです。

インストール&日本語化に必要なファイル一覧

EU2英語版と日本語版で、必要なファイルが異なります。(◎=必須、△=場合により必要、×=不要)

ファイル名EU2英語版EU2日本語版
AGCEEP本体(Deluxe版 or Base版)
EGUFSM(国旗MOD。Deluxe版のみ必要)
EU2英語版用 公式パッチ1.09×
EU2英語版用 AGCEEP翻訳ファイルセット×
EU2英語版用 日本語化パッチ(paradox JP-Patcher.exe)×
EU2英語版用 日本語化DLL(_INMM.dll)×
EU2日本語版用 公式パッチ1.09.01×
EU2日本語版用 AGCEEP翻訳ファイルセット×

翻訳ファイルセットダウンロードURL一覧

EU2英語版用
EU2日本語版用

AGCEEP-オプション設定について

(以下はAGCEEP公式サイトより和訳。)

AGCEEPを起動してプレイするシナリオを選ぶと、オプションメニュー画面(ゲーム速度や難易度などを設定する画面)に移ります。AGCEEP1.41以降では、攻撃性を「弱腰」(weakling)にすることが推奨されています。難易度は自由に選んでかまいません。

下記以外のオプションは、EU2本体と共通です。(別項「オプション」を参照のこと。)

仮想イベントの有無(Alternative options)

各仮想イベント群をゲームに適用するには、シナリオ選択後のオプションメニューで各オプションを選んでください。AGCEEPでは、史実に沿ったプレイと仮想的なプレイの両方を楽しめます。他のオプション設定を済ませた後、複数ある仮想イベントオプションのチェックをONにしてください。ONにすると、各仮想イベント群がロードされます。OFFにすると、通常のシナリオになります。初期設定はOFFです。

  • 仮想というだけあって、特にこだわりのない場合は初期設定のままOFFにしておくのが無難です。
  • ドイツ帝国/イタリア王国を目指すときはチェックの入れ忘れに注意!
  • ビザンツ帝国の仮想イベントはシナリオ「Fantasy Byzantium」を選ぶべし。

各オプションと対象国・効果は下記のとおりです。

十字軍(Crusader Events)
聖ヨハネ騎士団とイングランドで、旧エルサレム王国領奪回関連イベントが発生するようになる。
  • これをONにすると、1480年までにイングランドがイル・ド・フランスを得た場合、選択肢次第でマムルーク朝への開戦理由を50年間得られるイベントが発生する。また、オスマン帝国がコンスタンティノープルを占領した時、騎士団が選択肢次第でレバノン、アレッポなど東地中海沿岸の州を中核州として得る。つまり逆に言うと、(可能性は低いが)AIがこれらの選択肢を選んでしまった場合変なことになるので、プレーヤーが両国を担当しない場合は、OFFにしておくのが無難と思われる。
独立ウェールズ(Independent Wales)
1419年シナリオスタート時点で、ウェールズ州が独立国家となり、ウェールズの仮想君主・指揮官も登場する。
ドイツ帝国(Kingdom of Germany)
神聖ローマ帝国(HRE)域内でドイツ帝国統一イベントが発生するようになる。発生条件はこちら。
イタリア王国(Kingdom of Italy)
北イタリア諸公領でイタリア王国成立イベントが発生するようになる。発生条件はこちら。
統一イベリア(Unified Iberia)
1475年のカスティーリャ内戦〜イベリア半島のキリスト教国統一イベントが発生するようになる。
  • これをONにすると、1475年にポルトガルがカスティーリャとの戦争に突入するイベントが強制的に発生する。その後、1479年までにどちらかの国が特定の数州を占領することを条件に、一連の「カスティーリャによるポルトガル併合」または「ポルトガルによるカスティーリャ併合」イベントが発動する。こうなってしまうとトルデシリャス条約以降の展開が不条理になりがちなので、プレーヤーが両国を担当しない場合は、OFFにしておくのが無難と思われる。

イタリア王国・ドイツ帝国オプションをオンし忘れた場合の対策

セーブファイルをテキストエディタで開き、"event ="という書き出しの行が並んでいる箇所に下記の行があるかどうかを探す。ない場合、下記の行を書き足す。

  • イタリア王国の場合
    event = "AGCEEP\Events\AGCEEP_Alt_Italy.eue"
  • ドイツ帝国の場合
    event = "AGCEEP\Events\AGCEEP_Alt_Germany.eue"

「条件は全部満たしたはずなのにイベントが発生しねえ!」という場合に試してみてください。なお念のため、作業前にセーブファイルをバックアップしておくことを推奨します。

ランダムイベントの有無(No random events enabled)

AGCEEP1.33以降では、ランダムイベントの有無を選ぶオプションもあります。これにより、AGCEEPのいくつかの要素について宣伝するポップアップが出現します。この宣伝は、AGCEEPを正しく機能させるために必要で、無くすことはできません。(これをONにすると、ランダムイベントの代わりにAGCEEPを宣伝するポップアップが出現するようになります。)

ランダムイベントが起きないようにするには、「No random events enabled」をONにしてください。初期状態はOFFです。

  • いくつかの国家では、このオプションをONにしていてもランダムイベントが発生することがあります。

Fantasyシナリオについて

AGCEEPで選んだり、追加したりして遊べる仮想シナリオの一覧。AGCEEP本体にはビザンツ(Fantasy Byzantium)以外の仮想シナリオを追加する予定はないそうなので、今後の仮想シナリオは Fantasy Resurgant Granada シナリオのように別ファイル扱いになるとのことです。

Fantasy Byzantium(仮想ビザンツ帝国)
ビザンツ帝国が生き延びた場合の仮想イベントや君主・指揮官を追加したシナリオ。AGCEEP本体に組み込み済なので、ゲーム開始時にシナリオ選択すればプレイ可能。
Fantasy Resurgant Granada(グラナダの復活)
グラナダ国土回復関連の仮想イベントを追加したシナリオ。詳しくは「AGCEEP-グラナダの復活」の項を参照。
ダウンロードはAGCEEP公式サイトInstallationページの最下段から。
Byzantium Triumphant(ビザンツの栄光)
既存の組み込み済「Fantasy Byzantium」シナリオをさらに強化すべく、500個以上もの仮想イベントを追加したアドオンシナリオ。最新α版0.6は2008年2月リリース(AGCEEP1.53以降に対応)。AGCEEP本体への組み込み時期は未定。
  • モレア・トレビゾンドからのビザンツ変体イベントが強化。
  • バルカン・アナトリア・南イタリア・エジプト・北アフリカ・アンティオキア・南インド征服イベントが追加。
  • さらにはローマorアレクサンドリア遷都イベントも…主要文化10個持ちのパックスロマーナを実現できるか?

AGCEEP-FAQ and Tips

AGCEEPに関するよくある質問や、国家の紹介と戦略、難関イベントの発生条件などをまとめています。下記リンクからご覧ください。

AGCEEP-MOD参加者向け情報

別項を参照。AGCEEP公式フォーラムに投稿したり、自作イベント/シナリオを追加する場合の参考にしてください。

イベントファイルビューワー(英語)

イベントファイルビューワー(英語) AGCEEP最新版の全イベントファイルについて、発生条件やイベント間の依存関係を見やすく一覧できるページです。

AGCEEPイベント翻訳について

翻訳についての情報交換はAGCEEP翻訳支援ページまで。

AGCEEP1.54用翻訳ファイルセット公開履歴

  • 2007-10-21 ver0.1j
    • 1.53用和訳ファイルを移植。システム周りのメッセージ、文化名タグ、汎用選択肢の修正を反映。
  • 2007-10-27 ver0.2j
    • イングランドまでのイベント更新を反映。
  • 2007-11-03 ver0.3j
    • 1.54での全イベント更新を反映。

AGCEEP1.55用翻訳ファイルセット公開履歴

  • 2008-02-06 ver0.1j
    • 文化名・国名タグの変更を反映(ザンジバル・アンゴシェ追加など)。
    • システム周りおよび重大歴史イベントのテキストを見直し、修正。
    • その他、新ランダムイベントなど少しだけ新訳を反映。
  • 2008-02-09 ver0.2j
    • Global_ProvinceSpec.eueまでの和訳、新国家アンゴシェの和訳、スイス以降の和訳を反映。
    • その他誤字・変更漏れなどの小修正。
  • 2008-02-13 ver0.3j
    • 1.55でのtext.csv更新箇所を全て反映。一部イベントのバグを修正。
  • 2008-02-24 ver0.3.1j/e
    • text.csvの一部誤字等を修正。臨時にCabochaを使用した英語版用翻訳ファイルセットを配布。
  • 2008-03-02 ver0.3.2j
    • text.csvの一部誤字等を修正。!?()などを半角英数字に統一。
  • 2008-03-15 ver0.3.3j
    • text.csvの一部誤字等を修正&表記統一。

AGCEEP1.56用翻訳ファイルセット公開履歴

  • 2008-05-10 ver0.1j
    • オーストリアまでのイベント和訳、日本イベント、FRGイベント和訳を反映。
  • 2008-05-17 ver0.2j
    • 1.56での変更点をすべて反映。
  • 2008-07-19 ver0.2.3j
    • text.csvの各種誤字修正&表記統一。
  • 2008-08-22 ver0.3.1j
    • FRG1.5以降での修正を反映。text.csvの各種修正&表記統一。

AGCEEP1.57用翻訳ファイルセット公開履歴

  • 2008-10-09 ver0.1j
    • 百年戦争イベントの再ナンバリングを反映。日本イベント和訳を反映。
  • 2008-10-19 ver0.2j
    • 1.57における全修正点を反映。
  • 2009-10-19 ver0.3j
    • 誤訳修正&表記統一。
  • 2010-02-04 ver0.4.1j
    • 翻訳修正。おそらく1.57用最終版。

AGCEEP1.58用翻訳ファイルセット公開履歴

  • 2011-01-24 ver0.1
    • FTG用AGCEEP1.58翻訳ファイルを流用して作成。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-25 (日) 06:45:20 (1979d)