壮麗なるローマ

 私は蒼ざめた顔の王達 王子達を見た

蒼白な戦士達 そう 皆が死者のように蒼白だった

彼らは叫んだ――

「かの無慈悲なる麗人が そなたを隷従させたのだ!」

月の沙獏を はるばると

 1480年以降 白羊朝の同盟切れによる孤立化を待ち、何度も宣戦布告→属国化→イベント併合
 中核州を切り取るだけの方がBBRの調整には良いのですが、ドゥルカディル,イラク,サファビー朝に独立されると困るので完全併合を選びました。
 これによりビザンツは、ペルシャ湾へ足を伸ばせる巨大国家と成りました。無論新領土はほぼ異宗教+異文化です。BBRの増加が割りに合いません。


 アナトリア,アンティオキアの征圧により、幾つかのイベントが発生します。

 注意点としてはトルコ文化を保持していない場合に発生する、トルコ人問題でしょうか?
 詳しくは先人の小アジア文化変更イベント解説にありますので、変更点のみ上げます。
 1 全ての地域でのイベント発生期限が1440〜1640年に変えられている。
   これはバルカンを征圧し、イタリアへ足を伸ばし、その後小アジアへ向かう国策を選んだ閣下への救済でしょう。

 2 Bの選択肢に、その場で国教への改宗効果が付いてくる。
  宣教師を派遣する費用がもったいない。カトリックビザンツルートを選んだ為、安定度コストが高すぎる。異端審問は最高である。といった閣下はBを選んだほうが良いでしょう。

 3 このイベント群の他にも、トルコ文化入手イベントをスリープさせる選択肢のあるフレーバーイベントが多い。
 陸軍方針の決定等が代表的な罠イベントその六ですね。
 トルコ文化追加コースを選んだのに、失敗した。←これには注意しましょう。

エルサレムへ.PNG



 そしてアナトリア征圧により次の旧領征服イベントが発生します。

 イベント文にはエルサレムを解放しようぜと書いてありますが、シナイからエジプトまで中核州に加わります。
 Bを選択し、エジプト旧領征服イベントのスタートです。

マムルーク遠征.PNG



 と、ここでお約束の罠イベントその七。

 このまま勢いに乗ってマムルーク遠征を行うと、マムルーク朝がオーソドックスグループへ移行、アラビア文化を入手しパワーアップします。
 弱点の人的資源が補強されてしまうので、踏み潰すのが困難となるでしょう。

アルメニア問題.PNG



 一先ずマムルーク遠征は先送りにして、アルメニア正教の取り扱いを考えます。
 A・Bがグルジア,アルメニア文化入手フラグなので今回はAを選択します。

 ここでもブルガリア正教と同じく、アルメニア文化入手後も度々反乱を起こされます。いっその事、アルメニア正教を否定してしまうのも価値のある選択肢の一つです。

ネストリウス派.PNG



 引き続き、アッシリア正教の取り扱いを考えます。
 むろんAを選択し、彼らを受け入れてクルド文化を入手します。
 そしてアッシリアとインド沿岸部が中核州に加わりました。

 彼らが信仰するネストリウス派が異端の為でしょう、イベント反乱率が600ヶ月間5%追加されます。
 さてこれでまた50年程動けませんが、インドへの門は開かれました。
 ネストリウス派ビザンツルートを歩みたい閣下は、Aを選択してください。

 ネストリウス派ビザンツは当面動けないので、正教国を外交併合して時を過ごします。
 イベントの流れで、革新主義も10になり改宗も出来ませんしね。
 実はやはりどう見てもチートファンタジーなイベントとして、戦争状態に入った正教国群が、ビザンツの庇護を求めて属国と成る展開があります。

正教再燃.PNG



 ビザンツの国教が正教、かつ20領邦所有で発生するイベントです。
 ここでBを選択すると後々属国が増える……かも知れません。

 ビザンツは既に異端のネストリウス派を国教としているので、正教の元締めでは無いんですが……
 そういえば昔オスマンの圧力に脅えて、カトリック国の属国になった正教国家も幾つかありましたね。彼らが強大化したビザンツへ従うのも、可笑しな事でもないと脳内補完します。

目には目を 歯には歯を

 16世紀に入り、プロテスタントが発生するようになりました。
 宗教スライダーに余裕が出来たので、オーストリアに吸収される前にハンガリーを攻めます。
 中核州のボスニア,クロアチアを回収しさくっと和平。
 ビザンツは白羊朝を吸収した為BBRが20を越えており、時折ポーランドに宣戦布告されているので不要な拡大は控えます。ポーランドには今後も賠償金を支払い続け、平和を買う予定です。

マムルーク降伏.PNG


 1545年 ネストリウス派公認による反乱祭りが終わったので、マムルーク遠征を行いイベントにより併合します。
 条件はビザンツの中核州を占領、かつメディナ,メッカをマムルークが支配です。
 この後、イベント連鎖によりナイル以南をヌビアに割譲。
 メディナ,メッカをヒジャーズに割譲し両国を属国化します。

全て我々のものだ.PNG

 ちなみに右図は別なマムルーク併合イベントです。
 条件はマムルークを属国化です。
 こちらのイベントではナイル以南をヌビアに割譲しますが、メディナ,メッカを直轄地とすることが出来ます。
 アラビアを完全支配したい閣下は、こちらを選んだほうが良いでしょう。

 ロールプレイの一環としてアラブ世界をアラビア人(ヒジャーズ)に任せ、平和裏に事が進んでいます。が、実は一部の閣下が大好きな異端審問も行えます。
 エルサレム解放後にムスリム追放→正教布教,主要文化ギリシャへ変更は朝飯前
 極めつけは革新主義が8未満だと、ザムザムの泉に毒を投げ込む→アラブ世界がジハード宣言
 といった超弩級ファンタジーイベントも実行できます。

カーバ神殿.PNG


 保守主義は実に野蛮である。
 革新主義10のビザンツでは千年王国を作る為にも民族融和を掲げ、聖地では誰であっても受け入れる事を確約する。つまりイベントによりギリシャ人をエルサレムへ移民させ、時間をかけて平和裏に乗っ取る事にします。

アレクサンドリア割譲.PNG



 かつて彼らはラテン十字軍により、コンスタンティノープルを落としました。
 それでもなおよき隣人としての付き合いを続けてきました。
 そして今、十字の教えは地に堕ちました。
 罠イベントその八、アレクサンドリアをヴェネチアへ割譲です。


 いよいよヴェネチアとの決戦の時が来ました。
 もっともヴェネチア海軍には手が出せないので、アレクサンドリアCoT占領による戦勝点で中核州のイストリアを、その後は首都+CoT占領により中核州である地中海の島々を割譲させます。
 とは言え、陸戦も陸軍LVはヴェネチア12vsビザンツ4と火器を実用化されているので厳しいのですが……
 (技術開発は貿易とインフラに注ぎ込んでいます。参考までにこの時点でロシアは陸軍LV11、ラテングループはLV14、ムスリムグループはLV6です。)
 しかし現在のビザンツは主要文化ボーナスにより、養兵限界が30万に迫る陸軍国家です。
 6万単位で歩兵をぶつけ、敵味方を溶かしながら戦線を押し上げます。
 ですがビザンツは中央集権と革新主義が高いので戦時疲弊が跳ね上がります。人海戦術を使えるのも此処まででしょう。今後は砲兵部隊を採用する予定です。

 戦時中融和を掲げたロールプレイとしては残念なことに、ヴェネト略奪イベントによりヴェネトCoTを破壊せざるをえませんでしたが……
 ↑15世紀中ならば、略奪をしない選択肢も選べます。
 途中罠イベントその九を挿みながら(イタリア領占領によりイタリア諸侯が対ビザンツ大同盟を組んで襲ってくる)ヴェネチアを属国化します。

ヴェネチア正教化.PNG



 属国化により正教へ改宗、かつ陸軍主義10のヴェネト公国が誕生です。
 無論10年後には外交併合しましたが。

世界情勢

ビザンツ1591.PNG

 ボヘミア,ティロル,ハンガリーと継承失敗。この世界のオーストリアは不遇です。
 ブランデンブルク,バイエルン,オーストリアの三雄が並び立ちました。
 ポーランド=リトアニア連合成立。オランダ独立。イギリスがアイルランド統一。
 ロシアがシビル汗国吸収。クリミア,ウズベク同盟と争いながらも、シベリアへ向かって突き進んでいます。
 フランスが宗教改革で右往左往、領内は改革派の勢力が強い様です。
 聖ヨハネ騎士団がマルタ島への移住を拒否しました。オスマン亡き後対イスラム最前線は、マルタ島からのトリポリ侵攻の筈ですが……
 きっと何も無いマルタ島へ移り住んで要塞を建設するよりも、聖地への巡礼者を保護しながら祈りを捧げる日々を選んだのでしょう。

 上図のビザンツはアレクサンドリアに遷都していますが、ページ配分の都合から詳細は次回に回します。



添付ファイル: fileカーバ神殿.PNG 90件 [詳細] file全て我々のものだ.PNG 124件 [詳細] fileビザンツ1591.PNG 481件 [詳細] fileマムルーク降伏.PNG 113件 [詳細] fileヴェネチア正教化.PNG 89件 [詳細] fileアレクサンドリア割譲.PNG 94件 [詳細] file正教再燃.PNG 98件 [詳細] fileアルメニア問題.PNG 101件 [詳細] fileネストリウス派.PNG 111件 [詳細] fileエルサレムへ.PNG 99件 [詳細] fileマムルーク遠征.PNG 90件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-05 (土) 20:32:04