EVENTNAME65020;摂政ダニヤルビイ・アタリク EVENTHIST65020;ムハンマド・ラーヒムの死によって起こった中央権力の動揺は、摂政ダニヤルビイ・アタリクが対抗勢力を屈服させ、無学な農夫アブル・ガーズィーを王位に据えることで治まった。だが実権はすべてこの有能な摂政の手にあり、彼は鉄拳で統治し、ブハラに安定をもたらした。 ACTIONNAME65020A;ダニヤルビイを摂政に任じる

EVENTNAME65021;摂政ムハンマド・ラーヒム EVENTHIST65021;[ナーディル・シャー率いる]ペルシア軍のブハラ占領による混乱に乗じて、アブル・ファイズ・ハーンの治世において権門マンギト家のムハンマド・ラーヒムが台頭してきた。彼はじっくりと勢力を拡大し、1746年には主君アブル・ファイズ・ハーンを殺害し、その長男で7歳のアブドゥルムーミンを王位に就け、自らは摂政を任じた。その後の6年間で、ムハンマド・ラーヒムはアブドゥル・ムーミンを殺し、その弟ウバイダッラーをも殺すと、1753年に自らが君主であることを宣した。彼は11年間の統治の間に、ペルシアによる占領の間に失われた広大な領土を回復するための戦争に明け暮れた。 ACTIONNAME65021A;ムハンマド・ラーヒムを摂政に任じる

EVENTNAME65026;バーキー・ムハンマドの即位 EVENTHIST65026;1603年、4年だけ続いた短期政権の後、バーキー・ムハンマドが即位し、新王朝が開闢した。 ACTIONNAME65026A;新しい王朝だ

EVENTNAME65027;ウバイダッラー2世の即位 EVENTHIST65027;1702年、サイード・スブハン・クリ・バハドゥールの死をもってブハラにおけるアストラハン朝の支配は実質的に終わった。彼には17歳になる長男ウバイダッラーがおり、後を継いで即位したのだが、即座に叛乱に直面した。この若き新ハーンは無能な上に嫉妬深く、ブハラ汗国の分裂と後退をもたらした。 ACTIONNAME65027A;貴顕諸卿に輔弼させよ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-08 (火) 22:47:48