1.51対応済

EVENTNAME3559;イスマーイールの改革;The Reforms of Ismail;;;;;;;;;
EVENTHIST3559;サファヴィー朝のシャー・イスマーイールは偉大な征服者であっただけではなく、偉大な統治者・改革者でもあった。彼のすぐれた統治は、ペルシャ国家再生の基礎となった。ティムール帝国やトルコ系諸族の下で動物のように虐げられていた民衆は、シャーを聖人のように崇め、熱心に仕事に打ち込んだ。;Shah Ismail Safavid was not only a great conqueror but also a great consolidator and reformer. His competent rule laid the foundation for the resurrected Persian state. The people, who had suffered like animals under Tamerlane and the Turkmen tribes, regarded their Shah as a saint and set to their tasks with great enthusiasm.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3559A;交易とインフラを改革する;Reform trade and infrastructure;;;;;;;;;
ACTIONNAME3559B;軍隊を改革する;Reform the army;;;;;;;;;
ACTIONNAME3559C;地域の防衛を強化する;Fortify the realm;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3560;トルコとペルシア間の衝突 : シーア派の反乱;Turko-Persian Conflicts: Shiite rebels;;;;;;;;;
EVENTHIST3560;サファヴィー朝のシャー・イスマーイール大帝が白羊朝のくびきを脱してペルシアを再建すると、シーア派の異端者達はアナトリアにおいても勢力を増していった。バヤジッドII世の治世の終わり頃には、キジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)がスンニ派の支配に対して反旗を翻した。反乱はシャー・イスマーイールや、バヤジッドの王子アフメトの支援を受け、オスマン帝国の根幹を揺るがしかねないほどのものとなった…;Ever since the Safavid Shah Ismail the Great threw off the yoke of the White Sheep Turks to re-establish Persia as a nation, the Shiite sect had grown stronger in Anatolia. Near the end of the reign of Bayezid II, the Kizilbash (Shiite Turkmen) rose up in revolt against the Sunni regime. Supported by Shah Ismail and Bayezid's own son Ahmed, the rebels threatened to change the course of Ottoman history...;;;;;;;;;
ACTIONNAME3560A;アナトリアのシーア派を支援する;Support the Anatolian Shiites;;;;;;;;;
ACTIONNAME3560B;成り行きに任せる;Leave them to their fate;;;;;;;;;
ACTIONNAME3560C;スルタンを喜ばせるため、反乱軍を裏切る;Betray the rebels to please the Sultan;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3561;トルコとペルシア間の衝突 : バヤジッド王子がペルシアに 亡命;Turko-Persian Conflicts: Prince Beyazid flees to Persia;;;;;;;;;
EVENTHIST3561;スレイマン大帝はオスマン帝国の完全な優位を求めてペルシアと幾度も戦いを交えた。他方で1559年、セリムとバヤジッドの両王子が内戦を争うという深刻な衝突が持ち上がった。1561年、バヤジッドは敗れ、ペルシアに亡命した。ペルシアの支援を得られると信じてのことだったのであろう。だがスレイマンは大金を積んでバヤジッドを送還させ、帰国したバヤジッドとその息子達は処刑された。スレイマンの人生で最も悲劇的な出来事であった。;Sueleyman the Great fought many wars with Persia to the overall advantage of the Ottomans. Yet another serious conflict sailed up on the horizon in 1559, when the Princes Selim and Bayezid fought each other in a civil war. Bayezid lost and fled to Persia in 1561, where he probably hoped to gain the support of the Shah, but Sueleyman managed to get him returned for a large sum of gold. Bayezid and his sons were then executed in the most tragic event of Sueleyman's life.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3561A;バヤジッド王子をスルタンに送還する;Deliver Prince Beyazid to the Sultan;;;;;;;;;
ACTIONNAME3561B;彼の引渡しを拒否する;Refuse to hand him over;;;;;;;;;
ACTIONNAME3561C;バヤジッド王子を積極的に支援する;Give active support to Beyazid;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3562;トルコとペルシア間の衝突 : ムラトIII世の軍事行動;Turko-Persian Conflicts: Murad III's campaigns against Persia;;;;;;;;;
EVENTHIST3562;女性達の言いなりだったスルタン・ムラトIII世は、ペルシアと不毛な戦争(1578-1590)を行った。これはオスマン帝国に大きな負担をかけ、臣民に重税を強いた。この戦争は全くの無駄というわけではなく、ペルシアはオスマン帝国にアゼルバイジャン・トビリシ・ハマダーンを譲らざるを得なかった。だが、もっと良い国力の使い道があったかもしれない。;Murad III, a Sultan ruled by women, fought the Persians in an exhausting war (1578-90) that severely strained the Empire and forced heavy taxes upon the citizens. Though the war was not for nothing--Persia had to cede Azerbaijan, Tiflis and Hamadan to the Ottomans--the resources might have been better spent elsewhere.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3562A;トルコ人に教訓を与えてやろう!;Teach the Turk a lesson!;;;;;;;;;
ACTIONNAME3562B;オスマン帝国の脅威を無視する;Ignore the Ottoman threat;;;;;;;;;
ACTIONNAME3562C;外交的解決を探る;Seek diplomatic solution;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3563;トルコとペルシアの対立;Turko-Persian Tension;;;;;;;;;
EVENTHIST3563;アナトリア東部でのスィパーヒーの反乱は、ムラトIII世に屈辱的な敗北を蒙ったペルシアのシャーに対し、報復の手立てを探るよう唆すものであった。1603年までには、再び戦争が勃発した。;The Spahi revolts in Eastern Anatolia encouraged the Persian Shah to seek revenge for the humiliating losses incurred by Murad III. War broke out yet again in 1603.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3563A;トルコ人反乱軍を支援し、戦争の準備をする;Support the Turkish rebels and prepare for war;;;;;;;;;
ACTIONNAME3563B;国内問題に集中する;Concentrate on internal issues;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3564;アッバース大帝の改革;The Reforms of Abbas the Great;;;;;;;;;
EVENTHIST3564;シャー・アッバース大帝の治世は、サファヴィー朝の絶頂期として記録された。彼は訓練の行き届いた常備軍を整備し、ウズベク人を叩き潰し、オスマン帝国に自らの報復を果たした。1598年、彼は新たな首都にイスファハンを選んだ。彼は芸術、特に建築の後援者で、イスファハンをいくつかの世界最高のイスラム記念建造物で飾り立てた。彼は数多くのモスク、学校、橋、大市場を建設した。彼の治世、ペルシアの職人と芸術家達は、良質な絹布、衣服、磁器、金属細工、細密画、敷物の創作に卓越した。;The reign of Shah Abbas the Great marked the pinnacle of the Safavid dynasty. He developed a disciplined standing army, crushed the Uzbeks and avenged himself on the Ottomans. In 1598, he chose Isfahan as his new capital. A supporter of the arts, especially architecture, he adorned Isfahan with some of the finest Islamic monuments in the world. He built a number of mosques, schools, bridges and a major bazaar. During his reign, Persian craftsmen and artists excelled in creating fine silks, cloths, porcelain, metalwork, calligraphy, miniatures and carpets.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3564A;イスファハンに遷都する;Move the capital to Isfahan;;;;;;;;;
ACTIONNAME3564B;古い首都に留まる;Retain the old capital;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3565;アッバース大帝の顧問;The Advisors of Abbas the Great;;;;;;;;;
EVENTHIST3565;シャー・アッバースは西欧の軍事技術を大いに称賛し、またキリスト教伝道団を喜んで領内に迎え入れ、自らも改宗する寸前まで行った。シャーは最終的に、ペルシアの陸海軍を改革するため、2人のイングランド人(アンソニーとロバートのシャーリー兄弟)の助力を確保した。その効果はすぐに現れた。アッバースはポルトガルからバーレーンを奪取し、ホルムズのポルトガル拠点を略奪したのだ。だが、この欧州人顧問は、全ての部門から好評を得たわけではなかった…;Shah Abbas greatly admired the military skills of the Western Europeans and gladly accepted Christian missionaries to his realm, even pretending to be on the verge of converting himself. The Shah finally secured the help of two Englishmen--Anthony and Robert Sherley--to reform the Persian army and navy. The results were not long in coming. Abbas took Bahrein from the Portuguese and sacked their base at Hormouz. The European advisors, however, were not popular in all quarters...;;;;;;;;;
ACTIONNAME3565A;イングランド人顧問を雇う;Hire the English advisors;;;;;;;;;
ACTIONNAME3565B;国内の顧問を信頼する;Rely on domestic advisors;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3566;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3566;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3566A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3566B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3567;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3567;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3567A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3567B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3568;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3568;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3568A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3568B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3569;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3569;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3569A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3569B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3570;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3570;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3570A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3570B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3571;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3571;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3571A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3571B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3572;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3572;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3572A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3572B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3573;政情不安;Political Turmoil;;;;;;;;;
EVENTHIST3573;サファヴィー朝の力はキジルバシ(シーア派トルコ系遊牧民)、すなわち白羊朝を打ち負かした人々を起源とする小アジアの部族民に依拠していた。不幸なことに、これら諸侯は言うことを聞かず、絶えず互いに戦い、シャーへの影響力を巡って争った。アッバース大帝の下では彼らは厳しく統制されていたが、彼が世を去ると、ペルシアは再び彼らの内紛に苦しんだ。最終的に彼らの勢力は衰えたが、それは18世紀にアフガニスタンやバルチスタンの反抗的な諸侯に取って代わられただけであった。;Safavid power was based on the Kizilbash (Shiite Turkmen) tribesmen of Asia Minor who originally defeated the Ak Koyunlu. Unfortunately, the clans were unruly, constantly fighting each other and vying for control of the Shah. Under Abbas they were kept on a tight leash, but with his passing Persia was once more plagued by their infighting. Eventually their power waned, but they were only to be replaced by rebellious warlords from Afghanistan and Baluchistan in the 18th century.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3573A;諸侯を争わせておく;Let the Clans fight;;;;;;;;;
ACTIONNAME3573B;諸侯の忠誠を金で買う;Buy the loyalty of the Clans;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3574;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3574;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3574A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3574B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3575;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3575;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3575A;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
ACTIONNAME3575B;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3576;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3576;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3576A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3576B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3577;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3577;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3577A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3577B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3578;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3578;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3578A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3578B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3579;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3579;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3579A;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
ACTIONNAME3579B;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3580;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3580;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3580A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3580B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3581;政治的分裂;Political Fragmentation;;;;;;;;;
EVENTHIST3581;アッバース大帝の死は、イランを混沌へ落ち込む長い苦難の道に送り込んだ。この衰退の原因は柔弱な君主、後宮の女性達による政治への干渉、キジルバシ諸侯間の敵対心の再燃、国内の悪政、過度の課税、交易の衰退、サファヴィー朝の軍事組織の弱体化であった。;The death of Abbas consigned Iran to a long and painful slide into chaos. The decline resulted from weak rulers, interference by the women of the harem in politics, the re-emergence of Kizilbash rivalries, maladministration of state lands, excessive taxation, the decline of trade, and the weakening of Safavid military organization.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3581A;党派が陰謀を企むままにする;Let the factions conspire;;;;;;;;;
ACTIONNAME3581B;国家の支配を引き締める;Tighten state control;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME3998;サファヴィー教国家;The Safavid State;;;;;;;;;;
EVENTHIST3998;サファヴィー教団は元々、13世紀に教主サフィー=アッディーンが興したもので、観想的なスーフィーの一派であったが、後に過激なシーア派の異端思想に発展した。この教団の創始者達は最終的に、現在のイラン地域における政情の混乱に乗じ、ペルシア国家を形成することができた。過激なシーア派信者達を内包するこの新たに形成されたペルシア人国家は、すぐに近隣地域の領土を征服できた。;The Safavid movement was originally founded by Seyh Safiuddin in the thirteenth-century as a contemplative brand of Sufism, but it later evolved in a militant Shia Heresy ideology. Proponents of the movement were eventually able to take advantage of the disorganized political situation in what is today modern Iran, to form the country of Persia. This newly formed Persian nation, with its militant Shia followers, was ably to quickly conquer territory in the surrounding region.;;;;;;;;;
ACTIONNAME3998A;我らの信仰は揺るぎない;Our faith is unwaverable;;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME6907;スルタン=フサインの宗教弾圧;Religious Intolerance Under Sultan Husain;;;;;;;;;;
EVENTHIST6907;スルタン=フサインはどちらかといえば惰弱な君主で、宗教的政策に関してはイスファハンの最高宗教権威、アッラマーフ・アルマジュリスの決定に依存していた。こうして宗教的な寛容は失われ、反スンニ・親シーア的な宗教政策が取って代わった。様々な努力にもかかわらず、帝国の大部分はスンニ派に留まっていたが、彼らはこの新政策に震撼した。とりわけ、スンニ派に忠実であったアフガニスタンの臣民らは憤激していた。1720年までに帝国は深刻な危機に陥った。;Sultan Husain was a relatively weak monarch, who allowed his religious policy to be determined by Muhammad Baaqir Majlisi, an important mullah. Religious tolerance was revoked and in its place was a new anti-Sunni, pro-Shiite policy. Despite efforts, a great part of the empire had remained sunni and felt threatened by this new policy. The subjects of Afghanistan, staunchy sunni, were most displeased. By 1720, the country was in crisis.;;;;;;;;;;
ACTIONNAME6907A;くそっ!;Curses!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME6908;アフガン人の反乱の終結;End of Afghan Rebellions;;;;;;;;;
EVENTHIST6908;アフガン人の反乱が鎮圧された模様です。;The Afghan rebellions seem to have subsided.;;;;;;;;;
ACTIONNAME6908A;よろしい!;Great!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME21817;シャー・イスマーイールのシーア派国家;The Shia State of Shah Ismail;;;;;;;;;;
EVENTHIST21817;サファヴィー教団は好戦的なトルコ系信徒たちの支持を得て政治的実権を握ることができた。教主の一族はペルシア人であったが、教団ではトルコ系の言葉が採用されていた。イスマーイールの治世には、宮廷ではトルコ人貴族が最も幅を利かせることとなった。イスマイールがこの好戦的な信徒らの助力でタブリーズを得ると、彼はこの地の信仰をシーア派に改める旨を宣言し、宗教をもって新国家を束ねていく方針を明らかにした。;The Safavid sect found itself vying for political power when supported by their militant turkish Shia followers. Although of persian ancestry, the Safavids had adopted a turkic dialect. During Ismail's rule, turkish nobles would have the most sway in court. Upon taking Tabriz, Ismail, with the support of his militant followers, proclaimed Shia the faith of the land. Religion was to prove a unifying point for the Safavid state.;;;;;;;;;;
ACTIONNAME21817A;臣民すべてがシーア派教徒たるべきだ!;It shall all be shiite!;;;;;;;;;;
ACTIONNAME21817B;改宗を熱心に勧める;Strongly suggest conversion;;;;;;;;;;
ACTIONNAME21817C;我々はスンニ派だ!;We are Sunnis!;;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65050;ガズヴィーンへの遷都;Move to Qazvin;;;;;;;;;
EVENTHIST65050;オスマン帝国にタブリーズを失った後、ペルシアは首都をガズヴィーンに遷した。シャー・タフマースブI世とその後継者達は、1598年にシャー・アッバースが再びイスファハンに遷都するまで、ガズヴィーンを首都とし続けた。タフマースブI世の治世、アリ・カプ門やチェヘル・ソトゥーン宮殿を始めとする多くの建造物がガズヴィーンに建てられ、イスファハンの同様の建造物の先駆けとなった。;Following the loss of Tabriz to the Ottomans, the capital of Persia was moved to Qazvin. Shah Tahmasp I and his successors maintained the capital in Qavin until 1598, when Shah Abbas moved it once again to Isfahan. During the reign of Tahmasp I, many buildings were erected in Qazvin, including Ali Q'apu and Chenel-Sotoun palaces which preceded their counterparts in Isfahan.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65050A;ガズヴィーンに遷都する;Move the capital to Qazvin;;;;;;;;;
ACTIONNAME65050B;タブリーズに留まる;Remain in Tabriz;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65055;カリム・ハーン(ザンド朝);Karim Khan;;;;;;;;;
EVENTHIST65055;カリム・ハーンは敵対するアフガン人勢力を撃破した後、国家の再建に目を向けた。表向きの統治者として、彼はサファヴィー朝最後の継承権者イスマーイールIII世を傀儡に立てた。カリム・ハーンはその治世、ペルシアに秩序と繁栄をもたらすことができた。ほんの数年前にはあらゆる種類の盗賊が跋扈していたこの地域の街道は安全になり、ナディール・シャー(アフシャール朝)の無法な行いと彼の死後10年に及ぶ社会不安で破壊されていた経済(特に農業)は、ようやく上向きになった。;After destroying his Afghani enemies, Karim Khan turned to rebuilding the country. While technically in charge of the country, he used Ismail III, the last representative of the Safavid dynasty, as a puppet ruler. During his reign, Karim Khan managed to bring order and prosperity to Persia. The roads, only a few years ago infested by gangs of all kinds, were now the safest in the region to travel, and the economy (and especially agriculture) destroyed by the rampage of Nadir Shah and 10 years of instability that followed his death, was finally on the rise.;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254010;ヒヴァとシーア派総督;Khiva and Shiite Governors;;;;;;;;;
EVENTHIST254010;ペルシアがホラズム地方を征服した時、様々な地域にシーア派の総督を配置した。これらのシーア派総督達は、ステップに住むスンニ派民衆の感情を損ねた。ヒヴァ汗国が建国された時、彼らの集団の多くが反乱を起こし、この新国家に合流した。このことにも関わらず、ペルシアはヒヴァ汗国と友好関係を築き、維持した。;When Persia conquered parts of Khwarizim, Shiite governors were setup up in the various regions. This Shiite governors offended the sensibilities of the Sunni steppe population. When the Khiva Khanate was founded, many of these centers rebelled and joined the newly formed state. Despite this, Persia would establish and maintain good relations with the khanate.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254010A;よろしい;Oh well;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254011;オマーンのヤアーリバ朝が介入を求める;Yarubis Requests Intervention;;;;;;;;;
EVENTHIST254011;オマーン・ヤアーリバ朝の最後のイマーム・サイーフII世は自国の支配を失った後、ペルシア人に支援を求めた。ペルシアはこの機に乗じてオマーンの征服を企てた。;With his grip on his country slipping away, Sayf II, last of the Yarubi Imams of Oman, seeks aid from the Persians. Persia seizes the opportunity to attempt the conquest of Oman.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254011A;介入しよう;Let us Intervene;;;;;;;;;
ACTIONNAME254011B;他にやるべきことがある;We Have Better Things to do;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254012;コンスタンティンがグルジア王に即位;Konstantin is king of Georgia;;;;;;;;;
EVENTHIST254012;グルジアでのクーデターの結果、ペルシアはアッバースの傀儡であるコンスタンティンの即位を強制した。短期間ではあったが、この属国化は終わりなき対トルコ戦争におけるペルシアの立場を好転させた。;As a result of a coup in Georgia, Persian forces put Konstantin, Abbas' puppet, on the throne. Although short lived, this vassalization improved the Persian position in their endless wars against the Turks.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254012A;素晴らしい;Excellent;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254013;ペルシアがカヘティの領有権を主張;Persia claims Kakheti;;;;;;;;;
EVENTHIST254013;カヘティ(グルジア東部)に目を向けたアッバースは、同地の王がペルシアに対する陰謀を確実に企てないようにするため、軍勢を送った。だが、ああ、アレクサンデル王はロシアの庇護を望み、アッバースに敬意を払うことを大胆にも全く拒否したのであった。;Abbas, having set an eye on Kakheti, sent his troops to ensure the king did not decide to plot against Persia. Alas, king Alexander boldly refused to pay any respect to Abbas, hoping for Russian protection.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254013A;奴らはつけを払うことになるだろう!;They will pay!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254014;グルジアが膝を屈する;Georgia is on it's knees;;;;;;;;;
EVENTHIST254014;カヘティ(グルジア東部)の王テイムラズI世は、カルトリ(カヘティの兄弟国)の王ルアルサブII世と同様、時折シャー・アッバースの宮廷への参内を拒否することでアッバースを軽んじる態度を見せていた。彼らは結局、不可避の報復を恐れ、また臣民に流血を強いることを望まず、アッバースの元に訪れて慈悲を請うた。だが当時、彼らの本国では、王の不在のため実効的な防衛を全く組織できない状況にあった。;Teimuraz I, the king of Kakheti, as well as Luarsab of Kartli have shown disrespect to Shah Abbas for some time by refusing to show up at his court. Fearing his inevitable revenge and unwilling to spill the blood of their subjects, they finally arrived there and begged for his mercy while at home no real defence could be organized without them.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254014A;グルジアの王達を監禁して領土を奪う;Imprison the kings and take their lands;;;;;;;;;
ACTIONNAME254014B;グルジアの王達からいくらかの貢納を受け取り、再任する;Take some tribute and reinstall them;;;;;;;;;
ACTIONNAME254014C;グルジアの王達に慈悲を示して解放する;Show mercy and release them;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254015;グルジアでダヴィド・ジャンディエリの反乱;Revolt of David Jandieri;;;;;;;;;
EVENTHIST254015;カヘティ(グルジア東部)がシャーに征服された時、キジルバシの行動はとんでもないものだった。略奪と陵辱を行ったペルシア人達は、すぐに地元民衆から憎まれるようになった。1615年、ダヴィド・ジャンディニエリ率いる反乱が始まった。;When Kakheti was conquered by the shah, the behaviour of the Kyzylbash was not good at all. Plundering and raping, the Persians soon earned the hatred of the local population. In 1615 a revolt started under the leadership of David Jandieri.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254015A;グルジアが反旗を翻した!;Georgia is in revolt!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254016;カルトリ・カヘティ(グルジア東部)のムスリム王;Muslim kings in Kartli and Kakheti;;;;;;;;;
EVENTHIST254016;アッバース没後の後継者争いにおいて、カルトリ王テイムラズI世がサフィーの競合相手を支持した後、シャーに即位したサフィーはロストム(イスラム化したグルジア人王子で、イスファハンの市長としてペルシアに住んでいた)をカルトリ・カヘティの王座に就けた。ロストムはテイムラズを打ち破ることに成功すると、ペルシアの宗主権を無制限に受け入れた。;After Teimuraz supported Safi's competitor in the succession after Abbas' death, the shah decided to install Rostom, an islamified Georgian prince who had been living in Persia as the mayor of Ispahan as king of Kartli and Kakheti. Rostom managed to beat Teimuraz and accepted Persian overlordship without restraint.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254016A;彼を指名しよう;Let us appoint him;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254017;ホルムズがシャー・イスマーイールに臣従;Ormuz takes the cap of Xeque Ismail;;;;;;;;;
EVENTHIST254017;1513年、ペルシアの大君イスマーイールはホルムズにキジルバシを派遣し、シーア派への改宗とペルシアへの臣従を要請した。コヘアタルは死ぬ前にホルムズのスルタンにペルシアに臣従し、かつポルトガルに要塞築造の許可を与えるよう進言していた。ホルムズ王テルンザはペルシアの服属要求に応えた。だがペルシア大使レイス・ハマドは彼を捕らえて王宮に軟禁し、総督として自らホルムズを統治した。;In 1513 Xeque Ismail of Persia sent a cap to Ormuz demanding that Ormuz convert to the Shia form of Islam and submit to Persia. Cogeatar before he died advised the Sultan of Ormuz to wear this cap and to allow the Portuguese to build a fortress in Ormuz. When king Terunxa of Ormuz took the cap the Persian ambassador Reys Hamad held him captive in his palace and ruled Ormuz as governor.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254017A;よろしい;Good;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254018;シーア派教徒のペルシア移住;Shiite Immigrants;;;;;;;;;;
EVENTHIST254018;全ムスリム世界のシーア派教徒がこの新国家、サファヴィー朝を慕ってやってきた。これらの移民は帝国の発展にきっと貢献するだろう。;Shia followers all over the muslim world flocked to the new Safavid state. These immigrants would be invaluable for a growing empire.;;;;;;;;;;
ACTIONNAME254018A;彼らを得てわれらはなんと幸福であろう;We are happy to have them;;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254300;イスマーイールの野望;Ismail's Ambition;;;;;;;;;
EVENTHIST254300;白羊朝のアルワントにとっては不幸なことに、彼の「優越した」軍隊がイスマーイールの軍勢と会敵した時、シールワーンを巡る戦いと似た状況が起こった。アルワントはシュルールにおいて敗北し、15歳のイスマーイールがタブリーズへ入城し、ついにサファヴィー国家を建国することを許した。一方のアルワントは新たに兵を募る望みを抱き、ディヤルバクルへ退いた。;Unfortunately for Alwand, a similar situation, to the battles for Sirvan, occurred when his 'superior' forces encountered those of Ismail. Alwand's defeat at Shurur, allowed 15 year old Ismail to march victoriously into Tabriz and finally found the Safavid state. Meanwhile Alwand retreated to Diyarbakir in hopes of gathering a new force.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254300A;誰も我々を止められはしない!;We shall be unstoppable!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254301;アルマ=クーラークでの勝利;Victory at Alma-Qulaq;;;;;;;;;
EVENTHIST254301;1503年6月20日、白羊朝のスルタン・ムラトの軍勢はハマダーン近郊のアルマ=クーラークでイスマーイールの軍勢と会敵した。完敗を喫した彼のイランの支配者になるという夢は永遠に閉ざされ、彼はサファヴィー朝の宗主権を無条件で承認した。;On June 20th of 1503, the forces of Sultan Murad encountered those of Ismail at Alma-Qulaq near Hamadan. His total defeat sealed the fate of his Iranian possessions, which accepted Safavid overlordship without resistance.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254301A;我々の勝利は運命だ;Our victory is inevitable;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME254302;イラクの獲得;Acquisition of Iraq;;;;;;;;;
EVENTHIST254302;1508年の夏、イスマーイールは当時白羊朝のスルタン・ムラトの元でイラク総督を務めていたバリク・ベグに使節を送った。バリク・ベグはシャー・イスマーイールへの服従の証として、シーア派の教義を受け入れたと言われている。しかし、彼の服従にもかかわらず、1509年にイスマーイールはバグダードに親征し、バリク・ベグとスルタン・ムラトは逃亡して、ムラトの5年間の統治は実質的に終結した。イスマーイールは、サファヴィー朝のレガリア(君主の証、玉璽)を冒涜したことへの報復を口実として、市内に残っていた白羊朝貴族をことごとく粛清した。;In the summer of 1508, Ismail sent an envoy to Barik Beg, then the governor of Iraq for Sultan Murad. Barik Beg allegedly accepted the Sh'ia as a symbol of his submission to Shah Ismail. However, when Ismail marched on the city in person, Barik Beg and Sultan Murad fled, effectively ending Murad's five year rule. Ismail ordered an execution of all the clansmen in the city, ostensibly in retribution for their desecration of Safavid regalia.;;;;;;;;;
ACTIONNAME254302A;奴らに教訓を与えてやろう!;We shall teach them a lesson!;;;;;;;;;

訳註

EVENTHIST3559;「トルコ系諸族の元で」→「トルコ系諸族の下で」

※ 間違いではないけれど、「イスマイル」→「イスマーイール」

※ 間違いではないけれど、「アッバス」→「アッバース」

※ 間違いではないけれど、トルコ語「クズルバシュ」→ペルシア語「キジルバシ」

※ 間違いではないけれど、キジルバシの氏族すなわち血族集団はその頭目がサファヴィー朝より官位と封土を得ていたわけで、ヨーロッパの貴族と同等である。東洋史にやたらと未開なフレーバーを与えるのは不当であろう。(キジルバシは部族単位の利益を追求し王朝の土台を損なった、とされるが、それこそヨーロッパの貴族のようではないか。)一方で、キジルバシの勢力を削ぐべくとくにアッバース1世によって取り立てられた定住ペルシア人官僚貴族はおおむね王朝に忠実であったから、彼らと区別して「キジルバシ諸侯」とするのが適当ではないか。

EVENTHIST3566など;「シャーの支配権を巡って争った」→「シャーへの影響力を巡って争った」のほうが近いか?

EVENTNAME3998;「セイ・サフィーユッディーン」→「シャイフ・サフィー=アッディーン」/「教主サフィー=アッディーン」

EVENTNAME6907;スルタン=フサインの宗教弾圧 EVENTHIST6907;スルタン=フサインはどちらかといえば惰弱な君主で、宗教的政策に関してはイスファハンの最高宗教権威、アッラマーフ・アルマジュリスの決定に依存していた。こうして宗教的な寛容は失われ、反スンニー・親シーア的な宗教政策が興った。こうした努力にもかかわらず、帝国の大部分はスンニー派に留まったが、彼らはこの新政策に震撼した。とりわけアフガニスタンの臣民らはスンニー派の喪失に心を痛め、憤激していた。1720年までに帝国は深刻な危機に陥った。

EVENTNAME21817;シャー・イスマーイールのシーア派国家 EVENTHIST21817;サファヴィー教団は好戦的なトルコ系信徒たちの支持を得て政治的実権を握ることができた。教主の一族はペルシア人であったが、教団ではトルコ系の言葉が採用されていた程で、イスマーイールの御世がもっともトルコ人貴族が宮廷で幅を利かせていたのだ。イスマイールがこの好戦的なトルコ系信徒らの助力でタブリーズを得ると、彼はこの地の信仰をシーア派に改める旨を宣言し、宗教をもって新国家を束ねていく方針を明らかにした。 ACTIONNAME21817A;臣民すべてがシーア派教徒たるべきだ! ACTIONNAME21817B;改宗を熱心に勧めよう ACTIONNAME21817C;われらはスンニー派だ!

※ 間違いではないけれど、「タフマースプ」→「タフマースブ」

EVENTHIST65050;「アーリー・ガープー宮殿」→「アリ・カプ門」(※ Qapu =門) cf. http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Ali_Qapu_night.jpg (※ Ali Qapu palace という記述にも遭ったが、ペルシア史の第一人者羽田正先生が「アリ・カプ門」と訳しているのでこれに倣う。余談ながら、トルコの建築がドーム、室内空間にこだわるのに対して、ペルシアの建築は門や広場など室外空間にこだわるそうな。)

EVENTHIST65055;「アフガン人の敵」→「敵対的なアフガン人」か?

EVENTNAME254018;シーア派教徒のペルシア移住;;;;;;;;;; EVENTHIST254018;全ムスリム世界のシーア派教徒がこの新国家、サファヴィー朝を慕ってやってきた。これらの移民は帝国の発展にきっと貢献するだろう。 ACTIONNAME254018A;彼らを得てわれらはなんと幸福であろう

EVENTHIST254302;「しかし、イスマイルその人がタブリーズの街に入城した時、」→「彼の服従にもかかわらず、1509年、イスマーイールはバグダードに親征し、」 「市内の氏族員全ての処刑を命じた。」→「市内に残っていた白羊朝貴族をことごとく粛清した。」 (※ サファヴィー朝のレガリアってなんでしょう? 調べはつかなかったけれど、当時は原トルコ的/異教的な要素が多かったらしいのでなんかあったのでしょう。)


著作権表記

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-17 (日) 21:08:33