欧州三国志(AGCEEP3人プレイAAR)

みたび、第六夜

 一目でわかる1569年1月時点での各プレイヤーの状況

筆者…フランスで宗教戦争が始まって、国家資産がすごい勢いで減少。反乱祭りのさなかでいくつの工場が消えたのか、気にしたら負けと思っている。
Naviaさん…スウェーデンは現バルト三国の大部分を征服したところでロシアとの同盟が切れる。次の標的は死に体のデンマークか、ノルウェーか。
Ryo…ロシアは中央アジアに進出したが、せっせと改宗しているためか国庫がちっとも貯まらない。宿敵オスマン帝国との対決に備え、今はじっと国力を蓄える。

Atlas1569s.jpg

フランスの政情不安

8000ダカットの国庫が10年で1500ダカットまで減少した我がフランス。史実ではあと30年くらい戦争が続くのだが、国内で反乱軍やユグノー(こいつらも反乱軍みたいなもんだ)を相手に戦争していても、ちっとも面白くない。

時計の針を戻すことはできないが、進めることは(ry。ということで、1572年のサン=バルテルミの虐殺イベントであっさりとユグノーに譲歩。

FRA_FPR1572.jpg

反乱リスク+4が37年間つづくというのはどうかと思わんでもないが、このイベントのおかげで大規模な内戦は一気に終息。

FPR1572.jpg

イベント解説文からは、あんまりユグノーを併合できるイベントには見えないのだが。
でもってさらに反乱リスクにペナルティがついて、+7が30年ほど続くこととなった。

…1609年までは工場建設とか、大規模な戦争は避けなきゃならんな。

ということで、北米への入植を続行するフランスであった。

ウラル山脈を越えて

 R「1580年になればシビルを併合できるんだったっけ」

ロシア序盤戦略手引きにも書いたが、1580年以降にヤルトロフスク(Jalutorovsk)をロシアが占領すると、シビルを一発併合できる。
そこでロシアは1580年6月にシビルに宣戦布告。あっさりシビルは併合される、かと思われたのだが…

 R「ヤルトロフスクを占領したが、全然イベントが起きんぞ」

 〜イベント判定が180日間もあるから、半年くらい待たないと…

 R「いや、もう1年経った」

あわててイベント文をチェック。
シビル領ヤルトロフスクをロシアが占領することが条件だった。

 〜あー、俺からは見えんが、ヤルトロフスクはシビル領じゃないんでは…

 R「うん、ウズベク領だ。シビルと同盟してるからロシアが占領してるけど」

 〜すまんRyo、それだとイベント発動しない…

 R「Het!」

とたんにRyoのノートPCからクリック連打の音が始まった。ロシア得意の人海戦術らしい。
結局8年かけてシビル、ウズベク、カザフ同盟を撃破。

RUS_SIB1588.jpg

 R「中央アジアへの道が開けたから、まあよしとするか…」

シビルとウズベクが中央アジアに蓋をしていて、モンゴル諸族を仏教化する前に攻略することができなかったらしい。

 R「シベリア方面はあくまでおまけ。真の目標はオスマン帝国だ」

RUS1588.jpg

と、"ロシア正教会によるコンスタンティノープル独立宣言"イベントで史実に反する選択肢を選ぶRyo。

これでオスマン帝国の首都コンスタンティノープル(イスタンブール)のあるトラキア(Thrace)がロシアの中核州となった。

オスマンが滅びるまでロシアが大義名分を得たということでもある。まさに漢の浪漫!

仏墺戦争

1579年、オーストリアが我が属国スイスにちょっかいをかけてくる。

AUS_HEL1579.jpg

同盟全軍を挙げてこれを迎え撃ち、ロレーヌ(まだ属国化に成功せず)にシュトラスブルクを併合させて退ける。

が、1587年にスイスが改革派に改宗し、同盟関係が破棄された直後、オーストリアがスイスに宣戦布告。一時停止して再同盟を持ちかけるのが間に合わなかったのであった。

1588年10月、敢えなくスイスはオーストリアに併合される。
奪回しようにも、反乱リスク+7が続いている上に大義名分もない。

ところが1589年、フランスの属国サヴォイアがオーストリアに宣戦布告。これに乗じれば…て、えっ?

SAV_AUS1589.jpg

ポーランドも相手かい!?

陸軍大国2国を相手にしたこの戦争は、大変だった。唯一の慰めは今回ヴェネツィアが敵同盟にないので海軍維持費を上げなくても問題なかったことくらい。
1600年にインフラレベル5(知事を配置可能)を達成するために、フランスはインフラに全力投資中。その間にオーストリアの陸軍レベルは、CRTが一段階上がった18になっていたのである。

この戦争では属国サヴォイアが活躍。

こっちの元帥で指揮権取れなかったことから調べてみると、サヴォイア王カルロ・エマヌエーレI世が指揮官なのであった。
狭い戦闘正面(今回ヴェネツィアが敵でないので、アルザス(Alsace)・ベルン(Bern)の2州分しかない)に苦労しながらも、何とか優勢を確保。

AUS_FRA1592.jpg

サヴォイアは属国化して100年くらい経つのでいつでも併合可能だが、こういう活躍があるのでまだ頼ることにする。

スウェーデンの統一事業

首都州シェラン(Sjaelland)だけとなってしまったデンマーク。どこがここを併合するかが北欧情勢の焦点であった。

NOR_DAN1591.jpg

ノルウェーからの宣戦布告(9年ぶり2回目)を凌ぐデンマーク。どうやらノルウェー海軍は弱体でデンマーク本土に上陸できないらしい。

が、ついにナヴィアさんがとどめを刺しに出る。ノルウェーにデンマークを併合されると、今後の対ノルウェー戦が厄介になるという計算かな?

SWE_DAN1591.jpg

どうやってか大義名分を得たらしい。

 「タイミング良くランダムイベントで1年間の大義名分がついたの♪」

プロテスタントのスウェーデンとカトリックのフランスは王室間の婚姻を結べないので、戦況は全く不明である。
が、欧州でフランス、ポルトガル、スペインに次ぐ第4位の海軍国スウェーデンは、AIの様に上陸失敗を繰り返したりはしなかったらしい。

SWE_DAN1592.jpg

 「スウェーデンの悲願達成!」

ゲームではスウェーデン貴族がデンマーク王に虐殺されたり、デンマーク王がスウェーデンに重税を課したりとか、してないんだけどな…

スウェーデン領と地続きになっているメクレンブルクは、もちろんスウェーデンに抵抗できるわけもなく。

SWE_MEC1593.jpg

デンマークとメクレンブルクを一刀両断にしたスウェーデンのBadboy点は12点まで上昇したものの、バルト海沿岸は殆どスウェーデンが領有することとなった。

SWE1599.jpg

 「この後、グスタフ・アドルフの時代にはポーランドと戦うイベントがいくつもあるはず」

ポーランドともやる気満々のスウェーデン。国内はプロテスタントで統一されている上に、武器工場が4つもある技術国家なのだ。

スウェーデンがシェランとダンツィヒ(Danzig)の2つの交易センターを得たことで、国家収入ランキングでも7位に躍進。Ryoのロシアが8位。

ということで、欧州の列強国といえるのはスペイン、フランス、オーストリア、スウェーデン、ロシアになるのであった…

北米植民競争

スペインの属国となってしまっていたイングランド。このまま外交併合されてしまうととっても困ってしまうことになる。

ENG1595.jpg

イングランドはプロテスタントだから、まあ大丈夫だろうとは思っていたが、属国化が解除されて一安心。イングランドとスペインの関係も悪い(-150以下)ので、再同盟される心配はない。

が、独立した途端にイングランドの北米入植ラッシュが始まった。
フランスの植民方針として原住民を迫害しないというのがある。別に友愛とか脳内お花畑な事を考えているわけではなく、植民地の人口を稼ぎたいだけのことである。

植民地戦争が発生した場合、本国から兵隊を輸送するのは非現実的なので現地徴兵ということになるが、カナダ諸州は軒並み基本課税価格が低い。基本課税5、人口4000のスタダコネ(Stadacone)を中心に、都市化した州の数でカバーしている。

もう一つ中心になる都市が欲しい。ということでアディロンダック(Adirondak)に白羽の矢が立つ。待ち受けるは5000人の、とても攻撃性の高い(8)、原住民。

1571年に最初の入植の試みを開始、翌年に交易所を建設する。原住民を根絶しない程度の軍を常に駐在させ、植民地が滅ぶのを防ぐ。

1573年に最初の入植が成功したが、都市化に成功するまでには10年を要したのであった。苦労しただけあり、基本課税5、人口6000のこの土地は、すぐに交易センターがスタダコネから移ってきて毎月34ダカットもの収入を生み出すことになった。

FRA1599.jpg

北米で都市化したフランス州はチェックの入っている10州。微妙にイングランド領ぽい赤色の未知の州が見えるのが悔しい。
ハドソン河の対岸は基本課税価格の低い土地なので、アディロンダックを一応の北米フランス領の最南端拠点とすることに。

1599年を迎えたところで、今日のEU2会も終了となったのであった。

フランス(とサヴォイア)名将列伝(ユグノー戦争後期)

フランソワ・ド・ボンヌ(F. de Lesdiguieres)…レディギエレ公。フランス最後の王軍長(コンスタブル)とされる。1621年にはフランス史上6人しかいない、大元帥の称号を得た。ゲームでは有能で地位が高い(元帥)上に、40年もの間働いてくれる実にありがたい人材。指揮3射撃3白兵3

カルロ・エマヌエーレI世(Charles Emmanuel Ier)…サヴォイア国王だが同盟国として活躍したので特別に紹介。イル・グランデ(英訳するとThe greatか?)と呼ばれる野心家で西のフランス、東のスペインとも戦火を交えた。指揮3射撃2白兵4とゲームでも高評価。


欧州三国志(AGCEEP3人プレイAAR)に戻る
 三度・16世紀の総括に進む


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-23 (火) 18:55:27 (1370d)