AGCEEP翻訳支援ページ

  • 120007(白象)は「白象の背中に乗る〜」→「白象を所有する」など修正。
    • 他国の既訳分で、107007(安南)、112005(アラカン)、136006(ビルマ)、157011(大越)、199003(ラーンナー)、253002(モン)、292002(木邦)も同様に修正が必要かと。
    • カンボジアの140015とラーンサーンの106007は、新訳分にまとめて修正してアップしてあります。
EVENTNAME3901;近代タイ王国の創設;The Foundation of the Modern Thai State;;;;;;;;;
EVENTHIST3901;エーカタット王在位時の無秩序は過去のものとなり、新国王プヤー・タークシンが国家を新たな軌道に乗せました。彼は首都をバンコク近郊のトンブリーに移し、徹底的な行政改革に取り組んで国を再建しようと望んでいます。我々は彼の望みに従うべきでしょうか?;The chaos of King Ekit'at's reign is now behind us, and the new king, Phya Taksin, has placed the nation on a new course. He wishes to refound the state by moving its capital a few miles to Bangkok and undertaking a thorough administrative reform. Should we follow his wishes?;;;;;;;;;
ACTIONNAME3901A;新たな時代の幕開けだ!;It is the beginning of a new era!;;;;;;;;;
ACTIONNAME3901B;いいや、古いやり方が最善だ;No the old ways are the best.;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME6910;ボーロマ・トライローカナート王の改革;Boromo Trailokanat's Reforms;;;;;;;;;
EVENTHIST6910;ボーロマ・トライローカナート王は国の政府を効率化しようとして、様々な改革を提案しています。それらの多くは優れた効果を挙げる一方で、高くもつくでしょうし、社会不安も引き起こすかもしれません。我々はいかがすべきでしょうか?;King Boromo Trailokanat has proposed various reforms in order to streamline the government of the state. While many of these proposals make great sense, they will also be expensive and may cause unrest. What shall we do?;;;;;;;;;
ACTIONNAME6910A;改革を行う;Go with the reforms;;;;;;;;;
ACTIONNAME6910B;改革案を無視する;Ignore the reform ideas;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME6911;マハ・チャクラパット王の軍事改革;Maha Chakkrap'at's Army Reforms;;;;;;;;;
EVENTHIST6911;マハ・チャクラパット王は、一大戦象部隊の常備化を始めとする様々な軍事改革を提案しています。それらの多くは優れた効果を挙げる一方で、高くもつくでしょうし、社会不安も引き起こすかもしれません。我々はいかがすべきでしょうか?;King Maha Chakkrap'at has proposed various reforms for our military forces, including the training of a full-time professional elephant brigade. While many of these proposals make great sense, they will also be expensive and may cause unrest. What shall we do?;;;;;;;;;
ACTIONNAME6911A;改革を行う;Go with the reforms;;;;;;;;;
ACTIONNAME6911B;改革を無視する;Ignore the reform ideas;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME6913;無能なエーカタット王;King Ekit'at's Incompetence;;;;;;;;;
EVENTHIST6913;エーカタット王はひどい愚か者で、この国の王としては最悪の人物であった。彼は統治の義務を放り出し、毎日宴を繰り広げては酒と道楽におぼれた。その頃王国は分裂状態に陥り、隣国は獲物の周りを飛び回るハゲタカのように我が国を取り巻いた。不幸なことに、王はもっと統治に関わるよう勧める諫言を全て拒否し、そのため国家はさらなる無秩序状態へと陥っていったのであった。;King Ekit'at is an utter fool who is a disaster as king of this land. He ignores the duties of government, prefering to spend his days in endless parties and bouts of drinking and debauchery. Meanwhile, the kingdom is falling to part, and our neighbors eagerly circle like vultures moving in on their prey. Unfortunately, the king refuses all advice to take a more active role in the government, thus causing the nation to slide further into chaos.;;;;;;;;;
ACTIONNAME6913A;なぜ我々はこれほど無能な愚者を戴いているのだろう?;Why are we stuch with such an incompitant fool?;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65116;エーカラッチャ王子がラーンサーンに亡命;Prince Ekaracha;;;;;;;;;
EVENTHIST65116;1536年、ラーンサーン王ポティサラートI世は、アユタヤの王子エーカラッチャの亡命を受け入れた。アユタヤは宣戦を布告したが、ラーンサーン軍はアユタヤの侵攻軍をマウン・コーで打ち破り、すぐに和平を結んだ。;In 1536 Lan Xang king Phothisarath I gave refuge to an exiled prince Ekaracha of Ayuthaya. Ayuthaya declared war, however, army of Lan xang defeated the invaders at Moung Khouk, and peace was quickly concluded.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65116A;主張を押し付ける;Press the issue;;;;;;;;;
ACTIONNAME65116B;放っておく;Let the matter slip;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65118;ラーマー・ティボーディIII世が軍を再編;Rama T'ibodi III reorganizes the Army;;;;;;;;;
EVENTHIST65118;1491年に即位した後、国王ラーマー・ティボーディIII世は軍事制度を改善する法律を制定した。これは主に、兵役義務の全般的な導入を柱としていた。;After ascending the throne in 1491, king Rama T'ibodi III took measures in improving the military system, mainly in introducing a universal compulsory military service.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65118A;新制度を導入する;Introduce a new system;;;;;;;;;
ACTIONNAME65118B;旧制度のままにする;Leave the old system;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65122;アユタヤが占領される;Capture of Ayutthaya;;;;;;;;;
EVENTHIST65122;1569年、ビルマ・タウングー朝の王バインナウン率いる軍勢がタイ軍を打ち破り、王都アユタヤを占領した。後に王となるナレースワンが反乱を起こし、アユタヤからビルマの軍勢を追い出したので、占領は15年だけで終わった。;In 1569, Burmese troops under the command of king Bayinnaung overran the Thai troops and captured the capital of Ayutthaya. The occupation lasted only for 15 years, when the future king Naresuan rebelled and expelled Burmese forces from Ayutthaya.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65122A;ビルマの属国となる;Become vassal of Burma;;;;;;;;;
ACTIONNAME65122B;戦う;Fight on;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65123;エーカートッサロット王の治世の平和;Peaceful reign of king Ekat'otsarat;;;;;;;;;
EVENTHIST65123;エーカートッサロット王の治世、交易は繁栄し、多くの隣国と交際した。;During the reign of king Ekat'otsarat trade flourished, and there were many contacts with neighboring countries.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65123A;平和に統治する;Rule peacefully;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65140;カンボジアへの侵攻;Invasion of Cambodia;;;;;;;;;
EVENTHIST65140;タイとクメール王朝の間には長年の憎悪関係があった。12世紀の間、クメールで最も偉大な君主スーリヤヴァルマンII世の元で、タイの人々は隷属状態に落とされていた。1431年、タイは逆襲を決意した。;There is a long hatred between the Thai and the Khmer Empire. During the 12th century, the Thai peoples had been reduced to vassalage by Suryavarman II, one of the greatest Angkorian monarchs. In 1431, the Thai decided to strike back.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65140A;憎きクメールを叩き潰そう!;Let us destroy the hated Khmer!;;;;;;;;;
ACTIONNAME120000B;我々は臆病だ;We are cowards;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65141;アンコールを掠奪;Angkor is Sacked;;;;;;;;;
EVENTHIST65141;タイはアンコールを掠奪した。戦利品、略奪品、虜囚達がタイの王都に連れ帰られた。;The Thai have sacked Angkor. Loot, plunder, and prisoners have been brought back to the Thai capital.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65141A;敗れたクメールは我々の前から逃げ出した!;The defeated Khmer flee before us!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65142;1594年のロヴェック占領;Capture of Lovek of 1594;;;;;;;;;
EVENTHIST65142;クメールがロヴェック(プノンペン北方の都)において豊かで強力になっていくことに、タイは懸念を抱いた。1593年、タイは攻撃を決意した。;The Thai watched with apprehension as the Khmer began to become rich and powerful at Lovek. In 1593, they decided to strike.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65142A;憎きクメールを攻撃しよう!;Let us attack the hated Khmers!;;;;;;;;;
ACTIONNAME120002B;我々は臆病だ;We are cowards;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65143;ロヴェックを占領;Lovek is Captured;;;;;;;;;
EVENTHIST65143;タイはロヴェック(プノンペン北方の都)を占領した。戦利品、略奪品、虜囚達がタイの王都に連れ帰られた。;The Thai have captured Lovek. Loot, plunder, and prisoners have been brought back to the Thai capital.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65143A;敗れたクメールは我々に屈服した!;The defeated Khmer bow before us!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME65144;カンボジアが主君を鞍替え;Cambodia Has Switched Allegiances;;;;;;;;;
EVENTHIST65144;1620年、王チェイ・チェーターII世(1618-28)は、後黎朝(1428-1788)時代のほとんどの期間、南部ベトナムを支配した広南阮氏(1558-1778)の君主の一人、煕宗(阮福源)の娘と結婚した。カンボジアはベトナムの衛星国として勢力圏に組み込まれた。;With the marriage in 1620 of King Chey Chettha II (1618-28) of Cambodia and the daughter of Sai Vuong, one of the Nguyen lords (1558-1778), who ruled southern Vietnam for most of the period of the restored Le dynasty (1428-1788), Cambodia orbited into the Vietnamese sphere of influence.;;;;;;;;;
ACTIONNAME65144A;我々の優位を回復したいものだ;We will reassert our domination;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120005;ラーンナー王朝の継承;Inheritance of Lan Na;;;;;;;;;
EVENTHIST120005;1543年、チエンマイの最後の王は子供を残さずに死に、チエンマイの王女を母に持つラーンサーン王ポティサラートは、空位となった王座をすぐに要求した。シャム(アユタヤ)と、シャン人の君主メクティ(木邦の君主)も同様に行動した。ラオス(ラーンサーン)側は緒戦に勝利し、ポティサラートは息子のセーターティラート王子をチエンマイ王に即位させた。しかし、ポティサラート王がわずか13ヵ月後に亡くなったため、セーターティラートは誰か別の人物が現れる前にラーンサーン国王への即位を宣言するため、ルアンプラバンに急いで戻らなければならなかった。これはシャムとシャンに二度目の機会をもたらした。息を吹き返したビルマ(ニャウンヤン王朝)が舞台に現れた時、この3つの王国全てがチエンマイを巡って戦っていた。;The last king of Chiangmai died childless in 1543, and Phothisarat, whose mother was a Chiangmai princess, promptly claimed the empty throne. So did Siam and a Shan prince named Mekut'i. Laos won the first round, and Phothisarat placed his son, prince Setthathirat, on the Chiangmai throne. However, the Laotian king died only thirteen months later, and Setthathirat had to hurry to Luang Prabang to claim his father's throne before somebody else did. That gave Siam and the Shans a second chance. All three kingdoms were fighting over Chiangmai when a revitalized Burma appeared on the scene.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120005A;これは不満だ;This displeases me;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120006;ヨーロッパ人の初来訪;First Arrival of Europeans;;;;;;;;;
EVENTHIST120006;16世紀はヨーロッパ人が初めて来訪したことと、ビルマとの打ち続く抗争が特筆事項である。ポルトガル人アフォンソ・デ・アルブケルケは1511年にマラッカを征服し、その直後にシャムに来航した。ラーマー・ティボーディII世(在位1491-1529)はポルトガル人に対し、武器弾薬と引き換えに王国内への居住と交易を許した。ポルトガル人傭兵部隊は王の対チエンマイ遠征に参加し、またタイ人に大砲鋳造技術とマスケット銃を教えた。;The 16th century was marked by the first arrival of Europeans, and by continual conflict with the Burmese. Alfonso de Albuquerque, of Portugal, conquered Malacca in 1511, and soon thereafter his ships sailed to Siam. King Ramathibodi II (ruled 1491-1529) granted the Portuguese permission to reside and trade within the kingdom, in return for arms and ammunition. Portuguese mercenaries fought alongside the king in campaigns against Chiang Mai and taught the Thais the arts of cannon foundry and musketry.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120006A;歓迎する;Welcome;;;;;;;;;
ACTIONNAME120006B;出て行け;Go away;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120007;白象;White Elephants;;;;;;;;;
EVENTHIST120007;東南アジアの仏教国の王は、王家の威信を増大させ国に繁栄をもたらす白象の所有を、常に重要視していた。;The Buddhist kings of Southeast Asia have always treasured the possession of white elephants, enhancing royal prestige and ensuring the country's prosperity.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120007A;なんと素晴らしい!;Splendid!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120008;タイの独立回復;Restoration of Thai Independence;;;;;;;;;
EVENTHIST120008;ナレースワンは弟のエーカートッサロットと共に、武装した支持者を集めた。彼は雌伏していた数年間に、ビルマ人の武力と戦略を見極めていた。ナレースワンは自軍にゲリラ戦術を訓練させ、その一撃離脱戦術は「野生の虎」や「見張り猫」といった異名をとった。ビルマのバインナウン王が1581年に亡くなったことにより、ナレースワンにシャムの独立を回復する機会が巡ってきた。ナレースワンが1584年にアユタヤの自由を宣言すると、シャン州では反乱が起き、ビルマの王都アワでは年若いビルマ王ナンダバインが軟禁された。その後9年間、ビルマは再びシャムを屈服させようと試みたが、ナレースワンは徹底的な防御戦略を取っており、全ての侵攻を撃退した。こうした機会の一つにおいて、ナレースワンはある戦いの中でビルマ王太子を乗っていた象ごと殺した。;Together with his younger brother, Ekatotsarot, Naresuen began to gather armed followers. He had gained an insight into Burmese armed strength and strategies during his formative years. He trained his troops in the art of guerilla warfare and their hit-and-run tactics earned them the nicknames Wild Tigers and Peeping Cats. Naresuen's opportunity to restore Siamese independence came following the death of Bayinnaung, in 1581. Revolts in the Shan states and at Ava were tying young King Nandabayin down at home when Naresuen declared Ayutthaya's freedom, in 1584. During the following nine years, the Burmese made several attempts to resubjugate Siam, but Naresuen had taken thorough defensive measures and repulsed all invasions. On one of these occasions, he killed the Burmese crown prince in single combat, both of them mounted on elephants.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120008A;ビルマ人をたたき出す;Kick out the Burmese;;;;;;;;;
ACTIONNAME120008B;まだ雌伏しよう;Let us still bow down;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120009;ナレースワン大王;Naresuen the Great;;;;;;;;;
EVENTHIST120009;ナレースワンは1590年の父の死後、完全な王権を継いだ。彼はシャム人の王国を再建し、その後は攻撃を繰り返しながらビルマと立場逆転し、ビルマ王国(タウングー朝)の崩壊に一役買った。アユタヤが弱体だった時期にはシャムの東部国境を削り取っていたクメール朝もまた、屈服した。ナレースワン「大王」の下でアユタヤは繁栄し、17世紀のヨーロッパ人来訪者の眼に隆盛を誇る大都市として映ったのであった。;Naresuen assumed full kingship upon his father's death in 1590. He reconsolidated the Siamese kingdom, then turned the tables on Burma with repeated attacks that contributed to the disintegration of the Burmese empire. The Khmers, who had been whittling away at Siam's eastern boundary during Ayutthaya's period of weakness, were also subdued. Under Naresuen 'the Great,' Ayutthaya prospered and became the thriving metropolis described by 17th century European visitors.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120009A;彼は実に偉大だ;Great he is;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120010;エーカートッサロット王の政策;Ekatotsarot;;;;;;;;;
EVENTHIST120010;ナレースワンの弟エーカートッサロット王の治世、1605年から1610年の間は、ちょうどオランダ人がシャムに到達した時期であった。エーカートッサロットには、ナレースワンの軍事拡張的政策を推進するつもりはなかった。その代わりに、彼はアユタヤの経済を発展させようとした。この目的を達するため、彼は国家の税収を増すためにいくつかの法律を発布し、その中で関税も導入された。そのため、彼はヨーロッパ人の間で「強欲な男」と称されることになった。;The reign of Naresuen's brother, Ekatotsarot, between 1605 and 1610, coincided with the arrival of the Dutch in Siam. Ekatotsarot was not interested in pursuing Naresuen's militaristic policies. Instead, he sought to develop Ayutthaya's economy. To these ends, he decreed several measures to increase state revenue, among them the introduction of taxes on commerce. This gave him a reputation as a 'covetous man' among Europeans.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120010A;この制度を導入する;Impose the system;;;;;;;;;
ACTIONNAME120010B;いや、必要ない;No, thanks;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120011;日本人傭兵;Japanese Mercenaries;;;;;;;;;
EVENTHIST120011;日本人の冒険商人であった山田長政は、彼自身宮廷内で地位を得て、多くの日本人を王の護衛兵として雇い、率いた。この傭兵達は、1628年に後のプラーサート・トーン王となるシーウォーラウォンを助けて、タイの歴史上重要な役割を果たした。(プラサート・トーンは自ら幼少の王アーティッタヤウォンの摂政となり、その後この正統な君主を退位させた。)不幸なことに、江戸の将軍がプラサート・トーンをタイ君主として認めるのを拒否したことが、プラサート・トーンをアユタヤの日本人定住者に対する報復に駆り立てた。日本人の一部は殺され、残りはカンボジアに逃亡した。;Under the Japanese adventurer Yamada Nagamasa, who earned himself an official court rank, many Japanese gained employment as the king's guards. These mercenaries played an important role in Thai history, when in 1628 they helped the future king Prasat Thong establish himself as regent to a boy-king, and subsequently to depose the rightful leader. Unfortunately, the shogun in Edo (now called Tokyo) refused to recognize him as a Thai monarch, prompting Prasat Thong to take revenge on the Japanese settlement in Ayutthaya. Several Japanese were killed and the rest fled to Cambodia.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120011A;日本人を追い出す;Kick the Japanese out;;;;;;;;;
ACTIONNAME120011B;彼らを留まらせる;Keep them;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120012;王家の独占権;Royal Monopolies;;;;;;;;;
EVENTHIST120012;プラサート・トーン王は1655年まで君臨した。彼は王家による独占制度を強制し、全ての対外貿易を、大蔵大臣を代理とする国王の直接統制下に置いた。アユタヤの交易中心地としての重要性は、この時代に顕著に増大した。希少な生活物資が国家の管理下に置かれたため、首都にある王家の倉庫からのみ、それらを調達することができた。;Prasat Thong ruled until 1655. He imposed a system of royal monopolies whereby all foriegn trade was directly controlled by the king, represented by the minister of finance. The importance of Ayutthaya as a trade center increased markedly during this period. Because rare commodities were under state control, they could be procured only from royal warehouses in the capital.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120012A;この制度を導入する;Impose the system;;;;;;;;;
ACTIONNAME120012B;いや、必要ない;No, thanks;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120013;アユタヤの破壊;Destruction of Ayutthaya;;;;;;;;;
EVENTHIST120013;嵐の前は静かな日々が続くものだ。ボーロマコート王の息子エーカタットは、弟との激しい継承権争いの末に1758年に即位したが、楽しみのためにいつも周りに女官の一団を侍らせていた。その頃、ある村の首長が第三次ビルマ王国を統一し、アラウンパヤー王を名乗った(コンバウン朝)。彼はビルマ軍を率いてアユタヤに侵攻したが、1760年、アラウンパヤー王が自軍の大砲で負傷すると撃退された。しかし1767年、アラウンパヤーの息子シンビューシン率いる二度目のビルマ侵攻軍は、14ヶ月にわたる包囲の末アユタヤを占領した。ビルマ軍は占領した王都からの撤退を急ぐ間に、殺戮や掠奪、町全体への放火を行ったので、4世紀に及ぶタイの文明は消え去ってしまった。仏教徒のビルマ人達は同宗信徒であることを全く軽視して、アユタヤの豊かな寺院を掠奪し、黄金の仏像を溶かせるだけ溶かしてしまった。王族は、9万人の捕虜や山積みの戦利品と共に、ビルマに連れて行かれた。;The tranquil days proved to be the calm before the storm. Boromakot's son Ekatat ascended to the throne in 1758, after a bitter succession struggle with his brother, and surrounded himself with a female company to ensure his pleasure. Meanwehile, a village headman united the Third Burmese Empire and assumed the royal title Alaungpaya. His invading Burmese armies were repelled in 1760 after Alaungpaya was wounded by his own cannon. But in 1767, a second Burmese invasion, led by Alaungpaya's son Hsinbyushin, succeeded in capturing Ayutthaya after a siege of fourteen months. In their hurry to withdraw from the conquered capital, the Burmese killed, looted and set fire to the whole city, thereby expunging four centuries of Thai civilization. Showing complete disregard for their common religion, the Buddhist Burmese plundered Ayutthaya's rich temples, melting down all the available gold from Buddha's images. Members of the royal family, along with 90,000 captives and the accumulated booty, were removed to Burma.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120013A;これは暗黒の一日だ;This is a dark day;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120014;タイの英雄タークシン;Taksin: a Thai Hero;;;;;;;;;
EVENTHIST120014;ビルマ人は大勝したにもかかわらず、それほど長くシャムを支配し続けることはなかった。北方の国境に攻撃を受けたビルマ人は、軍勢のほとんどを撤退させることを強いられ、またタイ人が大敗から粘り強く立ち直ったこともあり、ビルマ支配の時代は短くなった。「アユタヤに能臣の欠けることなし」という古い格言を証明するように、プヤー・タークシンという名の若い将軍が、ビルマが最後にタイの王都を包囲している最中に、支持者の小集団を集めた。柔弱な王と腐敗した取り巻きという状況にあって、彼はシャム人の希望となった。大虐殺が首都を覆いつくすのを待つ代わりに、彼とその仲間達はビルマの包囲網を突破して、タイランド湾南東部沿岸のチャンタブリーに逃げ出した。プヤー・タークシンはそこで陸軍と水軍を組織した。アユタヤ陥落から7ヵ月後、タークシン将軍とその軍勢は海路王都に戻り、ビルマの占領者達を追い払った。;Despite their overwhelming victory, the Burmese didn't retain control of Siam for long. Attacks on Burma's northern borders compelled the Burmese to withdraw most of their forces, and Thai tenacity in rebounding from setback combined to shorten the period of Burmese domination. Giving meaning to an ancient proverb that 'Ayutthaya never lacks good men', a young general named Phya Tak Sin gathered a small band of followers during the final Burmese siege of the Thai capital. He recognized the hoplessness of the Siamese situation under the effete king and his decadent entourage. So instead of waiting for the holocaust to envelop the city, he and his comrades broke through the Burmese encirclement and escaped to Chanthaburi, on the southeast coast of the Gulf of Thailand. There, Phya Tak Sin assembled an army and navy. Seven months after the fall of Ayutthaya, the general and his forces sailed back to the capital and expelled the Burmese occupiers.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120014A;ビルマ人を追い出す;Kick out the Burmese;;;;;;;;;
ACTIONNAME120014B;まだ雌伏しよう;Let us still bow down;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120015;黄金時代;Golden Age;;;;;;;;;
EVENTHIST120015;ボーロマコート王の治世(1733-1758)は、権力を巡る激しい武力闘争で幕を開けたが、25年間の統治は常になく平和な時期であり、アユタヤの黄金時代として知られるようになった。彼の宮廷は詩人や芸術家で溢れ、そのためこれまでにないほど文学や芸術が隆盛した。この時代、スリランカ(後のセイロン)がシンハラ人サンガ(僧団)を浄化するためにシャム人僧侶の代表団を招聘し、両国の宗教的役割は以前と逆転したのであった。;The reign of King Boromakot (1733-1758) began with a particularly violent struggle for power, but Baromakot's twenty-five-year term was an unusually peaceful one and became known as Ayutthaya's Golden Age. Poets and artists abounded at hius court, enabling literature and the arts to flourish as never before. During this period, Sri Lanka (then Ceylon) invited a delegation of Siamese monks to purify the Sinhalese Sangha (monkhood), reversing the religious roles of the previous two countries.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120015A;平穏だ!;Tranquility!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120016;バンコクへの遷都;Move to Bangkok;;;;;;;;;
EVENTHIST120016;タークシン(プヤー・タークシンの名で有名)は、アユタヤで一晩を過ごしただけで遷都を決意した。彼は自軍に対し、夢に歴代の王が現れて遷都するよう伝えてきた、と打ち明けた。実際にはおそらく、タークシンのこの決定には、超自然的な動機よりも戦略的考察のほうが重要な影響を与えていただろう。海に近い場所のほうが、外国との交易を促進するし、兵の徴集も確実だし、防衛や退却も容易であった。17世紀のアユタヤにとって、ある川下の小さな漁村が、外港として交易や防衛の要衝になっていた。「野生のオリーブの林の村」、すなわちバンコクとして知られるそこには、フランス人が築いた城砦があった。居住地はチャオプラヤ川の両岸にまたがり、その間をつなぐ近道の運河は本流まで延びていた。タークシンは西岸のトンブリーを公式な新都に定め、王に即位した。;Taksin, as Phya Tak Sin is popularly known, had barely spent a night at Ayutthaya when he decided to transfer the capital. He revealed to his troops that the old kings had appeared to him in a dream and told him to move. In fact, strategic considerations were probably more important than supernatural ones in Taksin's decision. A site nearer to the sea would facilitate foriegn trade, ensure the procurement of arms, and make defense and withdrawal easier. During the seventeenth century, a small fishing village downstream had become an important trade and defense outpost for Ayutthaya. Known as Bangkok, 'village of wild olive groves,' it contained fortifications built by the French. The settlement straddled both sides of the Chao Phrya River, at a place where a short-cut canal had widened into the main stream. on the west bank, at Thonburi, Taksin officially established his new capital and was proclaimed king.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120016A;遷都する;Make the move;;;;;;;;;
ACTIONNAME120016B;旧都に留まる;Stay in the old capital;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120017;タイの拡大;Thai Expansion;;;;;;;;;
EVENTHIST120017;タークシンは1782年まで統治した。治世最後の7年間、彼は2人の信任する将軍、チャオ・プヤー・チャックリーとチャオ・プヤー・サラシーの兄弟に大きく依存し、軍事作戦に関する絶対的な指揮権を彼らに与えた。彼らはチエンマイおよび北部タイの残りの地域をビルマ支配から解放し、カンボジアと現在のラオスのほとんどをタイの宗主権下に従えた。;Taksin ruled until 1782. In the last seven years of his reign, he relied heavily on two trusted generals, the brothers Chao Phya Chakri and Chao Phya Sarasih, who were given absolute command in military campaigns. They liberated Chiang Mai and the rest of northern Thailand from Burmese rule, and brought Cambodia and most of present-day Laos under Thai suzerainty.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120017A;彼らを屈服させよう;They shall submit;;;;;;;;;
ACTIONNAME120017B;我々は臆病だ;We are cowards;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120018;エメラルド仏の捕獲;Capture of the Emerald Buddha;;;;;;;;;
EVENTHIST120018;輝かしきラオス遠征の勝利によって、タイは名高いエメラルド仏(玉仏)を手に入れた。1779年、将軍チャオ・プヤー・チャックリーが、この仏像をビエンチャンからトンブリーに運んだ。ヒスイの塊から刻み出されたこの仏像は、1436年チェンライで落雷を受けた仏塔の中から発見された、と言われている。タイ人は、エメラルド仏のことを全ての仏像の中で最も神聖なものと見なし、国家の独立と繁栄を保証してくれるものと信じた。;It was from the victorious Laotian campaign that Thailand obtained the famed Emerald Buddha. Chao Phya Chakri carried the Buddha from Vientiane to Thonburi in 1779. Carved of solid jadeite, the image was allegedly discovered at Chiang Rai, in 1436, inside a pagoda struck asunder by lightning. The Emerald Buddha is regarded by Thais as the most sacred of all Buddha images, and is believed to guarantee the independence and prosperity of the nation.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120018A;なんと素晴らしい!;Splendid!;;;;;;;;;
#;
EVENTNAME120019;チャックリーの時代;Chakri Day;;;;;;;;;
EVENTHIST120019;タークシン王は自らを弥勒菩薩だと思い込み、仏教僧団や臣民に対して自身の宗教的地位を強制しようとした。このため反乱が起こり、タークシンは錯乱を理由に退位させられた。1782年に彼が退位した後、将軍チャオ・プヤー・チャックリー(幼名トーン・ドゥワン)が新たな国王に選ばれた。彼は1782年4月6日に即位し、現在のチャックリー王朝の創設者にして初代国王となった。;Convinced he was the future Buddha, King Taksin attempted to force the Buddhist monkhood and his subjects to accept his religious pretensions. This led to a rebellion and Taksin was deposed on the grounds of insanity. Following his deposition in 1782, Chao Phya Chakri, born as Thong Duang, was chosen as the new king. He came to the throne on the 6th of April 1782, becoming the founder and first ruler of the present Chakri Dynasty.;;;;;;;;;
ACTIONNAME120019A;新たな王朝、新たな時代だ!;A new dynasty, a new era!;;;;;;;;;
#;
#;

著作権表記

イベントデータの著作権は Paradox Entertainment AB に帰属します。

(c) 2003 Paradox Entertainment AB, All rights reserved.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-28 (火) 22:32:08