#####################################
#### AGCEEP_Specific_Teutons.eue ####
#####################################
#;
EVENTNAME20123;チュートン騎士団と ダンツィヒ;The Teutonic Order and Danzig;;;;;;;;;
EVENTHIST20123;フランス中部のマルシュが神聖ローマ帝国に属したのと同様に、中世のダン ツィヒ地方はポーランドに属していた。1309年、チュートン騎士団は都市を包囲 攻撃していたブランデンブルク軍に対抗するための支援を装って、この土地を 手に入れた。ポーランドは決してこの事実を認めなかった。両国は、絶え間ない 戦争状態に突入し、それはグリュンバルトの戦いで最高潮に達した。これに敗北 したチュートン騎士団は、形勢を取り戻せなかった。ダンツィヒ市民の約90%は ポーランド人だった。約5%がオランダ人で、彼らは16世紀にはビストゥラ川の 三角州へ移住し始めた。トールンなどダンツィヒ地方の他の都市には主として、 明らかに政治より貿易に関心を持つドイツ人が移住していた。騎士団の政策と、 地方や都市の政策とが対立していたので、チュートン騎士団はダンツィヒとの間 に問題を抱えていた。もしチュートン騎士団が、より貧しいドイツ人のダンツィ ヒ移住を促進していたならば、統治はもっと簡単だったかもしれない。;The Medieval province of Danzig belonged to Poland on the similar terms as the Marches belonged to HRE. In 1309, the Teutonic Order, feigning that it wanted to help against Brandenburgians who sieged the city, grabbed the land. Poland never recognized this fact. Both countries found themselves in continuous warfare which culminated in the Battle of Grunwald. The defeated Teutonic Order never regained its position. The populated of Danzig was about 90% Polish. About 5% were Dutch, who started to migrate into the delta of Vistula in the 16th century. The cities of Danzig, Thorn. and others were mainly settled by Germans, who were definitely more interested in trade than in politics. The Teutonic Order had problems with Danzig, since the political aims of the Order were in contradiction to the policy of the city and province. Had the Teutonic Order encouraged more rustic people from Germany to settle in Danzig, then it may have been easier to rule.;;;;;;;;;
ACTIONNAME20123A;そのままにしておく;Leave it as it is;;;;;;;;;
ACTIONNAME20123B;ドイツ人の人口を 優位にしておく;Let the German population be dominant;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME20124;ダンツィヒが交易センター となる機会を得る;Danzig has a chance to become a trade center;;;;;;;;;
EVENTHIST20124;15世紀には西ヨーロッパで穀物の需要が高まっていて、貿易以外の手段では それを獲得できなかった。ポーランドは消費する量より多くの穀物を生産し ていた。「目端の利く連中」はこのチャンスを非常にうまく利用した。いつも 貿易に立脚した都市だったダンツィヒは、バルト海でおそらく リューベック に次いで重要な都市に姿を変えていった。;Western Europe was in growing need of grain in the 15th century. It couldn't be gained any other means than by trade. Poland produced much more grain than it needed. 'Homo Oeconomicus' got his chance and used it very well. Danzig, a city always based on trade, reshaped into the most important center in the Baltic region, excepting only perhaps Lubeck.;;;;;;;;;
ACTIONNAME20124A;ああ、もっと儲けられる;Yes, we can make money on it;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209000;ノイマルクの売却;Sale of Neumark;;;;;;;;;
EVENTHIST209000;ノイマルクは元々オーデル川の東側のブランデンブルク領であったが、1402 年にジギスムントによってチュートン騎士団に譲渡されていた。プロイセンのリ ザード同盟による反乱とそれに対するポーランド王カジミェシュの介入により 軍事的、財政的、政治的危機を迎えたことで、騎士団はノイマルクをブランデ ンブルク選帝侯に売却して資金と彼の支持を得る方が、オーデル川をドイツ との国境にしようと画策しているポーランド王に奪われるよりも良いと考えた。 それにより2月22日に密使がこの地を40000グルデンでフリードリヒII世に売却す る提案を伝えた。選帝侯はこれを喜んで受け入れ、4月5日、ノイマルクの権利を ノイ-ランツベルクで受け取ることとなった。;The Neumark, originally the part of Brandenburg east of the Oder river, had been mortgaged to the Teutonic Order by Emperor Sigismund in 1402. In the desperate financial, political and military situation caused by the uprising of the Prussian Lizard League and the intervention of Casimir of Poland in favour of the rebels, the Order decided it would be better to sell Neumark back to the Elector of Brandenburg in order to gain some money and his support than to loose the territory to the Polish King who was obviously attracted by the opportunity to restore the Oder as border with Germany. Thus on February 22nd emissaries of the Order offered the territory to Friedrich II for 40000 Gulden. The elector accepted gladly and on April 5th took the oaths of allegiance from the estates of Neumark in Neu-Landsberg.;;;;;;;;;
ACTIONNAME209000A;ブランデンブルクに ノイマルクを申し出る;Offer Neumark to Brandenburg;;;;;;;;;
ACTIONNAME209000B;ノイマルクを保持する;Keep Neumark;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209001;ブランデンブルクの受諾;Brandenburg accepts;;;;;;;;;
EVENTHIST209001;ブランデンブルク選帝侯はノイマルク売却の申し出を受諾した。今や我々は もはや、この孤立した貧しい土地に煩わされる必要はなくなり、さらに ポーランドとの戦争にどうしても必要な資金を得ることができました。;The Elector of Brandenburg has accepted to buy Neumark. Now we won't have to take care of this isolated poor piece of soil anymore and have gained much-needed financial resources for our war against Poland.;;;;;;;;;
ACTIONNAME209001A;よろしい;Good;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209002;プロイセン連邦;The Prussian Confederation;;;;;;;;;
EVENTHIST209002;1440年2月21日、プロイセン領内のダンツィヒやトールンを始めとする19の諸都 市、クルムラントの地主階級及び聖職者からなるプロイセン連邦が形成された。 これはトールンの和平によってチュートン騎士団からポーランドに支払われる 賠償金のために課せられた、重い税負担に対する抗議であり、貿易の制限と関税 に対する抗議であり、その富に比して貧弱な軍事力に対する抗議であった。 連邦の創設は騎士団総長に冷淡に受け止められた。;On the 21st of frebuary 1440 the Prussian Federation was formed by 19 prussian cities, Danzig and Thorn amongst others, and a part of the gentry and clergy of Kulmland. It was a protest against the high taxes levied by the Teutonic Order to pay their reparations to Poland under the peace of Thorn, against the restrictions and taxes on trade, and against a lack of power compared to their wealth. The foundation of the confederation was met with indifference by the grand master.;;;;;;;;;
ACTIONNAME209002A;彼らを無視する;Ignore them;;;;;;;;;
ACTIONNAME209002B;彼らの要求を認める;Agree to their demands;;;;;;;;;
ACTIONNAME209002C;彼らを粉砕する;Crush them;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209004;プロイセン連邦の反乱;The Prussian Confederation revolts;;;;;;;;;
EVENTHIST209004;皇帝の仲介を求める要求がプロイセン連邦の廃止をもたらすと、彼らは救済の陳 情をポーランド王に送った。公式な陳情への要求を得ると、プロイセン連邦は 総長への反抗を正式に表明し、公然と反乱を起こした。;When requests for mediation with the emperor resulted in the banning of the prussian federation, they sent requestss to the king of Poland for help. After getting a demand for a more official petition, the Prussian Federation sent a formal act of disobedience to the grandmaster and went into open revolt.;;;;;;;;;
ACTIONNAME209004A;くそっ;Damn;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209005;ポーランドが プロイセン連邦の陳情を受諾;Poland accepts the Prussian Petition;;;;;;;;;
EVENTHIST209005;ポーランド王はプロイセン連邦の陳情を受諾し、彼の地を彼の領地としました。 我々はどういたしましょう?;The king of Poland has accepted the petition of the Prussian Federation, and accepted them into his realm. What shall we do?;;;;;;;;;
ACTIONNAME209005A;ここが欲しければ 力ずくで取りに来い;He'll have to come and take it by force;;;;;;;;;
ACTIONNAME209005B;この厄介な地はくれてやる;He can have those troublemakers;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209007;プロイセン連邦の終焉;The End of the Prussian Federation;;;;;;;;;
EVENTHIST209007;ポーランドはプロイセン連邦を見捨て、我々は彼らを鎮圧しました。;Poland has abandoned the Prussian federation we shall crush them now.;;;;;;;;;
ACTIONNAME209007A;よろしい;Good;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209012;チュートン騎士団の運命;The Fate of the Teutonic Order;;;;;;;;;
EVENTHIST209012;最後のチュートン騎士団総長、アルブレヒト・フォン・ブランデンブルクは騎士団 を世俗化し、プロイセン公国をポーランドの属国として建国した。ホーエン ツォレルン家の分枝のブランデンブルク家がこの公領の統治者となった。;The last Grandmaster of the Teutonic Order, Albrecht von Brandenburg, decided to secularize the Order in 1525 and created Duchy of Prussia as a Polish vassal. The Brandenburg, branch of Hohenzollerns became the rulers of the Duchy;;;;;;;;;
ACTIONNAME209012A;プロイセン公国を宣言;Become the Duchy of Prussia;;;;;;;;;
ACTIONNAME209012B;騎士団に留まる;Continue as the Order;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME209600;フス戦争;The Hussite Wars;;;;;;;;;
#;
#;

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-16 (土) 18:27:42