title2.JPG


これはドイツ建国AARの続編となります。 時は1519年、ブルゴーニュ併合・フランスやスペインの属国化といった偉業を成し遂げたマクシミリアン気没し、かの有名なカール垢即位するところから始まります。 これまでの筋はドイツ建国AARの方で確認してくだされば幸いです。

目標はドイツによる世界征服です。世界征服AARは数が少ないため、自分が書くことで少しでもみなさんの参考になればと思います。では、ごゆるりとお楽しみください。

プレイ条件

  • 使用国 ドイツ
  • マクシミリアン没後、1519年〜1819年の300年間をプレイします。
  • MOD AGCEEP ver1.41 + EGUFSM
  • 難易度 とても難しい
  • AIの攻撃性 臆病

目次

 序章  はじめに

第一章 カール垢了代(1519〜1556)

第二章 諸王の時代(1556〜1654)

第三章 ヨーロッパ統一戦争(1654〜1688)

第四章 オイゲン公の東方遠征(1688〜1730)

第五章 世界をひとつに(1730〜1769)

 終章  あとがき

 

追記〜プレイを終えて〜

イングランドAARを読んでてトリビアとかのっけたら面白い&参考になるかと思い載せてみることにしました。なお、データは全て世界征服直後、1769年のものです。

まず、勝利点とBBRですが、勝利点はともかくBBRは天文学的な数値ですね。

BBR.JPG

はい、940.6ですがなにか。勝利点のほうがやや少なめなのは残り50年あるからでしょうか。イングランドAARでは35000とのことでここまで到達するかは疑問ですが・・。あ、ちなみにミッションには一切手をつけておりません。

世界征服達成直後の軍の数はこんな感じ。でも現実的に考えると歩兵233万は少ないような・・。よくこんな数で世界を牛耳れたなドイツ軍。ま、ヨーロッパにはほとんど兵を配置していなかったのでこんなもんですかね。

Mili.JPG

で、損耗はというと、これは中々すごいことになっとります。ここだけはイングランドAARに勝っとりますな、ってこれで勝っても戦争が下手ってことになるからあまり自慢にならないのか汗
後半は突撃主体の人海戦術で城を落としていったからこのような結果になったのでしょうか。

Loss.JPG



ちなみに台帳によると年収は28000のようです。
んで、一番役に立ったリーダーは言うまでもなくオイゲン公。最強の敵は兵の輸送の困難さからマリ、州の堅固さからデリーといったところでしょうか。ヨーロッパ諸国は今回は相手になりませんでしたね。あ、強いていうならスウェーデンは中々強かったです。雪のある州に堅固な要塞築かれると厳しいですね。ヨーロッパ諸国とは士気の差あまりないですし。

最期に、全ての国を滅ぼすとゲーム終了画面がこうなります。

last.JPG

滅びた国家はVP−2000なんですね。これは知りませんでした。



なお、これは余談になりますが、16世紀末にこんなイベントが発生しました。

民衆の怠惰.JPG



EU2やっててこれを見たのは初めてです。レアイベントですか?そんなことないのかな?まあとにかくこのイベントが起こり、首都アーヘンの要塞は消滅しました。しかしながら、「ローマは外敵から攻められるようなことはないから城壁は無用」と言い放ったカエサルの故事に従い、アーヘンに再び城壁が建設されることはなく、事実、これにつづく1世紀の間はアーヘンが敵の攻撃にさらされることはなかったわけです。



アーヘン.JPG



世界統一を達成したドイツに新たな敵が現れるのはいつのことになるのか、アーヘンに再び城壁が築かれる日が来ることはあるのか、帝国首都アーヘンは静かにそのときを待つのでした。

 

コメント

  • 乙です…としか言えない。驚嘆しました -- ホーコン 2006-07-15 (土) 04:28:09
  • すごい!二十世紀はナチスドイツの圧政に苦しむ恐怖の世界ですな(笑 -- game 2006-07-15 (土) 04:29:32
  • ありがとうございます。カトリック国ならば根気さえ続けば誰でもいけると思いますよ〜。外交併合が使えますからね(汗)あれは本当に反則だと思いました。それだけに一層ダコタの凄さがわかりましたね。世界規模でナチスの政策が適用されたらたまりませんね。民族主義の嵐の中世界帝国を舵取りしていくハプスブルクの君主の人たちもきっと大変ですよね(^^;) -- ドイツAAR の人 2006-07-16 (日) 00:06:47
  • パウロ・コエーリョの小説に書かれた引用で、「WWIIでナチスが勝利を収めたとして、彼らは100年でアフリカを征服するでしょう。アジアも500年はかかるだろうけど征服する。そして1000年後、東京の酒場で、(有色人種はすでに無く自分たちは東京にあるがそのいきさつはすでに知らない)ハンスがヨハンに尋ねるの、『昔からこうだったのだろうか?』」、と。 -- Efendi 2006-08-20 (日) 13:54:05
  • すごく叙情的な一説ですね。アフリカ→アジアというのはまさにこのAARの侵攻ルートでもありますし。 しかし・・、そうですか500年はかかるが我々も征服されてしまうのですね。有色人種はすでになくって、やっぱり虐殺・撲滅されてしまったのでしょうか。だとしたら少し悲しいですね・・。 -- ドイツAAR の人 2006-08-21 (月) 02:23:17


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-21 (月) 15:36:35 (4346d)