ディレクトリ・ファイル構成

EU2インストールフォルダに格納されているフォルダ・ファイルの構成と役割


AIフォルダ

コンピュータの行動仕様を決めるAIファイルが置かれている。

AIファイルは通常シナリオファイルで指定するが、イベントを使用して途中から変更を加える事も出来る。

 

Configフォルダ

  • Text.csv 文字・文章リソースを格納している。

このファイルを編集する事により、ゲーム中のイベント文やコマンド文字等を変更・追加できるが、特定の文字数でスペースを打つ等整形作業が必要な為、扱いには十分な注意が必要。

 

DBフォルダ

ゲーム内で使用される各種データが置かれている。

Leader,Monarch等の人物データ、歴史イベントファイルなどの他、 ゲーム中の戦闘・貿易等の効果やコストを編集する事が出来る。

 

Gfxフォルダ

各種グラフィックデータが格納されている。

 

Scenariosフォルダ

シナリオ設定ファイルが置かれる。

シナリオファイルの構成等については"シナリオの編集・作成"を参照の事。

 

Map

残念ながら現在の段階では自由なマップエディットは出来ない。

現在Paradox ForumにてInferis氏が解析を行っている。 まとめのページ。だいぶ進んだようだ。

 

editor

EU2AC(日本語版)のみ。

未完成のシナリオエディタ(動かない)のC++ソースが置いてある。 シナリオエディタのソースはEU2.exe本体のソースをかなり流用しており、 ぱっと見たところEU2.exeのソースコードが8割以上含まれているようだ。 これを解析すればかなりの情報が得られると思われる。 それにしても、こんなものを製品に同梱してもいいのだろうか?>MQ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-30 (金) 19:02:04 (4552d)