1.52対応済

 追加分のみ。

EVENTNAME23010;アテネ継承;Inheritance of Athene;;;;;;;;;
EVENTHIST23010;1435年、アテネ公は後継者を遺さずに没した。ギリシャ人の妻マリア・メリッセネは、公位をチャルココンディロス家の親族に確保しようとして失敗したのち、モレア専制公コンスタンティノス・ドラガセスに対して、モレア領をメリッセネ家に譲ることと引き換えに公位の譲渡を申し出た。だが、ギリシャ人の将軍フランチェスが軍勢を率いて到着する前に、トスカーナ人貴族達はメリッセネを篭絡し、アントニオの後継者としてネリオII世を公位に就け、彼女の新しい夫にしてしまった。;In 1435 the Doux ton Athene died without an heir. His Greek wife Maria Melissene, after failing to secure it for her Chalkokondylos relatives she offered it to Konstantinos Dragases - Despotes ton Morea in exchange for Morean estates for the Melisennoi. By the time the Greek Captain Phrantzes arrived with an army, the Tuscan nobles had lured Melissene from the Acropolis where they installed Antonio's designated heir Nerio II as Doux and her new husband.;;;;;;;;;
ACTIONNAME23010A;メリッセネとの約束を履行する;Invoke Melissene's promise;;;;;;;;;
ACTIONNAME23010B;新公爵を祝福する;Congratulate the new Doux;;;;;;;;;
EVENTNAME286001;ヘキサミリウム(長城);The Hexamilium;;;;;;;;;
EVENTHIST286001;1414年にマヌエルII世が築いた、コリントス半島を横断するこの6マイルの城壁は、市城壁の一群のようにモレアを防護することを意図していた。この城壁は人々の想像力を捕らえた一方で、通過を阻むことには失敗した。トルコ人は1423年と、将来のコンスタンティノスXI世がこの城壁を再建した後の1446年に、易々とこの城壁を突破した。とはいえいまだに、この長城はモレアの安全保障に大きな役割を果たしていた。;Built by Manouel II in 1414, this 6 mile line of fortifications across the Isthmus of Corinth was meant to protect the Morea like a set of city walls. While it captured the imagination of men, it failed to stop them passing through it. The Turks easily penetrated it in 1423 and again in 1446, after the future Konstantinos XI rebuilt it. Still, it added a great deal of security to the Morea.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286001A;再建する;Rebuild it;;;;;;;;;
ACTIONNAME286001B;放っておく;Leave it alone;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286002;アカイアの征服;Conquest of Achaea;;;;;;;;;
EVENTHIST286002;1430年、コンスタンティノスとトマスの両専制公は、フランク人のアカイア公国軍を打ち負かした。アカイア公チェントゥリオーネII世ザッカリーアは、娘のエイカテリーナ・アサーニア=ザッカリアイナをトマスに嫁がせ、嫁資として公領の大半を与えることに同意した。アカイア公国は完全に帝国に吸収された。;In 1430, the porphyrogenitoi Konstantinos and Thomas defeated the forces of the Frankish Principality of Achaea. Prince Centurione II Zaccaria agreed to marry his daughter Aikaterina Asania-Zaccariaina to Thomas with most of the principality as a dowry. Within two years, the principality was completely absorbed into the Empire.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286002A;ペロポネソスは我々のものだ!;The Peloponnese is ours!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286003;ヘレナ・パラエオロゴス(1428-58);Helena Palaiologos (1428-58);;;;;;;;;
EVENTHIST286003;ビザンツ皇帝・モレア専制公テオドロスII世とクレオファ・マラテスタの娘である彼女については、キプロス王ジャンII世と結婚したことで最も知られている。夫より強靭な人格の持ち主であった彼女は王国の統治権を掌握し、ここ数世紀の間沈滞して忘れ去られていたギリシャの教会と文化を復興した。彼女の行動は当然ながらカトリックのフランク人を敵に回したが、彼女は攻撃するには強力に過ぎた。ギリシャ系キプロス人は彼女のことを、その大胆不敵さゆえに偉大な英雄のように崇拝した。後のシャルロッテ女王は彼女達の娘である。;Daughter of Theodoros II of Byzantine-Morea and Cleofa Malatesta, she is best known for her marriage to Jean II of Cyprus. Stronger in character than her husband, she took over the administration of the Kingdom and revived the Greek Church and culture from the oblivion that it languished the last few centuries. Her actions naturally disturbed the Catholic Franks, but she was too powerful to attack. The Greek-Cypriots revered Helena as a great heroine for her boldness. The future Queen Charlotte was their daughter.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286003A;彼女こそ望んでいた女性だ!;That's my girl!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286004;スルタンの最後通牒;Sultan's Ultimatum;;;;;;;;;
EVENTHIST286004;屈服させられたラテン人公国アテネの公爵ネリオII世アチャイウォリは、オスマン帝国のスルタンに支援を求めました。専制公コンスタンティノス・ドラガセスの進軍中に、ムラトII世はボエオティアとアッティカを略奪しました…もし専制公がヘラスから撤退しなければ、戦争の恐れがあります。我々は彼の怒りを買う危険を冒すべきでしょうか?;Having beaten the Latin Duchy of Athens into submission, its Duke Nerio II Acciajouli sought aid from the Ottoman Sultan. While Konstantinos Dragases was on campaign, Murad II raided Boetia and Attika - threatening war if the Despot doesn't withdraw from Hellas. Do we risk his wrath?;;;;;;;;;
ACTIONNAME286004A;ムラトの要求に応じる;Accede to Murad's wishes;;;;;;;;;
ACTIONNAME286004B;オスマン皇帝を無視する;Ignore the Grand Turk;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286005;1444年の戦役;Campaign of 1444;;;;;;;;;
EVENTHIST286005;専制公領の拡大構想を続けるコンスタンティノス・ドラガセスは、ラテン人公国アテネを攻撃した…ボエオティアに侵攻し、テーベとアテネの城砦群を占領したのだ。アテネ公ネリオII世アチャイウォリは、ビザンツへの臣従を余儀なくされた。同じ頃、オスマン皇帝ムラトII世はボエオティアとアッティカを略奪し、ギリシャ人の軍勢をモレアに押し返そうとしてネリオII世と共謀した。;Continuing his plans of expanding the Despotate, Konstantinos Dragases attacked the Latin Duchy of Athens - invading Boetia and occupying the citadels of Thebes and Athens. Duke Nerio II Acciajuoli was forced to accept Byzantine suzerainty. Meanwhile the Grand Turk Murad II raided Boetia and Attika and colluded with Nerio II to drive Greek forces back into the Morea.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286005A;アチャイウォリの臣従を受け入れる;Accept Acciajouli's vassalage;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286006;ペロポネソスの反乱(1446-54);Peloponnesan Insurrections (1446-54);;;;;;;;;
EVENTHIST286006;恒常的な社会不安定と苦難のため、モレアの住民達はしばしば君主に対して反旗を翻さざるを得なかった。ジョヴァンニ・アセノ=ザッカリーア(チェントリオーネII世ザッカリーアの庶子)は「アカイア公」を自称し、ギリシャ人達がアテネから撤退した直後に反乱を起こした。これとはまた別に、マヌエル・「ジン」・カンタクゼノス(マニ総督)率いるギリシャ人官吏達と協力したアルバニア人移民達が、コンスタンティノープル陥落(1453)直後に反乱を起こした。ジン・カンタクゼノスは、パラエオロゴス家の共同専制公デメトリオス・トマス兄弟がウマル・パシャにトルコの介入を求めた時に追放された…だがこれは、アセノ=ザッカリーア(彼はその頃、クルムツィでの監禁状態から脱出し、別の反乱を起こしていた)による度重なる攻撃に悩まされることになるだけであった。;Constant unrest and tribulation compelled the inhabitants of the Morea to rise up against their rulers on several occasions. Giovanni Aseno-Zaccaria (natural son of Centurione II Zaccaria) self-proclaimed 'Prince of Achaea' rebelled shortly after the Greek withdrawl from Athene. Another was inspired by Albanian migrants who joined disgruntled Greek Arkhons under Manouel 'Ghin' Kantakouzenos (Governor of Mani) shortly after the fall of Constantinople (1453). Ghin Cantacusino was exiled when Co-Despots Demetrios and Thomas Palaiologos sought Turkish intervention from Umar Pasha - only to be harassed by Aseno-Zaccaria who'd recently escaped captivity at Klumutsi and raised another revolt.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286006A;無政府状態だ!ああ!;Anarchy! Argh!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME286007;アルバニア人入植者;Albanian Settlers;;;;;;;;;
EVENTHIST286007;前任者の政策を継続したテオドロスII世は、アルバニア人牧畜民やその家族、家畜の群れが自身の領地に移住することを奨励した。彼らの存在はペロポネソスの経済的発展に貢献し、また無法なギリシャ人官吏達に対抗するための潜在的戦力としても役立った。だが、将来の専制公達による失政は、彼ら移民達の反乱を招くことになる。;Continuing the policy of his predecessor, Theodoros II encouraged the immigration of Albanian shepards and their families and flocks to his lands. Their presence contributed to the Peloponnesan economic growth and as potential soldiers to use against the unruly Arkhons. However future mismanagement by the Despotes would cause these migrants to rise up against them.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286007A;ようこそ;Welcome;;;;;;;;;

著作権表記

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-06 (水) 23:27:12