帝国の動揺と飛翔

小アジア統一

1561年になり、Kastamonuをそろそろ取らないとトルコ人追い出しイベントの発生期間が過ぎてしまうってんでKastamonuを所持しているバスラに宣戦布告。
Kastamonuの占領と野戦の勝利、さらに60年前からずっとバスラとサファーヴィー帝国が戦争を続けているって状況もあってKastamonuをアッサリと獲得。

Image78.jpg

と、ここまでは良かったものの…バスラと一緒に参戦してきた白羊朝が強い強い。
向こうは既に鉄砲を発明済み、こっちは未だに要塞へ突撃することすら不可能と、技術後進国ビザンツの本領を遺憾なく発揮して野戦では連戦連敗。
イスラム教国相手ですらこのザマでは…なんとも情けないことです。

結局、野戦を避けて城の取り合いをやってる内に白羊朝が積雪などで消耗し、横合いから参戦したサファヴィー帝国が白羊朝を併合してくれたおかげで戦争終了。
サファーヴィー帝国には足を向けて眠れません…

1570年に属国化から40年以上経っていたアルバニアを外交併合。

Image79.jpg

これでバルカンの中核州は全て回収終了。ばんじゃーい
この後10年間はひたすら平和を謳歌。欧州の豊かなCoTへ商人を派遣してみたり、国内の異教徒をランダムイベントで改宗させたり、黒海沿岸の正教諸国へ外交の手を伸ばしてみたり、テオドロスに属国化を提案しては突っぱねられてみたり…
ともあれビザンツはひたすら平和です。

と、まったりしていたら1580年。そろそろまたもトルコ人追い出しイベントの期限がヤバいシーズンになってきました。
残る小アジアの土地を持っている国はマムルーク朝とその属国カラマン。どちらも既に鉄砲を発明しているので、まとめて一緒に相手取るのは危険すぎです。
とりあえず同盟が切れた瞬間を狙ってカラマンに宣戦布告。野戦でサッパリ勝てないわ、供給限度が12の州にLv3の要塞を建ててやがるせいで消耗しまくりだわでひたすら梃子摺りましたが、7年がかりでどうにかカラマンを武力併合。


その3年後、ようやくビザンツ帝国軍にも火縄銃の時代がやってきたので速やかにマムルーク朝に宣戦を布告します。
マムルーク朝が居座っているAdanaは1600年にトルコ人追い出しイベントが死んでしまうので、本気で急がないとヤバいです。大ピンチです。

海からLebanonへ、陸からAdanaへ軍を進め、これを包囲。その間にマムルーク朝の軍隊がAleppoから小アジアへ雪崩れ込んでいきますが、これは完全に無視。
Lebanonを包囲しているビザンツ軍に対して、技術力の低いアダルの軍が突っ込んできては玉砕してくれるなんて幸運に恵まれたおかげで戦勝点がどんどん水増しされていきます。
この水増しされた戦勝点が効いたのか、開戦二年目にLebanonとAdanaが落城したところでマムルーク朝がLebanon・Adanaの割譲+100Dで講和を申し入れてきてくれました。
当然これを受諾して講和成立。

Image80.jpg

どうにかタイムリミットギリギリで小アジアを統一。ようやくFantasy Byzantiumシナリオ中盤の山を乗り越えました。
後はゆっくりと東ローマの栄光を取り戻していくだけですね。

Image81.jpg

ゲットしたLebanonに早速正しい教えが広まりました。ウヒョーラッキー
こんなことになるならLebanonじゃなくて聖地を取っておくんだったなぁ

女帝包囲網を破れ!

1604年、皇帝の交代と同時に「血族の乱」が発生。

Image82.jpg

いよいよFantasy Byzantiumシナリオで最も大事な時期がやってまいりました。
選択肢は当然下が正解。満を持してゾエ2世が皇帝の座に座ります。

Image83.jpg

ビザンツ帝国歴代皇帝の中で最高の統治能力を誇る優良君主。非主要文化州を改宗するならイマノウチ
このゾエ2世、本来なら外交能力も高いんですが…

Image84.jpg

政策スライダーがこうでは発揮のしようもありません。

で、「血族の乱」が発生するとすぐに次のイベントが発生。
皇帝の椅子から引き摺り下ろしたコンスタンティノスさんの処遇をどうするか決めることに。

Image85.jpg

暗殺するとその場で反乱、追放すると反乱を先延ばしにする代わりに少し強烈な反乱イベントが後に発生します。
このイベントの段階で貴族中心政治が2以下(1番左端orその1マス右)なら、上を選んだほうが被害が少なくて済みます。
が、現在の貴族中心政治は3です。このまま行くと今後7年間で3回反乱イベントを食らう反乱祭りに突入してしまうので、今回は下の選択肢を選びました。

で、追放を選んだので2年経って次のイベントが発生。

Image86.jpg

貴族どもを遠慮なく粉砕しちゃいます。これで貴族中心政治が-2されて一番左端に。
これでこの後の反乱イベントが回避できますが、技術グループラテン化に必須のイベントまでこのままだと回避してしまうので、1609年のスライダー移動で貴族中心政治へ1動かしておきます。

安定度低下や反乱リスク上昇のおかげで反乱が頻発してえらいことになりますが、そんな有様にもめげずアブハジアを外交で属国化。

Image87.jpg

でもって1611年に「貴族の大反乱」が発生。

Image88.jpg

ギニャー超強烈!
しかしこれを発生させることは技術グループをラテン化するために必須なので、絶対に回避してはいけません。
1611年3月29日までには何がどうあっても貴族中心政治を1以上(一番左端以外)にしておきましょう。

酷い反乱祭りに一年耐えると、「貴族たちの処遇」が発生します。

Image89.jpg

ついついここで貴族を再起不能なまでに叩きのめしてしまいたくなるのが人の情ってもんですが、ここはグッとこらえましょう。
上2つの選択肢は罠です。どちらを選んでも技術グループラテン化への道は閉ざされてしまいます。一番下が唯一の正解なので、迷わず一番下を選択です。

こうして貴族の反乱は収束し、いよいよ女帝ゾエによる一連の改革へと突入していきます。
もうイベントで何を選択しても技術グループラテン化への扉が閉まることはないので、ようやっとこさ一安心ってとこですね。

Image90.jpg

一連の改革イベントの中で、唯一のマイナスイベント「商人たちの処遇」。
貴族中心政治が3以上であれば一応回避できますが、狙って回避するのは困難です。
ここでは商人どもの小生意気な要求をガン無視しておきました。

Image91.jpg

お次は「陸軍の改革」が発生。今のビザンツ帝国にとって、軍備増強より早いとこ知事を配置してインフレ率を下げる事のほうが喫緊の課題なので、ここでは一番下を選択しておきました。

Image92.jpg

まだまだ改革は続きます。今度は「財政の改革」が発生。貿易に莫大な投資を得られる貿易の振興を選択したかったのですが、ローンの規模が500Dになっちゃうと返済が面倒で仕方なくなってしまうので…諦めて税制改革を選択。

Image93.jpg

立て続けに発生した改革イベントのトリを務めるのは「社会改革」。
当然ここでは工場が2つ貰える真ん中の選択肢を選びます。
イベント文を読むと一番下を選びたくもなってしまいますが、改革主義スライダーは今までの改革イベントと自力での移動で結構動かせるので、ここで慌てて5つも動かす必要は……
まぁ、一番下の選択肢は何かのアクシデントで未だにガッチガチの保守主義寄りになっちゃってる人への救済処置でしょう。

こうして一連の改革イベントがつつがなく終了した1620年元日、一連の改革を主導した女帝が崩御して改革の時代に幕が下ります。ご苦労様でした。

………
……………
あ、結局改宗作業全然やってねーじゃん!
何か一気に損した気分に…

レバントの激戦

Image94.jpg

何かいきなり征服者を手に入れちゃいました。が、アフリカも新大陸も未知の領域なので探検しに行く場所がありません…
単なる消耗を抑制できる指揮官が一人ゲットできただけです。しくしく


1624年の末に「無礼な外交」でマムルーク朝に対する大義名分を得たので、兵力の召集が終わった翌年の春にマムルーク朝に宣戦を布告。
狙うは聖地エルサレム。今回の戦争は聖地奪還の為の聖戦です。

陸軍技術に投資を続けたおかげで今やマムルーク朝とビザンツ帝国の技術力は互角。
兵力差・騎兵ボーナス・質重視&攻撃主義MAXなど様々な要因が積み重なってビザンツ帝国軍は連戦連勝。
レバント一帯の城とAlexandriaを片端から陥落させ、マムルーク朝をボコボコに殴り倒していきます。

Image95.jpg

1625年を過ぎたので、小アジアのトルコ文化州がギリシャ文化に変わるイベントが発生し始めました。
しかしビザンツの植民者が土着のトルコ人を吸収したなら州の宗教も正教に改宗してくれればいいのに…ケチだなぁ
自力で改宗にようにも、革新主義がMAXに近いので宣教師が一人も手に入りません。早く保守主義に戻したい…

Egyptを陥落させて東アフリカの地図を得たので、マムルーク朝に講和を打診。

Image96.jpg

こんなゆるーい条件で打診したので一発で講和成立。聖地がビザンツ帝国の手に再び戻ってきました。

Image97.jpg

いずれはSyriaとSamariaもマムルーク朝から取り戻しておきたいところですね。
Alexandriaはアレクサンドリア総主教庁を異教徒の手から保護するためにビザンツ帝国の領土としただけで、決してCoTが欲しかったわけじゃありませんよ?
実はAlexandriaのCoTこそが本命で聖地奪還はグリコのオマケ程度とかそんなこと絶対にないですよ?ホントですよ?

…何はともあれAlexandriaのCoTを得て帝国の財政は大いに潤いました。
しかしビザンツ帝国の目が南に向いている間にロシアがイメレティを外交併合してしまっています。
正教を信奉する国のくせに正教の総本山たるビザンツ帝国の中核州に手を出すとは実にけしからんことです。
いずれロシアにはお灸を据えてやる必要があるでしょう。



全ての富は東ローマへ通ずへ続く



目次へ戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-22 (月) 18:35:09 (3415d)