ノヴゴロドでのプレイは初心者に対して本当に優しくない。周囲を敵国に囲まれ、1年以内にほぼ確実に宣戦布告されて、(難易度を高く設定すると)互角かそれ以上の戦力を流し込まれるからだ。特に複数の国々と戦争する羽目になると本当に厄介なことになる。そこで時間を進める前に状況を確認して、最適なスタートを切ることにする。それでも勝てるかは運次第だ。

初期政策.jpg

 幸いにもノヴゴロドは最弱の部類には入らない。「ヴァリャーグからギリシアへの道」の入り口にあたり、ハンザ同盟に名を連ねるノヴゴロドからはゲーム開始当時でも交易の中心地として高い税収が上がる。商人の町であるためか、政策を見ると、農奴制は(モスクワほどは)高くない(ついでに「ノヴゴロド共和国」といわれる割りに貴族政治は低くはない)。そこでまず、安く軍備増強するために農奴制にスライダーを振ることにする(だが歩兵の単価は6$から変わらない)。

君主能力.jpg

 更に、現有兵力が頼りないため、いきなり徴兵を始める。それも全て騎兵で。国内政策と君主能力からくる士気の低さと養兵限界の低さにより、歩兵での人海戦術は全く使えない。ノヴゴロドプレイにつきものの開始まもなくの宣戦布告祭りに少しでも抵抗できるようにしておかなくてはならない。  

同盟候補

 正教国である上に周辺国との関係が悪いノヴゴロドにとって、同盟を組める相手は限られており、その中でも有利になる組み合わせは更に限られている。バニラでは初期状態で外交官を1人保有するので、時間を進める前に同盟を選択しておける。

イングランド
スカンジナビア諸国相手なら他に戦争していてもそこそこの兵を遣して戦ってくれるが、モスクワ相手では遠すぎて全く何もしてくれない。スペインや低地諸国方面に勝手に宣戦布告して引っ張りまわされかねないのもネック。
デンマーク
最大の利点はスウェーデンに宣戦布告されない事だが、ラップランドを奪取したい場合スウェーデンと戦えないことになるためおすすめできない。
ポーランド
この国自体には友軍としての価値はあまりないが、同盟国のリトアニアが参戦すればモスクワを挟み撃ちできるため有利な展開となる。ただしリトアニア自体とは関係がよくないので確実に同盟を切られ、再加入は運次第となる。

今回はスカンジナビア北部をロシア文化で塗りつぶすことにこだわるので、ポーランドの同盟に入ることにする。

(仮想)敵国

四面楚歌.jpg

 隣国は全て(開戦理由を持っていなくても、BBRが0でも)宣戦布告してくる可能性が高い。仮想敵国というか完全に敵国である。これらの国々を自分から各個撃破というゲームじみた展開は当然ながら現実的ではない。軍備の貧弱な我が国は同盟を日和見で切り替えながらお零れをもらって成長していく、このゲームの小国プレイではありがちなやり方をとっていくことになる。1州しか領土のない国に対しては同盟国で併合→裏切るのコンボによってBBRを節約することができる。以下自分なりの攻略法:

モスクワ
最初にして最強の敵。むしろこいつがラスボス(最初からクライマックス)。最初の3州保有している状態のうちにやっつけないとどんどん強くなって手がつけられなくなる。完全にたたきのめしてもタタールのくびきにより初期状態ではこちらの属国にできない。同盟国に首都を占領させて併合させてから裏切って割譲させるのが、税収の高いモスクワ州をBBRなしでなおかつ最速で得られる手ではなかろうか。
スズダリ
1州国家でなおかつキプチャクハン国の属国だが、モスクワと仲がよいため必然的にもう一つの隣国であるこちらに向かってくる。属国解除してモスクワとタッグを組まれる前になんとかしたい。同盟国に併合させておけば戦わなくても勝手に反乱してこっちに亡命してくる(ことが経験上多い)。
プスコフ、トヴェリ
小国だが他国と戦争中に宣戦布告されるのが煩い。リトアニアに潰させるのが吉。
スウェーデン
モスクワと双璧をなす強敵…に見えるがフィンランドが貧しいので主力とぶつからなければそこそこ勝てる。ラップランドにはすぐに入植してしまうので、ロシア文化に書き換えたいなら本当に早く取りに行かなくてはならない。
デンマーク
スウェーデンと単独講和すると同盟主であるこの国とだらだらと戦争を継続しがち。こちらには海軍がないので本土を攻めることもできない厄介な相手。冬将軍で減ったところを叩いてせこく戦勝点をかせいであわゆくば賠償金を狙おう。
ノルウェー
この国のAIは植民しない。しかしスウェーデンがデンマークの属国でなくなるとイベントで高確率でデンマークに併合されてしまう。入植地が欲しければ早めに侵略を。
ドイツ騎士団
史実ではノヴゴロドと激しく戦火を交えた相手だが、ゲーム中ではリトアニアに中核州を狙われているからか前述の国々ほど凶暴な気はしない。初期状態では領土を割譲させてもあまり得にならないので、あまり係わり合いにはなりたくない。
リトアニア
初期状態では国境を接していないため、襲い掛かってくる心配はないが、こちらから中核州を取りに行く必要がある。味方にすると心強いが敵に回すとあっけないため、非常に利用しやすい。同盟して他のロシア諸侯を併合させてから裏切って攻め込むと吉。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-29 (金) 02:48:24 (2461d)