欧州三国志(AGCEEP3人プレイAAR)

みたび、第四夜

 1529年1月1日、そのとき歴史が動く

 ということで、2週間ぶりにEU2を再開の夜。
我がフランスといえば、史実ではイタリア戦争の真っ最中、しかしゲームでは神聖ローマ皇帝になってイタリア戦争の悲惨な結末を(たぶん)回避。

財力にも余裕があるので、まずは属国ミラノを同盟に引き込…、同盟は5カ国までだった。
なので、属国化してから100年以上経つフォワを併合するところからゲームを開始。

FRA_FOIX1529.jpg

属国を外交併合すると他の属国との関係が悪化する。属国化を解除されてはかなわないので外交活動を怠らず、フランスとその属国達(ブルターニュ、サヴォイア、スイス、ミラノ)での同盟を結成。

とはいえ、こちらから宣戦布告する大義名分がない。マップを見ると、ヴェネツィアがティロル(Tirol)は取るわシュヴィーツ(Schwyz)は取るわで生意気な感じなので、いつかはやっつけてやりたい。

ということで、ヴェネト交易センターに商人をマメに送り、あわよくば貿易禁止されることを目指す。地味だなオイ。

さて、Naviaさんのスウェーデンといえば、まずはあやしげな行動を取っている。

SWE_DIP1529.jpg

なんでこんなに通行許可をいっぱいもらっているのやら。
バルト諸州から北部ドイツを経由して、南回りでデンマークに攻め込むつもりなのか…

そんなNaviaさんにも宗教改革の波が到来、

SWE_PRO1531.jpg

 「またロシアとの同盟からはみ出た…」

 R「プロテスタントに改宗しても正教国との関係は変わらんのだな」

フランスとスウェーデンは他国に対する開戦理由がないし、ロシアはBadboy点が高くて動けない。

することがないので、長らく属国にしていたブルターニュを、1532年に史実通りイベント併合。

FRA_BRI1532.jpg

第三次大北方戦争

 R「つまらん、動くぞ」

1533年、デンマーク=ノルウェー=リトアニア連合から盟主デンマークが脱退。デンマークがプロテスタント化したためだったが、これを見逃すRyoではない。

 R「リトアニアにとどめを刺す」

 「ついでにノルウェーも叩けばいいわけね」

RUS_SWE1533.jpg

ということで1533年5月、第三次大北方戦争が勃発。相変わらずロシアとスウェーデンの見事な連携プレイである。

ロシアも突撃可能な陸軍レベルに達しており、まずはあっという間に首都州リトアニア(Lithuania)が陥落。

 R「ポーランドに先んじてロシアで首都を落とせたぜ」

Naviaさんのスウェーデンはノルウェー戦線もあって両面作戦を強いられていて、大変そう。

2年でリトアニアが全領土を喪失し、和平。

RUS_LIT1535.jpg

これでリトアニア領は首都州のみとなった。

 R「そのうちポーランドあたりが併合するだろうさ」

これでロシアの西進政策はひとまず終幕といったところか。

一方のNaviaさんはリトアニアとの停戦後、全力でノルウェーを叩いていたのだが…

 「何故かポーランド軍の偉い人がトロンデラーグまで来ちゃった…」

とそれ以上の南下を断念。

 「ホルシュタインまでは要らないけど、そろそろお金が減ってきたから和平する〜」

と、ノルウェーから北極圏の植民地2州とホルシュタイン(Holstein)を奪って和平。植民地はフランスからは未知の土地でみえないが、ナルヴィク(Narvik)とフィンマルク(Finnmark)の2州。

EstEUR1535.jpg

 「ゲーム開始から100年以上経ってるのに、まだ植民地のままになってるとは!」

と、ノルウェーAIに呆れつつ入植作業を開始するNaviaさんであった。

フランス探検隊、インドへ

 ノヴァ・スコシア(Nova Scotia)周辺の入植以外にすることがなく、平和なフランス。
1534年には第二の探検家、ジャック・カルティエ(Jacques Cartier)が登場。史実ではカナダを発見した人だ。

史実通りにカナダ奥地を探検させてハドソン湾を発見。幸いにもケベックの州都となるスタダコネ(Stadacone)とその対岸のバス・サンローラン(Bas St-Laurent)を発見。

次いでカリブ海とメキシコ湾を探検させて中北米と南米北部の海岸線までを確定させる。

FRA_AME.jpg

 〜これ以上南米を探検するメリットはない、インドへゴー!

返す刃でカルティエさんにアフリカ沿岸を南下させる。コンゴを見つけて外交を結べるようになったので、すかさず贈り物&通行許可をゲット。

 〜喜望峰を回ってこい!

喜望峰を回る際にテーブル(Table)も発見。ここはブドウを産出するうえに、基本課税価格も7あり、美味しい土地。

ロシアとスウェーデンの楽しげな戦争を横目に喜望峰を回り、マダガスカルを発見したところでカルティエさんが退場。将来船から陸地を発見可能になったらマダガスカルは押さえたい。

FRA_ATLAS.jpg

さて、現在の入植候補地としてはいくつかある。この時代だと戦争になってから増援を派遣しても船の移動力の関係で全然間に合わないので、自力防衛可能であることが必須。
そうなると基本課税価格が高い(=徴兵数が多い)州か、集団自衛が可能ないくつかの州が固まった地域だ。

前述の如くフランスはトルデシリャス条約の影響をうけるので、条約範囲外の条件も重ねると、

・ マンハッタン(Manhattan)…言わずとしれたニューヨーク。基本課税7で毛皮と好物件。
・ テーブル(Table)…南アフリカ。基本課税7でブドウの優良州。
・ スタダコネ&バス・サンローラン…既に都市化したノヴァ・スコシア周辺と連結できる。

の3つが候補。マンハッタンはともかくテーブルはフランスから遠すぎていざ戦争になったら防衛は厳しいし、テーブル周囲の土地が寂しい州ばかり。
マンハッタンは周囲がまったく未知な上、たしかアメリカ独立戦争イベントが発生したらフランスは無条件でアメリカを支援した気がするのでこれまた罠。
そういうわけでカナダ方面を地道に開発していくことにする。

毛皮の価値がまだ高いのはありがたいが、カナダの沿岸州は軒並み基本課税価格が1〜3しかないんだよな…。

スウェーデンの独立

 グスタフ・ヴァーサ王になったら一気に先進国入りするのがスウェーデンの醍醐味。

Vasa1539.jpg

 「イェムトランドとスコーネを中核州化したから、デンマークとノルウェーの両方に大義名分が立ったわ」

島を陥落させるのが大変なこのゲーム、普通だったらノルウェーがデンマークに併合されてるはずなので、ハンザに友好的な改革をして、ゴトランド(Gotland)を戦勝点で獲得する手が有効なのだが、そうするとイェムトランド(Jaemtland)が中核州化しなくなってしまうのである。

 「デンマークのゴトランド島守備兵が消えた瞬間がチャンス」

デンマークとオーストリアが戦争になった1544年に、スウェーデンが後背を衝く。

SWE_DAN1544.jpg

 R「同盟主の俺とか、ポーランドは誘わないのか」

 「敵はヘッセンとデンマークとプファルツだから、ロシアは何もできないかと…。ポーランドにまた変な将軍を派遣されても困るし」

ノルウェーを併合してないので、普通のパターンよりはデンマークの国力は低い。
それでもこの時期のスウェーデンがデンマークと戦うと、スコーネ(Skane)からシェラン(Sjaelland)に上陸するあたりが難しい。海軍優勢が必要だし、上陸戦のペナルティは大きいし。

私の予想では苦戦するかと思われたのだが、さすがはNaviaさん、伊達に通行許可をいっぱいもらってるわけではなかった。
わずか2年でデンマークを叩きのめす。

SWE_DAN1546.jpg

 「ダンチヒげっとー!」

 R「なんだか完全にバルト帝国になってるな」

これって、おそらくゴトランドはおろか、ダンツィヒ(Danzig)も首都州シェランも落として大量の戦勝点を稼いだんではないだろうか。

ともあれ、これで国家収入ランキングベスト10入りしたスウェーデン。次の目標はスカンディナヴィア半島の統一かしらん。

ロシアがカザンとキプチャク汗国をイベント併合(カザンの首都を占領)したところで、戦争ばっかりだった今夜の飲み会も終了。ゲーム中では1529年から1549年の20年間が経過したのであった。

みたび、第五夜

 R「この先ロシアはひたすら植民して東進するだけなのか?」

 〜いや、ここは是非、コンスタンチノープルを奪還して"ロシアによるコンスタンティノープルの支配"イベントを狙って欲しい。

 R「うん?それって、オスマン帝国を消滅させろって事じゃん!」

 「大丈夫、あと300年もかけれるんだし」

さて、1ヶ月ぶりの会合で久しぶりのプレイ再開だが、まずは衝撃的な事件。

SPA_SCO1551.jpg

スコットランドが消滅!イングランドは後背地を押さえられたわけで、イギリス死亡フラグか?

今回はイングランドが弱いのかもしれない。確かに、北米にイングランドの入植者が全然来てないのが気になってはいたが…。

 R「そういやリャザンを属国化してたんだっけな」

RUS_RYA1554.jpg

前回のプレイから現実時間で1ヶ月が経過しているため、各自が何をしようとしていたか、忘れていたりする。

 R「1555年になったから、アストラハンの併合でもするか」

気軽に宣戦布告をするロシア、周りの国はいい迷惑である。

RUS_AST1555.jpg

アストラハン=シビルの両汗国連合が相手だが、ロシアには首都州アストラハン(Astrakhan)を占領すると、アストラハンを一発併合できるイベントがある。

ところがロシア同盟のポーランドがデンマークに喧嘩を売る。

POR_DAN1555.jpg

 「もうデンマークに欲しい土地ないよ〜」

 R「ポーランドが大きくなりすぎるのも問題だな…」

欲しい土地はないといいつつも、きっちりと領土をせしめるNaviaさん。

SWE_DAN1558.jpg

 「武器工場げっとー!」

デンマーク、滅亡するんじゃないかな…。

ENG_SPA1555.jpg

それより驚いたのは、イングランドがスペインの属国になったこと。
既にスコットランドがスペイン領なので、これはマジでやばい。

いや、どうせスペインは1700年のスペイン継承戦争でフランスの属国になるんだから、イングランドが弱体化するのは良いのかな。でもそれまではハプスブルグ家として敵対するわけだし…うーん。

泥沼の宗教戦争

1560年、ついにフランス宗教戦争が勃発。史実では1562年から1598年まで続いたユグノー戦争である。あれ?なんで2年早く始まったんだろう…(どうやら"アンボワーズの陰謀"イベントで史実選択肢を選ばずにユグノーを厳しく迫害したのが原因らしい)。

Guerres1560.jpg

史実同様の泥沼戦争を避けたいところだが、これについてはプレイヤーに対策できることはあまりない。
反乱リスクが15%以上になるため税収が極端に落ち込むので事前の蓄財が必須であることと、戦争中にも征服者が出るので戦争しつつ探検もする必要があること、他国に介入されると領土が削られるので、ユグノーとはガチでやり合うことが注意点。

8000ダカットの国庫と優秀な将軍達を動員してユグノー戦争に挑む。

ENG_FRA1562.jpg

結論から行くと、上手くいかなかった。てへ。

ユグノーとの戦闘には勝つのだが、フランス領に反乱が発生しまくりで、ユグノー領を占領する余裕が全くない。

反乱軍が沸いた時点で都市が占領下になってたりすると、他国に寝返る前に奪還しなければならず、そこで部隊が拘束されてしまう。

税収が殆どないのでどんどん国庫も目減りしていく…。

結局、ユグノーとの第一ラウンドはフランシュ=コンテ(Franche-Comte)とリヨネ(Lyonnais)を奪還して5年で停戦。これだけで5000ダカットを消費しており、全然割にあわん。

おまけに、

HOL1564.jpg

なんだこれ、史実より全然早いぞ!

しかも、当然の結果として、

Manhattan1569.jpg

マンハッタンと隣のデラウェア(Delaware)のみならず、南アフリカの美味しい土地テーブルもオランダに取られてしまった。
なんだか全然納得がいかん。

瑞露同盟の終焉

定期的にデンマークに宣戦布告を繰り返すポーランドだが、1563年に事件が起こった。

POL_DAN1563.jpg

 R「しまった、同盟履行を拒否しちまった」

長らく蜜月関係だったスウェーデンとロシアがついに別路線。まあ、もともとがリトアニアやリヴォニア騎士団対策の同盟だったわけで、もう別々で良いんじゃないかな。

 R「そうなると、どこと組もうかな」

 〜反オスマン帝国の急先鋒はオーストリアになるね。

 R「いや、今はまだ技術力で差があるから、戦争するのはもうちょっと先で良いんだよ。」

 〜なら、少なくとも1588年のシビル汗国併合イベントまでは大人しくしてれば良いんじゃないかな

 R「ま た 改 宗 作 業 か 」

RUS1569.jpg

がんばれRyo。でもヴォルガ以西は正教化が完了してる(文化が違うポロツク(Polotsk)まで!)のは、すごいかも。

たたかうNaviaさん

すでにデンマークは眼中にないスウェーデン。

NAV1569.jpg

というか、既にデンマーク海軍は消滅しており、バルト海はスウェーデンの海になっているのであった。

もはや弱いものいじめ

POL_DAN1565.jpg

これでデンマークは首都州のみになってしまったうえ、

SWE_HES1568.jpg

以前ヘッセンに割譲していたホルシュタイン(Holstein)をちゃっかり回収して、

SWE1569.jpg

こうなった。ブレーメン(Bremen)は改革派の州だからなのか、あっさりと属国ブレーメンを作成してリリースしたスウェーデン。

1568年にスウェーデンはポーランドとの同盟を解消しているので、次のスウェーデンの野望は現在ポーランド領になっている両ポンメルン(Vor/Hinter Pommern)の奪取による完全なバルト支配とみた!

 「ノルウェー領内がまだカトリック州が多いから、ノルウェーに手を出すのは待ち」

そんなわけで、ゲーム内で20年を経過したところで今夜の飲み会も終了。

フランス名将列伝(ユグノー戦争前期)

ギース公フランソワ(Francois de Guise)…1557年からイタリア戦争に参加。翌1558年にはイングランドからカレー(Calais)を奪取するのに成功。ユグノー戦争ではプロテスタント側のコリニー提督により1562年に暗殺される。指揮3射撃3白兵4包囲1。

ガスパール・ド・コリニー(Coligny)…ギース公フランソワを暗殺した側の人。1572年8月24日、ナヴァール王アンリ(後のアンリIV世)の結婚式に集まった改革派貴族が、カトリック派のギーズ公アンリI世によって虐殺された"サン・バルテルミの虐殺"事件で殺された。指揮3射撃3白兵3。ゲームでも1562年以降はユグノー側の指揮官となる。

アンジュー公アンリ(Henri d'Anjou)…後のアンリIII世で、ヴァロワ朝最後のフランス国王となる。ユグノー戦争では国王軍側の司令官をつとめる。国王になるとゲームでは死亡扱いになる。指揮2射撃2白兵2。


欧州三国志(AGCEEP3人プレイAAR)に戻る
三度・欧州五列強(1569〜)に進む


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-15 (月) 18:30:39 (1378d)