AGCEEPのすゝめ

和訳ファイルエラー報告

(対応完了後は消去するなど要検討。)

01/14 AGCEEP翻訳ファイルセット1.3のセミコロンBugリスト

 全てセミコロン数の修正のみ、文章に修正なし。

23576〜23578行目(AGCEEP_Specific_Morea.eue)

 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

EVENTNAME286000;モレアの未来;The Morean future;;;;;;;;;
EVENTHIST286000;ペロポネソスでは、トーマースとコンスタンティノス二人の兄弟が失政を行った。圧制的な統治を行うこの不道徳で強欲な専制公達は領内全土で疎まれ、ギリシャ人住民とアルバニア人牧畜民(前世紀にやってきて定着していた)間の憎悪もさらに激しくなった。1446年前半のトルコの侵略は領土を荒廃させ、アルバニア人牧畜民にさらに広い領域を与えることとなり、ギリシャ人農民はヴェネツィア人入植都市の多くに大量流入した。オスマン帝国がギリシャ人に対する牽制役としてアルバニア人を維持する政策を採ったため、アルバニア人には有利な条件が与えられた。モレアでは6万人の農民が奴隷に落とされた。そのため、モレアはおそらくバルカン半島でもっとも悲惨な州となったが、メフメトII世がこの成り行きを故意に意図したことには全く疑う余地がなかった。彼は当地を荒廃させ無人化することで、外国の侵略者にとって魅力のない場所にし、また反抗する気力を持たせないようにしたのだ。;The Peloponnesus was misgoverned by two brothers, Thomas and Constantine, worthless and greedy despots, whose rule of their oppression, were detested throughout the land, further hatred developed between the Greek inhabitants and the migrant Albanian shepherds, who had come down and settled there in the previous century. The invasion of the Turks in early 1446 had desolated the land and given the Albanian herdsmen a wider range, forcing the Greek peasants to overcrowd the many Venetian towns. Albanians received favourable terms, for it was Ottoman policy to preserve them as a make-weight to the Greeks. In Morea 60000 peasants were reduced to slavery. It was thus that the Morea became perhaps the most miserable province in the Balkans, nor can there be any doubt but that Mohammad deliberately intended this to be its fate. He unpeopled and desolated it so that it might present no allurements to a foreign invader and have no spirit to be restless.;;;;;;;;;
ACTIONNAME286000A;民を離散させる;Disperse our people;;;;;;;;;
ACTIONNAME286000B;トルコに味方しよう;Let us side with the turk;;;;;;;;;

25594行目(AGCEEP_Specific_Ottomans.eue)

 英文中に余計なセミコロンが混入していたのを修正。(4;000 pirates)

EVENTHIST3372;1520年代、ギリシア系改宗ムスリムのバルバロス兄弟はアルジェを中心とするバーバリー海岸に移り、海賊稼業を始めた。長兄ウルージはアルジェ王との連戦の末にこれの殺害に成功したが、自身もまもなく戦死してしまう。ウルージの衣鉢を継いだ弟ハイル・アッディーンは、一時は100隻のガレー船と4000人の手下を操り、地中海全域を恐怖の底に叩き込んだ。そのような彼をオスマン帝国のスルタンは大提督として招請していたのだが、スペインのアルジェ遠征が噂される折、彼はアルジェごとオスマン帝国傘下に加わることを決めた。;In the 1520's, the brothers Barberus, who were Greek renegades who had gone on piracy ventures in the Barbary Coast of Algiers. After much fighting, Arudj, the elder brother, assassinated the pasha of Algiers, but was later himself killed in a combat. His brother Kayr al Din succeeded him and had, at some time, 100 galleys and 4000 pirates that he used to terrorize the whole Mediterranean. Having received a regular commission of admiral from the Sultan, he placed Al Djazadr (Algeria)under Ottoman sovereignty prompting Spanish expeditions against Algiers.;;;;;;;;;

28531行目(AGCEEP_Specific_Rajput.eue)

 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

EVENTNAME194029;ラージプート人の抵抗;Rajput resistance;;;;;;;;;

29828行目(AGCEEP_Specific_Scotland.eue)

 和文/英文間のセミコロンが2個になっていたのを修正。

ACTIONNAME276006B;我々がスコットランド教会の首長だ;We are at the head of the Scottish Church;;;;;;;;;

32514行目(AGCEEP_Specific_Timurids.eue)

 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

EVENTHIST296612;アブー=サイードの死によって帝国は文字通り千々に分断された。ティムールの息子であったウマル=シャイフの息子、フサイン=バイカラがペルシア東部とホラズムを相続し、帝国の残りの部分は彼の4人の息子たちに分与された。長男アフマドはサマルカンドとブハラを、次男スルタン=マフムードはバダフシャン、ハトロン、テルメズ、クンドゥズ、ヒサールを、三男ウルグ=ベグはカブールとガズニを、四男ウマル=シャイフはフェルガナ、とそれぞれを拝領した。こうしてティムール帝国の栄光の日々は終焉を迎えた。;Upon the death of Abu Sa`id, the Empire literally fell to pieces. Husain Baiqara, great-grandson of Timur's son, Umar Shaikh, succeeded in occupying Eastern Persia and Khwarizm. The rest of Sa`id's kingdom was divided between his four sons. The eldest, Ahmad, was established in Samarkand and Bukhara. His second son, Sultan Mahmud was given Badaskhan, Khultan, Tirmiz, Qunduz, and Hisar. Ulugh Beg, his third, was given Kabul and Ghazni with the fourth, Umar Shaikh as ruler of Ferghana. The glory days of the Timurid Empire were at an end.;;;;;;;;;

33226〜33229行目(AGCEEP_Specific_Ukraine.eue)

 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

EVENTNAME323000;新たな首都;New capital;;;;;;;;;
EVENTHIST323000;キエフ総主教区の首府であるキエフの街を含むウクライナ中部を征服し、戦いが終結したことで、コサック達はザポロージエの根拠地からキエフに遷都できるようになった。;Capture of central Ukraine with city Kiev, which was capital of Kievan patriarchate, and end of the hostilities allowed Cossacks to move their capital from their Zaporozhian strongholds to Kiev.;;;;;;;;;
ACTIONNAME323000A;キエフに遷都する;Move capital;;;;;;;;;
ACTIONNAME323000B;いや、ザポロージエが安全だ;No, in Zaporozhia we are safe;;;;;;;;;

33878行目(AGCEEP_Specific_Vijayanagar.eue)

 末尾のセミコロン数が1個多かったのを修正。

EVENTHIST30342;1529年にクリシュナ・デーヴァラーヤ王が没した後、彼の異母弟アチュタが王位を継いだ。しかし、彼はすぐにクリシュナの娘婿ラーマラージャに異議を申し立てられ、彼を共同統治者とすることを強いられた。アチュタはビジャープルに侵攻し、一方でラーマラージャが国内を統治した。ラーマラージャは友人や縁者を任官し、3000人のムスリム兵を召抱え、1535年にはアチュタを監禁して自ら王を名乗った。南部の貴族達はラーマラージャに反旗を翻した。ラーマラージャが彼らと戦っている間にアチュタが復位したので、ラーマラージャは退陣せざるを得なかった。;After the death of Krishna Deva Raya in 1529, his half-brother Achyuta has ascended the throne. However, he was soon challenged by Krishna Deva's son-in-law Rama Raya and had to make him a co-ruler. Achyuta invaded Bijapur, while Rama Raya was running the administration. He appointed his friends and relatives, took 3,000 Muslim soldiers into his service, and in 1535 put Achyuta in prison, proclaiming himself king. Southern nobles rebelled against Rama Raya. While he was fighting them, Achyuta was restored to the throne, and Rama Raya had to step down.;;;;;;;;;

以下は対応につき消去しました。

  • 2006年12月19日 AGCEEP1.51用和訳ファイルβのセミコロンBugリスト
  • 2006年11月20日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.3のセミコロンBugリスト
  • 2006年10月10日 AGCEEP1.50用和訳ファイル1.0のセミコロンBugリスト

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-14 (日) 17:51:02