このAARは、ビザンツ帝国AARを見て感動した作者が3回ほど同じようにビザンツをプレイした上で、(同じ戦略でAARを書いても意味が無いので)MyMAP-AGCEEPを導入した上でビザンツ帝国でアナトリアに覇権を打ちたてようという物である。

初期戦略

MyMAPでは、モレア公国は2プロビンスに増えており、いわゆるAGCEEPでの定石は使えない。その代わりといっては何だが、アテネ公国はヴェネチア庇護下に無く、ヴェネチアと同盟を結んでいるのはイオニアを首都に持つセファロニアである。 ちなみにビザンツ帝国自体もサロニカを領有して2州を持つ国家なのでオスマン帝国に一発併合される事は無いが、国力増強のために、アテネ>モレアの順に攻撃し、ハンガリーとの同盟に参加するのが初期戦略である。

ちなみに、最初のプレイではしょっぱなオスマン=ハンガリー戦争が起こりハンガリーがフス戦争とあいまってズタズタにされるというアクシデントが発生したため挫折した。

ゲームの開始(1419〜)

BYZAAR-MYMAP-1419_.JPG

開始時のビザンツ帝国である。赤丸が帝国飛躍の為のビザンチンルネッサンスの発生条件プロビンスとなる。どうもスミルナがコアプロビンスでないのはバグのよう。(ビザンチンルネッサンスでも追加されない為。 ついでに、TroasとThraceの間も海峡があるので平時にもオスマン帝国軍は首都に詰めてくる。

とりあえずはモレアに通行許可を取り、ハンガリーに婚姻を申し入れた上で徴兵。1420年にアテネに宣戦布告、同年併合する。翌年スルタンの弟がのこのこやってくるのでありがたく125ダカットを手に入れる。 1422年にはモレアを同盟から追い出し、戦闘に入る。順調に全土を占領し、Achaiaを割譲させ、属国にする。

MyMAPのオスマンはどうもビザンツに弱腰で、BBRが7に達したビザンツを殴りにこない。朝貢を止めてハンガリー=クロアチア同盟に参加する。

MyMAPには「クロアチア独立」というコマンドがあり、これを使うとハンガリーからクロアチアが独立し、同盟を組んだ状態でゲームが始まる。この同盟がハンガリーの一番後ろの同盟なので、同盟に参加するとこの同盟の一員となるのだ。

BYZAAR-MYMAP-1429.JPG

ところが、ここから動きようが無いのだ。AGCEEPでは、オスマン帝国の首都がアナトリアにあるために、ヨーロッパから兵が消えればこちらから攻撃する事も出来るが、MyMAPではヨーロッパ側のThraceにオスマンの首都があるために、かなり攻撃しづらい。

最後の外交上手、コンスタンティノスXIの死ぬ間際の1462年にモレアを併合する。更に1466年にオスマン兵がふらりと首都からアナトリアに移動し、初めて攻撃のチャンスがやってきた。

ちなみに、この間に何故か同盟から消えたワラキアがモルダバに攻撃されたり、そのモルダバがハンガリー・ボヘミア・オーストリアにタコ殴りにされたり、クロアチアとの同盟が見事失効した結果ハンガリーと同盟が組みなおせたり、ボスニアがハンガリーに寝返ったり、セルビアがハンガリーにタコ殴りにされて消滅したりしている。

1450年代、ハンガリーのBBRが15に達してBBWもどきになって同盟が空中分解したときには正直ゲームオワタと思いましたが何故かBBRが8になって落ち着いてハンガリー盟主で同盟がオールスターズに戻っていた時には感動した。

ビザンツ帝国、オーストリア、ハンガリー、ボスニアがオスマン帝国、マムルーク朝を含むイスラーム勢力と戦闘に入った。海峡を封鎖し、動員兵力限界が3万に満たないビザンツ帝国は途中陸軍支出が15ダカットに達しながらオスマン帝国領ヨーロッパを席巻した結果。

BYZAAR-MYMAP-1468.JPG

ハンガリーのすばらしい和平が炸裂して、1468年にMacedonia、Vernaを獲得して和平。どうしてCPU盟主はプレイヤーばっかり優遇してくれるのかな?

しかしここからが悪夢だった。オスマン帝国はイスラームと非常に仲がよく、首都に50、ボスポラスの向こう岸に30とか書いてある事もザラで、全く持って話にならない。ちなみにこちらの徴兵限界は28千である。7州国家でこれは酷くないか・・・。ちなみに見れば判るが、最初からコンスタンティノープルはCOT州である。これが無ければ多分オスマンとの戦争は不可能だろう。

そして1489年にチャンスがめぐってくる。オスマン=黒羊朝の同盟がイベントで開戦して瓦解したのだ。ビザンチンルネッサンスをトリガーにする諸イベントは1495年には死んでしまう。これが明らかに最後のチャンスである。 アナトリアの視界から42と書かれた兵が消えた瞬間、ビザンツ帝国軍(総数25852:限界26000)はオスマンに宣戦布告した。同盟国はハンガリーとその属国のボスニアである。 ものすごい勢いでボスポラス海峡に100千ほどの軍が張り付くが、その後ろで攻城をしている16千の軍隊は知らん振りをされるという不思議。首都包囲軍が少なすぎて攻められないというアクシデントはあったものの、92年8月にはハンガリーの和平によってスミルナを割譲された。

BYZAAR-MYMAP-BYZR_.JPG

さすがに辛かったのでロードしたの図。

これにてなんとかビザンツにもルネッサンスが到来した。しかし、この時オスマン帝国の陸軍技術は6、ビザンツは3である。一体ビザンツはどうなるのか・・・。

ちょっとオスマンの首都がヨーロッパにあると本当に辛いので、ビザルネをトリガーにアナトリアに遷都してもらうイベントでもつくろうかな。

雌伏の時、躍如の時(1492〜)

とりあえず今回のプレイではビザンチンルネッサンスをトリガーとする二つのイベントを作りました。

  • スミルナをコアプロビンスにする
  • オスマン帝国が1419年のヨーロッパ領土を首都を除いて失った場合、オスマン帝国はアナトリアに遷都。
    • 遷都はヨーロッパ側から中東まで4つほどactionに入れて、オスマンが領有していれば首都がヨーロッパ側に近づくようにした。
BYZAAR-MYMAP-SMY.JPG

こんなイベント。

さて、無事ルネッサンスが到来したビザンツでは皆が戦勝を祝っていた・・・かというとそうでもなく、改革によって安定度は20年近くマイナスをさまよう始末。

それが終わって、さぁハンガリーの威を駆るビザンツ、ハンガリーを兵の湧き出る壷として使役するビザンツ盟主ハンガリー様に異教徒討伐の請願でも出そうと思ったら、いつの間にか同盟がボスニアだけになっている。

ここで確かめればよかったのですが、ハンガリーに同盟が無い事を確認して、あわてて同盟を脱退してハンガリーと組みなお・・・あれ?

そう、ハンガリーは何らかのイベントでポーランドの属国に。そしてボスニアはハンガリーの属国のまま。属国は宗主国からしか同盟に誘えないので、あわてて同盟を抜けたおかげで、ビザンツは同盟国を2つも一気に失ってしまったのだ!

仕方なく、セファロニアと同盟を組んで外交併合を狙うが、オスマン帝国がセファロニアに宣戦布告したのを見てこれは無理と判断、同盟は瓦解。セファロニアが10年ほどでオスマンに併合されて、同盟の無いビザンツを好機と見たのかヴェネチアが宣戦布告してくる。

BYZAAR-MYMAP-1529.JPG

一時はイオニアに溜め込んでいた兵で半島を席巻されたが、突撃によって減らした兵が補充されないのでなんとか巻き返している。

ここでオスマンが来たらやばかった。いや、いつ来てもやばいけど・・・

この後半島を奪還しイオニアを占領したところで75ダカットを払って講和。スミルナ割譲も考えたが、取り戻せるか判らないのでやめることにした。

この後も安定度低下ランダムイベントやマグネートの反乱で鎮圧を選択したりしてほとんど何も出来ない。イベントで重商主義に振り切っているので商人も全く増えず、ただただ金が溜まるという事態になってしまった。

この辺りで、次の同盟国にアルバニアを選択。1州ながらその地形でオスマン帝国の攻撃をたびたび防ぐというすばらしい国である。

1540年に好機が訪れた。アルバニアにオスマン帝国が宣戦布告をしたのだ。何故かヨーロッパに兵はほとんど居なく、(どうやらマムルーク継承戦争中だった模様)これをしのいでヨーロッパにたたき出したい所。

ところが陸軍技術の差は著しく、アルバニアも近場の占領ばかりで助けてくれないので兵は逃げながら各地を占領する事に。

マケドニアとサロニカをとったり取られたりしながらボスポラス海峡を封鎖して兵力流入を防ぎ、さらにギリシャ半島で新規徴兵を行い、オスマン帝国のわき腹を占領に向かう。

BYZAAR-MYMAP-1541.JPG

首都が突撃で一瞬で落城・・・。

サロニカはもう一回落城>奪還してます。

これでなんとかうまく行くかと思いきや、ここで大反乱イベントが発生。

ギリシャ半島を中心に貴族が蜂起したのだ。お前ら何がしたいんだああああ!

BYZAAR-MYMAP-1542.JPG

ザ・ピンチ。

スミルナはとうに敵の手に落ち、オスマン帝国の徴兵を避けるために出来る限り州を包囲する。しかし、ギリシャ半島の反乱がボティーブローとなって、陸軍限界が一気に20千を割り込み、超過軍事費が国庫を直撃。首都もオスマンに占領されているため、ローンを頼りに必死に戦争を行う。

しかしアルバニアとビザンツでヨーロッパ・オスマンの大半を攻略し、首都を落とした所で、オスマンから3州割譲の和平が来る。小躍りで承認。これでビザンツはまた一つ危機を乗り切ったのであった。

BYZAAR-MYMAP-1546.JPG

工場もゲット。

ちなみにローンは600ダカットです。インフレは20%弱。

反乱が無ければもうちょっと攻め取れたのになぁ。

バルカン20年戦争と活路(1550〜)

1550年、ビザンツ帝国はオスマン帝国の主力がアナトリアに移動した瞬間に宣戦布告!

BYZAAR-MYMAP-1550.JPG

見ての通り正面兵力の違いのまま押し切ってアルバニアが2州、ビザンツが1州を獲得して戦争終結。

BYZAAR-MYMAP-1554.JPG

ずいぶん前の戦争から、オスマン帝国の地図をゲットすることに成功していたので、インド洋に商人を派遣する事にする。

ところが既にアデンもオスマン帝国の手に落ちてオスマンは2つのCoTを抱えているらしい。というか進出方向が違います、オスマンさん。さっさとサファービー帝国と戦ってください。

ゴアにばこばこ商人を送る。ポルトガルが進出してきていないので貿易禁止は無い。うれしいぜ。コンスタンティノープルは全く成功しないんだけど。

1562年、オスマン帝国がわが国に宣戦布告。ビザンツと新たな同盟国テオドロスと共に戦争に突入する。実は黒海沿岸の正教諸国が今回わりと強く、ヘロドトスもSivasをオスマンからもぎ取っていたりしたので同盟に誘ってみたのだ。まぁ、無力でしたが・・・

1565年には全土を占領されたヘロドトスがオスマン帝国に属国化。その後延々とビザンツ軍がオスマン軍の裏で占領された土地を占領し返すという事を続けて勝機が見えてきた1574年、ハンガリーとポーランドが宣戦布告。アルバニアに。

同盟を解消する事も考えたが、ここは腹をくくるべきと考えて戦争に突入。 1575年にオスマンから反乱独立していたワラキアを同盟に誘ってみるが、3ヶ月でハンガリーに併合されてしまった。スマン!ワラキア・・・

BYZAAR-MYMAP-1576.JPG

しかしハンガリーはかなり兵力が少なく、陸軍レベルが11とビザンツと同じという事もあり、その1年後にはセルビアを割譲されて和平に成功。しかし間違えて単独で和平してしまった事が後に禍根を残す事に。

1578年ほどからポーランド・プロイセン・ロシアの兵が続々とセルビア・アルバニア方面に出没。あっという間に消耗してくれるが、突撃によってセルビアやコソボが敵の手に落ちる。

ここでなんとかオスマン帝国からDobrogeaの獲得に成功。これでオスマン帝国の首都がアナトノアに引っ越すまであと1州である。

1580年ぐらいからあふれたポーランド兵がマケドニアの占領に成功。戦争の疲弊が溜まったビザンツ軍では押し返せない。

結局1482年に足掛け20年の戦争を終結させた。Dobrogeaをポーランドに割譲して。まぁこれは仕方が無い。

BYZAAR-MYMAP-1582.JPG

戦争が終わったあと、アルバニアの属国化に成功。コンスタンティノス12世というやっと中々能力のいい君主が出てきた。

BYZAAR-MYMAP-GOA.JPG

なんとか平和な時代に突入したビザンツ帝国は商人をがんがん送る事に。1593年にトレードレベルがやっと3になると、ゴアとコンスタンティノープルで独占を達成した。





BYZAAR-MYMAP-CMA.JPG

1599年からアルバニアに宣戦布告をしてきたオスマン帝国と第六次オスマン戦役に突入。段々数が少なくなってきたヨーロッパのオスマン帝国領を占領して回る。さすがに肥大化したアルバニアも強く、1602年にはついにオスマン帝国はVidinの割譲で講和したのだ。

ついにオスマン帝国は1419年時点のヨーロッパ領土を全て失い、安全のためにアナトリアに首都を移す事になった。Sivas、Galatia、Anatolia、Troas、Sithyniaの順に首都を移動させ。当然Sithyniaがオスマン帝国の首都となった。 まぁ、ギリシャ半島とかモルダバとかイタリア半島にまでオスマン帝国領はあるわけですけど。

こうしてビザンツ帝国は女帝ゾエにバトンタッチされた。

帝国改革とパックス・ポーランディカ

BYZAAR-MYMAP-1604.JPG

ゾエ2世の戴冠イベント。 ちなみにこのとき富豪主義9に振った後で、ここで貴族主義-1されるのは予想外でした・・・。(貴族に動かしなおさないといけない。

上記の通りなのでイベントの反乱もほとんどありません。これまでの外交は地獄だったので、それとのトレードオフですかね。

BYZAAR-MYMAP-1614.JPG

とりあえず少し進めたのですがあまり解説を入れる時間が無いまま流れてしまってこのままだと完走しないまま放ってしまうので、jpgだけでも張っていく事にします。この頃ポーランドがハンガリーを外交併合。後でヨーロッパ全図を張りますがタイトルの通りです。

上は対オスマン戦。この戦いではかなり優位にアナトリアを攻略でき、(アルバニア兵が海峡突入>敗北>スミルナに流れるなんて幸か不幸か分からない事もあって。)

BYZAAR-MYMAP-1616.JPG

こんな感じに。統計だとオスマン帝国は同数の海軍を保有しているんですが、どこにいるんでしょうかね?紅海なのかな。

BYZAAR-MYMAP-1628.JPG

1628年図。ロシアのだらしなさが非常に目立ちます。東欧大同盟なのにハン国に押されまくりなんて・・・ ポーランドはおふざけな領土です。勘弁していただきたい。

当然アメバニア併合>ポーランド同盟参加がこの場合の戦略なのですが・・・ ここまで来るとハンガリーが欲しいのでオーストリアと同盟したい気もします。ま、どちらにしろ膨大な金を貢がないと無理なんで・・・。

とりあえずはこんな感じで。ちなみにまだ技術ラテン化は起こってません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-22 (火) 00:11:15 (3842d)