ヴェネツィアの序盤戦略手引き(AGCEEP)

   グランドキャンペーン開始当初は圧倒的な豊かさを誇るヴェネツィア、でも徐々にオスマンなどにいぢめられて凋落、地中海の女王からアドリア海の奥底で○○○とか×××××、△△△の□□□□にまで落ちぶれてしまう。
 そんなヴェネツィアを救済しようというアナタの助けになれば幸いです。

 環境:EU2英語版1.09 + 日本語パッチ + AGCEEP1.57 日本語ファイル
難易度:とても難しい
攻撃性:弱腰 
その他:ドイツ王・イタリア王・十字軍イベントON 

 大まかな方針と目標
イタリア?それはアメリカのどこにありますか?
・がんばれイタリア!イタリア万歳!
・17世紀以降、スペインやらフランスやらとガチで殴りあうための国力涵養

 イタリア諸国は15-16世紀中に併合してもイベントで独立させられることもあるが、下手に放置すると手が出せなくなる恐れがあるので何とか食い止める。それでも16世紀以降はスペインとフランスの草刈場になりがちなので、それを奪い返せるだけの国力を養いたい。



 承前 状況把握


 ヴェネツィアはいきなりハンガリーとの戦争状態から始まる。一応勝ってはいるものの、最初からいる外交官でDalmatiaを要求しても戦果点が微妙に足りない(乱数によりにけりだが、通ることもある)。ver1.55からはシリア文化が削除され(ヨハネに対する愛はないニカ!?(ニダーAA略))、新たにダルマツィア文化が追加されたため、Dalmatiaも同文化・同宗教の土地、ついでに中核州でもある。初期保有のRagusaと連結するためにも是が非でも勝ちたい。
 またヴェネツィアは非常に豊かで、かつ技術開発もかなり進んでいて、いきなり貿易レベル3(!)である。つまりいきなりCoTの独占が可能で、他国に比べて万単位の金を節約できている訳で、序盤は貿易自体のアガリはよくないものの、塵も積もれば、ということもあるので、自領のVenetoのCoTはなるべく独占したいところ。
 文化もイタリア(AGCEEP1.58以降は北イタリア文化)・ギリシア・ダルマツィアと大盤振る舞いで、後にはアルバニア文化も追加されるという贅沢さ。何でこれで凋落するのかが不思議なくらいである。とはいえ無論デメリットも多々あり、国内政策が「富豪中心・海軍主義・防戦主義・自由農民制」に寄り、BBRの上昇や安定度の低下をリカバリーしづらく、また歩兵1000が13D、騎兵1000が27Dと非常に高くつくなど、騎兵万歳の序盤の攻勢にはかなり不向きな点である。

Dom.JPG

左:極めてビミョーな国内体制。せめて中央集権がもう少しあれば…。
中:ここまで勝ち越しておいてもCPUはここからDalmatiaを取り損ねることもしばしばだ…が、それはプレイヤーとて同じである。ハンガリー騎兵ツヨス
右:ハンガリーと戦争中。同盟国のサヴォイアとトスカーナはほとんど役に立たないので注意。侮辱を駆使してオスマン開戦時に脱落してもらうべし。
また、マントヴァの属国化は時間が経つと絶対に解除されてしまうので要注意。

Money.PNG

ライバル諸国との比較。ところで、私はアレキサンドリアはヴェネツィアに明け渡されるべきだと考えているのだが…。

君主とヒストリカルリーダー

 ドゥーチェの首がころころすげ変わるせいで、初期に出てきて長く君臨するフランチェスコ・フォスカリやアゴスティーノ・バルバリーゴあたりまでの印象しか残らないが、それ以外のドゥーチェもまあ優秀である。
 一番ひどいのが3-3-3の君主だが、一ヶ月しかいないので気にならない。ただし、富豪主義が高すぎるせいで外交能力が下がっている場合が多々あり、数値上の見かけと実際では差があるので注意。統治能力が高い君主が多いのも特徴。軍事能力がさほど高くないのは国が国だけに致し方ないところだが、そこはお金でカバーしよう。
 ヒストリカルリーダーは意外と少なく、ことに提督が少ない(一時代に一人いれば大体足りるとはいえ)。反面、陸軍の将軍が多いような気がする。質もなかなかで、カルマニョーラの兄貴以外にも頼りになる漢が多い。特に17世紀半ばから30年以上にわたって出てくるフランチェスコ・モロシーニは優秀である。のちのミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァもいるにはいるが、二年しかいないので使うタイミングが難しい。優秀なだけに残念。
 一方でヒストリカルリーダーとして出てくる探険家も征服者もいないのがネックになっている。早いうちから海外植民地を得るのは苦しいだろう。




 第一戦目 対ハンガリー戦

負けてはいないんだけど

 いきなり大幅に勝ち越した状況で始まるため「俺Tsueeeee!」とばかりにCroatiaに突撃したいところだが、ちょっと考えれば、相手は超陸軍国家ハンガリー、難易度「とても難しい」ではフス戦争に10万単位で兵をつぎ込んで人海戦術を行ってくる国と比べ、兵もろくに雇えない海軍国家の傭兵風情では、突っ込んでもボコボコにされる→兵士が高くて雇えない→財政圧迫→少数の兵を圧殺される→戦果点下がる、のコンボを決められるのがオチで、これはAGCEEP製作陣の仕組んだ卑劣な罠に違いない。
 愚痴はさておき、Venetoに展開しているリーダー付の初期保有の兵8000は艦隊に載せてDalmatiaに運ぼう。軍を合流させたら、ハンガリー軍の主力(15000弱ぐらい)は確実にIstriaに侵入してくるので、それを見計らってCroatiaに進撃させれば、ハンガリー軍主力はIstriaの低い供給限度によって漸減するから、引き返されて決戦を挑まれても十分撃退できる(それでもたまに負けるが)し、他の軍はPestから渡河してくることもあり、こちらの主力軍で挽き潰せる(ヒストリカルリーダーもいるし)。
 そうやってCroatiaを包囲し続ける間に戦果点を稼げば、Dalmatia+賠償でさっさと手打をしてもいいし、Croatia+Dalmatia+賠償まで持ち込んでもいい。戦力(特に騎兵の頭数は重要なのですり減らさないように!)さえ足りていればそこから内陸に進撃しても構わないのだが、その後の戦争と、特にBBRと技術開発に対するペナルティなどのことを考えると、お勧めはできない。

講和はしたんだけど

 首尾よくDalmatia+Croatiaを奪い、さて次の獲物は…と舌なめずりするドゥージェの前にAGCEEP製作陣の仕組んだ卑劣な(略が待っている。「クロアチアの返還」イベントがそれで、Croatiaを保有している場合、Croatiaを手放すか、あるいはBBRを+1されて保持するかの二択である。講和時に+2されていることを考えると実質+3になるため、何も知らない状態でプレイすると「くぁwせdrftgyふじこ!!」状態になること必至であり、その辺りのメリット・デメリットはよくよく考えた上で講和したい。Croatiaは異文化だが課税価格は低くないし、ワインが産物なので醸造所を建設させてもいいから持っていても悪くないのだが…。

1421.PNG

司馬仲達「まて、これはAGCEEP製作陣の罠だ」



 第二戦 対オスマン戦

金がかかるんだけど

1424.PNG

ヴェネツィアの命運を決する?中核州増加イベント。

 初戦のハンガリー戦は長くても1421年までに終わらせて、すぐに次の戦争の準備である。1424年に「1424年の条約」イベントが発生したら(ビザンツの選択他によっては発生しないこともあるので注意)、選択肢Aの「テッサロニカを支配する」を選択してMacedoniaを中核州化し、これを大義名分にしてオスマンと戦うことにしよう。
 ハンガリー戦が終わって間もなく時点で、概ね月収は25前後、年初収入も50前後と騎兵2000も碌に雇えない状況だが、ある程度のインフレ覚悟で決戦用の騎兵25000(初期保有の騎兵の残りが4000ぐらいあればなおよし、合計600D前後)と包囲用の歩兵若干(12000程度あればOK)を、かつ150Dを準備したい。この時場合によっては養兵限界を超えてしまうかもしれないが、そこは何とか我慢したい。運が悪いとマントヴァの属国化を解除されて属国による養兵限界アップボーナスが消えてしまい、計画が破綻するが。
 戦争時には維持費100%(でないとオスマンにはまず勝てないだろう)にしなければならず、計画が破綻した場合、こうなると月30D以上かかるので、そうならないように歩兵を(包囲を維持できる)6000まで減らすとか、場合によっては全廃するなど、ケースバイケースになるだろうか。

Carmagnola.JPG

頼りになりますカルマニョーラの兄貴。でも高いよなー。

 そうこうするうちに1425年の1月25日に「カルマニョーラの雇用」イベントが発生するため、150D払ってカルマニョーラを雇おう。リーダー一人に150Dは高いような気もするが、オスマンに勝てると思えば安い投資である。前述の雇った兵力を騎兵部隊と歩兵部隊に分けてIoniaあたりに駐屯させ、用心がてらビザンツ帝国から通行権を確保しておこう。1426年の1月ごろにガーズィーがSmyrnaをオスマンに明け渡した直後が戦端を開くタイミングである。開戦前に侮辱を数回行って友好度を-50ぐらいまで下げ、宣戦布告時にサヴォイアとトスカーナの脱落を誘い、今後の外交面のフリーハンドを確保するのを忘れないように!

連中の本土なんだけど

Otto1.JPG

 上の画像を見てもらえばわかるように、オスマンはしばしばヨーロッパ側に兵力を集中させすぎるきらいがあるので、このAIの虚をついて戦おう。少なくともSmyrnaだけはガラ空きのはずなので、カルマニョーラに預けた騎兵2万を上陸させられればリーダー率いるオスマン軍でも野戦で挽きつぶせるはず。一応水際で戦うようにしつつ、危ないと感じたら艦隊で海峡を封鎖すればいいだろう。オスマン軍主力(三万から四万、二〜三回)の攻撃をしのいだら歩兵部隊も上陸させ、占領に移らせたい。
 小アジア方面が安定したら、機を見てヨーロッパ側に騎兵部隊を移し、Angora・Anatolia・Smyrnaの占領が終わったらあとは歩兵部隊も移して全土占領を狙おう。おそらくRagusa・Dalmatia・Croatiaあたりが陥落しても(前二つは艦隊さえ置いておけば陥落しない可能性が高く、属国軍が消耗でつぶれるホイホイになる)、オスマンさえ全土占領すれば戦果点は100%になるので、あとは領土要求をするだけである。 とりあえずMacedoniaに加えてBulgaria、さらにSmyrnaあたりを奪いたい。ただし、SmyrnaではなくRumelia、Dobrudjaあたりを奪ってヨーロッパから叩き出すのもBBRの割に合わないかもしれないがアリだろう。兵力に余裕があるならBulgariaぐらいで我慢して、後の戦争でBBR+1で奪えれば理想的。

atwar.JPG

左:上陸してきたムラト二世の軍団と激戦を繰り広げる兄貴と騎兵軍団。
右:小アジアと少々の戦果で泣きが入ったオスマンと、Ragusaの低い供給限度(確認したら8だった)に苦し…みにわざと行っているとしか思えない属国軍、そしてオスマン主力を壊滅させ悠々とヨーロッパ側の占領にまわるヴェネツィア軍の図。

Hamza.PNG

宿命のライバル?ハムザ・ベイ。彼をさっさと馬蹄に掛けることができれば…。

Otto2.JPG

余裕で勝ち越…本当は全土占領で戦果点100%だったのだが、遊びすぎてガーズィーを併合され、あわてて占領に走るの図。

勝ったはずなんだけど

 オスマンに勝利して万々歳、これでさらに良イベントが…と胸ときめかせるプレイヤーの前に三度AGCEEP製作陣の仕組んだ(略が待ち受ける。1430年ごろまでにMacedoniaを自領にすれば「NOT Fall of Thessalonica」が発生し…Macedoniaが中核州から外れるか、100D払うかのいずれかを選択させられる(…)。

Victory.JPG

 ビザンツを外交併合する前後にもう一度オスマン帝国と戦うことになるだろうが、ボスニア・アルバニア・ワラキア・セルビアなどの場合によって常に変わるオスマンの属国にさえ気をつければ、あとは上陸してくるオスマン軍を水際で叩くだけである。まあ、ビザンツを外交併合しても特にイベントはないんですが…どう考えてもこれはAGCEEP製作陣の(略…。



 イタリア?ギリシア?〜その後の外交戦略

Bad.JPG

左:イタリアを放置してバルカンに集中してたら、ティロルがオーストリアを併合した後でオーストリアに変体してしまった挙句、マントヴァを取られてイタリアに手が出せなくなった図orz
右:ちゃんとイタリアに介入したらこうなった。懸念された独立イベントはとりあえず発生しなかった。一番重要なのはグラナダがセビリアを占領していることである。

属国化してたはずなんだけど

 前述のようにヨーロッパからオスマンの脅威を退け、トスカーナ・サヴォイアという足枷の外れたヴェネツィアの目の前にいるのはミラノ・マントヴァ・モデナ(とおそらくスイス)のミラノ同盟とビザンツ・モレアの同盟、つまり、ギリシアかイタリアか、の二択である。
 とりあえずはミラノ同盟に加入して、1430年ごろにマントヴァが外交併合可能になり次第、失敗して属国化が解除されても構わないからとにかく試してみるべし、というのは、1433年ごろにマントヴァで必ず発生するイベントによってマントヴァの属国化が必ず解除されてしまうからだ。また、マントヴァが併合できたら次いでミラノも属国化させたいところ。
 しかし、マントヴァを併合できたとしても安心してはいけない。ヴェネツィアにはイタリア諸国に独立されてしまうイベントが数回用意してあり、その内の第一回目が1441〜47年ごろに発生する「クレモナの和」である。とりあえずミラノと仲良くしていれば発生しないはずである。
 とりあえず重要なのはマントヴァで、ここさえ確保できれば他のイタリア諸国へ介入する時の属国化や併合の敷居が低くなる。ここで失敗すると、上の画像のように「イタリアに首都のある超大国なのにイタリア文化領は一つだけ」といういささか情けない事態になりかねないので注意しよう。

1433.JPG

1433年ごろには絶対に発生する属国化解除イベント。避けるには併合してしまうしかない。

併合したはずなんだけど

 さて、ミラノを属国化させたあたりでオスマンがビザンツに宣戦すると思うが、そうなったら即座にミラノ同盟から離脱し、ビザンツ同盟に参加しよう。ボスポラス海峡でオスマン軍をいなしつつ、領土を取れれば上出来だが、勝ちすぎてオスマンがビザンツに属国化されるような羽目に陥らないように。Rumelia、Dobrudja、Smyrnaなどの前回とり損ねたところを奪えるだけ奪いたい。
 オスマンから領土を奪い、コンスタンティノープルを守りきったら、ビザンツと友好度を高めて属国化→外交併合を行いたい。また、1470-80年ごろまでアルバニアが存在している場合「スカンデルベグの遺贈」イベントが発生し、アルバニア文化が加わるはずなので、同盟を組むなりして併合し、ギリシア側とイタリア本土を連結したい。
 ここまでくると月収や足枷だった養兵限界もそれなりに上がっているはずなので、注意すべきは16世紀中盤まで続く残りのイタリア諸国独立イベントである。これはイタリア全土に独立されたり、あるいはミラノにだけ独立されたりするものだが、これはフランス、オーストリアにスペイン、ナポリといった諸国のイベントと進出次第なので対応が難しいだろうと思う。とりあえず独立されるのは与件として、即同盟→10年後に併合できるように、外交面ではなるべくフリーハンドを保つようにしておきたい。


 宗教政策と内政

正教に改宗したいんだけど

 ヴェネツィアのホームグラウンドはイタリアとバルカン、ということで宗教政策は困らないと思う。カトリックと正教をほぼ同等に扱い、工場の建設具合と税収と年頭収入の機を見て改宗できればいい。
 ただしThraceやMacedoniaといった高税収地域は最優先に改宗させたいが。また、CreteやCorfuといった離島は反乱を起こされると厄介なので、兵力をある程度おいておくと助かるだろう。
 このあたりの改宗は無理に行わず、ランダムイベント頼みでいい。…もっとも、ヴェネツィアは超絶金満国家なので、改宗費用に困ることはないだろうが。こう面倒だとうっかり正教に回帰したくなるが、どうやら無理らしい(領土を取られないようにしつつ正教国に50回負ければ…とも思ったが、そもそも正教には強制改宗が不可能な仕様らしい)。返す返すも残念である。

やっぱり金がかかるんだけど

 一方、内政ではヴェネツィアの本領発揮である。インフラも貿易もかなりのスピードで開発が進むのだ。とりあえずインフラレベルを3にあげたら年初の収入と月収を睨みつつ、南欧という立地条件を最大限に活かしてCrete・Dalmatia・Croatia・Morea・Cyprus・Dobrudja(EmiliaやFirenze、Piemonteでもいいのだが、独立イベントがスリープされれば、という条件がつくので)といったワイン・砂糖産出州に醸造工場を建設したい。「破壊的な火」や「小作人の不幸」などはどうしようもないとして、反乱軍・敵軍に工場を壊されると痛いので突発的なランダムイベントの選択肢による反乱には十分注意すること。
 概ねインフラ(LV3)→貿易(LV4)→インフラ(LV4)→弁護士設置→陸軍に投資、といった流れで十分だと思われる。海軍は疎かになってしまうかもしれないが、とりあえず陸続きになるであろうフランスとスペイン、オーストリアに負けない程度には陸軍レベルを保ちたい。

スライダーが動かないんだけど

 国内政策ではとりあえず農奴制→中央集権の順番に動かそう。ただでさえ多数の正教地域を抱えるので、安定度が永遠に下がりっぱなしだからだ。保守主義と重商主義はランダムイベントであげればいいし、また海軍主義は高いほうが探検家が得られていい。問題は貴族主義か富豪主義だが、とりあえず北イタリアが安定する16世紀半ばまでは富豪主義寄りになることは避けたいところ。世界全体の貿易パイが大きくなる16世紀後半以降、イタリアに目処がついたら、富豪主義に寄せるのがいいのかもしれない。個人的にはずっと貴族主義に寄せているが…。

地図がないんだけど

 上記のように、ギリシアを征服し、イタリアをある程度統一した以上は、宗教改革の嵐に見舞われるヨーロッパは放っておいて、こちらは探検・新大陸征服と行きたいが、海軍国の割にヒストリカルリーダーの探検家が一人もいないひどい国、それがヴェネツィアである。
 とりあえず植民者に困ることはない(海軍主義が高く、造船所もある)のはありがたいが、とにかく地図を入手するあてがない。1529年の「カンブレの和約」イベントによってスペインがイタリア諸国を独立させるイベントを待って地図を奪う(交換する)か、あるいはスペイン・ポルトガルの本土を直撃するしかない。ヨハネ騎士団なんかもいいカモだが、この先生きのこっていた場合は単に首都が移るだけなので地図はもらえない。
 せっかく豊かな経済力を持っておきながら、使うあてがないというのは実に侘しいものがある。…史実のドゥージェどもは一体何をやっていたんだろう?とつくづく疑問がわく瞬間である。


以上、
LV0 ヴェネツィア?どうせ典型的厨房御用達俺Tsueeeee国家だろ?どうでもいいよ…
LV1 陸軍はあんまり精強ではないな。ってかこの騎兵何で27Dもすんの?
LV2 ガレー艦隊は強いな。海峡封鎖ってのはなんかオスマンの主力部隊の隔離に結構いいかも。
LV3 カルマニョーラって軍神じゃね?理想の兄貴って感じ・・・
LV4 ロラダン提督も地味に役立つな。敵の雑魚艦隊をつぶしたりRagusaのGホイホイ作ったりするのもいい・・・
LV5 ビザンツってこっちには別にイベントないのにオスマンに奪われるとうぜぇ。ビザンツ死ね!
LV6 ビザンツ結婚してくれ!
LV7 やべぇビザンツ最高!ビザンツと同盟関係さえあれば生きていける!
LV8 ビザンツを併合した!俺はビザンツを併合したぞ!!
LV9 やっぱミラノ同盟は最高だわ
MAX ヨハネ騎士団を武力併合したいよぉ〜

なノリでお送りしました(嘘)


  • やはりイタリア介入は必要だと痛感した次第。イタリア編とかはもうちょっと煮詰まったら書き改めます -- ヨハネ書き換えた人 2008-04-29 (火) 09:27:00
  • ジリ貧感がたまらないですね。 -- 2008-04-29 (火) 21:11:31
  • プレイヤーとしてはジリ貧感はないんですよ、腐っても月収25Dですから。この時点のインフレはどんなにひどくても5%にもならないと思います。ここさえ乗り越えればあとは楽ですし。切迫したジリ貧感があるのはやはりヨ(ryの最初期とかフス派でしょうねえ -- ヨハネ書き換えた人 2008-04-29 (火) 21:18:48
  • チロルがオーストリアを併合したのではなくて、チロルを併合したオーストリアが首都をTYROLに移したのでは? -- 2008-04-29 (火) 22:52:02
  • 1回CPUヴェネにドイツ打通されたなあ・・・ -- 2008-04-30 (水) 20:50:52
  • ヴェネツィアって、やっぱり塩野効果もあって、一度はやってみると思うんですけど、それこそ塩野効果でコンスタンティノープルは絶対守る、ってやっちゃうと、15世紀半ばの時点で圧倒的な強国になって、萎えちゃうですよねぇ。フランス、スペイン、オーストリアといっても同宗だし。が、イタリア諸国独立イベントですか。やっぱりAGCEEPデザイナーズもヴェネツィアを遊べる国家にしたいのかな。つか、16世紀や17世紀でやれば、存分に斜陽の国が楽しめますよね。でもやらないw 「正教に改宗したいんだけど」に激しく同意、10ユーロです。 -- Efendi 2008-05-06 (火) 21:39:21
  • しもた、AARのところに登録するの忘れてた…。 -- ヨハネ書き換えた人 2008-06-04 (水) 10:33:44
  • 改訂しました。カルマニョーラについてはマンゾーニが悲劇を書いていますね。 -- ヨハネ(ry 2009-06-29 (月) 12:41:28
  • >この先生きのこっていた場合 どの先生がキノコなんですか? -- 2009-08-07 (金) 21:01:52
  • 日本語化FTGでもある程度通用することを確認。しかし気のせいか、オスマンが小アジアを陥としただけじゃ音をあげなくなったような気が…あと何回かテストしたら改訂しようかな -- ヨハネ(ry 2010-02-28 (日) 16:11:54


AAR


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-28 (日) 16:11:54 (2883d)