[[AGCEEPのすゝめ]]

*和訳ファイルエラー報告 [#we6b25ef]
(対応完了後は消去するなど要検討。)

***2006年12月19日 AGCEEP1.51用和訳ファイルβのセミコロンBugリスト [#h30200de]
 セミコロン数の過不足のみ修正。[[こちらのサイト:http://stanza-citta.com/victoria/tools/]]の「AGCEEP event merge」で処理すれば一発で直せると思います。
-和文の内容はβ版に基づく(その後の修正は反映していません。1箇所だけ例外としてEVENTNAME338261「ペルーでの邪神崇拝」だけ直しました)のでご注意ください。
**01/14 AGCEEP翻訳ファイルセット1.3のセミコロンBugリスト [#o20e4844]

 USA_DESC;現在のアメリカ合衆国の、最初の恒久的な入 植地は、1565年にスペイン人のペドロ・メネン デス・ド・アビレスによって築かれたセント・オーガ スティンだった。スペインの支配は、今日のフロ リダ、テキサス、そしてカリフォルニアを含む南西 部の大部分に及んだ。一方、フランス人はセン トローレンス川(ケベックとモントリオール)に砦を 作り、五大湖地方やミシシッピー川に影響力 を広げた。しかし最終的に北米における植民 地での戦いで勝利を得たのは、英国だった。 ニューイングランドとカロライナといった、彼らの 繁栄している植民地を起点に、英国は、東海 岸のほとんどに主権を及ぼし、そしてフランスを フレンチ・インディアン戦争で打ち破ったことで (1754-1763)、カナダの支配権を握った。しか し、強欲のあまり、アメリカ植民地の代表者を 英国議会に認めていないにもかかわらず、英 国は植民地の税を上げてしまった。そして、北 米における英国の覇権がまさに確立すると思 われたその時に、内部から崩壊したのである。 英国とアメリカの戦いの火ぶたは1775年に切 られ、翌年アメリカの植民地は英国からの独 立を宣言した。講和は1783年のパリ条約に よってもたらされたが、これにより英国は、カナ ダ以南とミシシッピー以東の全ての土地を失 うことになった。;The first permanent settlement in the present United States was Saint Augustine, founded in 1565 by the Spaniard Pedro Menendez de Aviles. Spanish control came to be exercised over present-day Florida, Texas and a large part of the Southwest including California. The French meanwhile established strongholds on the St. Lawrence River (Quebec and Montreal) and spread their influence over the Great Lakes country and along the Mississippi. But in the end it was the English that would emerge triumphant in the colonial struggle for North America. From their prosperous colonies in New England and Carolina, the English gained supremacy over most of the east coast and defeated the French in the the French and Indian War (1754-63), gaining control of Canada. Yet, in their own greed, the British raised the colonial taxes while still refusing to grant their American colonies representation in Parliament, and just as their hegemony in North America had appeared assured, it collapsed from within. Open fighting broke out between the British and Americans in 1775, and the next year the American colonies declared their independence from Britain. Peace was concluded in 1783 by the Treaty of Paris, costing the British all their lands south of Canada and east of the Mississippi.;;;;;;;;;
 EVENTNAME338197;ウクライナでの自立気運;Rise of self-consciousness in Ukraine;;;;;;;;;
 EVENTNAME338217;サンクリストバルで金が激減;The gold mine is now depleted;;;;;;;;;
 EVENTHIST338222;もう何も残っていません。;There's nothing left.;;;;;;;;;
 EVENTNAME338261;ペルーでの邪神崇拝;Idolatry in Peru;;;;;;;;;
 EVENTHIST1000081;もし、フィリップ善良公の即位が、彼の王位継承権に対する正統性の不足にもか かわらず問題を引き起こさなかったとしたら、ブルゴーニュ家とヴァロワ家の 血統がより強固に結びついたように見えた時に問題がおきていただろう。大きな 危機は、シャルル王が唯一の娘マリーを残して亡くなった時に始まった。もし、 彼女のブルゴーニュ公国やその他の領地に関する相続権が問題にならないので あれば、女性が相続できないとされるフランス王位の継承権についても問題には ならないだろう。誰が最終的な継承権を得るか、まったく明らかではなかった。;Duke Philippe had barred the Charles VI's direct heir to the throne, Charles, and had had this confirmed by Parlement in Paris. However, there had been no such extension to Charles's own son, Louis. Thus, Louis stood to inherit the throne of France. Additionaly, a marriage could have been arranged between Mary and Louis's own son, Charles. If the succession of Phillip the Good, in spite of his lack of legitimacy to the throne, had not posed a problem, it did at a time when the line of Valois-Burgundy seemed firmly established. A major crisis began when King Charles left a girl, Mary, as his only heir. If her rights on the Duchy of Burgundy and the other patrimonial lands could not be disputed, it was not so with the Crown of France, which could not fall to a woman. Who would finally claim the throne was far from obvious. Duke Philippe had barred the Charles VI's direct heir to the throne, Charles, and had had this confirmed by Parlement in Paris. However, there had been no such extension to Charles's own son, Louis. Thus, Louis stood to inherit the throne of France. Additionaly, a marriage could have been arranged between Mary and Louis's own son, Charles.;;;;;;;;;
 EVENTHIST103003;ジャハンギールの黒羊朝との関係は概して緊張したものであったが、それはジャ ハンギールの即位に反して、白羊朝の王族たちが黒羊朝のジャハン・シャーに彼を 退位させるための支援を請うていたためでもある。さらに、黒羊朝の王族である エルヴェンドはバグダードを治めていたがこの地を追われ、ジャハンギールに 庇護を求めたことで、両者の関係はどん底に陥った。ジャハン・シャーはエル ヴェンドを放置しておけば厄介なことになると思い至り、ジャンギールに彼を 引き渡すよう求めた。;Jahangir's relations with the Kara Koyunlu were ever strained, as upon his accession various members of the Ak Koyunlu dynasty petitioned Jahan Shah for help in deposing their new ruler. However, relations were to hit a new low when Elvend, a Kara Koyunlu prince who had recently lost his rulership of Bagdhad, came to Jahangir seeking asylum. Jahan Shah, recognizing the security risk of allowing Elvend to remain free, demanded that Jahangir surrender him to Kara Koyunlu control.;;;;;;;;;
 EVENTNAME103012;サファーヴィー帝国の勃興;The Growing Safavid Empire;;;;;;;;;
 EVENTNAME131002;シャルルとアニェス・ド・ ブルゴーニュの結婚;Marriage of Charles to Agnes of Burgundy;;;;;;;;;
 EVENTHIST131002;シャルルは、ブルボン家とブルゴーニュ家の関係を修復するために、ブルゴーニュ 公フィリップ(善良公)の妹アニェスと結婚した。翌年、アニェスはシャルルの 後継者ジャンを出産した。;Charles married Agnes of Burgundy, the Duke of Burgundy's sister, in an attempt to mend the relations between the House of Bourbon and the House of Burgundy. The following year, Agnes gave birth to Charles' heir, Jean.;;;;;;;;;
 EVENTNAME88003;ヤンVI世(ヨーハンIII世)と ヴァウドリッヘム条約;Jan VI and the Treaty of Woudrichem;;;;;;;;;
 ACTIONNAME137006A;まったく面白くないぞ;Not amusing at all;;;;;;;;;
 EVENTNAME137015;トレビゾンドが支援を要求;Trebizond seeks our help;;;;;;;;;
 EVENTHIST150007;この古くから伝わる家系の強力な封建領主が、アラゴンとジェノヴァどちらの支配 にも留まりたくない同輩貴族達によって、コルシカ伯に選ばれた。;This powerful feudal lord of ancient descent was elected count of Corsica by those among his peers who would stay under neither Aragonese nor Genoese rule.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME170112A;パリはミサを捧げるに値する 都市である;Paris is worth a mass;;;;;;;;;
 EVENTNAME22012;スヒリンガー党とヨーハンの 同盟に対するヴェトコパー党 の反応;Vetkoper reaction to the Schieringer pact with Jan VI;;;;;;;;;
 ACTIONNAME350004A;キルクークを黒羊朝に割譲する;Cede Kirkuk;;;;;;;;;
 ACTIONNAME349017A;テイムラズが引き下がり、 アッバスと会う;Teimuraz backs down and meets Abbas;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228015A;我々は彼への信頼を失った;We have lost confidence on him;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228015B;彼に指揮権を再び与えよう;We will reinstate his command;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228015C;彼の忠誠を確保するため、 称号と領地を与えよう;We will ensure his loyalty with a title and estates;;;;;;;;;
 EVENTNAME228016;カステッロ・スフォル ツェスコ(スフォルツァ城);Castello Sforzesco;;;;;;;;;
 EVENTHIST228016;14世紀ヴィスコンティ家のミラノの居城ポルタ・ジョヴィアは、輝かしきアンブロシア 共和国(1447-1450)の時期に荒廃した。そこで、傭兵隊長フランツェスコ・スフォ ルツァはミラノ公に即位した直後、この城の再建を命じた。新たな城は豪奢な 宮殿であると同時に、4つの堅固な円塔と2つの重厚な主塔(キープ)を備えた印象 的な城郭であった。ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァは1466年、この城内に ミラノの宮廷を移した。ルドヴィーゴ・スフォルツァ(イル・モーロ)は、1499年に フランスがミラノを占領してスフォルツァ公家が最初に政権を失うまで、この ミラノの城郭の強化を続け、またレオナルド・ダ・ヴィンチを始めとする宮廷芸術 家の作品で城を飾った。この城は公領の支配に必須の位置を占めていたので、 その後のミラノの戦争において極めて重要な役割を果たした。;The XIV-century Visconti's castle of Porta Giovia in Milan was demolished during the Golden Ambrosian Republic (1447-1450), and Francesco Sforza, the condottiero that raised to Duke of Milan immediately afterwards, ordered its reconstruction. The new castle was a luxurious palace as much as an impressive fortress with four strong towers and two massive keeps. Galeazzo Maria Sforza transferred Milan's court inside the castle in 1466. Ludovico Sforza -the Moor- continued the fortification of Milan's castle, while embellishing it with the works of his Renaissance court artists, including Leonardo da Vinci, until the first fall of the Sforza dynasty when the the French occupied Milan in 1499. The castle played an essential role in the wars of Milan afterwards, as its possession was necessary for the control of the Duchy.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228016A;宮廷のためにもっと良い 城砦が必要だ;We need a better fortress for our court;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228016B;これ以上、築城の必要は ない…;No need to build castles yet...;;;;;;;;;
 EVENTNAME228017;カルマニョラの計略;Carmagnola's Trick;;;;;;;;;
 EVENTHIST228017;傭兵隊長カルマニョラはミラノから亡命し、ヴェネツィアに到着してそこで仕官 した。当初、彼はヴェネツィアに快く受け入れらなかった。というのも、彼は ミラノ人傭兵隊長の中で最も有名な人物であり、共和国にとっては本当に脅威で あったからだ。だがヴェネツィア人達は、ヴィスコンティ家が彼の家族を監禁 して資産を没収し、またヴィスコンティ家に仕える陰謀者達が彼の暗殺を企てた ことを知ると、1426年すぐにカルマニョラを聖マルコ(ヴェネツィア)の総司令官 に任命し、反ヴィスコンティ同盟連合はミラノに宣戦布告した。カルマニョラの 最も重要な勝利は1427年のマクロディオの戦いであったが、彼はその後を徹底し なかった。カルマニョラの時間稼ぎに我慢できなくなった共和国は、彼の報酬を 引き上げ、ミラノ領有権を含む莫大な封土を約束して彼の熱意をかきたてよう としたが、無駄だった。カルマニョラは同時にヴィスコンティから、もし彼が ヴェネツィアを裏切れば大きな褒賞を与えるという使者をひっきりなしに受け 取っていた。カルマニョラは現在の雇い主と同様に過去の雇い主を軽視しており、 両者の命運を彼個人が握っているというばかげたうぬぼれに浸っていた。だが、 ヴェネツィア人は軽視するには危険な主君であったし、彼らの忍耐も早晩尽きる はずだった…;Carmagnola escaped from Milan and arrived in Venice to offer his services there. At first, he wasn't well received in Venice, for he was the most famous of Milanese condottieri and a real threat to the Republic. But as soon as the Venetians knew that Visconti imprisoned his family and confiscated all of his estates and that conspirators at the service of Visconti attempted to poison him, Carmagnola was appointed captain-general of St Mark in 1426 and the Antivisconti league-confederates declared war on Milan. Carmagnola's most important success was the battle of Maclodio (1427), but he did not follow it up. The Republic, impatient of his dilatoriness, raised his emoluments and promised him immense fiefs including the lordship of Milan, so as to increase his ardour, but in vain. At the same time Carmagnola was perpetually receiving messengers from Visconti, who offered him great rewards if he would abandon the Venetians.The general trifled with his past as with his present employers, believing in his foolish vanity that he held the fate of both in his hand. But the Venetians were dangerous masters to trifle with and their patience was soon to be lost...;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228017A;カルマニョラと取引する;Deal with Carmagnola;;;;;;;;;
 EVENTNAME228020;ヴィスコンティ家の方針転換;The Visconti's about-face;;;;;;;;;
 EVENTHIST228020;アンジュー家のナポリ女王ジョヴァンナが嫡子を遺さずに没した後、ナポリ王国を 巡る継承戦争が、ルネ・ダンジューとアルフォンソ・ダラゴン両継承権者の間で 勃発した(両者とも別の時期にジョヴァンナから後継者に指名されたことがあっ た)。ジェノヴァの僭主でもあったミラノ公フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ は、地中海交易路に対するアラゴンの影響力がイタリア半島と同様に増大する ことを未然に防ぐため、アンジュー家支持を決めた。アルフォンソ・ダラゴンは 敗れ、1435年のポンツァの戦いでジェノヴァ艦隊に捕まった。ミラノに移送され たアルフォンソは、フランス系アンジュー家に対する自身の大義を、ヴィスコ ンティに支持させることに成功した。彼はフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ に対し、オルレアン家がミラノ公位請求権を全く隠していないのだから、イタ リア半島におけるフランス勢力の存在はミラノの利益と対立するかもしれない、 と説得したのだ。アルフォンソとヴィスコティは密かに、他のイタリア諸国を 犠牲にしてイタリアの覇権を2つの勢力圏に分割し、南部をアルフォンソが、北部 をヴィスコンティが得るという計画を練った。だが、ジェノヴァはサルディー ニャ、コルシカ、西地中海交易利権を巡る数世紀にわたる諍いにおいてアラゴン と激しく対立しており、ヴィスコンティ家の突然の鞍替えに愕然とした。そして、 ジェノバはすぐに、以前の宗主国ミラノと敵対するヴェネツィア=フィレンツェ 同盟に合流したのであった。;After the death of Giovanna of Anjou without natural heirs, a war of succession for the Kingdom of Naples broke out between the two claimants, Rene of Anjou and Alfons of Aragon, both designated heirs in two different times by Giovanna. Filippo Maria Visconti of Milan, also Signore of Genoa, preoccupied for the increasing Aragonese influence in the Mediterranean sea trade routes as much as in the Italian peninsula, decided to support the Angevins. Alfons of Aragon was defeated and captured by a Genovese fleet at the battle of Ponza in 1435. Transferred to Milan, Alfons succeeded in gaining Visconti's favour to his cause against the French Angevins. He convinced Filippo Maria that a French presence in Italy could be against the interests of Milan since the House of Orleans had never hidden its dynastic claims on the Duchy of Milan. Alfonso and Visconti secretly planned a hegemonic division of Italy in two zones of influence at the expenses of the other Italian States, with the Southern part for Alfonso, and the Northern part for Visconti. But Genoa, a bitter rival of Aragon during centuries of dispute over Sardinia, Corsica, and the control of the Western Mediterranean trade, was appalled by Visconti's sudden change of sides, and immediately joined the Venetian-Florentine league against her former suzerain.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228020A;アルフォンソ・ダラゴンを 支持する;Support Alfonso;;;;;;;;;
 EVENTNAME228021;アルフォンソ・ダラゴンが ナポリを掌握;Alfons of Aragon took Naples;;;;;;;;;
 EVENTNAME228022;ルネ・ダンジューがナポリを 掌握;Rene of Anjou took Naples;;;;;;;;;
 EVENTNAME228024;ジャン・ガレアッツォが ナポリ王家と婚姻;Gian Galeazzo's marriage in Naples;;;;;;;;;
 EVENTHIST228024;1480年、パッツィ家の陰謀(メディチ家転覆計画)に続いて起こったフィレンツェ・ ミラノ・ヴェネツィア対教皇領・ナポリの戦争が終わり、またトルコがオートラント に軍勢を揚陸したイタリア南部侵攻の企てがあった時、和平はすぐに合意に達し た。和平を実施するため、ミラノ摂政ルドヴィーゴ・スフォルツァ(イル・モーロ) は政略結婚を奨める伝統的なミラノの姿勢に倣った(この姿勢は、彼の父フラン チェスコが1454年のローディの和約で始めた)。ミラノ公家とナポリ王家の関係を 強めるための政略結婚は、ミラノ公ジャン・ガレアッツォとイザベッラ・ダラゴナ (ナポリ王フェランテの孫)の間で手配された。式典は1488年ナポリで行われた が、婚礼がミラノで承認されたのはようやく翌年になってからだった。;In 1480, at the end of the war that ensued the Pazzi conspiracy between Florence, Milan and Venice against Papal States and Naples and at an attempt of the Turks to invade southern Italy with the troops' landing at Otranto, peace was soon agreed with. In order to enforce peace, Ludovico Sforza, regent of the duchy followed the traditional Milanese attitude to stipulate political marriages, which his father Francesco begun with the 1454 treaty of Lodi. A political marriage was arranged to strengthen the relations between the ducal court of Milan and the royal court of Naples between the Duke of Milan, Gian Galeazzo and Isabella d'Aragona, granddaughet of Ferrante, King of Naples. The ceremony took place in 1488 in Naples but the wedding was confirmed in Milan only the following year.;;;;;;;;;
 EVENTNAME228025;イル・モーロが シャルルVIII世に使者を派遣;Il Moro sends for Charles VIII;;;;;;;;;
 EVENTHIST228025;1492年4月8日のロレンツォ・デ・メディチ(イル・マニーフィコ)の死後、イタリア諸大国間での継続的な 勢力均衡を推進し続けられるイタリア諸侯は誰もいないように思われた。愚昧なピエロ・デ・メディチ が支配するフィレンツェは、ミラノとの関係を犠牲にしてナポリ寄りの外交姿勢に変わっていった。 そのため、極めて偏執狂的なミラノ公ルドヴィーゴ・スフォルツァ(イル・モーロ)は、イル・マニーフィコの 尽力でフィレンツェ・ナポリ・ミラノが結成した対ヴェネツィア・ローマの古い同盟を放棄し、1493年4月 22日に新教皇アレクサンデルVI世と同盟を結び、ヴェネツィアに参加を呼びかけた。ナポリ王フェランテ (フェルディナンド)I世は、ルドヴィーゴに対してミラノ摂政からの引退を公式に求めるという反応を 示した。というのも、イル・モーロの甥であるミラノ公ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァは、すでに独力で ミラノを統治できる年になっていたからだ。フェランテがルドヴィーゴを簒奪者と宣告すると脅した ので、ルドヴィーゴはフェランテにさらに大きな脅しをぶつけることに決めた。フランス王シャルルVIII世 のアンジュー家から継承したナポリ王位請求権を主張する野望のことを、ルドヴィーゴ・スフォルツァは 良く知っていた。彼はナポリ王に関する問題を決定的に解決しようと説得するため、使節としてベルジョイ オーソ伯とカイアッツォ伯を送り、フランス枢密院の大貴族達に対してシャルルVIII世のナポリ王位継承 権の法的な正当性、ナポリ軍の弱点、ナポリ征服がフランス王国にもたらす栄光について説かせ、ついに 聖地を解放するための十字軍が計画された。同じ頃、1487年のナポリでの地元貴族迫害を逃れてきたアント ネッロ・サンセヴェリーノを含む数人のナポリ人亡命者がフランスに到着し、ナポリ市民はフランスの介入に 同意するだろうと請け合った。枢密院の大貴族達のほとんどは、極めて高くつき危険で、ほとんど無意味に 見えるナポリ攻撃に反対した。だが若きシャルルVIII世は、栄光への渇望とナポリ王国征服への欲望に 流されて、彼らの反対には少ししか注意を払わず、代わりに彼個人の輔臣の助言を聞いた。彼らの多くは すでに、金やイル・モーロの使節が約束したナポリ王国の領土や資産、教皇庁の地位によって買収されて いたのだ。数日の議論の後、最終的にシャルルVIII世はイル・モーロの使節と秘密協定を結んだ。その合意 内容は、シャルルVIII世がナポリ王国侵略軍を送り、ミラノが部隊・資金・自由通行権を提供するというものだった。;After the death of Lorenzo de' Medici, occurred on 8 April 1492, no Italian prince seemed to be able to keep on pursuing a constant balance of powers between the major Italian states. Florence, ruled by a foolish Piero de' Medici, was shifting his political attitude towards Naples at the expenses of Milan, so that Ludovico Sforza, Duke of Milan, quite paranoiac, abandoned the old league formed with strain by il Magnifico between Florence, Naples and Milan as to counterbalance Venice and Rome and signed on 22 April 1493 an Act of Confederation with the new Pope Alexander VI inviting Venice to join in. Ferrante I of Naples replied officially pressing Ludovico to resign from his regency of Milan since Gian Galeazzo Sforza, il Moro's nephew and Duke of Milan had already come of age and able to rule the duchy alone. Ferrante threatened to declare Ludovico usurper, and Ludovico decided to bring a bigger threat over Ferrante's head. Charles' ambitions to claim the Angevin throne of Naples were well known to Ludovico Sforza who, convinced to definitely solve his problems with the King of Naples, sent his ambassadors, the Count of Belgioioso and the Count of Caiazzo, to speak to the great lords of the Royal Council of France convincing them of the legality of Charles VIII's claim to the Kingdom of Naples, of the weakness of the Neapolitan armies, and of the glory the conquest of Naples would bring to France, once a crusade to liberate the Holy Land was in planning. At the same time, some Neapolitan exiles in France, amongst them Antonello Sanseverino, who escaped the baronal persecutions in Naples in 1487, assured that the Neapolitan people would have agreed on a French intervention. Most of the great lords of the Royal Council were against an attack on Naples, seeing it as very expensive and very dangerous and most of all senseless. But the young Charles VIII, who was carried away by a thirst for glory and a desire to conquer the Kingdom of Naples, paid very little attention to their arguments and heard instead the advice of his own advisors, many of them already corrupted by the money and promises of il Moro's emissaries with the lure of getting land and estates in the Kingdom of Naples and ecclesiastical positions from the Pope. Finally, after several days' debate, Charles VIII signed a secret agreement with il Moro's ambassadors, by which it was agreed that Charles VIII would send an army to invade the Kingdom of Naples and Milan would provide troops, money and free passage.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228025A;ナポリは他国に口出しするな!;Naples should mind its own business!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228026A;オルレアン派の主張に逆らう べきだ;We shall withstand the Orleanist claims;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228026B;フランスの盟友を裏切ることは できない;We cannot betray the French Ally;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228026C;フランスの盟友を支持しよう;We will support our French Ally;;;;;;;;;
 EVENTNAME228027;ルイXII世が自身のミラノ 領有権を強要;Louis XII presses claims on Milan;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228027A;傭兵隊を雇って公領を守る;Hire some mercenaries and defend the duchy;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228027B;公領を放棄して インスブルックに亡命 (GAMEOVER);Leave the duchy and flee to Innsbruck (End Game);;;;;;;;;
 EVENTNAME228028;イル・モーロが囚われる;Il Moro captured;;;;;;;;;
 EVENTHIST228028;1499年にフランス軍がミラノに侵攻した時、ルドヴィーゴ・イル・モーロはオーストリアの インスブルックに逃げ、マクシミリアンI世の宮廷に庇護を求めた。ルイXII世はミラノに数ヶ月 しか滞在せず、その後副王として指揮官トリヴルツィオを残し、フランスに戻った。しかし、 トリヴルツィオの統治手法はスフォルツァの帰還を切望するほどにまでミラノ人の憤慨を誘発 し、1500年1月にはスフォルツァがミラノ征服軍を編成中だと聞いた街で反フランス暴動が勃発 した。フランス軍はスフォルツァ城の守備隊を除き、ミラノからの撤退を強いられた。事実、 イル・モーロは持ち出した黄金で傭兵を雇い、1500年2月までにミラノに入城した。ミラノの後、 スフォルツァは公領の全都市を奪回したが、ティチーノ川対岸のノヴァラでラ・トレモイユ率いる フランスの反撃に直面せねばならなくなり、スイス傭兵を雇った。イル・モーロが雇ったこのスイ ス人部隊は、おそらくフランスの黄金に目が眩み、また敵陣にいる同郷人に煽動されて、戦闘を 拒んだ。「公爵の軍は異なる民族が構成していた。クロード・デ・ヴォードリー(彼は初めての馬上 槍試合で有徳の騎士バヤールと戦った)率いるドイツ人ランツクネヒトとブルゴーニュ人、そして スイス人傭兵である。フランス側にもスイス人部隊があり、都市内にいる側の人々は敵陣の同郷 人とは戦わないと宣言した。彼らは武器を棄て、脅しも契約も効かなかった。程なくして、 ノヴァラの城門の一つが裏切りによって開放されていたことと、フランス人が市内に入ってい ることが見つかった。その後、最後の希望として、ルドヴィーゴ一党は雑兵の衣装を身に付け、 兵卒に紛れ込んだ。だが不幸なことに、彼はあるスイス人指揮官に裏切られた。この指揮官は 後に、同胞から裏切り者として処刑された」(クリストファー・ヘア『バヤール:恐れと不名誉を 知らぬ有徳の騎士』電子書籍)。ルドヴィーゴ・スフォルツァは見つかって捕まり、その後捕虜と してフランスに送られ、数年後テュレンヌのロシュ城で惨めに死んだ。1500年4月15日、フランス 軍は再びミラノに入城した。;When in 1499 the French troops invaded Milan, Ludovico il Moro escaped to Innsbruck in Austria at the court of Maximilian I to ask his protection. Louis XII remained in Milan only a couple of months, then he made return to France and left Trivulzio there as his viceroy. But Trivulzio's way to administrate provoked deep Milanese resentments as much as to long for a Sforza's return and in January 1500, hearing that Sforza was assemblying troops to conquer Milan, an Anti-French revolt broke out in the city, the french troops were forced to abandon Milan except the garrison in Castello Sforzesco. In facts, with the gold he brought with, il Moro could hire mercenary troops and by February 1500 he made his entrance in Milan. After Milan, Sforza retook all the cities in the duchy and beyond Ticino River, where in Novara he had to face a French counterattack led by La Tremouille, also hiring Swiss mercenaries. The Swiss troops hired by il Moro, probably lured by the French gold and incited by their fellow-countrymen in the opposite camp refused to fight. 'The Duke's forces were composed of different races: German 'landsknechte', Burgundians who were commanded by the same Claude de Vauldray who had fought with the Good Knight in his first tournament, and Swiss mercenaries. There were bands of Swiss fighting on the side of the French, and those within the city declared that they would not fight against their fellow-countrymen in the other camp. They laid down their arms, and neither threat nor promise availed. Soon it was discovered that one of the gates of Novara had been opened by treachery, and that the French were entering the city. Then, as a last hope, Ludovico and his companions put on the dress of common soldiers and mixed with them in the ranks. But the unfortunate Duke was betrayed by one of the Swiss captains, who was put to death later by his own countrymen as a traitor.'(Bayard: The Good Knight Without Fear And Without Reproach, e-book by Christopher Hare) Ludovico Sforza was recognised and captured, then sent as prisoner to France where he miserably died, some years later, in the Castle of Loches, in Turenne. On 15 April 1500 The French troops made their second entrance in Milan.;;;;;;;;;
 EVENTNAME228029;スフォルツァがミラノで 復位;Sforza restored in Milan;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228029A;エルコーレ・マッシミリ アーノが公爵に任じられた;Ercole Massimiliano is appointed Duke;;;;;;;;;
 EVENTNAME228030;皇帝への臣従;The allegiance to the Emperor;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228030A;新たな皇帝に忠誠を誓う;Swear allegiance to the newly elected Emperor;;;;;;;;;
 EVENTNAME228031;公国の運命;The Fate of the Duchy;;;;;;;;;
 #EVENTHIST228031;ボローニャ公会議中の1530年、教皇クレメンスVII世は神聖ローマ皇帝カールV世を 聖別し、(教皇自身もそうしたように)コニャック同盟に加わったというフラン チェスコII世スフォルツァの誤った行動を許すよう説得して、皇帝にスフォルツァ がまだミラノ公であることを認めさせた。カールV世はスフォルツァに再び公位を 与えたが、スフォルツァが死亡した時には公位を絶対に帝国に返還するという厳し い条件を課した。また、スフォルツァとデンマーク王女クリスティーネ(カール V世の姪)の結婚も合意された。1535年11月2日、ミラノ公フランチェスコII世は子 を遺さずに没し、ボローニャでの以前の合意に従い、公領は帝国に返還された。 この封土の宗主として、カールV世は彼自身が任命する終身総督を用いて当地を支 配させた。皇帝のこの決定はフランス王フランソワI世の強い不興を買った。 というのも、オルレアン公の地位にあり、それゆえミラノ公位請求権を継承して いた彼の下の息子シャルルが、公位請求権を放棄して代わりに帝国への忠誠を 確約させられたからだ。;In 1530 during the congress of Bologna Pope Clement VII consecrated Charles V Holy Roman Emperor and convinced him to forgive the misbehaviour of Francesco II Sforza who joined the League of Cognac, as the Pope himself did, having the Emperor confirm him still Duke of Milan. Charles V conceded him the ducal title again but on the firm condition that on Sforza's death the Duchy would have returned definitely to the Empire. A marriage was also agreed between Sforza and Charles V's niece Christine of Denmark. On 2 November 1535 Duke Francesco II died childless and, according to the previous agreements of Bologna, the Duchy reverted to the Empire. As suzerain of those fiefs, Charles V had it administrated by means of life-governors whom he himself appointed. The Emperor's decision strongly displeased Francois Ier of France, whose younger son Charles, in possession of the title of Duke of Orleans and thus with dynastical claims to the Milanese throne, had his candidature rejected, in spite of his assurances of allegiance to the Empire.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228031A;皇帝の意志を受け入れる (GAMEOVER);We accept our Emperor's will (End Game);;;;;;;;;
 ACTIONNAME228031B;ヴィスコンティ=オルレアン 公家を支持する;Support the Visconti-Orleans dynasty;;;;;;;;;
 EVENTNAME228033;ミラノを巡る戦い;The Battle over Milan;;;;;;;;;
 EVENTHIST228033;スフォルツァが自らをフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの後継者とし、ミラノ 公位の継承を宣言するとすぐに、継承戦争が始まった。皇帝フリードリヒV世は スフォルツァを正当なミラノ公と認めたがらず、またナポリ王アルフォンソI世、 サヴォイア公ルイI世、オルレアン公シャルルI世ら正当なミラノ公位継承権を 持つ者全てが、彼に対し武器を取った。スフォルツァが皇帝の親任式を全く受け ていないという事実に励まされたヴァネツィアは、公領全土の征服戦争を続け、 フィレンツェとの古い同盟を再開しようとした。だが、フィレンツェの支配者は スフォルツァの友人コジモ・デ・メディチであり、彼はヴェネツィアとそのテッラ フェルマ(本土)における拡張主義的政策を抑え込むため、スフォルツァ支持を堅 く決意した。スフォルツァはフィレンツェの支援に加え、伝統的なフランスと の友好関係により、ナポリ王アルフォンソI世を共通の敵とするシャルルVII世か らも支援を受けた。フランスとの友好関係はサヴォイア公とミラノの和平も誘発 し、サヴォイア公はこの傭兵隊長スフォルツァをミラノの新たな君主として 承認した。;As soon as Sforza proclaimed himself successor of Filippo Maria Visconti to the throne of the duchy, the war of succession began. The Emperor Friedrich V didn't want to recognize him as legitimate Duke and Alfonso I of Naples, Louis I of Savoy and Charles I of Orleans, all of them legitimate claimants to the Milanese throne, took arms against him. Encouraged by the fact that Sforza hadn't any imperial investiture, Venice continued the war to conquest the whole duchy trying to renew the old alliance with Florence. But Florence was ruled by a Sforza's friend, Cosimo de' Medici, who resolved to support Sforza in order to check Venice and her expansionist policy in Terraferma. Together with the help of Florence, traditionally in good relation with France, Sforza received also the support of Charles VII against their common enemy Alfonso I King of Naples. That good relation with France induced the duke of Savoy to make peace with Milan and legitimate the condottiero as the new master of Milan.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228033A;我々は正統性を守るだろう;We will defend legitimacy;;;;;;;;;
 EVENTNAME228034;ローディの和約;The Peace of Lodi;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228034A;我々は今や正当な ミラノ公だ;We are now legitimate Duke of Milan;;;;;;;;;
 EVENTNAME228035;ベアトリーチェ・デステ (1475-97);Beatrice d'Este (1475-97);;;;;;;;;
 EVENTHIST228035;イタリアルネッサンス期において最も美しく、洗練された公女として知られる ベアトリーチェ・デステはモデナ=フェラーラ公エルコーレI世の娘で、また同様に 有名なイザベッラ・デステの妹であった。彼女は1491年にルドヴィーゴ(イル・ モーロ)スフォルツァの妻となり、短くも華麗な政治的経歴を残すこととなった。 ベアトリーチェは夫がミラノ公となるのを助け、出産中に亡くなる前にはヴェル チェッリ会議でフランス王シャルルVIII世やイタリア諸侯と列席した。彼女は 作家カスティリオーネ、建築家ブラマンテ、ダ・ヴィンチのような学者、芸術家、 詩人のパトロンを務め、ミラノをイタリアで最も壮麗な宮廷のひとつにした。;Known as one of the most beautiful and accomplished Princesses of the Italian Renaissance, Beatrice was the daughter of Ercole I - Duke of Modena-Ferrara and sister of the equally famous Isabella d'Este. Becoming consort to Ludovico 'il Moro' Sforza in 1491 she led a brief but brilliant political career. Beatrice helped her husband to become Duke of Milan and was present at the Congress of Vercelli between Charles VIII of France and the Italian Princes before dying during childbirth. Her patronage of learned men, artists and poets such as Castiglione, Bramante and da Vinci, made Milan one of the most splendid Courts in Italy.;;;;;;;;;
 EVENTNAME228036;絹織物産業;The Silk Industry;;;;;;;;;
 EVENTHIST228036;14世紀の間、ミラノ公領はイタリア半島で最も主要な羊毛製品・木綿製品の生産地 であり、トスカーナや他の欧州諸地域(プロヴァンス、カタルーニャ、フランドル、 イングランドなど)の羊毛産業と競合していた。既に東方の産物として認知され ていた絹は、1440年代の間により一般的に使用されるようになった。これはフィ リッポ・マリーア・ヴィスコンティが、高品質なビロードや金銀錦織を専門とする 職人をルッカ、フィレンツェ、ジェノヴァから買い取ったためである。この新た な加工品はすぐにミラノの特産物となり、特に「アウロセリッチ」(金属で覆っ た糸を使い、絹と一緒に金と銀を紡いだ織物)はヨーロッパ中で有名になった。 ヴィスコンティ家とスフォルツァ家の宮廷の壮麗さは、絹産業への強力な刺激と なった。1461年、絹織物技術は織物職人や商人に関する諸法規の制定によって 改善され、1470年にはミラノ公領内で桑の栽培を奨励するいくつかの布告が出 された。1486年、ルドヴィーゴ・イル・モーロは「ラ・スフォルチェスカ」の造成を 命じた。これはヴィジェーヴァノ近郊の農場であり、桑栽培と養蚕に用いられた。;During the 14th century, the duchy of Milan was the most important producer of woollen and cotton fabrics in the Italian peninsula, and was competing with wool factories in Tuscany and other European regions: amongst them Provence, Catalonia, Flanders and England. Silk, already regarded as an oriental product, became more generally used during the 1440s when Filippo Maria Visconti brought in craftsmen from Lucca, Florence and Genoa, specialised in making high-quality velvets and gold and silver brocades. It did not take long for the new craft to become a leader in Milan especially for 'auroserici' fabrics (using metallised thread, spinning gold and silver together with silk) that became famous throughout Europe. The splendour of the Visconti and Sforza courts was a powerful incentive for the silk factories. In 1461 The Art of Silk was improved with the approval of the Statutes of Weavers and Merchants and in 1470 several decrees were issued to facilitate the mulberry growing in the duchy of Milan. In 1486 Ludovico il Moro ordered the construction of 'La Sforzesca', a farm near the city of Vigevano used for growing mulberries and silkworms.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228036A;スフォルチェスカ養蚕場を 作る;Build the 'Sforzesca';;;;;;;;;
 ACTIONNAME228036B;今あるものを改良しよう;Let's improve what we have;;;;;;;;;
 EVENTNAME228037;ミラノがコルシカ買収を 提案される;Milan is offered Corsica;;;;;;;;;
 EVENTHIST228037;この島で起こる無数の反乱に直面したジェノヴァのサン・ジョルジオ銀行は、我々 が秩序を再建するかもしれないと考え、この島を我々に譲ることをついに決断 しました。民衆に限って言えば、彼らは同じ希望を抱いて我々を待っています。 一握りの時代錯誤的な封建領主だけが、未だ問題となっているでしょう。反乱勢 力の指導者トマッシノ・ダ・カンポフレゴーソは集められる限りの税を集め、既に 逃げています。;Facing unnumberable revolts in the island, the Bank of St George just decided to give it to us so that we may reestablish order. So far the population is waiting for us in the same hope. Only a handful of anachronical feudal lords may still be a problem. The leader of the rebels, Tomassino da Campofregoso, has collected all the taxes he could and is already on the leave.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228037A;状況を変化させよう;Things are gonna change;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228037B;この島は遠すぎる;This island is too far away;;;;;;;;;
 EVENTNAME228038;コルシカで局地的抗争が 内乱に発展;From localized vindetta to civil war;;;;;;;;;
 EVENTHIST228038;全ては3年前、強力な門閥一族カサビアンカ家の分家の2つが争ったことから始まり ました。わが方の総督は愚かにも、その片方に組するという決断を下したのです。 その後一部の人々は、明らかに我々に対する反乱の機会だけを待ち構えて、他方 の派閥を支持しました。わが勢力が最終的に優位に立ちましたが、情勢は未だに 極めて混沌としています。同盟関係は常に変わり続け、またジェノヴァと違って 我々はこの島の歴史や過去の紛争について明るくありません。さらに、我々には 適切な同盟者がいないのです。地元貴族や権門の一部を我々の味方として買収す るため、わが方の総督はさらなる資金と軍勢を必要としています。;It all began three years ago as a vindetta between two branches of the della Casabianca, a powerful family of oligarchs. Our governor unwisely decided to side with one faction. Then some people, obviously waiting only for an occasion to rebel against us, supported the other party. Our forces eventually got the upper hand but the situation is still very confused. Alliances are constantly shifting and unlike the Genoese we don't know much about this island's history and past feuds, and moreover we have no natural allies. In order to bribe some of the local nobles and oligarchs to our cause, our governors will need more money and troops.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228038A;彼らを戦わせよう;Let them fight;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228038B;これ以上巻き込まれることを 避けよう;Let's get more involved;;;;;;;;;
 EVENTNAME228039;コルシカのカルル・ デラロッカ;Carlu della Rocca;;;;;;;;;
 EVENTHIST228039;当時最も強力な領主で、前コルシカ伯パウルの孫であった彼は、伯父ヴィンチグ エルラからコムーネ(島北部)の統治権も受け継いだ。1475年、彼は他の領主達を 自らの支配下に服させようと試み、当然のことながら、当時互いに激しく戦って いたレカ家と争い始めた。彼らは結局、自称コルシカ伯と戦い、カルルの従兄弟 コロンバヌ(コムーネの前指導者)を支援するために、諍いを中断しなければ ならなかった。;Most powerful lord of the moment, former Count Paulu's grandson, he was also in control of the Communes through his uncle Vinciguerra. In 1475 he endeavoured to submit the other lords to his rule, beginning of course with the di Leca who were ferociously fighting each other at this time. Eventually they had to cease their quarrels to fight the would-be Count of Corsica and found support in his cousin Colombanu, former leader of the Communes.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228039A;彼を叩き潰せ;Crush him;;;;;;;;;
 EVENTNAME228040;コルシカ情勢にさらに 巻き込まれる;Getting even more involved;;;;;;;;;
 EVENTHIST228040;カルル・デラロッカがついこの前、多くの敵対者の一部に殺されたばかりです。 情勢は多少落ち着いているように思われ、一部の権力者達は未だに、我々がある 程度の秩序を当地に回復することを期待しています。今が最後の機会かもしれ ません。;Carlu della Rocca has just been murdered by some of his many foes. Things seem to be calming down a bit and some of the potentates are still looking towards us to reestablish some kind of authority over there. Now may be our last opportunity.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228040A;これ以上無駄にする金は ない;We don't have more money to waste;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228040B;この島は我々にとって 重要だ;This island is important to us;;;;;;;;;
 EVENTNAME228041;コルシカのトマッシノ・ダ・ カンポフレゴーソ;Tomassino da Campofregoso;;;;;;;;;
 EVENTHIST228041;かつてコルシカにおける最も恐るべき敵であったフレゴーソ家の末裔が、今では 我々の最後の希望であるように思われます。トマッシノはコルシカ人とのハーフ で、その母の一族は生まれつき彼を支持し、また彼はかつてジェノヴァを追い出 そうと陰謀を企てた指導者であったため、封建貴族達の間に多くの盟友がい ます。情勢はますます手に負えなくなりつつあり、我々には事実上選択肢が ありません。;Once our most dreaded enemy in Corsica, the Fregosi scion now seems to be our only hope. Half-corsican himself, his mother's family naturally supports him and he has many allies among the feudal aristocracy as he was once the leader of a conspiracy to outthrow the Genoans. The situation has grown unbearable, we have no real choice.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228041A;彼を我が方の総督にする;Make him our governor;;;;;;;;;
 EVENTNAME228042;フレゴーソ家がコルシカを 売却;The Fregoso sold Corsica;;;;;;;;;
 EVENTHIST228042;未だに相変わらず信用できないトマッシノ・ダ・カンポフレゴーソは、深刻な問題の 渦中にいます。盟友と資金を失ったこの厄介者のジェノヴァ人貴族は、多額の 現金と引き換えにコルシカ島をジェノヴァのサン・ジョルジオ銀行に売り払い、 その直後にこの島を離れました。;Still as unreliable as ever, Tomassino da Campofregoso put himself in serious troubles. Deprived of allies and money, the troublesome Genoese nobleman managed to sell Corsica to the Bank of Saint George for a nice sum of money before promptly leaving the island.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME228042A;我々には選択肢がない;We have no choice;;;;;;;;;
 ACTIONNAME115019A;誰でも好きなところにゲルを 張れるのだ;Every one is free to pitch his yurt wherever he wants;;;;;;;;;
 EVENTHIST232029;スーダンの新たに征服した領地は支配し難かった。首都からあまりにも遠かった ので、ソンガイの旧領土は極端に統治が難しかったのだ。それらの土地の多くは 原住民の攻撃の犠牲となった。;Newly conquered territory in the Sudan was difficult for Morocco to rule. So far removed from the capital, former lands of the Songhai were extremely difficult to govern. Many of these lands fell prey to attacks of the native peoples.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME239005C;アンジュー家が統治する;An Anjou state;;;;;;;;;
 ACTIONNAME239007A;ようこそ新国王ルネ (レナート)様!;Welcome to Renato, our new King!;;;;;;;;;
 EVENTHIST239012;約束にもかかわらず、ナポリ王フェルディナントI世は休戦を守らず、コッポラと ペトルッチを逮捕して、彼らの財産を全て没収した。サンセヴェリーノはなん とか逃げ出し、フランスの宮廷に亡命した。逮捕された貴族たちは、処刑の前 にすさまじい拷問を受けた。1487年1月、ナポリのヌオーヴォ城(別名アンジュー 王朝城)で開かれた結婚の祝宴の最中に、王は苛烈な個人的復讐を完遂した。 王は、地元貴族達の反乱に加わった貴族達を全て逮捕することを意図して騙して 招待し、疑わしい裁判ののち全員に死刑を宣告した。彼らのうち何人かは袋に 詰められて、何の痕跡も残さずに無造作に海に放り込まれた、という噂が立っ た。このぞっとするような行いの締めくくりとして、フェルディナントI世は陰 謀者たちの死体をミイラにし、ナポリ臣民に対する警告としてヌオーヴォ城に 永久に飾っておくよう命じた。この休戦破棄は教皇の大きな不興を買った。とい うのも、教皇は以前に合意していたアクイラの街さえ受け取っていなかったか らだ。教皇インノケンティウスVIII世はナポリ王位の空位を宣言するだろう。;In spite of his promises, King Ferdinando didn't respect the truce, he got Coppola and Petrucci arrested and all their properties confiscated. Sanseverino managed to escape and took refuge in France at the royal court. The arrested nobles were horrendously tortured before being executed. In January 1487 during a wedding-feast arranged in Castel Nuovo (aka Maschio Angioino) in Naples, the King completed his fierce personal retaliations. He deceitfully invited the nobles who had taken part in the baronal revolts with the aim to have them all arrested, then after arguable trials all the nobles were sentenced to death. Rumours had that some of them were simply closed in bags and thrown in the sea, leaving no traces. As a last macabre act, Ferdinando ordered that corpses of the conspirators should be mummified and then permanently exposed in the Castel Nuovo as a warning to all the Neapolitan subjects. The break of the truce indeed displeased the Pope who didn't even receive the city of Aquila as previously agreed. Innocentius VIII will proclaim the vacancy of the throne of Naples.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME239031A;イタリア人を率いて外国の 侵略者と戦う;Lead the Italians against the foreign invaders;;;;;;;;;
 ACTIONNAME251037A;ジョヴァンナは我が助言に 従う;Giovanna followed our advice;;;;;;;;;
 ACTIONNAME251039A;ナポリが我々の統制から 逃れた;Naples escapes our control;;;;;;;;;
 EVENTHIST3154;フッガー家は15世紀中にアウグスブルクからやってきた機織りの農民の家系で、 ハプスブルク家や教皇の銀行家との金融取引や交易を通じてのし上がった。 「富豪」ことヤーコブ・フッガーII世(1511-1525当主)は欧州の鉛、銀、銅生産を 支配し、水銀の専売権を獲得した。アントン・フッガー(1525-1560当主)はチリ、 ペルー、モスクワの交易利権を手にした。しかし16世紀末までには、スペインの 財政破綻、一家の内紛、後継者問題への関心の欠如によって会社は衰退した。 ヤーコブ・フッガーの財政支援によって、若きカルロスI世はより世評の高いフラ ンソワI世を破って神聖ローマ皇帝の座を勝ち取った(フランス王はこのことで カルロスを決して許さなかった)。しかし、フッガー家からの高利の負債85万 フローリンを返済するために、数年の間カスティーリャの領地収入は抵当に入 り、また増税によってカスティーリャ人がこの外国人(ハプスブルク家)の王に かなりの不満を抱くようになったのであった。;The Fuggers were a peasant family of weavers from Augsburg during the 15th Century who rose through trade and transactions in money to Bankers of the Habsburgs and the Popes. Jakob Fugger the Rich (1511-1525) controlled European lead, silver and copper production and obtained a monopoly in quicksilver. Anton Fugger (1525-1560) had trading concessions in Chile, Peru and Moscow. However, the company declined by the end of the 16th Century because of state bankruptcies in Spain, family conflicts and lack of interest on the part of the heirs. Financial support from Jakob Fugger allowed young Carlos to win the Imperial crown over a more prestigious Francois Ier, something that the king of France never forgave him. However the rents of Castile were mortgaged for several years to pay back the 850,000 florins loaned by the Fuggers at high interest, and the added taxation greatly increased the unhappiness of the Castilians with their foreign king.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3825A;あなた方の魂を磨きなさい、 そして極楽浄土へ至るのです;Turn inward and create a peaceful Shangri-La;;;;;;;;;
 ACTIONNAME3825B;仏敵を教化せよ!;Chastise our treacherous neighbors!;;;;;;;;;
 EVENTHIST51023;16世紀、スペインは北アフリカの数々の港を占領した。アルジェは封鎖され、 貢納を強制された。その他の港は完全に占領された。ムスリム達は一か八か、全 イスラム教国のカリフであるオスマン帝国のスルタンに助けを求めた。コルセア 海賊である2人のバルバロッサ兄弟が、艦隊と共に北アフリカに派遣してもらえ るよう、スルタンに願い出た。彼らはチュニスの街を拠点として海賊活動を行い、 アルジェを攻撃しようと計画していた。彼らはチュニジアのスルタンを説得する ため、高価な贈り物を送った。;In the 16th century, Spain occupied various ports in North Africa. Algiers was blockaded and forced to pay tribute. Other ports were captured outright. The desperate Muslims called for help from the Ottoman sultan, then the caliph of all Islam. Two corsair brothers, the Barbarossas petitioned the sultan to send them with a fleet to North Africa. The brothers planned to use the city of Tunis as a launching point for piracy operations and attacks on Algiers. To convince the sultan of Tunisia, they gifted him with sumptuous presents.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME51023A;チュニスを彼らの活動拠点に 使わせる;Let them use Tunis as a base of operations;;;;;;;;;
 ACTIONNAME51023B;笑わせるな;We feel like laughing;;;;;;;;;
 EVENTNAME51026;アブー=アムル・ウスマーン が支配者になる;Abu Amr Uthman comes to rule;;;;;;;;;
 EVENTHIST51026;アブー=アムル・ウスマーンの治世、ハフス朝は北アフリカで卓越した勢力を発揮 した。ザイヤーン朝はほとんど属国同然となり、モロッコのワッタース朝さえも がハフス朝の宗主権を認めた。;During the rule of Abu Amr Uthman, the Hafsid state emerged as the preeminent power in North Africa. The Zayyanids became little more than vassals, and the Wattasids of Morocco even recognized Hafsid suzerainty.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME51026A;ハフス朝の興隆だ!;The Hafsid dynasty ascends!;;;;;;;;;
 EVENTNAME51027;アブー=アムル・ウスマーン の死;Death of Abu Amr Uthman;;;;;;;;;
 EVENTHIST51027;彼が死んで、ハフス朝の権威は崩壊した。王家内部の対立は激しさを増し、最終 的にはハフス朝の権威を揺るがす争いとなった。明らかに、ハフス朝の黄金時代 は過ぎ去ったのだ。チュニスのスルタンはもはや、ザイヤーン朝やトリポリに 支配を及ぼすことはできなかった。;Upon his death, Hafsid authority crumbled. The royal family grew to bickering and eventually fueding that damage the position of the Hafisd dynasty. Clearly, the golden age of the Hafsid dynasty was over. No longer could the sultan of Tunis exercise control over the Zayyanids and Tripoli.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME51027A;ハフス朝が没落する!;The Hafsid dynasty descends!;;;;;;;;;
 ACTIONNAME51027B;我々は決して諦めない!;We shall never give up!;;;;;;;;;
 EVENTNAME300000;モリスコ人が支援を要請;The Moriscos Request Aid;;;;;;;;;
 EVENTHIST300000;グラナダのムスリム王朝はその崩壊以前、定期的にムスリムの同胞達に支援を 求めていた。崩壊後、多くのモリスコ人(スペインに残ってキリスト教に改宗した イスラム教徒)は、オスマン帝国が彼らを解放してくれるという望みをいまだ捨て ずにいた。しかし間違いなく、モリスコ人がチュニスのスルタンの支援を期待し 始めるようなことはなかった。;Prior to its fall, the Muslim kingdom of Granada routinely asked its Muslim brothers for support. After its fall, many Moriscos still held out hope that the Ottoman Empire would liberate them. However, surely, the Moriscos would not have become agitated had the sultan of Tunis came to their aid.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300000A;我々は別の問題を抱えている;We have other concerns;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300000B;彼らを助けねば!;We must help them!;;;;;;;;;
 EVENTNAME300001;チュニスがバルバロッサの 攻撃を受ける;Tunis under attack from Barbarossa;;;;;;;;;
 EVENTHIST300001;ハイル・アッディーン・バルバロッサの統治のもと、アル=ジャザイール(アルジェ) はオスマン帝国を主君として受け入れ、スペイン、ハフス朝チュニス、ザイ ヤーン朝トレムセンとの戦いを続けた。彼はチュニスを1534年に征服した。追放 されたハフス朝のパシャ、アル=ハッサンは、スペイン王カルロスI世(カール V世)に支援を求めた。カルロスは強力な艦隊を派遣してチュニスを奪回し、アル= ハッサンを復位させて属国とした。;Under the rule of Khayr ad-Din Barbarossa, Al-Djazair accepted the overlordship of the Ottoman empire and continued the fight against the Spaniards, the Hafsids of Tunis and the Zayyanids of Tlemcen. He conquered Tunis in 1534. The deposed Hafsid pasha, al-Hassan, asked for help from Carlos of Spain, who sent a powerful fleet and recaptured Tunis, restoring al-Hassan as his vassal.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300001A;スペインに支援を求める;Request help from Spain;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300001B;キリスト教徒に服従するなら 死んだほうがましだ;Better death than submission to a Christian;;;;;;;;;
 EVENTNAME300002;トレムセンの従属;Tlemcen submits;;;;;;;;;
 EVENTHIST300002;一旦モロッコでマリーン朝が衰退すると、チュニスはハフス朝の下、強力な王国 となった。隣国の弱体化に付けこんだアブー=ファーリス・アブド=アル=アジズ は、1424年にトレムセンを侵略した。そしてトレムセンのアブー=マリク・アブド= アル=ワヒドを退位させた後、代わりにアブー=アブド=アラー・ムハンマドを立て、 トレムセンを属国化した。;Once the Marinid power declined in Morocco, Tunis became a powerful kingdom under the Hafsid dynasty. Taking advantage of the weakness of her neighbor, in 1424 Abu Faris Abd al-Aziz invaded Tlemcen, and after dethroning Abu Malik Abd al-Wahid, substituted him with Abu Abd Allah Muhammad, as his vassal.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300002A;我々が支配する;We rule;;;;;;;;;
 EVENTNAME300003;トレムセンの抵抗;Tlemcen resists;;;;;;;;;
 ACTIONNAME300003A;奴らを粉砕しろ;Crush them;;;;;;;;;
 全てセミコロン数の修正のみ、文章に修正なし。

***23576〜23578行目(AGCEEP_Specific_Morea.eue) [#na40fdea]
 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

***2006年12月14日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.6のセミコロンBugリスト [#h30200de]
 EVENTNAME286000;モレアの未来;The Morean future;;;;;;;;;
 EVENTHIST286000;ペロポネソスでは、トーマースとコンスタンティノス二人の兄弟が失政を行った。圧制的な統治を行うこの不道徳で強欲な専制公達は領内全土で疎まれ、ギリシャ人住民とアルバニア人牧畜民(前世紀にやってきて定着していた)間の憎悪もさらに激しくなった。1446年前半のトルコの侵略は領土を荒廃させ、アルバニア人牧畜民にさらに広い領域を与えることとなり、ギリシャ人農民はヴェネツィア人入植都市の多くに大量流入した。オスマン帝国がギリシャ人に対する牽制役としてアルバニア人を維持する政策を採ったため、アルバニア人には有利な条件が与えられた。モレアでは6万人の農民が奴隷に落とされた。そのため、モレアはおそらくバルカン半島でもっとも悲惨な州となったが、メフメトII世がこの成り行きを故意に意図したことには全く疑う余地がなかった。彼は当地を荒廃させ無人化することで、外国の侵略者にとって魅力のない場所にし、また反抗する気力を持たせないようにしたのだ。;The Peloponnesus was misgoverned by two brothers, Thomas and Constantine, worthless and greedy despots, whose rule of their oppression, were detested throughout the land, further hatred developed between the Greek inhabitants and the migrant Albanian shepherds, who had come down and settled there in the previous century. The invasion of the Turks in early 1446 had desolated the land and given the Albanian herdsmen a wider range, forcing the Greek peasants to overcrowd the many Venetian towns. Albanians received favourable terms, for it was Ottoman policy to preserve them as a make-weight to the Greeks. In Morea 60000 peasants were reduced to slavery. It was thus that the Morea became perhaps the most miserable province in the Balkans, nor can there be any doubt but that Mohammad deliberately intended this to be its fate. He unpeopled and desolated it so that it might present no allurements to a foreign invader and have no spirit to be restless.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME286000A;民を離散させる;Disperse our people;;;;;;;;;
 ACTIONNAME286000B;トルコに味方しよう;Let us side with the turk;;;;;;;;;

|行数|ID|内容|h
|8992|EVENTNAME338197|末尾のセミコロンが1個多い|
|9056|EVENTNAME338217|末尾のセミコロンが1個少ない|
|9074|EVENTHIST338222|末尾のセミコロンが1個多い|
|9709|EVENTHIST1000081|英文中に余計なセミコロンが混じっている|
|10668|EVENTHIST103003|和文と英文の間のセミコロン抜け|
|10697|EVENTNAME103012|末尾のセミコロンが1個多い|
|12995|EVENTNAME131002|末尾のセミコロンが1個多い|
|12996|EVENTHIST131002|末尾のセミコロンが1個多い|
|13455|EVENTNAME88003|末尾のセミコロンが1個多い|
|13489|ACTIONNAME137006A|末尾のセミコロンが1個多い|
|13523|EVENTNAME137015|末尾のセミコロンが1個多い|
|14859|EVENTHIST150007|末尾のセミコロンが1個多い|
|18479|ACTIONNAME170112A|次行の#;とくっついている|
|18726|EVENTNAME22012|末尾のセミコロンが1個多い|
|20724|ACTIONNAME349017A|末尾のセミコロンが1個多い|
|22494〜22599|ACTIONNAME228015A〜ACTIONNAME228042A|(ミラノ後半部)末尾のセミコロンが1個多い|
|22741|ACTIONNAME115019A|末尾のセミコロンが1個多い|
|22910|EVENTHIST232029|和文と英文の間のセミコロン抜け|
|23408|ACTIONNAME239005C|末尾のセミコロンが1個多い|
|23416|ACTIONNAME239007A|末尾のセミコロンが1個多い|
|23436|EVENTHIST239012|末尾のセミコロンが1個多い|
|23479|ACTIONNAME239031A|末尾のセミコロンが1個多い|
|25766|ACTIONNAME251037A|末尾のセミコロンが1個多い|
|25771|ACTIONNAME251039A|末尾のセミコロンが1個多い|
|29335|EVENTHIST3154|末尾のセミコロンが1個多い|
|31416|ACTIONNAME3825A|末尾のセミコロンが1個多い|
|31417|ACTIONNAME3825B|和文と英文の間のセミコロン抜け|
|31839〜31867|EVENTHIST51023〜ACTIONNAME300003A|(チュニス)末尾のセミコロンが1個多い|
***25594行目(AGCEEP_Specific_Ottomans.eue) [#ycfd2f17]
 英文中に余計なセミコロンが混入していたのを修正。(4;000 pirates)

***2006年11月20日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.3のセミコロンBugリスト [#y3f7221c]
-12/14 修正済みにつき消去しました。
 EVENTHIST3372;1520年代、ギリシア系改宗ムスリムのバルバロス兄弟はアルジェを中心とするバーバリー海岸に移り、海賊稼業を始めた。長兄ウルージはアルジェ王との連戦の末にこれの殺害に成功したが、自身もまもなく戦死してしまう。ウルージの衣鉢を継いだ弟ハイル・アッディーンは、一時は100隻のガレー船と4000人の手下を操り、地中海全域を恐怖の底に叩き込んだ。そのような彼をオスマン帝国のスルタンは大提督として招請していたのだが、スペインのアルジェ遠征が噂される折、彼はアルジェごとオスマン帝国傘下に加わることを決めた。;In the 1520's, the brothers Barberus, who were Greek renegades who had gone on piracy ventures in the Barbary Coast of Algiers. After much fighting, Arudj, the elder brother, assassinated the pasha of Algiers, but was later himself killed in a combat. His brother Kayr al Din succeeded him and had, at some time, 100 galleys and 4000 pirates that he used to terrorize the whole Mediterranean. Having received a regular commission of admiral from the Sultan, he placed Al Djazadr (Algeria)under Ottoman sovereignty prompting Spanish expeditions against Algiers.;;;;;;;;;

***2006年10月10日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.0のセミコロンBugリスト [#c15d8b09]
-10/31 和訳ファイル1.1で対応につき消去しました。
***28531行目(AGCEEP_Specific_Rajput.eue) [#q0f08d96]
 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

 EVENTNAME194029;ラージプート人の抵抗;Rajput resistance;;;;;;;;;

***29828行目(AGCEEP_Specific_Scotland.eue) [#cc7aaf0d]
 和文/英文間のセミコロンが2個になっていたのを修正。

 ACTIONNAME276006B;我々がスコットランド教会の首長だ;We are at the head of the Scottish Church;;;;;;;;;
***32514行目(AGCEEP_Specific_Timurids.eue) [#l70392a2]
 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

 EVENTHIST296612;アブー=サイードの死によって帝国は文字通り千々に分断された。ティムールの息子であったウマル=シャイフの息子、フサイン=バイカラがペルシア東部とホラズムを相続し、帝国の残りの部分は彼の4人の息子たちに分与された。長男アフマドはサマルカンドとブハラを、次男スルタン=マフムードはバダフシャン、ハトロン、テルメズ、クンドゥズ、ヒサールを、三男ウルグ=ベグはカブールとガズニを、四男ウマル=シャイフはフェルガナ、とそれぞれを拝領した。こうしてティムール帝国の栄光の日々は終焉を迎えた。;Upon the death of Abu Sa`id, the Empire literally fell to pieces. Husain Baiqara, great-grandson of Timur's son, Umar Shaikh, succeeded in occupying Eastern Persia and Khwarizm. The rest of Sa`id's kingdom was divided between his four sons. The eldest, Ahmad, was established in Samarkand and Bukhara. His second son, Sultan Mahmud was given Badaskhan, Khultan, Tirmiz, Qunduz, and Hisar. Ulugh Beg, his third, was given Kabul and Ghazni with the fourth, Umar Shaikh as ruler of Ferghana. The glory days of the Timurid Empire were at an end.;;;;;;;;;

***33226〜33229行目(AGCEEP_Specific_Ukraine.eue) [#ba4dd46f]
 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

 EVENTNAME323000;新たな首都;New capital;;;;;;;;;
 EVENTHIST323000;キエフ総主教区の首府であるキエフの街を含むウクライナ中部を征服し、戦いが終結したことで、コサック達はザポロージエの根拠地からキエフに遷都できるようになった。;Capture of central Ukraine with city Kiev, which was capital of Kievan patriarchate, and end of the hostilities allowed Cossacks to move their capital from their Zaporozhian strongholds to Kiev.;;;;;;;;;
 ACTIONNAME323000A;キエフに遷都する;Move capital;;;;;;;;;
 ACTIONNAME323000B;いや、ザポロージエが安全だ;No, in Zaporozhia we are safe;;;;;;;;;

***33878行目(AGCEEP_Specific_Vijayanagar.eue) [#y8755494]
 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

 EVENTHIST30342;1529年にクリシュナ・デーヴァラーヤ王が没した後、彼の異母弟アチュタが王位を継いだ。しかし、彼はすぐにクリシュナの娘婿ラーマラージャに異議を申し立てられ、彼を共同統治者とすることを強いられた。アチュタはビジャープルに侵攻し、一方でラーマラージャが国内を統治した。ラーマラージャは友人や縁者を任官し、3000人のムスリム兵を召抱え、1535年にはアチュタを監禁して自ら王を名乗った。南部の貴族達はラーマラージャに反旗を翻した。ラーマラージャが彼らと戦っている間にアチュタが復位したので、ラーマラージャは退陣せざるを得なかった。;After the death of Krishna Deva Raya in 1529, his half-brother Achyuta has ascended the throne. However, he was soon challenged by Krishna Deva's son-in-law Rama Raya and had to make him a co-ruler. Achyuta invaded Bijapur, while Rama Raya was running the administration. He appointed his friends and relatives, took 3,000 Muslim soldiers into his service, and in 1535 put Achyuta in prison, proclaiming himself king. Southern nobles rebelled against Rama Raya. While he was fighting them, Achyuta was restored to the throne, and Rama Raya had to step down.;;;;;;;;;

----
以下は対応につき消去しました。
-2006年12月19日 AGCEEP1.51用和訳ファイルβのセミコロンBugリスト
-2006年11月20日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.3のセミコロンBugリスト
-2006年10月10日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.0のセミコロンBugリスト



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS